ひじきごはんを食べましょう(sorry, this blog is UNDER CONSTRUCTION←おー

どうもひじきごはんです。ほんとに食べちゃだめですよ、俺のことをね。

light darkness

2006-04-30 21:01:10 | Weblog
323A.D.に滅亡した朝鮮半島の傀儡国家「楽浪郡」の落人を「倭」に招聘したのが、天皇家の始まり。それはもう確定に等しい。戦後、古墳の管理が緩かった時期があるのが…まあ、言ってみれば命取り、なのだろうか。いや、命拾いなのかもしれない。楽浪郡は後漢の後ろ盾が無くなったために権力を失ったのであり、古墳の埋葬方式は後漢のそれである。

俺は、この国で嘘を正史として教えるのでなければ、当座天皇家存続で構わない。言うなれば、客人権威製造機関。不必要な存在ではない。ましてや「あらひとがみ」。この概念はこんにち重要になりつつある、日増しに。

受け容れがたいかもしれないが、誰もが「あらひとがみ」を目指さないと、地球の諸問題は解決しないというなんともはやハードルの高いオチが待っていた、というわけだ。西暦世紀末を越えてみたら。

今年は皇紀2666年なんだそうだ。聖飢魔Ⅱがはしゃぐわけだ。閣下の声が健在なのに、今日未明のNHK総合で驚いた。今年の理科年表には、神武ナントカ暦2666年、と新しい表記が記され、由来まで記述されているそうだ。なんなんでせうなw

タイトルだが…

半島由来をかつぐのもいい。民をたぶらかすのは憤る。この仮説を導入すると辻褄が合う話を思い出せるだろうか。

御簾。

朝鮮語しか話せないから、直に話すことを許さなかったという、連れてきたやつの頭の良さ。しばらくこの伝統が続いた。

天皇家を哀れむのは、半島出自でありながら、やまとことばを任されているところだ。年明けに必ず催される歌会。天皇家は、朝鮮語を忘れずにいるだろうか。俺なら、嫌で嫌で仕方ないだろう。ずらりと並んだ「うたうたい」が大和言葉を並べるのを聞いているのは。なにしろ、朝鮮人なのだ。

国籍を頑として持たないところが、天皇家の矜持だろう。

天皇家にもかわゆこちゃんは歴史的に現れるらしい。
そういう娘が何をすのかと言うと、田舎者の成り上がりをたぶらかして、半島を奪い返しにそそのかす。女のまんこはすごいね。よくやるよ。

これが闇だ。男と女の闇が重なる時。それは心の闇と言うより、身体の闇と言うべきだ。

希に、この国にはとっても優しいやつが現れる。そいつがしたことで、なんとかこの国の淫らさを他の国々に許して貰っている。優しいだけではないからだ。皆の暮らしを良くし、幸せをもたらしてくれるという。謎めいたやつが、希に、現れる。誰のパーソナリティなのかは俺は知らない。

悪魔を自認している奴等が、それに固執し続けるかどうかが、これからの行方の鍵だ。彼らは破壊が生業。究極には永遠の滅び、永遠の無を望む。肯んぜない願い。説得とかなんとか、そういう生ぬるい言葉で言うことを受け容れるものなのかどうか。

それと同時に、地球の25万年周期の磁場変動の兆し。この世のハルは、まだ来たのかどうか、怪しくはある。

「誰もがあらひとがみを目指」し始めた時、それを止めようとする誰かがいたとしたら。まさに、そのアナウンサー、スポークスマンが、「最も腐った者」を依代とした「組織」を代弁している筈だ。そして、それは「大東亜戦争」の焼き直しに過ぎなくなるだろう。それこそが、その悪しき者らの思う壺である。ハルマゲドンというふざけた物言いをうつつにもたらすこと、それが何よりの願いのやつらが、確かにこの星にいる。生きて、息をしている。

