時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

1年間の表は3月から作る

2015年04月13日 | エクセルとの連携

【教育目標の掲示も 「はりの助」】

年間予定表を作るときはまず「4月」の表を作成して、それを残りの11ヶ月分コピーすると効率的です。
しかし、前回までの作り方では、一度5月分を(4月分から)コピーし、それに数式を入力。それを10ヶ月分コピーという手順になります。

1月で年が替わる処理を抜きにして考えると、「4月」の表と「5月から3月」までの表の2種類のパターンがあるので余分な一手間が必要なのです。
その一手間を省く方法を考えましょう。

「4月」の表と他の表との違いは数式があるかどうかです。
「月」のセルに注目すると、「5月から3月」の表では、前月の「月」に1を加えて求めています。
「4月」はというと、直接「4」という値を入力しています。

「4月」の表を11ヶ月分コピーして1年間の表にするには、4月の表も「5月から3月」までの表と同じパターンにすれば良いのです。
そのためには「4月」の表が参照する「3月」が必要になります。
ただし、「3月」に必要なのは「4月」の表が参照する「月」と「年」のセルだけです。

図はこれまでの4月の表を右隣にコピーして、それに数式を入力しました。
そのままでは5月になるので、A2セル(A2セルとB2セルを結合している)を「3」に変更しています。
B1セルは「年」なので「2015」のままです。
余計な部分は4月8日の「未入力セルを貼り付けてセルをクリアする」の方法で削除しています。


これは1月14日の記事、「1種類の数式だけで、たくさんのセルの値を連結」と同じような考え方です。

これで「4月」の表を11ヶ月分コピーすることができます。
後は1月の数式を変更するだけです。


上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて

「sample_150413.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 細かく修正するよりも、基本... | トップ | 12月の次が13月になるの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事