DKのザル碁への独り言

段原浩司です。
県代表を目指すザル碁打ちです。
私の独り言を、我慢して聞いていただければ嬉しいです。

LeelaZeroの参考図

2019-01-03 18:34:32 | LeelaZeroについて

昨年LeelaZeroを導入して、印象に残った図をピックアップしました。

参考図1

アマ本因坊戦の地区予選の碁で、私の黒番です。

F16とハサミツケたところで、黒が打ちまわしているかと思ったのですが、LZは

捨てて左辺に先着すれば良しとのこと。捨てるという発想はなく、この図には参った

という感想でした。

参考図2 

これはアマ名人戦の県大会の碁で私の黒番。

この図は変化図で、左上の星にカタをついてもたれたらまだこれからだろう、と思っていた

のですが、LZはケイマで受けるとのこと。カタツキにケイマで外して受けるのは初めて見た

形で、しかもこの場合は黒の2間の薄みも狙っていて、これも参った図でした。

参考図3

3年前の碁で私の白番。LZがどこから荒らすのか気になったのですが、選んだのは

荒しでなく右上の守り。こんなところを守るんだ、とビックリしましたが、今では

この手の意味がわかります。詳細は別の機会に。

参考図4

これは昨年の碁で私の白播ですが、LZの中央感覚に嬉しくなった図です。又、LZは、

左上の形で模様を広げる時は、ボウシでなくツケノビを選んだことにもビックリしました。

参考図5

3年前の碁で私の黒番。下辺の打ち方が下手で、重くて重くて、こりゃ負けにした

と思った碁です。

参考図6

LZは、5と両アタリを誘って7のツケ。私が一番感動した図です。

こういう手が打てるようになりたいものです。

コメント