太陽LOG

「太陽にほえろ!」で育ち、卒業してから数十年…大人になった今、改めて向き合う「太陽」と昭和のドラマ

#558 疾走24時間

2019年05月04日 | 太陽にほえろ!
給料日に飲んで帰る道すがら、後ろから尾行してきた男に給料袋を奪われそうになるボギー(世良公則)。
ボギーに反撃された若い男は杉本良平(長谷川諭)と名乗り、免許証も見せ父親の借金の返済が明日に迫っていて
やむを得ずやってしまったと平謝りしたため、同情したボギーはなけなしの給料をほとんど渡してしまう。

しかしその翌日、良平と似た特徴の若い男によるひったくりが続発。
そのうちの一件の被害者が、助けたマミーの目を盗んで姿を消したことから事件は思わぬ方向へ。



情に厚く人を信じやすいボギーが巻き込まれる犯罪のひとつのパターンと言えるでしょう。
とくに自分より若い者に対して兄貴気質が炸裂するため、冒頭から観ているこちらが「あゝ、ボギー…」と
心配した通りの展開に。



なごやかな雰囲気ですが、実は給料日の翌日に後輩のラガー(渡辺徹)から金を借りようとする図w

少年課や交通課の後輩からも借りていることをドック(神田正輝)に責められ、トシさん(地井武男)や山さん(露口茂)からも
どうしたことかと問い詰められる。

自身も山さんやジプシー(三田村邦彦)に借金していたドックがボギーを責める資格はないと思いますが、
そのドックのところに少年課・交通課の被害者wたちが借金に来るという…七曲署、どうなっとるんじゃ。


捜査の過程で、姿を消した被害者が竜神会の息のかかった人間で、盗んだダイヤモンドを鞄に入れていたことがわかる。
街で良平を見つけ身柄を確保したボギーは、ダイヤをとりもどそうとする竜神会から追われることに。


車の窓に映った人影で尾行を知るボギー。なんかカッコいいんですけど!



粘って引きずられる良平。粘り強さが可笑しみに。

良平父の話は嘘だったが、一緒に甲府から遊びに来ていた彼女・香が、街でトラブルになった男たちに囚われ
彼女を救うために30万円をかき集めていたことが分かった。

竜神会から追いつめられ、銃弾の雨を逃れあわやのところを駆けつけた仲間に助けられたボギーと良平は、
約束の時間ギリギリに30万円をもって香が囚われているマンションへ飛び込む。


「おめでとう!良平くん」

なんと、これはチンピラのように見えた3人組の若者がとっさに思いついたゲームだった。
良平が時間までにお金を集めて香を助けに来るか否か。
しかも香もそれを承知でその遊びに乗っていたのだった。

3人組の中に、のちに“顔面凶器”と言われる小沢仁志さん(白いジャケット)がいるため、まさかゲームとは思いませんでした。
小沢さんはこれがデビューだそうですが、すでに安定の悪人顔w 

茫然とする良平の代わりに、ボギーの怒りが爆発! 3人をボコボコに殴り倒してしまう。
「ちょっと手こずっちゃったけど」
そういいながら傷だらけの顔で笑うボギーにあきれ顔のドックとラガー。

「減俸だな、おまえ」(何回目?)


3人組の恐喝が原因で良平はひったくりを繰り返したにもかかわらず、3人組よりも良平の罪が重いことに憤慨するボギーは
ボス(石原裕次郎)に対し、「俺の考えが間違ってるならクビにしてください。俺はそんな冷たいボスの下で働きたくない!」と抗議。

そこに取り調べを終えたトシさんが良平を連れてくる。
「刑事さんのような友達がいると思えば頑張れる。きっと罪を償ってやり直す」
そう誓う良平。
彼の口から、ボスと山さんが情状酌量の証言をしてくれるということを聞いたボギーはすぐさま前言撤回。