ここまで考えてくると、様々言われたポストモダン、現代フランス思想のシンセリティがわかってくる。それを避けるには、「脱構築・脱体系」…いや、「脱組織」。これしかない。言葉のやりとりはまず構わないだろうが、組織に抗う組織を作ると、シナリオに載せられる、そういうことだ。

愛、平和、正義、良心、慈悲…善性を再び心に宿すことを恐れない。身体を汚すことでひとりごちない。そんなに難しい答えではなかったのに、何故これほど回り道をしたのだろうか…それは、いつかゆっくり考えよう。
コメント

しこうじっけん

2006-04-28 01:29:31 | Weblog
…に、よると、なんとおいちゃんうまれたとこを裏切らなければならないみたいです。

あじわいぶかいなー。

ま。むかしなにがあったか、うそつくかたがたにはかたいれできないのでしかた茄子
コメント

ウェイトレス

2006-04-26 09:54:04 | Weblog
お待たせしません。

Waitless.
コメント

○岡訪問

2006-04-26 06:48:31 | Weblog
「なんじゃここ!」

違和感バリバリの街。脂汗のにじみ出る人の波の流れ。ここ、ほんとに日本か?

○岡人の人となりを知りたく、腹も減ってたので焼肉90分喰い放題に残りの金ほとんどつぎ込み、「大食」のカードを切ることにした。

けれども敵意を持っていると思われたくないので、60分で切り上げようと予め決定。

結局
・牛赤身3皿・牛ハラミ1皿・牛ロース1皿・牛カルビ1皿・とり1皿・豚1皿・バターコーン1・チヂミ1・ごはん1杯・ソフトクリーム2・クリーム白玉1・大根サラダ1・野菜焼き1・

まだあったかな?覚えてるのはこれくらい。きっちり60分くらいでやめる。〆て1980¥。

支払いの時、マネジャーの他に、面食らった面持ちのあんちゃんが厨房から顔を出した。あ、どんなやつだ、ってこと?それで俺はやっとほっとした。○岡人、素直な人もいるんだ、って。盛岡人なら、そんなことする人いないだろうな、とも思った。顔伺うにせよ、それとわからせずにさりげなく見る。

ここの牛肉には ま っ た く サシが入ってなかった。しかし美味しかったんだなぁ…半島に近いだけに、牛肉哲学が他の日本各地と違うのかも?と思ったよ。
コメント

悪魔へ共感 する部分

2006-04-25 00:52:48 | Weblog
俺は俺に似てるとこのある存在へはすぐにシンパシーを覚えてしまう性質で。

悪魔、ってやつも、それほど嫌いじゃな かった。それが何故かはよくわかってなかったけど…なんとなく、嫌いじゃないよな?みたいな。アクマくん、という少女漫画があったり、デビルマンがあったり、「悪魔くん」命名騒動、水木しげる翁の悪魔くん…ん、まあんなとこですな。表現の自由は悪魔へ親しみを覚えることも許してきたわけ。

「この世の中に悪人などいない」
というアナウンスがあったりした。俺がはっきり覚えてるのはカートヴォネガットのもの。近頃それをカリパクした物言いを眼にした。「世界に悪い人は居ない。ただ、悲しい人がいるだけだ」

てやんで、ってんだ。

お涙ちょうだいで人殺しをウンウンできるほど、物分りはよくないぞ。

俺と悪魔の何が同じで何が違うか、考えてみた。悪魔のプロファイリング。

それによると、悪魔は、殺しが好きではない。下手をすると、虫すら殺さない。

自らの手では。

「殺せ」と言って、そいつが言葉通り殺すかどうか、眺めるのが好きなのだ。

殺しを嫌うところは、俺と似ている。

また、悪魔も表現物には眼がない。これもほぼ確かだろう。表現者によっては湯水のごとく金を与える。

ただし、やつは「美しさ」が好きだ。俺は「かわいい」のが好きだ。また、どうやらやつが表現物…芸術と呼んでもいいが…それを好む裏の理由は、それが圧縮された札束と同値だからだ。運びやすいことは、歴史の動乱期には非常に大きなファクターとなる。芸術が袋小路なのは、最早現ナマの時代が終わりそうなことと無縁ではないだろう。芸術が不必要になってきている。カードがあるから。

