自由帳~子供の心で~

南保大樹が日々思ったことや稽古状況など、舞台創りを綴ります。

「うさぎ島霧深し」公演詳細

2021年08月01日 | 出演情報

9月8日~12日、Pカンパニーに外部出演いたします。
共演したことのある方や、お知り合いの方がPカンパニーには多く、お話をいただいたときはとても嬉しかった。
終戦間近のとある島の毒ガス工場。
私は毒ガスを研究している教授です。
そこには忘れてはならない過去がある。
罪があり罰せられる…のか、どうか…
不思議な世界観でお伝えします。
もし、もしよろしければどうか観に来てください。
積み重ねて来た感染症対策をしっかりした観劇環境を作ります。
心よりお待ちしております。

うさぎ追いし かの島…
うさぎ島は かつて毒ガス島と呼ばれていた
忘れてはならない過去がある

作:竹本 穣[新作書下ろし] 

演出:冨士川正美

2021年9月8日(水)~12日(日)
シアターグリーン BIG TREE THEATER

【前売開始=2021年7月29日(木)】

◆キャスト
宮川知久 / 内田龍磨
磯貝 誠 / 森源次郎 / 木村愛子
矢﨑和哉(劇団昴)/ 吉田恵理子 / 山田健太
細川美央 / 立直花子/ 南保大樹(劇団東演)

◆スタッフ
美術・衣装 : 佐々波雅子
音楽 : 日高哲英
ムーヴメント : 福島 梓
照明 : 石島奈津子(東京舞台照明)
音響 : 木内 拓(音映)
舞台監督 : 大島健司
演出助手 : 秋田遥香
制作 : 松井伸子
企画・統括 : 林 次樹

◆スケジュール
9月
8日(水)19:00
9日(木)19:00
10日(金)14:00
11日(土)14:00 & 18:00
12日(日)14:00

◆チケット
[全席指定席・税込]
一般: 5,500円
シニア割(65歳以上): 4,500円  U25割: 3,500円
開場は開演の30分前/未就学児入場不可

◎シニア割・U25割をご購入の方は、当日、年齢を確認できるものをご持参下さい。
◎開演時間に遅れますと、ご予約時と違う席へのご案内になることがあります。ご了承ください。

【新型コロナウイルス感染症予防対策】
ご来場の皆さまに、来館時の検温、手指消毒やマスク着用などをお願いしております。また、発熱のある方、体調に不安を感じる方、2週間以内に感染者との濃厚接触が確認される方は、ご来館をお控えください。
ご不便をおかけ致しますが、ご理解ご協力のほど、お願い申し上げます。

【バリアフリーサービス】
(Pカンパニーへ事前にお問合せ・ご予約下さい)
協力:NPO法人シニア演劇ネットワーク
11(土)14時の回、視覚障がい者の方向けに音声ガイドサービスあり。車いすでの観劇可(定員あり)。
聴覚障がい者への台本の貸し出し/受付筆談対応可。必要介助者1名様のみ無料。


◆チケットお申込み
南保大樹までご連絡ください
hiroli.nanpo@gmail.com
メール、ライン、Messenger、Twitterでも受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
上演できることを祈って…




コメント

パラータDIY #1

2021年07月31日 | DIY
DIYやっとりますパラータ。
古くなった所の直しや、使い勝手を良くしたり、見た目をキレイにしたり、
より良い場所を作り上げたい思いで始めました。

完成図を考えて、資材を揃えて、地道に手作業。

まずは調光室と音響室。
天井塗って、壁塗って、床張り替えて。
照明卓、音響卓をのせる台も新調。
コード配線などシンプルに使い勝手良く。
普段目に触れられない所ですが、スタッフの方々が少しでも良い環境で仕事ができたらとの想いで3日間頑張りました。

before


塗って


直して


after


変化が分かりづらいとは思うが、全面キレイにして、テーブルや細かいところの使い勝手などを直しました。

3日間2人で頑張って、めっちゃ疲れた。


階段のイメチェン。
パラータは玄関入るとすぐ階段がある。
それを登ってトイレや楽屋、そしてその上3階に稽古場などがある。
その階段の手すりを色塗り。
パラータは黒くて階段があって手すりがあってのイメージがあるので、ここの手すりも黒にしてパラータの象徴になれば。
さらに階段の段もマットを敷いて、音消しや見た目を整える。


