JUNSKY blog 2015

私の時事評論等です
文化関係の記事は、
【観劇レビュー&旅行記】(ブックマークのTOP)
で書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

後藤さんの写真は 本物か? 疑問が多い中 マスメディアも1面TOP掲載!

2015-01-25 12:31:13 | 国際関係

2015年1月25日(日)

一般紙でも1面TOPで掲載された後藤さんの写真

私は、真犯人(イスラム国)からのものではなく、偽物だと思います。

******************

マスメディアだけではなく、政府側もこの画像(映像とは言い難い。画像と音声の合成)を『真性』のものと認めたようです。
しかし、私は悪意の第三者によるイタズラの可能性も排除できないと思っています。
そう考える根拠は・・・
① NHKの解説によると従来のイスラム国の映像には『ロゴマーク』と『署名』が入っているが、この画像にはない。
② 背景が白抜きの写真であり、従来の砂漠の画像とは異なる。
なお、私は従来の砂漠の画像も実はスタジオの背景にした『写真』ではないか?と思っています。風で赤い装束がなびいていますが扇風機で送っているような安定した風ですし。
(どこかの広告で「ハワイに来ています」と云う写メが実は室内に飾ったハワイの写真だったのがありましたし・・・)
③ 後藤さんの写真は既に流布しており、切り取りは簡単。
今時、パソコンに詳しい小学生でも作成可能な合成写真の可能性が高い。
湯川さんが首を切り取られたかのような写真も切り貼りで作成可能だし、小さな写真だが何故か不自然。
④ 後藤さんの要求(脅迫)メッセージ(ネット上の和訳)が極めて不自然。
言わされているにしても余りにも辻褄があっていない。
日本政府への要求のはずがヨルダン政府に収監されている自爆犯とのことだし、道理があっていない。
⑤ NHKの解説では、「後藤さんの妻や二人の子どもにも言及しているので『真性』の可能性が高い」と言っているが、犯行映像後すぐに各社が家族についても取材しているので、私でもしっている既に衆知の事実であり、誰でも再構成できる内容である。

 これらの点から、疑わしいこと限りないのに、イスラム国から送られてきたものに間違いないとの印象を国民に与える報道が為されています。 
 おそらく政府による世論誘導ではないかと考えられます。
 写真が送られてきたIPがイスラム国関係者からと特定されたと云う情報は、今の処明らかになっていないようです。

なお、写真が偽造であったとしても、湯川さんと後藤さんが無事かどうかとは別問題です。

 

******************************************* 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

『後藤健二さんの声』とされる元投稿のシェア発見!
明らかに声が違う! 
2015/1/25, 16:30追記

 

ようやく、昨日深夜(今日未明?)にUpされたと言う
『後藤健二さんの声』とされる【Youtube】を見つけました。

【湯川遥菜さんらしき殺害写真を持つ後藤健二さんの音声画像】
 Brave.Co.,Ltd. 3分35秒
 https://www.youtube.com/watch?v=IMXWrcM1M84

 

 これを後藤健二さん本人の【後藤健二 シリア現地リポート】
 https://www.youtube.com/watch?v=uO7pM2uhAcM

 の声と比べると、明らかに違う!

 

 音声の専門家なり科捜研が調べれば一発で判明する程度の違い!

 『後藤健二さんの声』ではないことは、ほぼ明白であり、
全くの『偽装静止画像と偽装音声』の可能性が高くなった!
と、私は考えます。

 こんなに明瞭な偽装を『真性』としてマスメディアも動員して
対応している安倍政権には何か別の企みがあるのではないでしょうか?
 これほど強調するのは、最悪、政府が仕組んだ偽装工作だったりして・・・

 なお、前にも書いた通り、これが偽装であるかどうかと
二人が生存しているかどうかは全く別問題です。

     ******************* 

2015/1/25, 21:00 現在、
私が引用した上記の
【湯川遥菜さんらしき殺害写真を持つ後藤健二さんの音声画像】
 Brave.Co.,Ltd. 3分35秒
 も既に削除されていました。

 何か、 『後藤健二さんの声』とされる 生の声が流されると
困る勢力からの強い圧力が掛かっているものと思われます。
 脅迫文の生の声を聞かれると、後藤健二さんの声と違うことが
鮮明になってしまい、造り上げたストーリー展開に支障が出る
と云うことではないでしょうか?
 そういう強力な統制を強制できるのは、日本政府と想像されます。
 Youtubeが、こうも徹底して規約違反を理由に一度掲載していた
映像を削除するのは異例の事態だと思います。

 

******************************************* 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************



コメント   この記事についてブログを書く
« ETV 『パリ白熱教室』【ト... | トップ | ISISのインターネット・ラジ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際関係」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事