風に吹かれても!雨にうたれても!

桜田淳子さんの幸せを願うとともに、良き70年代の心を少しでも残したいと思います。

過去から未来へ―淳子と百恵の交差線

2021-10-03 10:00:00 | 日記

桜田淳子さんの『Thanks45』のブックレットの冒頭に、『過去は未来につながっている』とある。

 

過去も未来も時間の中にある。

ここで、表現されているのは、精一杯歌い続けたということだと思う。

 

歌唱シーンの一つ一つには魂が感じられる。

しかも、より高いものを求め続けたということだ。

 

もちろん、山口百恵さんも、そのことに変わりはない。

 

よく似た二人の分岐点には何があるのだろうか。

 

それは、『時間』というものだろう。

 

山口百恵さんは、1980年に最盛期を迎え、トップのまま引退した。

 

頂点で時間はとまった。

そして、再び回り続けることは無い。

トップなのだから、それで、十分満足できるものである。

 

桜田淳子さんは、デビュー前から、目標を定め努力を重ねた。

まわりのスタッフも、そんな彼女を高みに連れていきたいと願っていた。

それは、リサイタルの音源を聞けばよくわかる。

テレビでの歌唱シーンをはるかに凌駕するものである。

彼女の歌声はもちろんだが、バンドとの一体感、躍動感が素晴らしい。

よく人馬一体というが、その呼吸には息をのむといっても過言ではない。

音の一つ一つが生き物のように感じられる。

聞けば聞くほど、新鮮な発見がある。

 

同世代の僕らは、その歌を聴き、励まされ、共に成長しようとしていたのではないだろうか。

もちろん成長の先にいつも明かりがあるわけではない。

それでも、日々成長することに意味がある。

 

もちろん、成長の過程で別れがある。

僕らは『淳子さんから卒業した』、『卒業させてもらった』が、それは、淳子さん自身が望むことだったと思う。

後年、テレビ局などで、『淳子さんのファンでした』と、よく声を掛けられたそうだ。

『だったんですね』と笑いながら返事をされたそうだが、そういうことだと思う。

別れは、次の成長につながるのだから、決して悲しいことではない。

 

桜田淳子さんの時計が永遠に回り続けるように、僕らの時計も永遠に回り続ける。

そして、将来の人たちの時計もまた回し始めるだろう。

それでいいのだと思う。

 

『過去は未来につながっている』

 

 

桜田淳子 「Wanted」1979年

 

youtube#video

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

淳子派と百恵派

2021-07-05 01:23:24 | 日記

花のトリオがデビューするときから、むしろデビュー前から伏線があったという方が正しい。

 

すごい子が出る、これが淳子さんの前評判であり、『暗めの淳子』というのが百恵さんの前評判だった。

 

ここで、当時の世相を考えてみようと思う。

極めて大雑把な話をすれば、1960年代は安全保障をめぐり学生運動の嵐が吹き荒れ、それは、あさま山荘事件まで続いた。

国防を重視する人たちは、三島由紀夫割腹事件でクライマックスを迎えた。

そう言っていいだろう。そうした荒廃した世相をオイルショックが襲った。

 

万国博覧会を経験した日本には変化が必要だった。

若者の考え方も変化が必要だった。

 

小学生の時は、大学に行きたくないと本気で思っていた。

中学生になって、部活に入り、何となく勉強して過ごしていた。

そう、何となくという感じだった。

 

僕らの世代を表現するのに、『しらけ世代』という表現がある。

こうした世相、やり切った感に一区切りしたことの影響が大きい。

 

僕らは何をすればいいのか。その打ち込めないもどかしさを表現したものだろう。

しかしエネルギーは持っていたし、ただそのエネルギーがくすぶっていただけだった。

暴走族、竹の子族、ヒッピーなど、いろいろな形で噴出していたが、それは部分的だった。

 

子供が見ていいのかというような、映画やテレビや漫画があふれていた。

自由と言えば聞こえはいいのだが。

 

そんな時代に『スター誕生』がスタートした。

 

淳子さんがかわいらしさを出し、百恵さんが大人びて歌う。

明らかに、淳子派と百恵派の分化が始まった。

 

制服は、カンコ―とヨット。

学習雑誌は、コースと時代。

体育会系は淳子派、勉強組は百恵派。

早稲田に淳子派、東大に百恵派。

 

歌を中心としてバラエティ番組から入るサンミュージックと、ドラマからイメージを作っていく堀プロダクションという具合だった。

 