以前の手すり


以前のロビー&手すり


以前の入り口からの階段
手すりを黒くし

マットを敷くためにボンドを塗り



見た目もこだわり

こんな感じ


入り口とロビーの照明イメチェン。
LED電球のスポットライトに変えました。

下駄箱は今後色塗り

ロビーの床マットも今後やりたいな~


劇場、稽古場をLED蛍光灯にチェンジ。
何十年も使っていた蛍光灯器をすべて新しくしました。
めっちゃ明るい。


LED蛍光灯を組み立て


コンセント形式なので天井に付けて設置


めちゃんこ明るくなりました


省エネ




バトンの整理、新設。
無駄に付いていたバトンやら木材やらを外して整理し、バトンの数も増やしました。
これで照明仕込みがさらにやり易くなる。

高所作業で大変でした。
暑さと緊張感と登ったり降りたりと。


下駄箱のキャッチローラーを新調。
長年使って壊れたりしていてしっかり閉まらないかっったので付け替えた。
これから下駄箱外観の色合いを決めて塗ります。

照明コードと音響コードの増設、修理。
足りないコードを増やし、劣化しているコードを直しました。



その他色々細々と直したり、キレイにしたり、使い勝手良くしたりとやりました。

まだまだ続くよパラータDIY

南保大樹



コメント

朗読劇「月光の夏」詳細

2021年07月01日 | 出演情報

日本の夏を語り継ぐ企画
朗読劇『月光の夏』

原作・脚本=毛利恒之(講談社文庫『月光の夏』より)
演出=鈴木完一郎/原田一樹

2021年8月13~15日
北沢タウンホール

★毎年上演しております「月光の夏」
平和を願い、平和を作るために積み重ねております。
ご一緒に日本の夏を体験できたら幸いです。
心よりお待ちしております。

★稽古中はもちろんのこと、劇場でも新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインに沿って徹底し、観客の皆様に安心して観劇できる環境を作ります。
このような状況下の中ではございますが、劇場空間で皆様と共に過去を通じて現在に迫れればと思います。
心よりお待ち申し上げます。

【ストーリー】
佐賀県鳥栖市 - 。
戦後45年のこの年、鳥栖小学校の古いグランドピアノが廃棄されようとしていた。
かつて教師をしていた吉岡公子は、そのピアノに忘れられない思い出を秘めていた。
そしてピアノを平和の願いの証として保存して欲しいという思いから、全校集会で生徒達にその思い出を語る・・・。
太平洋戦争末期の昭和20年初夏、音楽学校出身の特攻隊員二人が学校に駆けつけ、今生の別れにベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」を弾き、沖縄の空に出撃していった・・・。

【キャスト&スケジュール】

私は8月13日と15日に出演します。

★8月13日(金)19:00開演
南保大樹、奥山浩、岸並万里子、小池友理香
ピアニスト 佐々木崇

★8月14日(土)14:00開演
能登剛、清川翔三、和泉れい子、古田美奈子
ピアニスト 仲道祐子

★8月15日(日)12:00開演
南保大樹、奥山浩、山田珠真子、中花子
ピアニスト 根岸弥生

【スタッフ】
原作・脚本=毛利 恒之(講談社文庫『月光の夏』より)
演出=鈴木 完一郎/原田 一樹
照明=鵜飼守
音響=高橋巌
舞台監督=原野寛之
制作=横川功

【劇場】
北沢タウンホール
(下北沢駅下車徒歩3分)

【チケット】
一般/3,000円  
U25(25才以下)/1,000円 
[日時指定・全席自由・税込]
【チケットお申し込み】
私までご連絡ください。
メール、LINE、TwitterDM、messengerまで気軽にご連絡ください。
メール hiroli.nanpo@gmail.com
南保大樹