今日の当直も進んで買って出て許しを請うボギーに、すっとぼけた表情を向けるボス。
このころは若手だけでなく、ボスも面白さに重きを置いていたんでしょうか。
昔よりおとぼけの表情を見せてくれることが多かった気がします。


【本日の卒業生】
『ゆうひが丘の総理大臣』で優等生遠藤役だった長谷川諭さん。
出てくるとどうしても「遠藤!」と呼んでしまいそうになります。
他の生徒役とくらべても『太陽』への出演回数が多く、以前にロッキーやラガーの回で犯人役を演じ、
こののちにドックの回にも登場し、木念先生と遠藤のツーショットが実現します。

根は真面目でいい人間なんだけど、つい犯罪に手を染めてしまう…そんな若者像にハマっていたと思います。


#553 ドックとマミー

2019年04月30日 | 太陽にほえろ!
めずらしく渋い色味のジャケットを購入したものの、やっぱり地味じゃないかと署に戻ってからも
ぐだぐだと悩むドック(神田正輝)。
若いもんは少々地味なくらいが似合うとボス(石原裕次郎)に励まされ、マミー(長谷直美)とともに
街に聞き込みに出たところ、幼い女の子から父親と間違われてジャケットの裾を引かれる。

迷子らしいその子は「ちえみ」と名乗り3歳だと言うが、対応に困っていたところに近くで男が殴られ重傷との知らせが入る。
やむなくちえみを連れて急行したふたり。
ドックは自分とそっくりのジャケットを着た被害者を見て驚くが、なんとその男はちえみの父親だった。




可愛いうえに人懐っこい最強の3歳児。

一晩だけという約束でマミーの家に連れて帰ってもらったが、ちえみは「お兄ちゃん」の一点張り。
電話口でお兄ちゃんを呼んでとせがむちえみと、うしろで泣き叫ぶ自身の双子。
マミーの「ちょっと、おかあさーーん」が妙にツボです。


岩城家阿鼻叫喚の図。


マミーから連絡を受けまんざらでもないドックと、ドックよりもなぜかさらに嬉しそうなラガー(渡辺徹)。

アパートにちえみを連れて帰ったドックは、ちえみの家がコーヒーを扱っている店らしいことをつかむ。
翌日コーヒー豆を扱う店を中心に探したドックとマミーは、ついに高谷というちえみの家に行きつき、
近所の人から、妻を喪ったちえみの父親に最近再婚話があったものの破談になっていたことを聞く。

高谷は北署が3年前から追っている島田紀子という女から、結婚詐欺で500万円もの金を奪われていた。
島田の行方を探そうとした矢先、高谷が心不全を併発し死んでしまった。


ちえみが欲しがっていた『赤ずきん』の絵本を買い与えたドックとマミー。
狼に食べられた赤ずきんとおばあさんを猟師のお兄さん(=ドック)が狼のお腹を切って助けた…と読み聞かせたマミーの
アレンジがのちのちまで影響します。

パパは死んでしまってもう会えないと伝えるドックに、「狼のお腹をハサミで切って」とせがむちえみが悲しい。
「パパは狼に食べられちゃったの?」と聞かれてそう答えてしまったマミーの気持ちもわかりますが、
ならばちえみは当然お兄ちゃんに助けてもらいたいと思うでしょう。

父親の死を、このときのちえみがどのように理解していたのかはわかりませんが、
声をふるわせながら真剣に伝えようとするドックと、こらえきれずに涙ぐむマミーの様子から、
幼いながらに大変なことが起きたということは感じたのではないでしょうか。

そこに山さん(露口茂)が現れ、ちえみを施設に連れて行けと命じる。
せめて今夜だけはそばに置いてやりたい。かわいそうです。
そう訴えるドックに山さんが告げた一言が、最初に観た時から忘れられません。


