ブログ

日々の出来事・雑感・備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

atmel Flip を使用時のatlibusbdfu.dll not foundの対処法

2015-09-22 20:11:40 | 電子工作

Arduino UNO R3を使用していて、PC(windows 8)に認識されないトラブルに。

調べているとどうもAtmelのUSBコントローラとして使用されているマイコン(ATmega16U2)のデータが消去されてしまっているようだった。

しかたがないので、Arduinoの公式サイトを調べるとファームウェアのコンフィグレーションの方法が記されてあった。

https://www.arduino.cc/en/Hacking/DFUProgramming8U2

ファームウェアのコンフィグレーションにはとatmel社のFlipというソフトウェアを使用すれば良いらしく、

インストールしてarduino-usbserial/Arduino-usbserial-uno.hex ファイルを書き込もうと、

Communication -> USB をクリックするとatlibusbdfu.dll not found というエラーが出現...。

この対処法を今後のために記しておく。

1.ArduinoをPCに接続し、USBコネクタに近いICSPのリセットとグランドピンをショート。詳細は下記。

https://www.arduino.cc/en/Hacking/DFUProgramming8U2

 

2.デバイスがUnknownとしてデバイスマネージャーに出現するので、ドライバの更新をする。

 

3.ドライバの更新ではコンピュータ内のC:\Program Files\Atmel\Flip ?.?.?\usbフォルダを選択。

 

するとドライバがインストールされ、FlipからEEPROMに書き込みができるようになる。

EEPROMに書き込み後、Arduinoをいったん取り外して再び接続するとArduinoのドライバがインストールされ、

ArduinoIDEからプログラムの書き込みができるようになる。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« イノベーションのジレンマの応用 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電子工作」カテゴリの最新記事