余白の美 sumi-e

余白の美 墨絵は日本伝統です。旬の花を描き、墨絵の基本からレッスンいたします。大人の手習いはじめてみませんか?

4月は藤の花を描きます。

2020-03-31 | 墨絵

4月は藤の花をレッスンいたします。

コロナウィルスの影響で、なかなかレッスンができませんが、少人数で生徒さんの状況を判断し、

開講したいと思ってます。

コメント

もうすぐ春なのに。。。

2020-03-30 | 日記

もうすぐ春なのに、雪が降りました。

月曜日バス停の近くに、雪だるまがありました。

なかなか外に出れない誰かが、作ったのでしょう!

コメント

砧公園バードウォッチング場

2020-03-27 | 日記

砧公園 バードウォッチング場の菜の花がとても綺麗です。

 

コメント

カレンダー

2020-01-02 | 墨絵
葉書サイズが入るカレンダーを毎年、生徒さん達にプレゼントしています。
12月にレッスンした南天を入れてみました。毎月レッスンした画題を入れて、ご自宅に飾っていただけたら幸いです。
コメント

明けましておめでとうございます。

2020-01-01 | 墨絵

明けまして おめでとうございます。

2020年の幕開けとなりました。

今年もよろしくお願いいたします。

1dayレッスンと老人ホームのレッスンで朱竹を描く予定です。

元旦にお手本を描いてみました。⬇︎ホームページに載せた内容です。調べてみると面白いですね。

朱色は中国では魔除けの色とされているようです。竹はまっすぐに伸びて、枯れないということが生命力の象徴として、おめでたい植物です。朱竹の絵を飾ると、「子孫繁栄」「立身出世」が叶うということ。ご自分の朱竹を飾ってみませんか?

 朱竹(しゅちく)には、古い由来があります。あるとき宋(中国)の詩人である蘇東坡(そとうば)が、依頼主から竹の絵を描いてくれと依頼を受けました。その時、手許に墨汁がなかったため、朱墨を使い書き与えました。するとその依頼主は、不満げに「世の中に朱い竹なんてありますか?」と言いました。蘇東坡は逆に「世の中に黒い竹なんてないじゃないか!」と言い返しました。依頼主はしぶしぶ、その朱竹画を持ち帰りました。ところがその依頼主の家は、次々と吉事に恵まれ大富豪となりました。その噂を聞き付けた人々は、朱い竹を求めました。そしてみんな幸運に恵まれたというお話が残り、今日でも縁起物として扱われています。
(さぬき産業工業館 サンクラッケHPより)

コメント

12月の1dayレッスンは、クリスマスツリーとキャンドルを描きます。

2019-12-02 | 墨絵

本日は世田谷大蔵教室にて、1dayレッスンをしました。

クリスマスツリーとキャンドルを描きます。

クリスマスツリーとキャンドルを描いて、エブル柄の台紙と額に入れて仕上げます。

お二人とも熱心に練習をして、素敵な作品に仕上がりました。

クリスマスが楽しみですね。

 

コメント

今年最後の横浜弘明寺教室

2019-12-01 | 墨絵

今年最後のレッスンとなりました。

12月は年賀状の題材をレッスンします。

今回は、年賀状用のハガキとお正月に飾っていただくための金色の色紙を用意しました。

みなさん真剣に今回の課題を描いています。

        

 

 

本日は、みなさんに遊印も押してもらいました。とても綺麗に描けていますね。

新しい年の準備はとても楽しいものがあります。

恒例のカレンダーをお渡しして、レッスンは終了となりました。

レッスンが終わると、マクロビのお弁当を食べます。

いつも大変美味しくて、これがこちらの教室の楽しみです。

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

  

コメント

大蔵日曜日教室

2019-04-21 | 墨絵
本日のレッスンは、花菖蒲を描きます。
短冊に清書いたしました。
いろいろな組み合わせの紫をつくり、好きな紫で描いていただきました。
 
コメント

老人ホームの墨絵レッスン

2019-04-19 | 墨絵
本日は世田谷区にある老人ホームで、墨絵レッスンをいたしました。みなさん楽しく描いていらっしゃいました。
カーネーションは5月の花ですね。
先取りです。
お手本はこんな感じです。
みなさんの絵は
大変よくできました。💮
コメント

横浜弘明寺教室 第一日曜日クラス

2019-04-07 | 墨絵
本日は弘明寺教室のレッスンです。
今月は花菖蒲を描きます。
はじめに、花なレッスンをします。
みなさん、テキストを見ながら、まずは花なレッスンをします。色がいろいろありますので、自分好みの花菖蒲のいろを決めます。
今回は短冊に描いてみます。
みなさん素敵に描けました。
弘明寺はまだ桜が綺麗でした。
 
コメント