Home Room ・シンプルな暮らしと家

シンプルな暮らしためのシンプルで質のある家を提案

志田建築設計事務所のブログ

階段

2019-07-30 19:48:14 | 設計の事

鳥牛之家

中板橋の家

 

****

 

昨年リフォームした 中板橋の家 を今年もリフォームします。昨年は2階3階で、今年は1階。

 

奥様Kさんは、この階段が嫌いです。

何が嫌かというと、閉塞感 を感じてしまうからだと。

「閉塞感 とは 狭い事? 薄暗い事?」

と聞くと 

「抜け感がない」 という事だと言います。

 

「志田さんの作る階段は抜け感がありますよね」

Kさんが言いました。

 

この家は3階建の家。

写真は1階から2階へ上る階段。2階から3階へ上る階段も同じ位置で重なっています。

ハウスメーカーの家なので、階段の下面にはボードが張られ、きっと誰でも想像してもらえると思いますが「階段室」という「それ以外なにもない」という空気感があります。

 

それにしても何なんだろう・・・ハウスメーカーのつくる階段の「薄さ」

「薄さ」というのは、階段の板の厚さの事じゃなくて

意味のなさ、色とか光とか、気配すらないという感覚。

無味無臭・・ 無気力・・ 無表情・・ 息づく気配がない。

 

「階段は階段であって、それ以上何があります?」

 

これまでたくさんハウスメーカーの階段をみてきたけど

その階段を上り下りする時に、そんな声が聞こえてくるような感覚があります。

 

**

 

中板橋の家の階段と、同じような形の階段が、私の設計した家にあります。

 

それが、1枚目の写真。 鳥牛之家 という密集地に建つ小さな家の階段です。

 

密集地であるために、1階はそれほど明るくありません。

玄関から入って正面に階段があります。明るくはない廊下の先に、温かい光の中に上っていくような階段にしたいな、と考えました。

階段を、寂しい場所にしたくないんです。

 

家の中のどこも、温かい場所でありたいんです。もちろん階段も。

 

「温かい」とは「温度」ではなくて「ぬくもり」・・というか、守られてるような感覚。

 

階段って、楽しい場所です。

上ったり下りたり、1段ごとに見え方、見える景色が変わります。

座れます。階段に座るって、意外と楽しいです。

狭さが、気持ちよかったりもします。

片隅が秘密基地のようにもなります。(妄想^^)

 

 

「階段は階段であって、それ以上何があります?」

って聞かれたら

「楽しい事がたくさんありますよ」

って答えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« LWH for Motorcycle Shop | トップ | 7/27お茶会@上高田の家 感... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

設計の事」カテゴリの最新記事