地形学とGIS / Geomorphology & GIS

ある研究者の活動と思考の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タモ江地形クラブ

2009-10-16 | つれづれ
地形学連合の大会の際に,東京農工大の古市さんが「タモリは地形が大好きで,番組で特集もやってるんですよ」と教えてくれました.僕は最近はテレビをほとんど見ないので,この種の情報に疎いのですが,学生の頃にはタモリ倶楽部をよく見ていたので,とても気になりました.

先日,2/27のタモリ倶楽部で放映された「国分寺崖線を行く!! 桃栗3年崖10万年」のビデオを見ることができました.驚きました.かなり本格的です.複数のローム層や礫層などが記された崖の地質断面や,等々力渓谷の河川争奪の話まで出てきました.地質断面は一部が不正確でしたが(武蔵野礫層の上に下末吉層が載っているように見える場所あり),ほとんど気になりませんでした.

番組の中で披露された話ですが,タモリは高校時代に地形図に示された沼田の河岸段丘に魅せられ,大学入学のために上京した直後に,現地に足を運んだとのこと.

関連情報を調べてみたところ,次のような話も出てきました.

*タモリは江川達也氏,出版社社長の芳賀 啓氏と,地形を楽しむ「タモ江地形クラブ」を創設."Tamoe Geomorphology Club"という英語名まで定義."Landform"ではなく,"Geomorphology"となっているのが素晴らしい!

*今月からNHKで「ブラタモリ」が始まった.古い景観を思い浮かべながら,東京の各地を散歩する楽しみをタモリが紹介する番組で,地形についてもときどき語られるらしい.昨日見たところ,二子玉川が取り上げられており,タモリが人工堤防の上で「自然堤防じゃなさそう」と話す場面があった.

いやー,嬉しくなりますね.このような番組を通じて,地形学=Geomorphologyの人気が上がってほしいです.

Stand on a cliff and look down there.
(Electrolite / REM)
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ナポリの研究所 | トップ | トンボロと陸繋島 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地形に興味を持たせること・・・ (田代博)
2009-10-25 17:02:13
直接この内容に関わることではありませんが、地形に興味を持たせる(持ってもらう)ツールは随分増えてきたと思います。グーグルアースもその一つです。それにこんな機能が加わっています。
http://www.gridscapes.net/
忙しい時に見てはいけませんね(^_^;)。ご注意下さい。
地形に強調を持たせること・・・ (OGU)
2009-10-26 23:46:45
ご紹介いただいたサイト,5-m DEMから作った地形の画像がいいですね.凹凸が強調されていて.

都心は建物が密集しているので,現地では地形がよく見えません.よって,この画像を新鮮に感じる人が多いのではないでしょうか.複雑に入り組んだ谷の様子とか.

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つれづれ」カテゴリの最新記事