日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

年末雑感

2016-12-29 12:26:48 | 雑感
今年も残すところあと3日になった。

別に1月1日に何かしきりが
あるわけではないのだが、
なんとなく押し詰まった感じになるのは面白い。

まだ働けているのはありがたいが、
仕事はどんどんきつくなっている感じだ。
そもそも労働者人口が減っているのだから、
一人あたりの仕事が増えるのは当然ではある。

何度も書いているが、
中流クラスで穏やかに暮らして、商売繁盛、子孫繁栄
みたいなことができると一番良いと思うのだが、
そういうことがとてもやりにくくなって、
そこからどんどん下流に落ちこぼれていっている、
といういる感じがする。

自分も、まだなんとか維持してはいても、
一旦病気など何かあれば、あっという間に転落しそう。

昔なら、個人で事業をすればそれなりだったと思うが、
大きな資本が世界をカバーしてしまっているので、
なかなか個人事業のニッチが少ない。

ベンチャーはあるもののリスクは大きくて、
言い方は極端だが、
死ぬほど働いて成功するか、あるいは
貧困になるか、という二極化が進んでいると思う。

貯金は多少あっても、安心・平和な老後
の準備ができている感じは全くしない。

これは本当に、なんとかならないのだろうか?

という冴えない雑感だけでは悲しいので、
何か明るい話題はないかなぁ。

最近、自分が何をしたいのかもよくわからなくなっているので、
正月には少しゆっくり考えてみたいのだが、
どうもその暇はなさそうだ。
コメント

三浦九段に不正行為の証拠なし

2016-12-27 21:43:32 | 将棋・ゲーム
プロ棋士のソフトカンニング疑惑の
第三者委員会による調査結果が発表されて、
疑惑をかけられていた三浦九段に対して、
不正をしたと言えるだけの証拠はない、
という結論が下された。

当初から、不正の証明は難しい
と言われていたので、特に意外性はない。

一方、将棋連盟の処分については、
やむを得ない措置としているが、
これはちょっと連盟に甘いだろう。

実態としては三浦九段に処分を下した
将棋連盟側の完全な敗けで、
谷川会長が謝罪した。

三浦九段側の会見が、NHKの9時のニュースで
かなり長く取り上げられていたのを見たが、
今後は賠償問題になりそうな感じだ。

竜王戦の開幕に間に合わせるために、
拙速に処分したことが完全に裏目に出た形。

他山の石とするための後知恵としては、

違約金は発生するものの、
竜王戦の第1局を延期するなどして、
もう少し慎重に検討したほうがよかった。

不正の証明は難しい、ということを考慮して、
疑わしきは罰せずの原則に従うべきだった。

などが思いつく。

時間のない中で追い詰められたら、
自分でも間違った判断をしない自信は全くないわけで、
判断ミスの代償がこんなにも大きくなってしまう
というのは怖いことだ。

さらに、順位戦の不戦敗を指し直しにしないで、
A級残留を決めるというのも、なんというか、
これまた拙速という感じで、勝負にこだわる
将棋指しらしからぬ決定に思える。

自ら、棋戦の価値を毀損している感じ。
何を守って、何を犠牲にするべきかが、
訳が分からなくなっているような印象。

告発したと伝えられている、久保さんや
渡辺さんにも影響が及ぶだろうし、
とても味が悪く、いろいろな意味で、
長期に亘る後遺症が残りそう。

将棋というゲームの価値は変わらないとしても、
コンピュータの台頭ともあいまって、
「プロ棋士」という存在の価値が
大きく変わってしまうような感じがする。

逆に言えば、そういう時代を
象徴したような出来事、なのかもしれない。

 * * *

判断ミスと言えば、東芝の
原子力事業の損失もすごい。
これもまた、判断ミスなのだろうなぁ・・・

日本人はどうしても、
その場の空気で
決めてしまうからなぁ・・・

東芝は、家電でもPCでも、
いい製品作っているのになぁ・・・


コメント

クーポンストレス

2016-12-24 12:02:54 | 雑感
いろいろなクーポンが
あちこちから配信されてきて、
いろいろな割引きが
いろいろな条件で行われている。

うまく使えるとハッピーだが、
買い物をした後で、
あー、あれが使えたのに・・・
ということも少なくない。

そのたびに、なんだか落ち込むのは
馬鹿げていると思いつつも、
けっこうなストレスになっている。

割引額は、どうせ、数十円~数百円なわけで、
その一方で、数千円のものを衝動買いしたりするわけなのだが、
うまくつかえなかったことが悔しいのだ・・・

クーポンの無い世界は寂しいと思うのだが、
クーポンの多い世界は疲れる・・・
コメント

月影のいたらぬ里はなけれども

2016-12-23 15:46:44 | 生きるヒント
つい先日、法事があった。

うちの宗派は浄土宗。
法然上人が拓いた宗派だ。

お寺に行ったら、襖に、
「月影のいたらぬ里はなけれども
 ながむる人の心にぞすむ」
という和歌が書いてあった。

法然さんの御歌で、
浄土宗の宗歌でもあるという。

仏のみ光は、あらゆる場所を照らしているが、
それがわからない人も多い。
よく見る人の心にだけ届く。
というような意味だろうか?