コメント

芸をして泡を飲む…トッポさん

2021年06月18日 | 芝居道
初めての共演は『花になりて散らばや』という樋口一葉を題材にした作品。
私は入団して2年目の2000年。
好き勝手生きて母にお金をせびりに来るバカ息子が私で、その母親がトッポさん。
平手打ちを食らうシーンがあるのだけど、稽古で初めて食らった時、掌の硬い所が顎に入ってクラクラしたのを思い出す。

トッポさんというのは腰越夏水さんの愛称。
ご本人曰く、若いころトッポジージョのモノマネをしていたところトッポというあだ名になったそうだ。
とっぽいからでは決してない。

それからというものの劇団では私の母親のような存在であり、飲み仲間でもあり、苦楽を共にした先輩でもあり、私の恩人でもある。

私の若かりし頃はお金に困りながら必死に芝居をしていて(今も変わらないか(笑))そんな私をよく飲みに連れていってくれていた。
ある時(2003年ころ)私がケガをしてしまい精神的にも落ち込んでいる時にトッポさんは、お金が必要なら振り込むからと3ヶ月くらい援助をしてくださった。
勿論断ったけどもトッポさんは振り込んでくださった。
そして「なんぽちゃん辞めないでね」と愛情をかけてくださる。
もしあの時(いや終始)トッポさんの愛情がなければ劇団を辞めていたかもしれない…

それから様々な芝居を一緒に創り、何度か母と息子を演じた。

先日、今年の3月くらい、トッポさんの声が聴きたくて電話した。
元気だった。
「もう舞台はできないね」と仰っていたが、そんなことないんじゃないかと思っていた。
改めて「トッポさんのターニングポイントとなる作品ってなんですか?」と聞いてみたら、
「ナースチャ!というかベリャさん!」と即答だった。
「『ロミオ&ジュリエット』の婆や役もそうだけど、やっぱり『どん底』でワシリーサに抜擢してくれたことは大きな転機となった」と
そして「やっぱり何と言ってもナースチャ!」

トッポさんはベリャコーヴィッチ演出『どん底』1999年&2001年&2004年(ロシア公演)でワシリーサ役をやっていた。
ベリャさんの激しい稽古を乗り越えトッポさんのワシリーサを見事に表現していた。
2004年のロシア公演では相手役のペーペルはロシア人ナウモフで、対等にやり合う姿が頼もしかった。(私はタタール人役)
そして2009年『どん底』が念願の九州を巡演する。
その時トッポさんはワシリーサではなくナースチャという役に変更。
そう、これがターニングポイントと仰ったナースチャだ。
まず役が変わったということでご自身の中で様々な感情を抱き、そしてナースチャという酔っぱらいで妄想好きの娼婦役に苦闘していた。
ベリャさんの怒号が飛ぶ(みんなに飛ぶのだが)
その時のトッポさんの感情はぐちゃぐちゃだったのだろう…
そして舞台稽古の最中ベリャさんが「トッポ来い」と、
そしてトッポさんの髪の毛をグシャグシャにして「これがナースチャだ」
「トッポはまだワシリーサを引きずっている、ナースチャになれ!」
「そこから吹っ切れてナースチャになれたんだ」と、
今までも何度か仰っていたが、その時の電話でもまた話してくれた。
よほどトッポさんの中で大きな出来事だったのだろうし、ベリャさんへの感謝の想いが溢れていた。

それからのトッポさんの活躍は目を見張るものがある。
2016年ころ制作の横川さんが言っていたが(横川さんはトッポさんと同い年)
「今トッポは役者としていい時期を迎えている、ある勢いがある」と。
ホントにそう思う。
『検察官』では全国を巡演し、市長の妻役で物語の終盤には毎回爆笑をかっさらい、
『臨時病室』では田舎のたくましいお母さん劉大香 役を生き生きと演じて感動を生んだ(物凄く素敵だった!)
その他上げたらキリがないが、もともと役者として凄い存在感のあるトッポさんが、あの2009年以降からは更なる輝きを放ちその存在感は際立っていた。

