DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

置碁の打ち方 201906

2019-11-10 16:19:17 | 打碁の検討の仕方
指導碁2子局です。(総譜は途中まで)
今回は完敗で、上手の反省会となりました。

参考図1
黒38は、下辺押しからの飛びが双方の急所です。

参考図2
白51では、図のようにくらいつけとLZ(LeelaZero)は言っています。
隅の白は取り切るには手数がかかります。

参考図3
白61は、カタツキで封鎖してしまうのがいいようです。

手堅く打たれて、なすすべもなく負けました。






コメント   この記事についてブログを書く
« 打碁の検討の仕方 201921 | トップ | 打碁の検討の仕方 201922 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

打碁の検討の仕方」カテゴリの最新記事