「明日になれば、かわいそうじゃなくなるのか」

ホントにそうだと思います。ひとときの感傷に流されず、本当にちえみのことを思えばそうするしかないでしょう。
そしてそれはドックのためでもある。
冷たいようだが…そう淡々と、しかし厳然と言い放つ山さんの言葉には、深い深い愛情が込められています。


施設に預けようとした際に、ドックの腕にしがみついて離れようとしないちえみ。
このシーンがとても自然で感心します。
いつの時代も天才子役といわれる子はいますが、だいたい何歳くらいから“演じる”という自覚ができるんでしょうね。

彼女はいわゆる上手い子役という感じではなく、あくまで自然で演技くさくないので、
逆にどうやって3歳の子に芝居をさせていたのか知りたいです。

幼い子の多くは、大人の男性を敬遠し女性には懐きやすい傾向があると思いますが、
ちえみはマミーといるときよりドックといる方が明らかに嬉しそう。
3歳にしてすでに女子力が高い感じで末恐ろしさもあります。

これだけ可愛いのに他の作品で観た記憶がなく、今はどうしているんでしょう。


高谷がだまし取られた大金を取り返そうと島田紀子を探すものの、彼女は何者かに殺されていた。
島田と共謀していた男が高谷を殴り殺し、口封じに島田をも殺害したと思われた。
であるならば、あの日高谷と一緒にいたちえみも危ない!

施設から、森にお兄ちゃんを探しに行くと言って出ていったちえみの行方を追うドックたち。
今回、いつもに増してドックの運転が攻めていて、うん、いいですねw

間一髪、男がちえみに手をかける直前に駆けつけたドックとマミー、そしてラガーの連携で事件は解決。

ちえみを引き取ると宣言したドックに、まさに子育て奮闘中のマミーが諭す。
「子どもはペットじゃないのよ。病気もするし、悪さもするの」

自分を慕い懐いてくる天涯孤独となったちえみに情が移るのはわかるものの、
ふだん冷静で合理的なドックが「引き取る」と決めたことに驚きました。
これがボギー(世良公則)やラガーならなんとなく納得しますが。

いっしょに育ててくれる相手の当てがあったのか?
男手ひとつで育てるなら、一係の仕事は続けられないでしょう。
たとえば内勤に変わってでも育てるつもりだったのか。

いい加減な気持ちで決めたわけではないと思いますが、それでもやはり思い直して
ドックはちえみを引き取りたいという高校教師夫妻に託すため、
ちえみが気に入っていたジャケットから革ジャン・黒いサングラス姿に着替え、
大嫌いな犬(しかもボクサー)を連れてちえみの前に立つ。

教師夫妻の夫の方が来ていたジャケットはちえみの父親のもの?ドックのもの?
ちえみがジャケットの匂いを嗅いで安心したように緊張をゆるめたのが印象的でした。

わざと嫌われて自分のもとから離れさせようとするドックの意図を酌んだ教師夫が、
さりげなくドックに慈悲のこもったまなざしを向けるのが泣かせます。
そして、ちえみもなんだかドックの気持ちをわかって吹っ切ったように見えるのは深読みしすぎでしょうか。



夫人から真っ赤な帽子をプレゼントされ、まさに赤ずきんちゃんになって施設を去るちえみ。
彼女の明るい笑顔と夫妻のやさしく温かな声。
それを背中に受けながら別れを告げるドック。
そんな彼を気遣うように見上げるボクサーw

このころのドック編は、初期にはなかったほろ苦い結末が増えた気がします。

「着ているもんが違うだけでそっぽ向かれちゃうんだもんな」
犬の効果が絶大だったと思うのですが、それは言わないドックのやさしさ。
それがボクサーにも伝わっていたのでしょう。
「お前を気に入ってキャンキャン鳴きどおしだと」


やっぱり。そんな気がしてた!

さよなら、マカロニ刑事

2019年03月30日 | 太陽にほえろ!