『ハムレット』では私は日々プレッシャーと疲労との闘いで全国を巡演していたのだが、トッポさんの優しさには何度も何度も救われた。
ストレスがたまってしんどくなるとトッポさんに甘えてご飯を食べに行き、
「大丈夫だよ、美味しいもの食べて、エイヤってやればいいんだよ」と労ってくださる。
私は本当にトッポさんに甘えていた。

トッポさんはお酒が好き。
酔っぱらうと「ここどこ?」となる(笑)
旅先でもよく飲んでいた。
ある旅先で一緒に飲んでいた時、私が「トッポさんはいい役者人生を歩んでいますよね」と言ったことがある。
私が劇団に入団した(1999年)少し前、劇団員が軒並み辞めていった時期がある。
当時の看板役者、実力ある役者、制作者、演出家が次々…
そんな中、トッポさんは残った。
色々悩まれたと思う。
でも芝居がしたいと思って残った。
それから2009年の『どん底』から劇団は大きな流れを作り、『ハムレット』『検察官』で全国各地を巡り、東京公演では様々な芝居に挑戦し、合同公演や新劇交流プロジェクトなど新しい風を生んだ。
その中に常にトッポさんはいた。
芝居で全国を旅して、各地で拍手をいただき、土地の美味しいものを食べ飲み、語り、幸せな時間を過ごし、そして評判になった芝居を創り出した。
それはあの時トッポさんが辞めずに、トッポさんの力で勝ち取った役者として至福の時間だ。
だからこそトッポさんの判断、劇団を支えた力は、多幸な役者人生を生んだのだ。

私企画の『紙屋悦子の青春』では療養中の中、出演してくださった。
トッポさんにやってもらいたかった。
トッポさんと一緒に芝居がしたかった。
そしてトッポさんも芝居がしたかった。
稽古中、若い子たちに「こんないい役2度と巡ってこないよ、もっともっとやらなきゃ」とエールを送ってくださった。
やれて良かった…

最後の舞台では、病院に入院し元気なのだけど死を待つ患者役だった。
出て来た瞬間、本物が出て来た。
役者は自分の人生をさらけ出して感動を生むのだ、ということを教えてくれた。
素敵だった。

トッポさんとの21年の冒険は私にとって宝です。
呑みたいよトッポさん。
劇団のこと芝居のことを語りたいよ。

劇団を支え、私は甘えて、芸をして笑わせ、泡を飲んで語り、家族を守り、劇団を守り、最後まで芝居をして、
本当に素晴らしかった❗

南保大樹


『フィラデルフィアへやって来た』

『どん底』ナースチャ

『どん底』ナースチャ


『どん底』の旅中ロシアとテレビ電話

『いちゃりば兄弟』

『いちゃりば兄弟』

『兄弟』

『兄弟』

『検察官』


『検察官』
コメント (2)

