Home Room ・シンプルな暮らしと家

かわいい~合板

 

街で見かけた工事中の建物。その入口部分は合板でふさがれていました。

 

この写真を、現在第二期リフォーム工事中の『中板橋の家』の奥様Kさんに見せたら・・・・

 

「かわいい~!」 と言いました。

 

「かわいい」と言われるとは思ってませんでしたが(笑)

喜んでくれるだろうと思って撮ったので、その通りになってうれしかったです。

 

Kさんは、実は 『合板』に萌えるのだそうです。

今回の工事でも一部の壁に合板を張りました。

 

こちら↓

シューズクロークになる部分ですが、そこに張りました。

正面の壁だけのはずだったのに、横の壁にも張る事になりました。

 

本来はコート掛けなのでしょうけど、工事中なのでクツが掛けられてます。

合板を背景にしたこの姿を・・・

「かわいい~と思いませんか^^」とニコニコして言います。

 

う~~ん。。 ちょっと、かわいさがわかりません(笑))

 

合板は嫌いじゃないです。でもKさんのように『萌える』まではいきません。

だけど、そこまでご自分がうれしくなれるものなら、使ってよかったと思います。

きっと毎日、この合板の前に立ち、ニコニコしているのでしょう。

いい事だと思いますよ。

 

合板には萌えないけど・・・

こちらは、胸がキュンとします(笑)

パーケットフローリング。

 

50代・・・40代でもいるかもしれないけど、学校の教室の床、もしくは、美術室とか音楽室とかの床が、これを使われていなかったでしょうか?

 

そんな郷愁も、なくはないのだけど・・・実は、これ、好きなんです。

パーケットフローリングとは、小幅の板を並べでくっつけた、30~40cmくらいの単位の四角タイル状のフローリングです。

 

この、規則正しさがありつつ、それぞれを見ると、微妙に大きさが違うし、色や汚れ具合も違うし、一つ一つが個性的。

なのに全体を見ると、なんとなく均質に見える。

その感じが好きなんです。

しかも、ダメになった物は、新しい物に交換してはめられます。

 

有機的な均質 とでも言いますか・・ 萌えますね。

かわいい~です(笑)

 

パーケットフローリングの材料は、大木にならない広葉樹です。普通のフローリングでも、幅広のものとか、せいぜい2mくらいまでの短い物です。それを無駄なく使うのに、短い長さで接着して四角い材にする事は、とても理にかなっています。

でも今は、針葉樹・・ヒノキや杉のパーケット―フローリングもあります。山の木をよく成長させるために、間伐といって木を間引く事をします。それはまだ若く細い木です。そういう間伐材を有効に使うのにも、いい事だと思います。

https://zaimoku.me/yuka/tile_sugi/

 

****

杉板を床に使ってみたいけど迷ってる方も・・・

新築でもリフォーム/リノベーションで悩みや不安で、心配な方も・・

話しをしてみれば解決する方法が出て来るかもしれません。

話しをする事で解決する事もあります。

 

よかったら、家の事、お話ししましょう。

家づくりの相談会 「お茶会@新宿」

 

10月は

  10月5日(土) 10時~11時30分 (1組)

  10月12日(土) 10時~11時30分 (1組)

  10月19日(土) 10時~11時30分 (1組)

です。

 

ご興味あれば、杉板のサンプルをさしあげます。長さ30cmほどあります。

裸足になって乗ってみると、”杉板の感じ”がわかります。

相談会お申し込みの時に「サンプル希望」と書いてください。

 

****

 

家づくりの『考え方』をお話ししています。

いきなりハウスメーカー探しを始めるのではなく

家の事、暮しの事、そしてあなた自身の事を考えてみましょう。

後悔しない家作りができると思います。

そんなきっかけになると思います。

 

「したい暮らし」から考える家作りのメールマガジン

【 +LIFE 】(購読無料)

 

お申し込みはこちらから

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「家の素材について」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事