多くの人が突然の訃報に茫然としたと思います。
萩原健一さん、68歳。
長年闘病されていたことも初めて知りました。


「太陽にほえろ!」を愛し続けているにもかかわらず、実は歴代新人刑事の中で
一番よく知らないのがマカロニです。
放送当時はまだ幼くほとんど記憶がありません。

例えば部活の伝説のOBのような、ちらっとお見かけしたことはあるけど
怖そうで近寄れない。でも、先輩たちがちょっと自慢気に話しているのを
何度も聞いている…。

マカロニ、ジーパンはそんな存在でした。

近年になり、ようやくスチール写真だけでなく動くマカロニを観る機会に恵まれ、
なるほど、男が、女が、惚れるのが分かった気がしました。

どこを切り取っても絵になる、独特のカッコよさ、かわいらしさ、色気のある人です。

「太陽」という番組が伝説になったのも、萩原さんが初代新人刑事として参加したから。
これは、誰もが異論はもたないでしょう。

見た目だけでなく、才能・センスもずば抜けたものをもっていたんですね。

破天荒なイメージが強いですが、最近ではずいぶん丸くなられて、もしかしたら
OB会にも出席してくれそうな…話しかけても大丈夫そうな、でもやっぱり狂気を秘めていて
近づいたらいけない気がする、そんな印象でした。

「ショーケン」と呼べるほど親近感はなく、訃報がショックではあるけど涙は出てこない。
でも、自分でも信じられないくらい寂しいです。

ボスや長さんたちに、「お前来るのが早すぎるぞ」と叱ってほしい。
てへへ…と困ったように笑って頭をかくマカロニの姿が浮かびます。


萩原健一さん、ありがとうございました。
どうぞ安らかに。


ドックとラガー

2019年03月10日 | 太陽にほえろ!
昨日放送された「旅サラダ」。ドックこと神田正輝さんが長年司会を務めている番組に、
ラガーこと渡辺徹さんがゲスト出演されました。
徹さんは以前にも出ておられるみたいですが、その回は見逃してしまったので、私にとっては
「太陽」の特典DVD以来のドックとラガーの絡みにワクワクしました。

「太陽にほえろ!」において、チームとしての良さもさることながら、それぞれの時代に
若手の名コンビが生まれていて、それを見るのも楽しみのひとつでした。

テキサスとボン、ボンとロッキー、ドックとスニーカー、ドックとボギー、ボギーとマミー、
ブルドックコンビ等々…。
中でもコンビ歴?が長く、ニコイチ感が強かったのがドックとラガーだったのではないでしょうか。

ふたりの刑事の名前がタイトルになった作品が目立った80年代前半、なぜか「ドックとラガー」という話は
作られなかったですが、ふだんからコンビを組むことが多かったので今さらという感じだったのでしょうか。

今日は旅サラダ記念に、このコンビで印象に残った話を挙げてみたいと思います。



#487「ケガの功名」
高校時代の先輩から妹(早乙女愛)の目付役を頼まれ、兄貴代わりを引き受けつつほのかな好意を抱いているラガー。
その彼女から婚約者だと紹介された男に宝石強盗の容疑がかかり、ラガーは彼女に疎まれながらも刑事として兄貴分として
真相に迫り彼女を守る。

そんなラガーにお節介をやいたり冷やかしたりしながらも近くで支えるのがドック。
ふたりが初めてがっつりコンビを組んだエピソードだったと記憶しています。
逃げる犯人が急に振り返ってラガーに銃を向けるのを、ドックが撃ち落とすのがカッコよかったです。

一係伝統の腹パンチも引き継がれております。

デート代1万円をラガーにむりやり借りられてしまい、自身は山さん(露口茂)から都合2万円借金しているという残念なところも
ドックらしくて笑えます。



#547「ドックの恋愛術」
冒頭、喫茶店でトランプ占いに興じるラガーに「刑法の勉強でもしろ、刑事らしく」とたしなめつつ、
漫画雑誌を読みふけるドック。
強烈な女難の相が出ているというラガーの占いが当たったのか、ドックは電話交換手の女性の周りで次々起こる死傷事件を捜査するため
刑事の身分を隠して女性に近づき事件を解決するが、苦い結末を迎えることになる。


