花餅屋廼徒然書附帖

歌舞伎の世界に魅入られた男の、余りにも刺激的でグダグダ過ぎる日々…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京セレソンデラックス『くちづけ』inシアター・ドラマシティ

2010年09月27日 00時34分13秒 | 徒然とお出かけ…

歌舞伎以外のお芝居も好きです。
今回のお出掛けは…東京セレソンデラックスの本公演。
大阪は茶屋町の『梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ』です。

『くちづけ』

ネタバレになるので…余り此処で書けない…(涙)
でも、良かった…楽しかった…面白かった。
笑わせてもらった。
ウルウルとなったよ…まさかねぇ…でも、ウルウル来るんだよね(涙)

埼玉県の…とあるグループホームが舞台。
でも…此処は今、閉鎖されている…。
其れは…数箇月前のお話…遡る。

グループホームと言っても、お年寄の方々がいる介護とかのではなくて、知的障害者たちの自立更生施設…。
其処にいる、うーやんたちを巡るドタバタ…笑いありぃの…。
でも…何だろう…つらいんだよね…斯う言った場合は…お話は。

愛情いっぽん先生と、其の娘のマコちゃん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

のっけから笑わせてもらいました。
近頃は、お芝居が始める前の注意事項を出演者が芝居まがいにする場合が偶にあります。
そう…携帯電話やらアラームの音の…お客さんへの注意喚起です。
此処は大阪、開演の5分ほど前に客席から現れて…舞台に上がったのは、くいだおれ太郎カーネル・サンダース♪
…此の二人が漫才風に、あれやこれやと、注意喚起を遣っていたよ…(笑)
東京だと…誰なんだろうか?とか思ったりも…。

肝心のお芝居は…。
時事ネタもチャンと入れてあったり…勿論、大阪らしいネタもチャンと仕込んでありぃの…。
随所で笑わされました。
でも…考えさせられました。
難しい、話題です…一歩間違えたら…難しい問題を取り上げたのだなぁ…と、思いました。

私の小学校時代の同級生に知的障害者がいました。
当時はそんな言葉を知らない…『知恵遅れ』と言いましたよ…確か。
私は彼と仲が良かった…よく遊びましたよ。
養護教室にあるトランポリンなどで一緒に遊んだりもしました(苦笑)
同じクラスで机を並べて、皆一緒に授業を受けます…勿論、彼にはそんな授業はわかりません…。
養護学級には行きたがらない、皆と一緒に…授業を受けます。
2年生から4年生まで一緒のクラスでした。
一度、校長先生からもお招きがあって、校長室に彼と私ともう一人の友達との三人で遊びに行ったこともありました…。

今は、漆器などの塗装工場で働いています。
勿論、其の工場は彼らのような知的障害者を多く雇い入れている工場です。
私も年に二回、彼のお母さんからの依頼で御中元、御歳暮と其の工場に商品を配達します。
いつも工場の人々は温かく私の配達を向い入れてくれますし…勿論、彼も人一倍大きな声で、
『花餅屋君っ!有難う!!』
って、手を振って言ってくれます。
工場には、真剣に…一生懸命働く彼らがいます。
そして笑顔がいっぱい…笑いのある工場です。
でも、今の御時勢…景気が悪い所為か…仕事も暇ならしい…週の半分しか仕事が無いらしい…。
勿論、コストの安く上がる海外に発注をする企業もあるのでしょう…。
其れと…考えたくないが、知的障害者への理解度…。
彼らも誰よりも一生懸命に働いています。
でも…此の先どうなるのだろうか…お母さんがいなくなれば…此の工場の社長さんが替わって仕舞ったら…彼らへの自立支援が助成金がカットされてしまったら…。
今まで…考えたことがあっても、そんなに考えることがなかった…。
でも、今回の此の『くちづけ』を観て…斯う言った観点で…観て…考えさせられた。

マコちゃん…かわいいよ。
ホンマに…可愛い…純粋で…あぁ。
愛情いっぽん先生…彼の悩みは…自分に置き換えたら…私は耐えられるだろうか…。

切ない…気持ちです…。
今一番切ない気持ちで書いています。

すすり泣く声がアチラ此方から…聴こえてきましたよ…。
私の隣の席の人は…男性です…号泣でした…。
私は…こんな時ってシャイになるというか…ウルウルしかかったのですが…隣の号泣男の鼻をススル音に…。
其れと、泣ける、泣ける芝居との前評判の所為か、ハードルが高く設定されていたのか…。
マコちゃん…(涙)
号泣しませんでしたよ…でも、ウルウルと来たのは真実です。
其れ以上に…今、Youtubeで何方かが編集した『くちづけ』を見て…思い出して泣きそうになっています(涙)

最後の挨拶はスタンディングオベーションです。

あぁ…次に名古屋に向うそうです…若干の席が売れていないとの模様。
宣伝して下さいって…其れから、其の次に初の札幌での公演。
初めてなので…心配だそうです…どうぞ宣伝をして下さいと…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

実際にあった事件を元に書かれた今回の『くちづけ』…。
切ない…悲しい事件です。

悲しい結末を…うーやんは彼の個性で、明るく楽しく…舞台を締め括っていってくれます。
彼はどれだけわかっているのだろうか…いや、そんなことは如何でもいい。
彼らの純粋な心を…もっと、もっと…色々と考えました。

そして、楽しかったです。



偶には、歌舞伎以外もいいものですよ♪


 キャスト…

愛情いっぽん:金田明夫さん
      マコ:加藤貴子さん

   国村先生:石井愃一さん
 国村真理子:藤吉久美子さん
 国村はるか :芳賀優里亜さん

  夏目ちゃん:伊藤高史さん
   袴田さん:大見久代さん
   酒巻くん :須加尾由二さん
    みなみ :尾畑美依奈さん
 
     島ちん:たなかたくさん
   頼朝くん :菊池優さん
 
   智ちゃん:東風万智子さん
  
   うーやん:宅間孝行さん



Comment   この記事についてブログを書く
« 『くちづけ』に、行って参り... | TOP | はや、来年の正月興行の演目... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 徒然とお出かけ…

Similar Entries