二人をめぐり、多くの若者がしのぎを削る現象は、今思えば滑稽だが、当時は真剣だった。

なにせ、はけ口は無くても、熱量を持った人間が多かったのだから。

そして、熱い応援が、二人に力を与えていた。

 

桜田淳子姫のあなたのすべて

大人の淳子姫素敵過ぎます。(*^^)v

youtube#video

 


音程を外せばそわそわし始め応援し、翌日ライバルに指摘されれば喧嘩になり、若気の至りだったのだろう。


他人事ではなかった。


反面、二人にとって、行き過ぎた応援に困惑したことが多いのもまた事実だろう。

また、今ならプライバシーに属することも、平気で表に出てきていた。

 

百恵派は女性ファンが多かったことが幸いしたと思うが、桜田淳子さんは大変だったと思う。

自宅を隠したり、パトカーに先導されながら移動したり、ステージに押し掛けるファンに困惑したり。

いくら応援とはいえ、歌の最中に『淳子、淳子』と叫ばれては、たまには『バカヤロー』と叫びたくなるし、ファンをいじりたくなる、というものだ。

 

桜田淳子さんは、『NHKのビッグショー』で、『私に卒業する』というファンの手紙を紹介されていたが、

気持ちはわかる。

 

でも、これだけは言える。

僕らは、純粋だった。

そして、二人は強かった。一人で相手をしてきたのだから。

 

相手が誰であろうと、これからも、応援しようとする熱量は冷めないだろう。

 

追伸:動画のUP主様に感謝します。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スターへの階段ー光と影

2021-06-29 01:43:22 | 日記

『私、最上順子っていいます。』

『おゆきさんだ』

『おじさん、母は去年死にました。』

 

男はつらいよ。葛飾立志篇の一コマである。

これらのシーンは長年引っかかるものがあったのでここに記しておこうと思う。

 

映画『男はつらいよ』(第16作)予告編映像

映画『男はつらいよ』 ㊗山田洋次監督作品『男はつらいよ』シリーズ誕生50周年! 「男はつらいよ」50周年プロジェクト展開中! 特設ページはこ...

youtube#video

 

 

スター誕生からキラ星のようにアイドルが誕生した。

 

桜田淳子さんは、第4回のグランドチャンピオンとなり、第五回では山口百恵さんがスカウトされたことは、もはや語るべくもない。

 

桜田淳子さんの登場で、スター誕生の選考基準が大きく変わったことは以前書いたが、

その陰に隠れたスターの卵がいたこともまた事実だろう。

 

第3代でスカウトされた合格者に、最上由紀子(さいじょうゆきこ)さんがいた。

あまりにもタイミングの悪い合格だった。

デビューは1年遅れで、山口百恵さんにも抜かれてしまった。

デビュー曲は『初恋』、1973年の新宿音楽祭で銅賞を獲得していた。

 

池田文雄プロデューサーが気にかけていた一人だった。

奥様が作詞を担当されている(ペンネーム川口文)。

しかし、レコードが発売されたのは、シングル2枚とアルバム1枚ということだった。

その後は芸能界が合わないということで、

故郷の、山形県最上郡に帰り、親の介護をしながら生活を支え、

結婚され、幸せに暮らされていると聞く。

 

『スター誕生は、人買いではないか』という批判がある。

しかし、それは的外れな意見である。

池田プロデューサーの願いは、もし、スターになれなくても、故郷に帰って、普通の生活に戻れることで、そのことを親御さんにも話すそうである。

 

スターへの階段を登れるのは、極めてごくわずか、実力だけでは不可能で、運に左右される。

 

桜田淳子さんの出現は、彼女の運命に少なからず影響したであろうことは想像に難くない。

 

そのことを思う時、葛飾立志篇は、多くのことを考えずにはいられない。

名前の同一性、出身地の同一性、その時期、映画において、山形県で勉強に励むシーンなど、を見るにつけ、最上由紀子さんがダブるのは私だけだろうか。

 

桜田淳子さんは、『男はつらいよ』への出演が急遽決まったという。

 

『男はつらいよ』は、山形が舞台だと知り、急遽決まったとしても、不自然ではない。

これは、池田プロデューサーが、秘蔵っ子の桜田淳子さんを通じて送った、最上由紀子さんへのエールなのではないだろうか。

 