ほったらかして閉幕して

2021年06月07日 | 芝居道
ヤバい…

ほったらかしてました…

すみません。

芝居が終わりました。
「血を売る男」
ご来場くださいまして皆様、誠にありがとうございました❗

緊急事態宣言が延長しどうなるのか…

新型コロナウイルス陽性者は出るのか…

祈るような気持ちでした。

PCR検査は3回やって皆陰性で、入場規制はしつつもお客様は来てくださり、

無事に終わってホッとしています。

重ね重ね、この状況下に観にきてくださいました皆様、遠方から来てくださいました皆様、誠に誠にありがとうございました❗

皆様がいつも私を支えてくださる。

本当に嬉しいです。

そして今回来られなかった皆様、応援くださる皆様、

皆様を想像して、力をいただいています。
本当にありがとうございます❗


今回は…いろいろあって…

ま、前を向いて、先にある舞台へ進みます。

次は毎年恒例の8月13日&15日の2ステージ
朗読劇「月光の夏」
@北沢タウンホール
こだわって続けている演目です。
今年もしっかり務めたい。


そして9月8日~12日
Pカンパニー公演
「うさぎ島霧探し」
@池袋グリーンシアター
に外部出演します。

Pカンパニーの皆さんは顔馴染みの方が多いのですが今回初めてお世話になります。
新しい出会いと環境と劇世界を楽しみたいです。
どうかお楽しみに❗


そして10月9日から
「マクベス」
中国ブロック、四国ブロック、首都圏ブロック
最後に東京公演12月15日~19日
@あうるすぽっと

今、この6月はお休み期間。
休みとは言いつつ色々やってます。
芝居の準備、身体のケア、パラータDIY

身体はボロボロで、この期間に少しでもケア。

パラータDIYは色々と直したり、綺麗にしたり、使い勝手を良くしたり、とやります。
魅力ある場所にしたい。

とりあえずこんな感じの現在…

いただいた富山ブラックラーメンを作って食べました~

南保大樹




コメント

「血を売る男」詳細

2021年03月17日 | 出演情報

劇団東演 第159回公演

『血を売る男』

原作:余華 脚本・演出:松本祐子


いま中国でもっとも過激な作家・余華!

前作『兄弟』で衝撃的な舞台を創り上げた、

余華×松本祐子×東演が再び火花を散らします!

"不満があれば通りへ出て喚くように道行く人に訴え、感情むき出しにぶつかり合う人達

しかし家族愛、隣人愛、人間愛に溢れた今作品"

衝突を目撃しに来てください!


【あらすじ】

1950年、中国の貧しい地方都市。許三観は25才、今日は祭りだ。

若者たちは「龍の舞」を汗だくに、情熱的に舞い、休憩の時には若い娘の品定めに花を咲かせている。

おおいに盛り上がっていた時に、許三観は突然「俺は結婚する!」と宣言。

「考えたら俺はもう25才だ。親父は俺の歳には結婚していて、俺は生まれてた。親父は死んだが、このままでは許の名前が、血が途絶えてしまう!」・・・・。

相手はまだいない、しかも結婚するには金が要るが今の俺には全くない。どうする・・・・。

すると三観の友人・阿方が

「身体の丈夫な男は血を売って金を稼ぐんだ、35元にはなる!」と教えてくれた。

「そうか、そんな手があったのか!」

早速ベテランに付き添われ出かけて行くのだが・・・・。


【キャスト】

豊泉由樹緒

能登剛

南保大樹

奥山浩

星野真広

原野寛之

清川翔三

小泉隆弘

阿部航平

三代陽輔

酒田真弓

岸並万里子

古田美奈子

東さわ子

大川綾香

中花子


【日程】開場は各回40分前

5月

13日(木)19:00★

14日(金)19:00

15日(土)14:00

16日(日)14:00

17日(月)14:00

18日(火)19:00

19日(水)14:00

20日(木)19:00

21日(金)19:00

22日(土)14:00

23日(日)14:00

24日(月)14:00

25日(火)14:00

26日(水)19:00

27日(木)14:00


【チケット】3月25日(木)一般発売開始

★プレビュー・ステージ

5月13日(木)19:00開演 一般/シニア=3800円(劇団でのみ発売)


一般/4500円

シニア/4000円(65才以上の方)

U25/2500円(25才以下の方・当日年齢確認・劇団でのみ発売)

+1チケット/13500円(3名様のグループにプラス1名様ご招待・劇団でのみ発売)