おそらく、悪魔は今、スーツを着て暮らしている。そして、それを「飼っている」つもりの「女」が居るはずだ。「女」は、「首輪」の象徴のネクタイを締めさせ、髭を剃らせていることで心を満たしている。

いずれにしてもとんでもない話だ。ここまで人類の大半の方々が虚仮にされているとは、この歳まで思いもよらなかった。もう少し、世の中ってやつはマシだと思っていた。

だが、それとわかった…わからされたことは、何かの兆しであり一筋の光なのだろう…そう思わないとやってられない。

「ろくでもないこの素晴らしい世界」
あまり流れないが、WONDABLACKのヲタ懐柔CMより、↑のBOSSBLACKCMのコピーが俺にはしっくりくる。BOSSのCMはレインボーカラーをふぃーちゃーしたりして、俺と割と親和性が高かったことは確かだ、前々から。

「早熟少女作家」大川さとみ(16)の14歳の時の小説「三日月ライダー」はよくできている。原色を謳い、愛がめんどくさいがこの世が愛で満ちていることも語っている。だが、俺がいちゃもんをこの天才さんに突っ込むなら、何故売るのか、ということだ。おそらく、このままだとヒッキーと同じ隘路に突っ込むだろう、遅かれ早かれ。才能を思い通りにつぶしていく…誘導の先頭車両にするのは、出版界の人間、お手の物だ。

ただ、さとみちゃんは(名前がよくないな)綿矢よりは親しみのあるかわいこちゃんだ。綿矢は下手すると元恋人をストーカー呼ばわりしている可能性がある。小説のネタにするんで付き合ったのよ、と言えないばかりに。

ろくでもない素晴らしい世界。まったくだ。
コメント

そろそろ…詰ry

2006-04-22 11:36:33 | Weblog
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/tb/d02cb66833a484527c06dbe69a134d6f

自民党の言うとおり動いてくれるのが、特定アジア三国だったってこと。ですな。
コメント (2)

「Dirty love」

2006-04-17 15:34:41 | Weblog
嫌なんだが実人生がシリアスになりすぎてて息が詰まり、街へ出る。
4月17日に雪。ニュースはなんと報道するだろうか。ま、寒い。春はまだだ。

だが世界はこういうときでも極上のジョークを忘れない。
今年のラジー賞、それがこのエントリタイトルなんだが…
”興行収入58000ドル”…ン?そんなに悪くないじゃん…………?………!…おお!万が無いのですね!おお!おおおおおおおおおおお!!!!!!!!イカス!!!!お前は本当にアメリカ映画か。

「ピクニックatハンギングロック」「突撃」に続いて、どこまでも追っかけたい映画俺の人生三番目ハケーン!!!!おそらくこれが最も鑑賞難しいんでしょうな。そして、どう考えても戸田奈津子さんは字幕あててくれないよこれには。うん。

しかぁし!ピクニックも突撃も…正直期待がでかすぎたためか、俺的に不満の残る…血眼になって求めた日々を考えると…出来だったのだけど、こいつは!三度目の正直で、俺を大爆笑させてくれること、ほぼ間違いない。もうタイトルからしてわくわくする。それに、この映画を作って主演したねーちゃんは、大真面目なところがまたエクセレント、いや、エ~クセレント!…10年経って←の賞賛ワードにふさわしい作品がやっとお目見えというわけだ。

ま、まぁ。58000$って、俺には大金ですけどね?

どうすれば観れるかなぁ・・・とりあえず建ってなかったらコミュ建てよっと

追記:
http://bichimanis.blog15.fc2.com/blog-entry-116.html
ね?あながち間違ってないっしょ俺の見立て
コメント

D.N.A.