以前、ラガーが拳銃を奪われた事件で、裏切って嫌われるのも刑事の仕事だと諭したドック。

今回、捜査のために近づいた女性が自分を信じ切っていることに罪悪感を覚え、首尾よく進んでいることを喜ぶラガーを
怒鳴ってしまい、はっと我に返って謝る。


ロマンチックな恋愛を望むラガーとドライで現実的な恋愛観をもつドック。
対照的な一面と、同じようなことで悩む共通点と。
一話限りでなく、長い時間をかけてそれぞれの刑事のキャラクターや関係性を描いているのが「太陽」の魅力ではないでしょうか。

女性を守るためにやむなく発砲し、彼女に刑事だったということがバレて非難されるドック。
彼の葛藤を身近で感じていたラガーが、ドックよりも先に泣きそうになっているのが微笑ましいです。

このころまでは、ラガーもそれほど大きく育ってwいなかったですね。体型に差が出てきた後期のドックとラガーについては
また別の機会に。


【アニキと徹】
この当時、テレビ情報誌をはじめとする雑誌で、太陽の若手を中心にインタビューや撮影エピソードのような記事が組まれていました。
楽しく和気あいあいとした雰囲気が伝わる記事が多く、今読み返してもニマニマしてしまいます。

20歳直前で太陽に参加した徹さん。以前にも書いた神田さんのラジオ番組に徹さん(たぶんラガー殉職後?)が、
「アニキに支えられ、叱られたり励ましてもらいながら今まできたので、これからもアニキなしでは考えられない人生」と
メッセージを寄せていて、楽しくふざけあっているだけじゃなく、厳しさもあるからこその絆なんでしょうね。

当時からアニキ愛が強かった徹さんですが、番組終了後何十年も経ったDVDの座談会でも相変わらずのアニキ大好きっぷりを発揮していて、
元々褒められるとはぐらかしがちな神田さんが、「やけに褒められて俺そろそろ危ないんじゃ・・・」と怯えるwという
ふたりの関係性が変わっていないのが嬉しいです。

徹さんのようにストレートに感情を表さない神田さんですが、太陽放映当時に「笑っていいとも」の友達の輪で
マミー→トシさん→ドック→ラガーというスペシャルな流れがあったときに、徹さんを「海や山に一緒に行く弟分」と紹介していて、
公私ともにすごく可愛がっているんだろうなと思いました。

昨日の旅サラダでは、司会とゲストという立場もあり落ち着いた雰囲気でしたが、今までいろんなところでそれぞれが披露してきた
「ふたりでプールに飛び込んでロッキーを助けるはずが、本番で裏切ったドックがラガーひとりに飛び込ませた」ネタを徹さんが
また披露していて、これはもう一生ふたりの持ちネタとして語り継がれるんだろうなと。





撮影の合間にふざけてる…ように見えますが、実は本編中の一場面(#546「マミー刑事登場!」)です。
なんとなく「ドックとラガー」と「アニキと徹」の境目が消え、劇中でありながら舞台裏を見ているような気分になります。
後ろで見守るトシさん=地井さんの笑顔もいいですね。



#550 俺はプロだ!

2019年02月24日 | 太陽にほえろ!