この人情味あふれる銀幕での本編冒頭8分での帰郷のシーンは、情景が重なる。

 

この映画で、桜田淳子さんが、初々しさを残しながら、好演されているのを見ると目頭が熱くなる。

 

『スター誕生』の卒業生の様々な思いを胸に、番組の原動力として、桜田淳子さんは階段を昇っていくことになるのであろう。

 

最上由紀子さんのニックネームは『さくらんぼユッコ』だった。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

涙は大切に

2021-06-23 20:44:36 | 日記

約束の地だったかもしれない。

レールが引かれていたのかもしれない。

それでも、階段を駆け上がるのは容易ではなかったはずだ。 

桜田淳子 トップ・オブ・ザ・ワールド Live

 

youtube#video

 

 

 

1973年10月21日だったと思う。

地方のデパート(当時はショッピングセンター)のオープニング当初のことだった。

桜田淳子さんが来たことがある。

デパートの売り場はがらがら、屋上は、あいにくの雨模様にも関わらず、黒山の人だかりだった。

会場で、サインを促されるアナウンスが流れても、一歩も近づくことなどできなかった。

 

芸能通の友人が、後で教えてくれた。

来る予定は当初、山口百恵さんだった。

というのである。

 

〈 もし、そうだったら、僕は今頃このブログは書いていなかったかもしれない。〉

地方のデパートの人寄せ的なイベントに、よく来てくれたものだと今更ながら思う。

 

淳子さんは、新人賞の賞レースの真っ最中で、しかも中学3年生。

多忙なスケジュールを割いてのことだったと思う。

それが、売れっ子の定めといえば、それまでだが・・・。

 

今、『16才のリサイタル』を聞いてみる。

目を閉じると、少しずつ目頭が熱くなってくる。

どの歌も、丁寧に心を込めているのがよくわかる。

リサイタルの中で、『この日がどんなに待ち遠しかったことか。

何しろ初のリサイタルということで、もう嬉しいし、

また、不安だし、もうこうやってステージに立ってる今でさえも、

宙に浮いたような気持ちでなりません。』

 

その話し方一つ一つに、まじめさがにじみでている。

 

『Thanks40』のブックレットの31ページ目にこんなことが紹介されている。

福田時雄さんの話を引用してみる。

『渋谷公会堂でのファーストコンサート期間中に、淳子に怒られたことがありましたね。

急に倒れた歌手がいて、その穴を埋めるために『どうしても』って頼まれて、

淳子のスケジュールを出したことがあるんですよ。

そうしたら、『私がどれだけこのコンサートに懸けているか分かりますか』って。

『私はコンサートの終わりに『福田さん、ありがとう』って言おうと思っていたけど、

これじゃ言えません』なんて言われてね(苦笑)。』

とある。

 

番組、イベントの穴があけば、そこに入らなければならない。

小さな会社が大きくなるとき、仕事の隙間をうめ、信用を積み上げていくことはどの仕事も同じことだと思う。

サンミュージックは、ナベプロや堀プロとは違う。

 

期待されているとはいえ、駆け出しの女性アイドル歌手の苦難の歴史があろう。

そうして、出来上がったのがこのリサイタルだと思う時、たまらない気持ちになる。

音楽と真剣に向き合った成果なのだから。

 

リサイタルでは、福田時雄さんへの『ありがとう』は収録されていなかった。

もちろん、どちらが正しいとかいうことではない。

モノづくりにこだわる淳子さんらしいエピソードだと思う。

 

80年代に入り、太川陽介さんや、松田聖子さんが、渋谷のNHKで『レッツゴーヤング』の司会進行をしていた。

そうした、一つ一つの信用の積み重ねがあったということなのだろう。

 

『涙は大切に』

そういうことだと思う。

 

追伸:動画のUP主様に感謝します。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

板の上の淳子ーその1

2021-06-10 17:02:51 | 日記

板の上でこそ輝く。

 

桜田淳子さんを評してよく言われることだと思う。

なぜこのような表現になるのか、はたと困っていた。

 

これもよく言われることであるが、スター誕生の予選会で、桜田淳子さんを見た人は、表現こそ違えど、みな共通に光り輝く何かを見たという。

田舎の中学2年でさえ、『今度の決戦大会にはすごい子が出るよ』という噂は広まっていた。

名前など問題ではなく、『すごい子』という表現が適切だった。

残念ながら、テレビをつけたときには番組のエンディングで、確定して見ることはできなかったが、この子かなという想像はできた。

 

