DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石の攻めかた7

2018-11-25 23:50:03 | 石の攻め方

3年前の碁で私の白番。

実戦図1

両三々です。白でたまに打ちます。14が利いたので、感覚で16にいけるかなと思いました。

参考図1

LZ(LeelaZero)は、ノビっても戦えるとしています。黒6では右上を押さえたらどうなるか気になりますが、

私には予想出来ません。

参考図2

直接は取れません。

実戦図2

なので20と打ちました。後は気合いの応酬ですが、右下26は打ち過ぎで、27と切りが入っては黒が

いいようです。

参考図3

局面は進んで、右上を取り切れば黒がいいようです。白は左上だけですし、しかもこれから減る可能性があります。

局面は進んで、中央の黒を攻める展開になれば、逆転したと思っているのですが、この図はLZはなぜか黒良しです

参考図4

右下のケイマ受けでは、先に襲い掛かるべきでしょう。白はどこか取られそうです。

 

 

 

 


棋譜再生

コメント