「光明遍照 十方世界 念仏衆生 摂取不捨」
をわかりやすく和歌にしたもの。

「すむ」には「住む」「澄む」「済む」を掛けているという。

浄土宗の教えは、
「阿弥陀如来を信じて、一心に念仏すれば、誰でも救われる」
というものだ。

それまでの仏教が、難しい教義を学んで悟りをひらけば救われる、
たくさんの善行を積んだり、喜捨をしたりすると救われる、
というものだったのに対して、「救済」を一気に大衆化した、
と言えるのかもしれない。

カソリックに対するプロテスタント、
とも似ている面はあるのかも。

親鸞はそれをさらに過激に推し進めて、
念仏しなくても救われる、としたのだったか?

人工知能による万民救済・・・

それは見果てぬ夢なのだろうか?
コメント

人工知能で幸せを最大化できるか?

2016-12-23 15:39:56 | PC、IT、AI
人工知能による社会変革、働き方変革、
ということがメディアを賑わしているが、
今だにピンと来ない。

社会を効率化するということは、
ますます忙しくなる、ということではないのか?

IT が普及して、メールに追われるようになったが、
次は、人工知能からの発注に追われるのでは?

結局、グローバル資本主義である限りは、
資本の自己増殖運動に巻き込まれて、
お金にこき使われる人がどんどん増えてゆくのだと思う。

1% の人が 99% の資産を独占し、
残りの人は、資本に搾取される。

マルクスの予言のとおり、かどうかは知らないが、
それに近い状態になるのではないか?

人工知能が社会を変えるのであれば、
それをなんとかできないものか、と思う。

価値がお金、市場価格に換算されているのが問題で、
幸せをうまく定量化し、人工知能で扱うことができれば、
幸せを最大化することができるのではないか?

というようなことを言っている人はいて、
たとえば、日立製作所の矢野さんという方は、
会社の幸せを最大化する人工知能、
ということをおっしゃっている。

データに基づいて、働き方を変えることで、
働く人の幸せを最大化する。

幸せになり過ぎると、競争力が無くなる感じもするが、
面白い試みだと思う。

一億総活躍、と言っても、今のままでは、
一億人がみんな搾取されている状態になりかねない。

そうではなくて、一億総幸せにならないと・・・
コメント

期待で上がって現実で下がる

2016-12-23 15:37:53 | 政治・経済・行政情報
株価というのは、
期待で上がって、現実で下がる。

たとえ現実が期待どおりであっても、
利益確定の売りが入るので下がる。

わかっているのに、
上がっている間は、もっと上がるように思えて、
期待の段階で売れないことが多い。

やれやれ・・・
コメント

川村元気プロデューサ

2016-12-18 22:12:09 | 映画・ドラマ・テレビ
少し前のあさイチに、「君の名は。」の
川村元気プロデューサが出演していたのを録画で見た。

自分の役割は、みんなが感じながら言葉にしていないものを
最初に言葉、あるいは形にすること、というのが面白かった。

郵便ポストの上に熊のぬいぐるみが置いてあって、
通りかかる人はみんな、どうして?と思っているのだが、
誰もはっきりとは口にしない。

そんなときに、熊を取り上げて、
これはどうしてここにあるのか?
と声を上げるのが自分の役割、
というような表現をされていた。

マーケティングするときも、
今流行っているものを捉えてもだめで、
まだあまり気づかれていないが、もうすぐ来そう
というものを捉えないといけないという。

それはそうだが、難しそうだ。

自分には全くできそうもないので、
こういう仕事が得意な人がいる、
というのがとても不思議。

それにしても、自分で企画したものが大当たりしたら、
激しく鳥肌が立ちそうで、
もうやめられない感じだろうなぁ・・・
コメント

ノートPC選び

2016-12-18 22:06:09 | PC、IT、AI
ノートPC を選んだときのメモのまとめ

Panasonic
Let's Note SZ6
512GB SSD モデルがある
メモリー 16GB モデルがある
Windows10 Pro が選べる
D-sub がついている
液晶が 12.1inch でちょっと小さいが、縦横比が 16:10 1920x1200
バッテリー L で 22時間駆動
1 kg を切る軽さ(バッテリー L だと少し超える)
光学ドライブ無しのモデルもあるが、SSD が 256GB しか選べない