見れなかった悔しさから。デビューを楽しみにして、それから部活が休みの時はスター誕生を見るのが楽しみだった。

1973年1月終わりごろか2月始め頃だと思う。

もうすぐデビューするというので、テレビでプロモーションビデオが公開された。

正直なところ、期待通りかというと、よくわからなかった。

 

たぶん、この違いは、現場とブラウン管を通してみる映像の違いによるものだろう、と考えていた。

 

しかし、これは正しくない。最近そう確信するようになった。

 

淳子さんに、歌唱法の指導をした中村泰士さんの、生前の話が、2019年、2020年と公表されている。

 

中村泰士さんによれば、淳子さんから中村泰士さんにあてたお祝いの手紙の中で、『天使も夢みる』のレッスンの際に教えられた『鼻にかける歌い方』ができず、泣いた思い出に対するコメントとして、

中村さんは『淳子はかわいかったけど、特徴はなかった。それで鼻にかけて歌ってみたら、と。それをみんなまねをした』と公表している。

 

それ以前にも、中村さんは、このように述べている。

桜田淳子さんは『天性の声は持っていなかったが、猛特訓してボイスを広げていった。声にも特徴がなかったから僕が『鼻に抜こう。鼻にかけて歌いなさい』って言って、鼻に抜ける歌い方を練習させた。それが彼女の声になっていった。だから桜田さんのモノマネをする人は、みんな鼻にかけるような歌い方をするようになった』

 

こう考えてみると、『天使も夢みる』『天使の初恋』『花物語』『三色すみれ』は、ボイスを広げ、鼻にかけるための教材ということもできる。

 

『黄色いリボン』という森田公一さんの楽曲で試すことにより、受け入れられることを確認でき、『花占い』により、桜田淳子さんの初期の歌唱法が完成したのだと思う。

 

桜田淳子姫の花占い

超超綺麗な美少女とは姫の事です、、(^_-)-☆一年前お会いした事を思い出します、

youtube#video

 

 

 この秋、『16歳のリサイタル』が開催され、正統派アイドルとしての実践の舞台を踏むことになる。

桜田淳子さんの周りには、作詞、作曲、歌唱、振り付け、バンド、演出、司会、すべてにおいて一流が集まっているといってよく、このリサイタルで、淳子さんは多くの人の名を挙げ、感謝をしている。

もちろんその中に中村泰士さんの名があることは言うまでもない。

 

オードリー・ヘプバーン主演の『マイフェアレディ』という映画がある。

淳子さんの歌、振り付けのみならず、立ち居振る舞い、お辞儀すべてにおいて洗練されている。

まさに、日本版の『マイフェアレディ』ということだろう。

 

その年の暮れ、紅白歌合戦の舞台で、ぼくらは、これからそうなるであろう『アイドル』の原形を目撃することになる。

 

中村泰士さんが、ひげを伸ばし始めたとき、周りの人が反対する中、桜田淳子さんだけは、ひげを剃らないように頼んだという。

それは、中村さんのトレードマークになっている。

 

桜田淳子さんの歌唱法は、徐々にきつくなっているという批判をする人がいる。

だが、スタイルを貫くことこそが、プロというものではないだろうか。

 

歌がうまい人は素人にもいる。

プロの歌手というのは、ラジオを聞いて、すぐ誰の歌かわかるというものでなければならない。

 

そうであるならば、テレビやラジオで流れる桜田淳子さんの声は、聴けばだれでもわかるであろうし、

それは歌手として、アイドルとしての正統性を貫くものであったことを証明するものである。

 

ここで注意すべきことがある。

テレビやラジオの歌声は、作詞家や作曲家、その他周りがこのように歌ってほしいという世界を忠実に再現するものであるだろう。少なくとも桜田淳子さんはそうしてきたはずだ。

 

しかし、リサイタルは別のことだと思う。

ここでの洋楽ナンバーこそが、淳子さん自身を表現するものはないだろうか。

桜田淳子さんという一つの才能を、心底堪能したいものである。

 

リサイタルについては、書きつくせぬことがあるので、次からまとめていきたいと思う。

 

余談にはなるが、淳子さんと百恵さんに勝敗をつけたがる空気は未だに後を絶たない。

ノーサイドのホイッスルは、吹かれないのだろうか。

 

※中村泰士さんのご冥福をお祈りします。

また、動画のUP主様に感謝します。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする