なでしこBLOG

短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場

あの頃;楽しみごと

2015-07-31 21:02:34 | あのころ回顧録
 
夕暮れの楽しみ  
まだまだよ   昼から夕は   長いから    待っていたのよ   夕顔さんを     純白の  夕顔さんが   蔀から   夜の帳を   あけるのを観る   ...
 


1年前の記事。

 

夕顔などの姿は、格別ですね。

 

日没直後。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃;夏の花は  

2015-07-31 20:57:36 | あのころ回顧録
 
太陰暦:七月五日
今朝の空  雲が地平を   覆い日を   隠すがごとく   涼しさ運ぶ     路肩では   ボタンクサギや  草木が   元気に長く   咲き続けてる       ...
 


1年前の記事。

 

ボタンククサギ・トリアングラリスなど。

 

夏を謳歌してましたね。

 

今年も、咲き誇りました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃;夏は夕暮れ

2015-07-31 20:52:46 | あのころ回顧録
 
夏の夕暮れ・いとおかし
入日とか  夏の夕暮れ  いとおかし   夕顔の咲く   チャンス到来        ( 夕顔の咲いた瞬間です。 )      (  花ナスが...
 

1年前の記事。

 

夕顔の第一号が、デビューしました。

 

今年は、まだのようです。

 

コニシキソウ・花ナスなども。

 

次々と、実を結ぶ。

 

ホッコリ気分でした。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月と談論と  

2015-07-31 19:30:03 | 撫子の談論

日没の  あとに東天   登場の  

月の名前は   十六夜月(  いざよいのつき )  

 

 

 

     (  中央の橙色の月。 )   

ご近所の  殿方出会い   月と日の  

写真の話   よく気が合うネ   

   

 

 

<  本音が、好戦的なのが政治家と自民・首相・官僚・財界のドン >   

わがクニの   首相がなぜに  補佐官を  

かばう理由は  本音だからよ   

 

二人での  飲食でそう  伝えたよ  

国民騙す   戦術とかね   

 

自民とか  追随の党   国民に  

顔向け出来ぬ   孤立化だよね    

 

これまでの  世界の信を  維持できた  

その分けクニに  反する誠意   

  (  国家と離れた個人としての想いは、世界平和。 )  

 

戦争で  残留したる  兵士たち  

現地にいかに  貢献するか   

 

知恵を出し  独立心を  喚起した  

教育の意気  秩序を指導   

 (  だから今までの信頼を得たのである。 )  

(ところが、無差別攻撃の戦法しかできぬアメリカに追随。 )  

 

(  兵器をもって、どこへでも。無差別攻撃よ。)    

 

(  後方支援なんて無理じゃ。鉄砲や機関銃や戦車を運べば、目立つだけ。  )   

 

(  現地の笑いものになるだけ。 )   

 

 (  取り囲まれて、全員死亡。 まあ、こんなこと。 )   

 

  (  自民の責任じゃ。諸葛孔明の戦術やいかに。 )    

 

   

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵手紙は  

2015-07-31 18:14:24 | 撫子の閑話休題

炎天下  昼下がりには   室内で  

絵手紙時間   紅サルスベリ     

 

        <  夕暮れまでに  >   

買い物や   散策交え  交差点  

遠足帰り  子供らありて   

 

自動車の  誘導と指示   安全の  

横断合図   喜ぶ車   

   ( 昼咲月見草。 )  

 

    残念ながら、撮ったはずの  トンボが映ってません。  

   (  スベリヒユ。 )   

  (  三尺バーベナ。 )  

   (  稗=ヒエ。 )     

    (  花ナス。 )  

   (  夕顔。 )  

    

 袋咲キキョウ   花ナス        夕顔       風船カズラ    ツル紫     

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加