2006-04-16 16:40:26 | Weblog
歌うナントカとかいうバカみたいに、すぐ人の言うことを妄想扱いするバカは少なくない。
それがひどい奴になると、精神病院に入れてくださるものだ、ということをこれまでに知ったので、俺も今回の謎解きについては様々手を打ちながら来ている。

さて。うちのお袋。前も少し触れたが、とんでもないババアだ。細木数子よ、このお袋に優しくするのは、俺は難しい。しばらくは、まずありえない。お袋がお袋のしたことを認めてすらだ。まだ認めていない。とぼけている。

さて。相変わらず俺の言うことを妄想ということにして、あわよくば4回目の収監にもっていこうという兆しを見せた、ふた親。「証拠がひとつもない」そうだ。「お前の推測には」と。

「俺のDNAがあるねぇ」

いきなり追求が止まった。やれやれ。偽のDNA検査結果を賜ってくださるえらーい研究者さんでも見つけてくるのかな。俺は嘘をつかない産婦人科医など一人とていないと確信しているので、医者の言うことをなんでも鵜呑みにするなど愚の骨頂だと考えている。

家でこのエントリに準じた内容を書き込んでいたら、お袋の近親相姦を書こうとしたあたりで強力にフリーズ、直るのをじりじり待っていたら文章そのものが消えた。これは、さすがにはじめて。困った事になったよ。

あ、JKども、俺はヘソ出しルック好きだからね!細木のババアの言うことなんか聞いてたら、細木みたいな顔のババアになるけど、それでもいいのかな?
コメント (2)   トラックバック (1)

トニセン顛末記

2006-04-14 19:02:54 | Weblog
398 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 12:43:40
太平洋戦争、いや第二次世界大戦という緊張状態をもたらすことで、原子爆弾を
作りたいと願ったやつがいる。

言うまでもなくユダっちょだけど。

で、そのためにはカーバーな生け贄が必要だ。あらかじめ負けてくれる、そして
そこそこ相手にとって不足のない。

どうやら、日本がいいみたいだ。白人でなく、明治からでかい面で目障りで、
こいつらをもっと後進国の連中から憎ませる必要がある。今のままではうまく
いかない。

(…?ちょっと時代が合わないな。でも、齟齬を省みずずれを承知で辻褄を
あわせよう。合ってないけどね)

まず、日本人のストイックさを剥ぎ取らなければならない。こいつらは隠すのは
うまいが、近親相姦への憧憬が強く、実際しているやつらも少なくない事が
わかる…(のは俺たちもやってるからさ!)

乃木希典。こいつが邪魔だ。こいつの信念を崩すのは難しい。

ならば、奥方から墜とそう。さすれば、誇り高き将軍は、天皇崩御にかこつけて
自決と報復を行うだろう。

その通りになったので、陸軍への侵入。モラルを低下させる。

あとは南京へまっしぐら。何が起こっているか、マオ先生へのリークも忘れずに。

で…このトピタイ。(AXIS三様)



399 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 12:44:58
イタリアはムッソリーニのごとく狸だった。きっちり連合国に通じていた、
ドイツよりも。それはそうだ、ギリシャの後釜とは言え、ロマンティックという
普遍的甘い幻影に名を未だ残す大帝国の末裔が、そうそうババをひくわけがない。
しかし、没落しているのを認めざるをえないところも、大いにある。ならば、
連合国にちょっと裏廻しで恩を売っておくのも悪くあるまい…ッテアンタ!!!!
やだよあんた!ここバチカンのおひざもとじゃん!じゃ、一も二もなく悪者装え
ゆわれたらそのとーりにするやん!…ひでー。ひどすぎるハナシ。ま、真っ先に
逃げて傷が最も浅いのはそういうわけだ。

ドイツ。ここは、もう少しかったるい。確かめたわけではないが、600万人の
ユダヤ人を殺した、というあらぬ汚名を「トキが来るまで」負って耐え続けるなら、
原子爆弾を落とす事だけはやめてやるが、どうする?ドレスデンで懲りてないのか?
…で、チョン。
ヒトラー?誰だそれ?

