時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

12月の次が13月になるのをIF関数で修正する

2015年04月14日 | エクセルとの連携
【プライスカードも 「はりの助」】

前回の方法では「1月」が「13月」になるのと、その月の「年」を手動で変更しなければなりません。
これも自動的に変更するためにはIF関数を使います。
IF関数は改めて説明しますので、今回は考え方だけを説明します。


AE2セルは単純に前月(AB2セル)に1を加えているので、「13月」になっています。
これを修正するには「12月」の次は「1月」にします。
当たり前のことですね。

その当たり前のことをIF関数でエクセルに指示します。
「前月(のセル)が12だったら1にしなさい。そうでなければ前月に1を加えなさい。」
と考えれば良いのです。

「年」は前月の表の年を引き継いでいます。
「まず前月の年の値を引き継ぎなさい。
そして前月(のセル)が12だったら1を、そうでなければ0を加えなさい。」
と考えます。

どちらも前月が「12月」のときだけ他の月と違うことをする考え方です。
考え方は他にもありますが、まずは自分が一番わかりやすい方法で考えればいいと思います。
サンプルファイルにIF関数を使った式を入力しています。
「4月」の3列をコピーして、右隣に11ヶ月分コピーして確認して下さい。
またIF関数にも関心があれば、数式を見てください。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて

「sample_150414.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1年間の表は3月から作る | トップ | WEEKDAY関数を使って曜日を数... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事