なでしこBLOG

短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場

あの頃:秘密は   

2013-11-30 20:10:59 | 短歌・俳句
迷探偵:コンナンの推理    

大阪で   ガレキ処理をし   焼却で     猛毒なガス  発生中で         近辺の   学校児童   園児らの     外遊びには  警戒要す        ...




1年前の記事。


震災のガレキ処理で、全国にばら撒き。


反対の声さえも否定。


ところが、ガレキのトラックが通過した場所は、10倍に、放射線量が。


しかも、関西は、1年かけて、毎日焼却と意気込んでましたよね。


とんでもないこと。


チェルノブイリでさえも、やらないことを。


平気でやるのが、政府と自治体。


虚心坦懐。   


今も、焼却中。


事実、濃縮されたのは、おびただしい放射線。


子供たち、近隣の市町村に影響が。


まったく、大人のエゴ。


これでも、ウソと。主張するのかな?   


特定秘密とやらで。


コメント

暮れなずむ午後   

2013-11-30 16:36:08 | 短歌・俳句
公道を  ヒョコヒョコ歩き  ケムシ君   
自動車来るよ  いずこへ行くや    




工事方  出会いで会釈  顔なじみ    
おじさん笑顔   私も笑顔    


暮れなずむ  陽光浴びて  山々は   
空にも負けず   青さを誇る     






コメント

太陰暦:十月廿八日  

2013-11-30 08:22:59 | 短歌・俳句
8時ごろ  アマテラスさま  昇天後     
光集めて  大地ホコホコ     



槙の樹に  ツルでからめて  仲良しの   
蔦と共生  助け合いなり     




紅白の  めでたい衣装   街角の   
山茶花の宿  寒さ忘れて    








赤い花  盆栽かなと  思い気や   
一本立ちに  手入れされてる  


年賀状  イラスト描いた  数日の   
身近なテーマ  個性そのまま     




 
   
コメント

あの頃:デビュー  

2013-11-29 19:59:28 | 短歌・俳句
太陰暦:十月十六日    
どんよりと  うす曇りナギ  静寂の      冷気漂う  シジマの大地          路肩にて  もうすぐデビュー   芽を出して       時節到来  今かいま...




1年前の記事。


スイセンの芽が、出始めていました。


今年も、出ています。


寒さを良しとする草花。


群生してるのが、強いですね。
コメント

太陰暦:十月廿七日  

2013-11-29 09:12:01 | 短歌・俳句
夜露から  霜に変身  野草にも    
白い衣装を   着せ身を隠す    





あぜ道に  ワタゲを観れば  透き通る   
白い模様は  幾何学的に   




この模様  誰が作った  自然界    
秩序整う  まさに神業    


朝日こそ   万物を産み   はぐくむや    
造形技術  優れものなり    


このあとも  写メをしようと  デジカメに  
電池充電   マークでドロー    

  (ニコニコ。)   


 <夕暮れは>   
夕暮れの  入日眩しく  冷風の    
中を日光  彩雲作る      






大鷲の  姿に似たり  太陽に    
向かってはねを  広げて示威を    







山の端に  隠れて別の  地を照らし   
陽光の恩   普く注ぐ   






  
コメント