さて。ここからは連合国側の誤算だ。物質物量作戦の大成功に大喜び、我々は正しかった
というわけで、アメリカは大いに盛り上がる。金本位制を崩してイギリスを盟主国から
表面上追い落とす事にも性交し、まさにこの世の春。ポニーテールとチェックのワンピ。
オールディーズ。

…ン?…なにか、おかしい…。気のせいか…。



400 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 12:45:30
気のせいではなかった。60年代に入ると、それはもう痛みを伴って明らかになった。
地球規模の若者の反抗。これは、シナリオに無い!

日本は、精神主義をとった。それは、ばかげたこととしてとらえられている。
しかし。

確かに戦争には負けた。が、既に、今までの普遍的な人類、とは能力に彰かな
差異のある、新人類に、進化してしまった。それは、その教育を疑わなかった者
たちだ。肉体に殆ど変化は無かったが、脳に彰かな変化が。教育を面従腹背して
いたやつらは、進化していない。残酷な紙が賜杯する。

「負けるが勝ち」

まさかと思う古い言い伝えに、この国の誰かが、賭けた。戦いにのってしまった
のだから、勝つか負けるか、そのどちらかしかありえず。のせられたことを
悔やんでももう遅い。狡猾な国民の突き上げは国体を崩壊させかねない。

そして、今。あなたなら、どうする。

#…って話なら、面白いよねぇ。こわいくらいにネ!



コメント コメントを書く

2006年04月14日
11:10

メルヘンひじきごはん
つ【BGM:material girl】

401 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 13:07:08
BGMはレベッカのあれでもいいな。

ハートはなんばわんすたいる♪ ってやつ。
コメント

宮崎勤冤罪事件中間報告

2006-04-09 01:25:38 | Weblog
てへり。盛岡還ってまいりますた。二日で福岡→盛岡鈍行旅行したやつぁそうはいなかべね?二日で30時間以上電車乗りましたよ…さすがにへとへとじゃ。

どうやら、マスコミと警察による犯罪。それが、宮崎事件であるみたいですね。
そして加えるなら、これはオウム事件へのスムースなお導きをもたらすためのお膳立てだったんですは。なじぇか?ヲタクをぶったたいておけば、「なりすまし」が日本へスムースイン出来るからです。「あのアニメ面白かったよね、あそこ覚えてる?」…なりすましが最も嫌うタイプのトーク。この流行はなんとしてもぶったたいておかなくてはならなかった、それ故の世相づくりにいそしんでくれちゃった方々がいらしたんですな。俺ぁ宮内庁が一枚噛んでてもおどろきゃしませんぜこうなってくると。

そしてJK満載の売春クラブが誰に抱かれていたかとか。そこでやりとりされた言葉の中身とか。客層とか。こまったもんですな。世紀末。俺は92,3年に摘発されたJK売春クラブ摘発ニュースまだ覚えてますぜ。みんな、普通の主婦のふりして暮らせてますか?おつかれさまんさですことね。あ、まあ、誰が元締めだったかのほうが重要だけどさ。うん。買った男が誰だったかとかさ。

・ルパン三世カリオストロの城 は 果たしてフィクションか?
・なぜナウシカは炎の七日間の後の話だったのか?そしてなぜナウシカはおなのこなのかかつきょぬーなのか?俺はナウシカには嫌悪感を昔から抱いています。
・なぜ紅の豚は2on1な話なのか?俺の最も嫌いな宮崎あぬめです。次点が魔女宅。
・宮崎駿さん、流石に幼女を殺してはいないでしょう。ですが…誘拐ごっこをあの時埼玉でなさっていても俺は少しも驚きません。勤さんじゃないですよ。駿さんです。
・勤さんはむしろ、謎を解く探偵サイドだったんです。でも、したたかさに欠けたのかな。あるいは、教養を軽んじすぎていたか。そんなとこです。IQが高いだけではいかんみたいですな。ピンで支配層に挑むんですから。

なりすましが日本に入り込むその様は、どうしても俺にはソロシップとイデオンに入り込んでくるジョングの群れにしかイメージ出来ないんですな。御大、はなっからご存じでスナリヲ書いたんじゃないべすね?同時進行じゃないべすね?あちらがインスパイヤでべすね?
コメント (1)