建設会社の社長が趣味のバードウォッチング中に車にはねられて死亡した。
その社長は、早田代議士の土地売買の汚職事件で検察側の証人になる予定だった。

少し前にも証人になるはずだった人物が謎の死を遂げており、一係では早田が二つの事件の背後にいると
考え、もう一人の証人・木崎の身辺警護を申し出たが、木崎はすでにボディーガードを何名も雇い
入院という形で身を隠していた。

そんなとき、若い時に海外に渡り傭兵として生きてきたというジミー森本(長塚京三)が帰国するという情報が入る。


#539『襲撃』に続く、トシさん(地井武男)のアクション編。
放映当時は、「おじさんなのに頑張ってる~」などと思ってみていたものですが、
よく考えたらこのころ地井さんは40代に入ったところ。

ゴリさんが亡くなる直前までハードなアクションをしていたことを思えば、
トシさんだってまだまだ若いもんには負けないですよね。

さて、帰国した森本を尾行していたドック(神田正輝)とラガー(渡辺徹)は、こともあろうに森本本人に
道を聞かれ、彼の宿泊先が新宿のNEW CITY HOTELであることを掴む。
(今さらですが、このホテル犯罪に絡みすぎでは…)

ホテルで森本の部屋の一つ上の階の窓から、入院中の木崎を狙撃できるか検証するトシさんとドック。
「ドックだったら狙撃の成功率はどのくらいだ?」
「え?」と戸惑いながらもドックはルームキーをライフルに見立て構えてみる。

それなりに決まってる…ルームキーだけど。

私もなんでドックに聞くの?と思いました。射撃が得意とはいえライフル撃ってるところなんて見たことないし。
むしろトシさんの方がイメージあるんですが。
ドックも「50%ってとこでしょうか」と冷静な答え。

トシさんは、五分五分ならホテルからの狙撃はない。プロなら確実な場所を選ぶと推理しますが、
いや、50%って言ってるのはあくまでドックですから。

やけにトシさんの信頼が厚いドック。

その後、銃の売人を締め上げ、森本にスコープ付きの狙撃銃を売ったことを吐かせたトシさん。
戦利品を持って一係へ。

今度は本物を構えてみるドック。銃の扱いが手慣れていて、オートマチックだけじゃないのねとちょっと見直しました。


山さん(露口茂)とライフルというレアなカット。
山さんも試しに構えていたシーンがあったような気がしたのですが、記憶違いだったようです。
でも、トシさんとドックが出て行ったあと絶対ちょっと構えてみていると思う…。

ホテルで江の島のパンフレットを見ていた森本が、試し撃ちに選ぶのは江の島に違いないと車を走らせるトシさんたち。
案の定、揺れる小舟の上から岩場に置いたぬいぐるみを撃った森本を発見したトシさんは、森本に狙撃され肩を負傷してしまう。

恐怖に駆られ一度は証言台に立つことを拒んだ木崎をマミー(長谷直美)が説得し、いよいよ公判の日を迎える。
早田の運転手を尾行していたラガーは、彼が財界の黒幕といわれる森川と密会しているところを目撃する。

木崎の車をガードしながら裁判所に向かう一行。しかし、狙撃がしやすいと思われた場所を通過しても何も起きなかったことを
無線で知ったトシさんは、森本の狙いは木崎ではなく早田ではないかと推理し病院を抜け出す。
一連の事件を仕組んだのは早田ではなく森川だったのだ。

トシさんの推理通り、森本は羽田から裁判所に向かう早田を京浜運河から狙撃しようとしていた。


間一髪、ボートの上から森本の肩を撃ち抜き狙撃を阻止したトシさん。
一瞬の隙をついてオートマチック拳銃を取り出した森本を蹴り倒し、手錠をかける。
「どうして早田が狙いだとわかったんだ」
「なめるな、ジミー森本!お前が殺しのプロなら、俺はデカのプロだ!」

かーっこええ!!


【ちいちい前夜】
いかにもプロフェッショナルな刑事のトシさんですが、演じる地井さんは多分に三枚目の要素のある親しみやすいお人柄だった
ようですね。のちに“ちいちい”と呼ばれ旅番組などでも活躍されますが、この当時はそんな素顔を隠し?二枚目を演じておられました。
地井さんもまたプロの役者ですね。