アメリカンな生活!

トランプ大統領と同い年(73歳)です。

ぶらり旅㉙加曾利貝塚公園

2018-07-31 17:46:24 | 日記
2018年(平成30年)7月31日(月)
 千葉市広報に触発されて、ぶらり旅する。暑くなる前に朝一、出発。折角だからiパッドのナビでスタート。
 普通にナビに従って走行。このナビ無口、到着何百メーター前で黙り込む。クラウンのナビは公園入口まで案内。ジョギングしてる人に聞いた。「真っすぐ行ったら正面が入口ですよ」。通り過ぎてもおしゃべりなナビがいい。無料だからこんなもんだろう。

 前回は、月曜日で貝塚は見られなかった。建物に覆われていてそこが閉館だった。縄文時代の住居跡と貝塚層が圧巻だ。

次は「加曾利貝塚博物館」縄文土器を見たかった。これも感動した。土器の破片が山盛状態で展示してあって、「触って下さい」みたいなことが書いてあった。触ってみた、意外と薄くてスベスベしていた。ザラザラ感はない。凄い。線画も芸術的で素晴らしい。※土器の破片、日本だから盗まれないんだろ。この国に生まれて良かった。
貝塚のマップがあって東京湾の真向かいに品川の大森貝塚があった。これも見たいと思った。そっちは超有名でアメリカの地質学者モース博士が列車から地層をみて学会に発表したらしい。加曾利貝塚は東大の教授が発見したとあった。

 ニュービートルの映像は欠かせない。これだあ。がっかりピンボケ。明日は新しいスマホ。綺麗に撮れるでしょ。
 今日の詩はこれ。
"Nothing gold can stay"
Nature's first green is gold,
Her hardest hue to hold.
Her early leaf's a flower;
But only so an hour.
Then leaf subsides to leaf.
So Eden sank to grief,
So dawn goes down to day.
Nothing gold can stay.
萌えいずる緑は黄金
うつろい易き色よ
萌えいずる葉は花
それも一瞬
やがて葉は葉に戻り  
エデンは悲しみに沈み
暁は今日に変わる
黄金のままではいられない  

私の青空(My Blue Heaven)

2018-07-31 06:50:35 | 日記
2018年(平成30年)7月30日(月)
<うちの晩ご飯>
 今日は月曜日。刺身の日だ。先週の鮪はずれだったので躊躇してディスカウントストアでは買わなかった。当日見てからと思ったら。マルエツで「かつをのたたき」の特売をしてたのでそれに決めた。

 これだ。2つで$9.62。g当たり$1.28だから安い。マグロは最近$2.98だ

 冷奴の豆腐はエブリデーロープライスで3丁で$1.27。3丁を4人前にすると丁度いいサイズ。

 かつをのたたきの出来上がりはこれだ。何日か前に包丁6本を研いだ。1時間位かかった。切れ味抜群。ねぎも軽く薄くスライスすることができた。プロのように早くは出来ないけど。切り口がきれいだ。

 冷奴には削り節のみ。かつをのたたきにネギをトッピングしてあるんで。ダブルのも嫌だし、豆腐の味がしてシンプルでよかった。
 今日のコストは「かつを」と豆腐で合計$10.89。マグロの刺し身メニュー(しめ鯖・卵焼き)の半額以下だ。おいしかった。タイトルの「私の青空(MyBlueHeaven)」はYouTube松島詩子さん歌から。

ドナルド・トランプ大統領(日本語)さんがDonald J. Trumpをリツイートしました
私たちは国境警備をして、チェーン、宝くじ、キャッチ&リリースサンクチュアリシティ - メリットベースの移民に移動します。 ICEと法執行を守り、もちろん、壁を築くが、はるかに速い。
ドナルド・トランプ大統領(日本語)さんが追加
@realDonaldTrump
We must have Border Security, get rid of Chain, Lottery, Catch & Release Sanctuary Cities - go to Merit based Immigration. Protect ICE and Law Enforcement and, of course, keep building, but much faster, THE WALL!
4:58 - 2018年7月30日






Budweiser久しく飲んでない

2018-07-30 17:47:07 | 日記
2018年(平成30年)7月30日(月)
 土日って子が外出するので洗濯物が多い。普段はYシャツと下着。今日も洗濯した。洗濯・買物。

 ダイソーとマルエツ・2Fパシオス(衣類)にドライブ。ブランチして午後はインターネット。

 欲しいものリストのスマホの予約をした。1日(水)15時半カメラのキタムラ。

 貰ったビールがあった。国産だ。韓国産だとばかり思ってた。キリンも飲んでないけどバドワイザーも飲んでない。トランプファンとして飲まなくちゃ。
 今日もこの詩を読んで寝る。
「青春の詩」
  サムエル・ウルマン作 松永安左エ門訳
青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ.
逞しき意志,優れた創造力,炎ゆる情熱,怯懦 を却 ける勇猛心,
安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ.
年を重ねるだけで人は老いない.
理想を失う時に初めて老いがくる.
歳月は皮膚のしわを増すが,情熱を失う時に精神はしぼむ.
苦悶や狐疑 や,不安,恐怖,失望,こう言うものこそ 恰 も 長年月の如く人を老いさせ,
精気ある魂をも 芥 に帰せしめてしまう.
年は 70 であろうと,16 であろうと,その胸中に抱き得るものは何か.
日く,驚異への愛慕 心,空にきらめく星晨 ,その輝きにも似たる事物や
思想に対する欽仰, 事に処する剛毅な挑戟,小児 の如く求め止まぬ探求心,
人生への歓喜と興味.
人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる.
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる.
希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる.
大地より,神より,人より,美と喜悦,勇気と壮大,
そして偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない.
これらの霊感が絶え,悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽 いつくし,
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ人は全くに老いて
神の憐みを乞う他はなくなる.
Youth is not a time of life-it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.

