時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

前回入力した文字の復活

2015年09月30日 | はりの助活用
【懸垂幕作成は 「はりの助」】

「枠作成」で文字を入力して、作成位置を指定するときに誤って「キャンセル」を押してしまうと、枠が作成されずに通常のモードに戻ってしまいます。
こんなときにもう一度文字を入力し直すのは無駄な作業ですね。
この場合には、入力していた文字を復活させることができます。

文字入力画面の右上に「文字復活」というボタンがあります。
通常は次図のように淡色で表示され押すことができません。



前回入力した文字を保持している場合には、次図のように通常表示に変わります。
このボタンを押すと文字が復活します。



前回の操作が「リラハープモード」だった場合には、その設定も復活します。

「枠作成」で「OK」ボタンを押した時点で入力していた文字が保持されます。
保持された文字は何度でも復活できます。
「文字編集」を行うと、保持している文字が削除されて、「文字復活」ボタンは淡色表示に戻ります。

《Ver. 2.33 で説明》

1ヶ月間は全機能を無料で試用可能
「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ
ベクターでの「レビュー」ページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

エクセルのデータを利用する

2015年09月29日 | はりの助活用
【横断幕印刷は 「はりの助」】

エクセルの単一セルまたは複数セルをコピーして文字データだけを貼り付けることができます。
貼付の方法は前回と同じです。
セルをコピーすると最後に改行だけの行が入るので、それに対する処理も同じです。

横方向に並んだセルの場合は各セルの値が連結されて貼り付けられます。
縦方向の場合は行ごとに改行されます。
上の図はエクセルでコピーしたところで、下の図がはりの助の入力画面に貼り付けたところです。





貼り付けられるデータは、エクセルで表示されている通りになります。
例えば日付を書式設定で
   平成27年9月29日 (火)
と表示するようにしていれば、それと同じデータになります。

非表示になっている列や行のセルはコピーされないので、不要な列や行があっても削除せずに非表示にするだけでかまいません。

《Ver. 2.33 で説明》

1ヶ月間は全機能を無料で試用可能
「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ
ベクターでの「レビュー」ページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

他ソフトの文字データを利用する

2015年09月28日 | はりの助活用
【プラカード印刷は 「はりの助」】

「はりの助」で他ソフトの文字データを利用することもできます。
他ソフト上で利用したい文字を選択してコピーします。

「はりの助」の文字入力画面(「枠作成」ボタンやF3キーで開く)で、「Ctrl + V」や画面上部にある「貼付」ボタンで貼り付けます。





この時に文字サイズや文字飾りなどの情報は削除されるので、貼り付けられたデータはキーボードから入力した場合と同じ状態になります。

ソフトによっては最後に改行だけの行が入ることがあります。
その場合は、
   最後の行は改行だけです。
   削除しますか。

のメッセージが表示され、「はい」を押すと最後の(改行だけの)行は削除されます。


《Ver. 2.33 で説明》

1ヶ月間は全機能を無料で試用可能
「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ
ベクターでの「レビュー」ページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自動改行

2015年09月26日 | はりの助活用
【出演者入口の掲示は 「はりの助」】

「自動改行」の設定についての説明です。



枠作成時に入力した文字数が多くて、作成する枠内にそのまま配置すると文字幅が狭くなりすぎる、あるいは広くなりすぎる場合は 自動改行 にチェックが入ります。
自動改行のチェックは自由に変更できます。

自動改行にチェックが入ると、右側にある 文字数 が設定され、その数になると改行します。
この文字数は半角を1とした文字数で、自由に変更できます。
変更するたびに文字の配置が変わります。

自動再設定 にチェックが入ると、枠の縦横比が変わるたびに文字の改行(折り返し)位置が変わります。
チェックがない場合には縦横比が変わっても改行位置は変わりません。
再設定 ボタンを押すと、枠の縦横比に合わせて自動改行の文字数が設定し直されます。

自動改行の場合は禁則処理が行われ、行頭に来るのがふさわしくない文字は行末に配置されます。

《Ver. 2.33 で説明》

1ヶ月間は全機能を無料で試用可能
「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ
ベクターでの「レビュー」ページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

指定の位置で改行するには

2015年09月25日 | はりの助活用
【「駐車場→」の表示は 「はりの助」】

複数行で表示する場合には、位置を指定して改行(文字入力画面で改行)する方法と、一定の文字数になると自動的に改行する「自動改行」を選ぶことができます。
「自動改行」については次回説明します。

位置を指定しての改行は、文字入力画面で改行したい位置にカーソルを合わせて、画面上部にある「改行」ボタンを押すか、コントロールキーを押したままエンターキーを押します。





その他の方法として、他のソフトで作成している文字列をコピーして「はりの助」の入力画面に貼り付ける方法があります。
これについても改めて説明します。

《Ver. 2.33 で説明》

1ヶ月間は全機能を無料で試用可能
「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ
ベクターでの「レビュー」ページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする