★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「女子高生チェーンソー」

2007-11-20 05:09:41 | 映画(さ行)
<2007/A199/S105>

今月のひらりんは「ホラー特集」やってまーーーす。
その第7弾。
タイトルにそそられて見てみたくなる作品ですが・・・
こりゃまた「アルバトロス映画」の作品・・・
ホラー特集・・といっても、B級以下のホラーばっかりチョイスしちゃってる感ありだけど。
原題は「SCREAM BLOODY MURDER」←このタイトルの映画は何本もあるようですが・・・
本作は劇場公開ナシのオリジナルビデオらしいです。
なので勝手に無茶な邦題つけたのかも???
2003年製作の女子高生系ホラー・コメディ、87分もの。

あらすじ以下ネタバレ注意↓
今回のあらすじ紹介はアルバトロス・フィルム直々のページから・・・
「淑女たるもの・・・」今朝もバーデン校長のありがたい話がスピーカーから流れてくる。しかし、女子高生パーカーをはじめとする落ちこぼれグループは、そんな話には耳を貸さずいつも男の話題ばかり。その日も、いつものメンバーに転校生のモニーク、引率のビーバー先生を加えて、課外授業と称した男子校とのダンスパーティーに参加するはずだった。しかし、途中で車が故障してしまい、寂れたスクラップ工場で一晩を過ごす羽目に。そこは車の通りも少なく周囲は暗闇に包まれ、挙動不審な修理工のハンクが一人いるだけであった。そこで次々と起こる猟奇的殺人。一人、また一人と見るも無残な死体となっていく。「犯人は誰だ?!」生き残った者たちが互いに猜疑心を抱き、そしてまた新たな殺人を生んでいく。果たして犯人の正体は?連続殺人の目的とは?まだ夜明けは来ない・・・

ココからひらりん的レビューのネタバレ・・・
全然恐くないホラーを、またまた観てしまいましたぁぁぁ。
邦題にある「チェーンソー」・・・1回出てきますが殺人の道具では有りませんでした。
しかも、女子高生達はだーれも触ってませーーん。
いろんなキャラの女の子を集めてるので、それはそれで楽しめる。
一番最初に殺されたのは、ちょっと突っぱってて、クールな子。
車を潰す圧縮機でペチャンコにされてました。
読書好きでとろい子は童貞だった車の運転手のお兄ちゃんといい雰囲気に・・・
でも、男のほうのお尻に重機が突き刺さり・・バージン卒業はお預け。
女の子のほうは、後々、手足をビロンビロンに伸ばされ、死亡??
たぶん、4~5メートルくらいに伸びちゃったみたい・・・お墓が長かったし・・・。
巨乳でアバズレな子は口に空気入れ用のコンプレッサーを詰め込まれ、内臓破裂。
こう考えると、結構悲惨な殺し方されてるのに・・・
女子高生&先生は、あまり恐がらないので、映像に緊張感がまるでなし。
仲間を疑い出しちゃう子は弁論部の部長で、先生にも口答えする口達者。
その先生はお堅くみえたけど、極度の緊張で本性を・・・
実はレズで、その気のあるお金持ちの子といちゃいちゃしはじめちゃったり・・・
そして、二人がいちゃついてたクルマが爆発炎上・・・
パンティ二枚が証拠として飛んできました。
そうそう、普通怪しいスクラップ工場の男・・・
ちょっとヘロヘロ男で、とっても殺人できそうもないけど・・・
最初の登場の時に、アイスホッケーのマスクしてクルマ運転してたり・・・
女子高生のしゃっくり止めるのに、いきなりナイフで切りつける真似したり・・・
紛らわしい事はしてました。
残ったのが、パーカーとモニーク。
頭のいいパーカーは、モニークがアラスカ出身で父がペンギンの飼育をしてる・・・
という嘘に気づき・・・殺人鬼と悟るが・・・・・・
ペンギンは南極にしか居ないから嘘だ・・・とか言ってたけど、
アラスカの水族館勤務という事もありえるのでは???
まっ細かい事はいいか。
素性を知られたモニークは、ワケもなく女子高生無差別殺人をしてたらしい。
パーカーにもズシバシ、襲い掛かるが、やっつけてしまう。
そして驚きが・・・
モニークの顔を剥がすと、校長先生だった!!!!!
有り得なさすぎーーーーーっ。
ダメダメ女子高生を処分する為にクルマに細工して抹殺・・・と言うかと思ったら、
ワケのわからない妄想にとり憑かれて、やってしまったようでした。

こりゃもう、ホラーとは呼ばないほうがいいね。
単なる学園コメディ。
オチも、いきなりおっさんがミニスカ・セーラー服着て、倒れてるんだもん。
もうちょい、恐さ・エロさ・グロさを出してくれてもいいんじゃないっ。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
「チェーンソー」といえば、「テキサス・チェーンソー」でしょう。
女子高生もの・・といえば、「恋のミニスカ・ウエポン」あたりかなっ。
 

という事で今回は、
コメディ度・・・
ホラーではなく、コメディとして楽しむ気が最初からあれば、
観方が変わったかもしれませんが・・・
オチがてきとう過ぎだよね。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この作品を見て、ひらりん同様「タイトルに騙されたぁぁぁ」・・・と、思ったあなたっ・・・
           
バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」

コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ★「モーテル」 | トップ | ★「ONCE ダブリンの街角... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしすぎ (ONE OF THE BROKEN)
2007-11-21 00:50:39
これはかなり上級者向けです(笑)
ホラーだとかコメディだとかではなく、これは映画の形をとったコントで、全てはあのオチを見せるための壮大な前フリだと思って観るのが一番正しい見方ではないでしょうか?
中途半端にホラーに仕上げようとして駄作に終わってる数多のB級ホラーよりよっぽど素晴らしい作品だと一ホラーファンとしては思ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

女子高生チェーンソー (1ペェジの駄文)
●オモロー!!
おバカになって愉快になろう 12 「女子高生チェーンソー」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「女子高生チェーンソー」-なぜ高校生役にオバサンを使うのか?     晴雨堂スタンダード評価 ☆☆ 可   晴雨堂マニアック評価 ☆☆ ...