No body grows only by merely living a number of years; peoples grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair-these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undoubted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.
 ありがとう。

VWビートルはポルシェ博士の設計

2018-07-30 06:49:06 | 日記
2018年(平成30年)7月29日(日)
 <うちの晩ご飯>
 台風一過、今日から又暑い。今日はカレー曜日。いつものビーフカレーだ。

 コスト。玉ねぎ2個¢78、ジャガイモ2個¢78、人参1本¢69.人参は高騰この間まで¢29だったのに2倍以上の価格だ。大雨災害によってこの分じゃ全ての野菜が高騰するか。オージービーフ(サーロインと表示してあった)2枚で$10、ハウスバーモントカレー辛口は$2.28。ざっくりで$14.53。※米ドル換算でレートは$1は¥100、あれ違うんじゃと思うが。これは個人の希望。€1=¥100、1£=¥150、これくらいのレートで海外ドラマをみてるとそんなもんかと思う。いつも通りのビーフカレーが出来た。個々にいれて食べているので写真はない。スープはラーメンつゆ。

 キャベツをざっくり切り、あとはベーコンを小さく切って煮込んだ。面倒だけど札幌ラーメンの麺もあったので一口ラーメン風に仕上げた。カレーライスに小ラーメン?お子様向けだ。

 ところでニュービートルってチビで太ったポルシェみたいだ。もともと両車ともポルシェ博士の設計だから何となく似てるよ。

 いいね。真っ赤なポルシェじゃなくて。【訂正】チビで太った⇒小柄でグラマラスな

‏@DonaldTrumpJA
ロバート・ミューラーは、トランプ大統領との関心の争いを解放するつもりです。私は彼をFBIに導いた(1日前にS.C.として任命された)& Comeyは彼の親友です..
Is Robert Mueller ever going to release his conflicts of interest with respect to President Trump, including the fact that we had a very nasty & contentious business relationship, I turned him down to head the FBI (one day before appointment as S.C.) & Comey is his close friend..
ツイートを翻訳
13:12 - 2018年7月29日

火災保険申込をクーリングオフ

2018-07-29 17:44:57 | 日記
2018年(平成30年)7月29日(日)
 天気予報通り。洗濯・買物。快適だ13時には洗濯物を取り込み畳んだ。日曜日はマルエツ。

 又、エクゾーストチェックがパネルに表示された。誤表示?分からないけど初めてボンネットを開けた。

 ガキの頃はオイル交換とかプラグ交換とか何でも出来たのに。エンジンにカバーで何にも見えない。まあ、しょうがない。ガリバーは6ケ月保証なので来月末に木更津に行こうか。

 火災保険の更新の書類が届いて、必要事項を記入して投函した。その後、WEB申込は10%割引と保険案内兼重要事項説明書にあった。しまったと思った。次回は2020年の更新。待てよ。クーリングオフ制度の法律があるんだ。だてに「ビジネス実務法務検定」をもっている訳じゃない。代理店からメールで更新の文書送付の案内があった。リーメールして書類申込をキャンセル、WEB申込を通知した。明日、代理店に電話しないよ。
今日の英語のお勉強はこれにした。
 "Nothing gold can stay"
Nature's first green is gold,
Her hardest hue to hold.
Her early leaf's a flower;
But only so an hour.
Then leaf subsides to leaf.
So Eden sank to grief,
So dawn goes down to day.
Nothing gold can stay.

萌えいずる緑は黄金
うつろい易き色よ
萌えいずる葉は花
それも一瞬
やがて葉は葉に戻り  
エデンは悲しみに沈み
暁は今日に変わる
黄金のままではいられない 
 ごめん。全部ブログ記事からのコピーです。ロバートフロストを検索。投稿者、素晴らしい。以下も同様。
「アウトサイダー」の中で使われた詩。
だれの訳かもわからないけれど、
 この詩は、「善良さや純粋さのような美しさはいつかなくなってしまう」ということについて書かれています。stay goldというフレーズは、この詩の最後のNothing gold can stayに由来しています。それなので、ネイティブが普段使うstay goldは「自分を偽らず、腐敗せずに、いつまでも純粋なままの君でいてね」というようなニュアンスになります。これはbe true to yourselfという英語に似ています。
スティービーワンダーの曲でも有名なこのフレーズは、メールなどで別れの挨拶としても使われています。これはbe coolやstay coolの使い方に似ているでしょう。