店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

本のご感想が届きました(その5)

2018-03-21 | 
突然の雪には驚きましたね。
お一人もキャンセルなく、短いコースへの変更もなく、FDでの時間を堪能していただけました。
最後のお客様との会話のテーマ「依存しない女性」。
2時間半、盛り上がりました^^

さて。
1ヵ月半ぶりのお客様。
お肌が乾燥しているかな?と思いきや、とても良い状態です。

きめ細かくしっとり、むらもない。
時間がたつと乾燥で(失礼ながら)小じわが目立ってしまうのですが、それもない。
変なむくみもない。

「肌の状態が随分良いですね」
「なんでだろう?」
なんて会話をして、答えが出ないままコースに入りました。

終えてから、「考えたんだけどね」とお客様。
「本を読んだからじゃないかな。他に思い当たらない」
「書いてある通りにお手入れしている」
「デコルテもマッサージしている」
「腸もやってる」
と。
結果を目の当たりにして、驚きました。

「サロンで言われたことは忘れちゃうから、すごくいい」
「凄く分かりやすいですよ」
とも。

結果を先入観なしに確かめられたのは、良い機会でした。
お客様から「自信もって大丈夫だよ」と言われちゃいました。
ありがとうございます^^


コメント

本のご感想が届きました(その4)

2018-03-17 | 
本日ご来店のお客様
「本、読んだよ。やってみたよ」
とご報告をいただきました。

「腸を揉んでみた。結構押すんだね」
そうなんです。脂肪の向こうの案外深いところにあるんです。

「そうしたら、出た」
「1日3回も出た」
「毎日出ている」
効果絶大じゃないですか。

エステベッドに横たわりましたら
「お腹がいつもよりへこんでいる気がする」
それ、気のせいじゃないと思います。
私も最初に気づいたのは、歯医者さんでお腹に手を置いた時でした。

「でもね」。
なんでしょう。

「やりたいのがたくさんあって、でも本だから広げっぱなしにできない。だから、電子書籍にしてって要望を出しておいた」
え!?そんなことができるんですか。
書いた本人が知りませんでした・・・。

見に行ったけれど、見つからず^^;
どこにあるんでしょう。
電子書籍って苦手意識がありましたら、そんな使い方は思いもしませんでした。

本を見て、腸を初めて揉んだそうです。
本がきっかけになったなら、嬉しいお話です。


コメント

本のご感想が届きました(その3)

2018-02-28 | 
本日8年ぶりにご来店のお客様。
引っ越した先でも、ずっとコラムは読んでくださっていたそうです。
8年間の成長を見せなくてはと気合を入れて施術。
「思っていたのと違いました」というご感想でした。
そ、それはダメな方ですか?
「いえいえいえ、良い方です」
他にもたくさんの嬉しいご感想をくださったのですが、気持ちが浮かれてしまって覚えてなく。残念です(^^;)


さて。
サロンで本をご購入いただけるとありがたいのですが、無理を購入させてはいないかと不安になってしまいます。
いつも「すみません。ありがとうございます」と言ってしまいます。
せめて購入されたことを後悔させませんように、と祈りながらお渡ししています。

本日届いたご感想は、そんな不安を払ってくれるものでした。
メールを一部抜粋してご紹介します
※今回は許可をいただかずに掲載・・もしお客様からNGが入ったら消えます。

「帰ってからご著書を読ませて頂きました。とても分かり易くて半日で読み終えました。美容本を購入したのは初めてですが、買って良かったです!自分なりに考えてみたのですが、目元の疲れは眼輪筋の衰えなのかなーと感じました。」

分かりやすいと言っていただけた。
買って良かったと言っていただけた。
内容を活用してくれた。
もう、私の想いが全部届いています。

お客様に話しかけているイメージで書きました。
一回読んでおしまいではなく、必要なことを知りたい時に戻ってこられるようにと思いました。
読みやすさ、分かりやすさを意識しました。
伝わっています、本当に嬉しい!

少しずつ、すこーしずつ、胸を張ってお渡しできるようにしていきます。









コメント

本のご感想が届きました(その2)

2018-02-22 | 
なんと、また風邪でキャンセル。
「まさかこの人が」という方で、今年の風邪の脅威が感じ取れます。
お電話をくださったのですが、会話より咳の方が多いくらい。辛そうでした。
お大事になさってください。
激の試飲サービスでも始めたくなってきました。もう遅い?

というわけで、夜がぽこんと空きましたよ(^^)


さて本題。
本のご感想が届きました。
ご予約メールの中にある1文を抜粋してご紹介させていただきます。

「私に必要なところをやってみました」
「1つ1つが完結で分かりやすかったです」
「久保さんならこんなアドバイスをくれるだろうと思って読んでいます(遠方に引っ越された方)
「特にコラムが面白かったです」
「同じことをしているおっちょこちょいの人がいると思ったら、私でした。」(お客様の失敗例から)
「読んでいると久保さんの声で再現されます」
「いろいろなことがあったのですね。知りませんでした」
「一文字一文字大切に読みました。」

ありがとうございます。

一番多いのは
「先生よんだよー。面白かったー」という率直な一言です。
ありがとうございます。


そういえば10年くらい前に書いた話題を久々にもう一度。
サロンやメールで私はなんと呼ばれているか。
※割合はざっくりです。

久保さん 7割
先生 3割
ファーストネーム 数名
店長さん 数名

まあ、なんでもOKです^^




コメント

本のご感想が届きました

2018-02-14 | 
お客様から本のご感想が届きました。

ご来店時に「見本」用の本を開きもせずにご購入。
「いいんですか?大丈夫ですか?」と聞いてしまいました。
この「信用」を私は怖がっていまして、がっかりさせたらどうしよう、大丈夫かなと不安いっぱいなんです。

で、ご感想が届きました。

「本、読みました。
まず情報量が豊富で驚きました!

情報って、頭の中から整理して文章にすると以外にボリューム少なくなったり、浅い知識だと文章にすらならなくなったりするのに、このボリューム感、とても凄い事だと思います。熱心に勉強されている証ですよね。
私も、刺激を受けました。(すみません、年下なのに偉そうで)

途中のコラム的な失敗談も驚きました。
普通は(特に美容系の本は)自分を良く見せるために、成功談や、ちょっと自慢系の事を語るものが多いのに、失敗談とは!

あと、実は読み始めて最初に思ったのが、カテゴリ分けが男性脳!(わかります?) 読みやすく、伝えやすくするために、徹底して潔く、シンプル。
私もそうなので、パラパラと開いて本の構成を見た瞬間にふふふと笑ってしまいました。

これから大切に活用させて頂きます。」


喜んでくださっている!!
ああ、よかった。

このお客様は自分にも他人にも厳しい方。
嘘のない方なので、本音のご感想です。
お仕事もとてもできる方で、お会いするたびに私の方こそ緊張と刺激をいただいています。
そのようなお客様にこのようなご感想をいただけたら・・ようやく不安が吹き飛びました。

















コメント