Let's Note LX6
14 inch の液晶 1920x1080 16:9
バッテリーパック L だと 19.5時間駆動だが
重さが 1.435 kg になってしまう
光学ドライブ無しのモデルが無くなってしまったのが痛い

Toshiba
Dynabook V はかなり良いが、
V83 はちょっと重い タッチパッドはいらない
V73 の 512GB SSD モデルがかなり良いのだが、
OS がなぜか Windwos10 Home どうして??
D-sub もついていないので、ブリッジメディアを持ち歩く必要がある

Lenovo
Thinkpad X もかなり良いが、SSD が 255GB しかなかったような。
D-sub もついていない

Apple
iPad Pro の 13.1 inch モデルにも惹かれるが、
Office とかちゃんと動かないだろうしなぁ・・・

どれも帯に短し襷に長しなのはなぜなのだろう?

液晶が 13 inch 台で 16:9(本当は 4:3 が良い)
主さ 1kg 以下
バッテリー駆動時間 15時間以上
メモリ 16GB
SSD 512GB
光学ドライブはついて無くてもよい
Windows 10 Pro(本当は Windows 7 のほうが良い)
D-sub あり
というモデルが欲しいのだが・・・
コメント

月明り

2016-12-15 20:15:32 | 雑感
昨日の晩は、月がとても明るかった。
まだスーパームーンに近い状態なのだろうか?

家の周辺の見慣れた場所が月明りに浮かび上がり、
冷たい、張り詰めた感じの空気ともあいまって、
いつもとは違う雰囲気。

北欧の町にいるような?

「月明り」を全身で吸い込んで、
「月がとっても青いから・・・」
という歌を久しぶりに思い出した。
コメント

post-truth

2016-12-12 22:14:23 | 生きるヒント
今年の漢字は「金」だったが、
オックスフォード英語辞書が
2016年世界の言葉として選んだのは
"post-truth" だそうだ。

客観的真実よりも、感情的な訴えや、
主観的信念のほうが、世論形成において
重要になっていること。

簡単に言うと、真実であるかどうかよりも、
受けるほうが重要、ということ?

「普遍的な真実」の社会的価値が低下した状態?

如月小春の言葉で言えば、

「コンナ夜ニ 正シイナンテコトガ 何ニナルノサ」

ということだ。

如月小春は正しかったなぁ。




コメント

子供が一番望んでいるのは、親の笑顔だからです

2016-12-10 00:40:40 | 生きるヒント
NHK で東田直樹さんの番組を
再放送していた。

「子供が一番望んでいるのは、
 親の笑顔だからです」

という言葉は、何度聞いても
そのとおりだと思う。

「自分のために誰も犠牲になっていない、
 と思わせてくれたのが
 僕の家族のすごいところです」

「成功からほど遠いように見える瞳にも
 きっと美しい山が映っています」

声なき声を代弁すること。
まさにそれを体現している。

 * * *

それにしても、書いたものを見る限りでは、
ものすごく表現力豊かなのに、
普通にはうまく話すことはできない。

それなのに、文字盤を使うと会話ができる、
というのはとても興味深い。

言語の受容・理解にかかわる
ウェルニッケ野と、
言語の生成にかかわる
ブローカー野の間の結合が
上手く働いていないらしいという。

脳というのは不思議なものだ。

コメント

Windows10

2016-12-04 21:10:17 | PC、IT、AI
ずっと頑張って Windows7 を使い続けていたが、
ついに諦めて、Windows10 の PC を買った。

クラウドとの連携が強化されていて、
セットアップするのに、
マイクロソフトアカウントが云々と言われる。

無くても使えるみたいだが、
どうしようか・・・

というようなことをいちいち悩むのが嫌なのだ。

Windows アップデートの設定も
なんだか訳がわからない。

そのままでいいものを、
どうしてわかりにくくするのかなぁ・・・

前に、一度試しにアップグレードしたときにも感じたが、
デザインも全体的にとってもチープな感じだし、
印象はやっぱり良くないなぁ。

かといって、Mac に移るというのも、
今更な感じがするのだが・・・

コメント

できることをぼちぼちと

2016-12-04 21:03:31 | 生きるヒント
このところ、

やったほうがいいこと
やるべきこと
できること

の間のギャップがなかなか埋まらなくて
苦しい暮らしが続いている。

飲みながら、というような話をしていたら、

でもまぁ、もういい歳なのだし、
できることをぼちぼちとやるしかないよね。

と言われてしまった。

まぁそうだ。

あれこれと欲張って、
結果的に不満が溜まって落ち込んでいては、
できることもできなくなってしまう。

できることをぼちぼちと。

というわけで、まずは
何をしようか?
コメント