《日時指定・全席自由》


【お申し込み】

私までご連絡ください。

hiroli.nanpo@gmail.com

メール、messenger、Twitter、LINE

までお気軽にご連絡ください。

お待ちしております。


【会場】

東演パラータ 東京都世田谷区代田1-30-13

小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅徒歩15分

◎送迎車あり


●新型コロナ感染症対策として、入場者数を減らしての上演です。

熱、咳など体調に不安な方のご入場はご遠慮いただきます。

また、未就学児のご入場も不可となります。

入り口での検温、消毒にご協力ください。

心よりお待ちしております❗







コメント

~長野県&九州&北陸~閉幕ベス

2021年03月15日 | 
終わった~
2ヶ月間の旅
「マクベス」
長野県松本&伊那、九州ブロック、北陸ブロック。

各地で迎えてくださるのが本当に嬉しい。

疲れていても頑張れる。
力が湧いて来る。

コロナ禍の最中、皆様が懸命に演劇を支えてくださる姿に感動し感謝致します。

歩みを止めず困難を共に越えて行きたい。

誠にありがとうございました❗

次は「血を売る男」
5月13日~27日
作/余華 脚本・演出/松本祐子
@東演パラータ

稽古は4月入ってから。

どうかお楽しみに❗


南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。





コメント

~金沢~

2021年03月14日 | 
金沢での公演が終わりました。

楽日でした。

金沢市文化ホール

沢山の方が観に来てくださり、拍手もいただきありがとうございました❗

1年待っていてくださり、再会できることがとても嬉しい。


金沢市文化ホールでは強烈な思い出がある。

2014年例会の「ハムレット」
半年間くらい続く旅公演で、体力的にも精神的にもしんどい最中、
ここ金沢で、劇も終盤のハムレットが船出をするシーンで舞台から落ちた❗

マントを振り上げて地面に叩きつけるのだが、舞台面にパンチは敷いておらず、木の床面で、そのマントを踏んでしまった。
その瞬間スッ転び客席にドカッと落ちた。
一瞬なにが起きたのか解らなかった。
しかし瞬時に受け身をとっていて頭はぶつけていない。
最前列のお客さんが「大丈夫~」って仰ってくださった。
すぐ自分の身体に意識を向けて、大丈夫だ折れていない動く、いける!と、舞台に上り続行した。

やっちまったな~と恥ずかしさがあったが幸い大した怪我もなく終演。

そして交流会。

演出かと思ったとか皆様の優しさに触れ…振り返りながら…
カーテンコールでバラの花束を渡す時にバラがボロボロと落ちてしまっていた。
その花は花屋さんの会員の方が素晴らしいバラを育てて作ってくださった物だった。
その会員さんは花束を渡す時にポロポロと落ちるバラを見て落ち込んでいらっしゃった。
良いものを用意したはずなのに、と。

その話を聞いたとき、「あっ❗」と…
そうこの花束はカーテンコールで渡すために舞台のすぐ下に置かれていたのだ。
そうオイラが落ちたところに置いてあったのだ。
そうこの花束がクッションとなって守ってくれたのだった。

そのためにバラがボロボロになってしまった。
申し訳ない気持ちだったが、その会員の方は、それだったのなら良かった、と仰ってくださった。

忘れられないエピソード。

今度来るとき、交流会があるときにこのエピソードをお話して改めて感謝をお伝えしたい。

金沢の皆様ありがとうございました❗




南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。





コメント

~野々市&砺波&高岡~

2021年03月13日 | 
野々市、砺波、高岡での例会が終わりました。

各地では1年間「マクベス」を待っててくださった。
温かい反応に感謝❗


野々市市文化会館フォルテ


金沢駅前


砺波市文化会館


チューリップ公園


高岡文化ホール

ここではたまたま撮った写真がコレクションになったのだ…

2012年「どん底」
デニスとガーリャ
二人がここで寝そべっていたのが可愛らしくパシャりと撮ったものが…


2014年「ハムレット」
マックスとセリョージャ
そう言えばと思い出し折角だからとパシャり


2017年「検察官」
ジョーラとワーニャとサーシャ


2021年「マクベス」
ジェーニャとミーシャとワーニャとアリョーシャ

友達が一同に会す。

次は何時だろうか…


日本三大大仏の高岡大仏

砺波からカーテンコール時に挨拶をすることになった。
なかなかの評判で嬉しい。

南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。










コメント

~富山&魚津~

2021年03月05日 | 
佐賀から富山へ移動して
佐賀(みどり)→博多(さくら新幹線)→新大阪(サンバーバード)→金沢→富山。
(8時間くらい)
北陸ブロックが始まりました。

