花餅屋廼徒然書附帖

歌舞伎の世界に魅入られた男の、余りにも刺激的でグダグダ過ぎる日々…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新年を言祝ぎ…

2013年01月04日 22時31分30秒 | 徒然なる日々…

久し振りのっ更新にて御座候。
ネタはあっても…なかなかPCの前には進めず。
進むことあったりとて、なかなか進まぬ…現実にて。
去年の末には、南座に顔見世を観に行って参りました…。
勘三郎丈の逝去後にあって…ひとしお、込み入るものがありました…。
今年…初めて、三が日に劇場に向かいました。
今までは…初能会に参っておりましたが…悩んだ挙句、日程の都合で、大阪松竹座に参りました。
新猿之助丈…四の切、よかったです。
猿之助歌舞伎を…よくぞ、此処までも…ただ、彼の場合、舞台でよく笑みを浮かべるところがあるのが気に掛かる。
ダメとは云わぬが…少し気に掛かるものです…。
演出での笑みなのか…否か、以前から気になるところです…。
いたずら小僧のまま…言い得て妙だが…門之助丈曰く…其のままですね…でも、気になる。
役にのめり込んで…自然と、湧き上がる笑みなのか…狐忠信が妖術を使って荒法師に笑みを浮かべるのはわかる。
うぅぅぅん…また、いずれか…考えましょうぞぇ。

さて、こんな調子には御座りまするが…どうぞ、本年も御閲覧賜る何れも様方には御贔屓賜りまするるよう、偏にお願い申し奉り上げぇまするぅぅぅ。


Comments (4)   この記事についてブログを書く
« 晴れの特異日ですか…? | TOP | 平成二六年になりました! »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年もよろしくお願いします (urasimaru)
2013-01-05 17:05:25
演舞場で梅玉の三番叟と魁春の千歳、息があっててとてもすてきでした。

NHKの劇場中継を録画したつもりが、メモリー切れで狐になった直後に録画が終わっててがっくりしました。
そんなぐだぐだな私ですが、今年もよろしくお願いします。
此方こそ、どうぞ御贔屓にぃ。 (花餅屋の太夫元)
2013-01-05 23:38:30
urasimaruさん、毎度どうもです。
>演舞場で梅玉の三番叟と魁春の千歳、息があっててとてもすてきでした。
おぉ…そうですかぁ…お江戸では式三番叟が出されていたんですね…松竹座で知りました(汗)
もちろん、魁春さんは女形の拵えの千歳ですから…、附千歳の進之介さんとは如何云った兼ね合いになっているのだろうか…?あぁ…(涙)
ついでながら、大阪は山城屋親子の操り三番叟でした♪
染五郎丈のとは違って、ある意味面白かったです(汗)

私も、相変わらずのグダグダですが…宜しくお願い致します。
Unknown (urasimaru)
2013-01-06 12:12:04
附千歳の進之介さんは、我當さんと前半格調高く。
退場してから兄弟ふたりになって、どんどんテンポアップ!って感じでした。
ちゃんと説明できなくてすいません。
おぉ… (花餅屋の太夫元)
2013-01-09 01:27:50
urasimaruさん、有難う御座います…お返事が遅くなりすみません。

そうですか…じゃぁ、能楽で云う本来の(?)千歳の役を進之介さんがして、面箱役を魁春さんがされたと云う感じでしょうか?
兄弟揃ってのテンポアップされた舞は、さぞぉ…涎がぁ…
そう言えば…♪柳は緑、花は紅数々や~って…おふたりで舞われているのをテレビで見た覚えが…以前に…脳裏に浮かんできました
有難う御座いました。

post a comment

Recent Entries | 徒然なる日々…