なぜ憲法第九条を守らなければならないか

2006-04-06 22:40:41 | Weblog
前も書いたかもですが、繰り返し述べておきます。

間もなく、地球は原子力時代を超えて、反物質時代に入ります。

反物質は、兵器として成り立ち得ません。誰も勝利者があり得ないから。

だから、平和憲法を持つ国でしか、開発し得ないのです。

そういう、極めてシンプルな話です。よろしくお願いします。
コメント (11)

OZZY

2006-04-06 21:20:49 | Weblog
お手並みみせていただきたく。疑いに疑い続けてきたけど、あなたが顔になって何をするのか、知りたくなってきた。それなりに揃ってくるまで待っていただいたと。

ありがとうは言いませんよ。
コメント (2)

おなごふたりでじゅんじょうゆうぢょう

2006-04-06 19:18:25 | Weblog
「いままでいぢわるばかりしてきてあやまってもあやまりたりないわ。こんなあたしを許してくださいましね?」
「姫様、そんな、あたしは」
「もう姫様はおよしになって。追われたのですもの。言い訳を許してくださるかしら。あたしに近寄ってくる方々は星の数ほどいましたことよね…そして今やこのていたらく。こんなことゆってなにをいまさらと思われるかもですけど、あたしにはなんとなく兆しがわかりましたの。あなたこそ、あたしが本当に危機に陥ったときに助けてくださる方だと。あたしの、弱いおつむで考えた、精一杯のサインでしたのよ…」
「姫様、もうおよしくださいませ」
「あなたもその言い方はおよしになってくださいませ」
「まあ姫様…まあ姫様…」
「ね?あたしがどんなカンジかちょとわかるでしょw」
「あららららw」
「そういうことw」

以下ry
元メイドちゃんは夢のようなウェディングドレスを平民ではずめて着て結婚式をあげられたそうです。それがよかったのか悪かったのか。

よかったんでしょうな。きっと。おそらく。
コメント

めおと乃木すめらぎとともに

2006-04-04 22:13:25 | Weblog
「陛下が崩御召された。我らも、わかっておろう」
「…あなた。お芝居はもうおよろしいのですよ?あの方はお亡くなりになった、それでおよろしいでじゃありませんか」
「芝居?」
「そうじゃありませんの?」
「何を言っておるのだ?わしがいつ芝居をした?」
「え?わたしはてっきり…ずっと、お上手な方だわ、と思いましながら暮らしてきましたのよ?…え?」
「ふむ。どうやら大きな思い違いを、わしらはこのかたしてきたというわけだな。しかし、それもさだめか、ちぎりあったこの仲ならば。よいな」
「…なにがでございます?」
「芝居であろうとなかろうと。芝居だと思うならば、芝居でしめくくると思うがよいわ」
「…お待ちくださいませ、お待ちになってあなた。あなた何をご自分でおっしゃっているかおわかりになっていらっしゃいますの?」
「お前も、わかっているからこそのその言葉であろう」
「おほほほほほwおたわむれが過ぎますわあなた。本気にするじゃありませんか」
「ふむ。これでもまだたわむれと申すか」
すらり
「 」
「また逢おうぞ。ちぎりはとこしえゆえに」
「わたしはいy            


「…さだめと思え妻よ。すぐ跡を逝く」

…乃木は確かに思いを遂げた。しかし、彼の不在なる日本軍は、確固たる後継者の未発育なるままに魑魅魍魎の跳梁跋扈侵入を、許すこととなる…裏腹。
コメント

つんく♂さん

2006-04-03 08:09:26 | Weblog
シャランQフッカツダー!!(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)フッカツダー!!…おめでとうござ、


いますはいい歌を聴かせていただいた後で…なんて出し惜しみはやめますw

おめでとうございますヽゝ゜ ‐゜νシンジクン・・・
コメント (3)   トラックバック (2)