昨年3月に新型コロナウイルスの影響で延期になったので、この期間に再開。

状況は好転しているとは言いがたいが、対策をしていれば劇場は安全という実績を作り続ける。

富山では2ステージ、沢山の方々が
観に来てくださり、温かく迎えてくださりました。

富山県民会館


城跡公園


魚津へ移動


STAR UOZU


ウキウキでした。

魚津でも沢山の拍手をいただき幸せです。


圧巻の立山連峰





またできる喜び…

ありがとうございました❗

南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。








コメント

~佐賀~

2021年03月01日 | 
佐賀での例会が終わり、九州ブロック36ステージも閉幕。

佐賀でのカーテンコールは皆様の気持ちが伝わって来てとても嬉しかった。

いつも応援してくださる方々との交流も嬉しい。

生かされている気持ち、生きるエネルギーとなります。

本当に感謝❗


佐賀文化会館


運営サークルの皆様からのメッセージ弁当


マクダフバッグ


ありがとうございました❗
南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。






コメント

~長崎県、島原&長崎&佐世保&大村諫早~

2021年02月28日 | 
長崎県シリーズ。
島原、長崎、佐世保、大村諫早で例会でした。

島原では乗り日があったのでのんびり街を散歩。



島原城


雲仙



武家屋敷


有明海

暖かく天気も良かったので気持ちの良い時間を過ごした。

島原文化会館


長崎では3日間、天気も良くちょっと散歩がてら観光もして軽く長崎を満喫。

眼鏡橋


オランダ坂





大波止


長崎市民会館

佐世保ではやっぱり佐世保バーガー。

佐世保バーガー


一人でゆったりのホテル


楽屋の窓


アルカスSASEBO

大村諫早では雨で風が強くて、時間もなかったので出歩かなかった~

移動中のワーニャ


4年半前の諫早交流会の時のベリャさん


諫早文化会館

各地で沢山の方々に観ていただき、良い出会いができたのではと思います。

誠にありがとうございました❗

皆様に生かされていると日々感じます。

長崎県好き。

南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。

















コメント

~福岡~

2021年02月20日 | 
福岡6ステージ終わりました。

乗り日を入れると9日間も滞在。

ゆっくりじっくり芝居と向き合いました。


ももちパレス

マスク越しの再会が歯がゆいですが、お会いできるのはとても嬉しい。

できればもっと交流したかったです。

温かく迎えてくださる皆様から力をいただき、私達は生きているのだと心から感じます。

ありがとうございました❗





南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。






コメント

~鹿児島~

2021年02月12日 | 
鹿児島って歩いてるだけで楽しい。

例会は熱い空間が作れたのでは、と思います。

もっと交流したいな~
鹿児島ではいつも交流会は盛り上がっている気がする。

息抜きに散歩して鹿児島をささやかに堪能しました。


宝山ホール


城山登って桜島







南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。


コメント

~熊本&宮崎&都城~

2021年02月11日 | 
先日、熊本、宮崎、都城での公演が終わりました。

熊本は前回来たのが地震の後で、スケジュールや会場を変更したりと大変な時でした。

熊本城も被害が大きく悲しかった。
でも天守閣がキレイが復活していてとても美しい。







5年前の熊本でベリャさんは舞台に立った。
スケジュール変更でロシア人が帰国しなければならないために。
舞台に立ったベリャさんの姿が目に浮かぶ。
それが日本では最後の姿になろうとは…。




水前寺公園




宮崎と都城では緊急事態宣言の影響で開催が危ぶまれていましたが、様々な働きかけで出来ました。

観に来てくださる方々も沢山いて嬉しい。



都城駅前、霧島が綺麗。




熊本の皆様、宮崎の皆様、都城の皆様、ありがとうございました❗
皆様の笑顔に力と勇気をいただけます❗

南保大樹
ご感想などメールにいただけると幸いです。
hiroli.nanpo@gmail.com
お気軽にメールください。明日への糧にさせてください。
Twitter @kurohaisiroも呟いております。



コメント