京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『おとうと』

2010-02-03 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「
おとうと
□監督・脚本 山田洋次
□脚本 平松恵美子
□キャスト 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井 優、加瀬 亮、小林稔侍、
       加藤治子、笹野高史、森本レオ

■鑑賞日 1月31日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 “芸のためなら姉貴も泣かす~ それがどうした文句があるか~♪”
 って、何だか鶴瓶が演じるとまさに浪花節なのだが 

 多少の時代錯誤はあるにしろ、日本における「家族」のあり方を訴求してきた
 
山田洋次監督らしく、そういう意味ではできの悪いあんちゃんであるフーテンの
 寅の弟ヴァージョンなのかなぁと思ってしまう。
 それは人物の描き方から、映画の撮り方一つ、従来の山田カラーであり、別に
 久しぶりに現代劇と騒ぐほどでもなく、
 ひとえに亡き「男はつらいよ」を偲び、それは監督自身へのオマージュとも思える。
 (ちなみに第60回ベルリン国際映画祭で特別功労賞にあたるベルリナーレ・
 カメラ賞受賞が決定

 蛾次郎なんてチョイで出すなら、最初から吉永小百合でなく、倍賞千恵子の方が
 単純に入り易い(笑) 加瀬 亮クンではなく吉岡秀隆の方が馴染み易い

 山田監督の描く家族像、家族愛にケチをつける気にはならないけれど、
 どうしても寅さんの家族像、家族愛を意識なしに持ち込んでしまうところは、
 むしろ現代劇でなく、時代劇に仕立てたほうがきっと感じ入り易いと思うのだが・・・。、
 この映画を客席で観るだろうと推測した高年齢層、或いは団塊の世代には確かに
 お涙頂戴を期待できるかもしれないが、映画に慣れた者にとっては、山田監督
 作品としてはやや不満が残るし、そこに大きな感動はない。
 会場も鼻をグズグズ言わしている人は居たものの、嗚咽するほどの人もいなかったし、
 エンドロールが流れ出したらみんな席を立ってしまっているし・・・。

 それに厳しいようだが、今回の吉永小百合さんの演技にいままでのキャリアを
 感じなかったことは、もしかしたらあの鶴瓶のコテコテのキャラクターが邪魔した
 ことによるものかもしれない。
 鶴瓶もなんとなく地でいっていた感じがするし(笑) 
 (そもそも師匠の松鶴に「お前なんか落語せんでええんじゃ」って言われていたから)
 あの中居クンとの部分はサービスカットだったのかなぁ(笑)
 それより加藤治子の一言二言が妙に効いていて笑えた(薬店だけに)
 最近の笹野高史さんの使い方には不満たっぷり
  
 それでも「鉄っちゃん、もう頑張らないでいいのよ」って話しかける石田ゆり子の
 言葉に、どんな人生を歩んで来ようとも、最後はこういう言葉をかけてくれる人が
 側に居て送られたいと、ついに涙ぐんだ次第で


コメント (12)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
« 『ゴールデンスランバー』 | トップ | とろける苺ショコラ/サンクス »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ! (koyuko)
2010-02-03 10:41:06
封切初日に見に行きました。
山田監督の作品は好きですが、いつもほのぼの気分は山田カラーですね。
微苦笑や少々ホロリの気分はワンパターンの感じがしました。
Unknown (cyaz)
2010-02-03 12:32:20
koyukoさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>山田監督の作品は好きですが、いつもほのぼの気分は山田カラーですね。
たしかにそうですね~
ただ鶴瓶のキャラの濃さが逆にこの映画には不具合だったかも(笑)

>微苦笑や少々ホロリの気分はワンパターンの感じがしました。
多分、今後これ以上これ以下はないと思いますね^^
お優しいですね。 (rose_chocolat)
2010-02-03 13:52:00
厳しいコメントだなあと思いましたが、★がいっぱいありますね(笑
ほろりと来ちゃいました?

設定は現在なのに、何故かいろんな場面が50年前に見えて仕方なかったです。。
要オブラート~ (cyaz)
2010-02-03 17:27:27
rose_chocolatさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>厳しいコメントだなあと思いましたが、★がいっぱいありますね(笑
やっぱ厳しいですかね(笑)?
もう少しオブラートに包んで・・・かな(笑)

>ほろりと来ちゃいました?
送られるときに^^

>設定は現在なのに、何故かいろんな場面が50年前に見えて仕方なかったです。。
それは山田色なのだからでしょうかで(笑)
未見でツッコミ~。 (Ageha)
2010-02-03 23:44:38
こじつけで幸田文のおとうとが入荷したり注文があったりしますが、内容が違うようで、過去に映画化された「おとうと」とも違うみたいですね。
映画のきっかけになった本が「大いなる看取り」という話なんで
映画のメインはラストの方のホスピスの話のハズです。


寅さんそのものに触手が動かないんでなんともいえないんですが
あれだけシリーズ化したらキャスティングもなんとなくこの人よりこっちとかあるかもね…。

最近、
笹野さんをうまく生かせない監督多いね。(わわわわわ)
TBありがとうございました (sakurai)
2010-02-04 11:38:01
良くも悪くも、とにかく山田洋次でしたね。
時代錯誤もありましたが、見せちゃうのはやはり職人の監督だなと思います。
倍賞さんで、吉岡君の方が、ぴったりマッチかと思いますが、それでは新しい客層は広がらないかも・・です。
ん、未見で~ (cyaz)
2010-02-04 12:26:24
Agehaさん、未見なのにコメント、ありがとうございますm(__)m

>過去に映画化された「おとうと」とも違うみたいですね。
市川昆監督の奴ですな~
一応最後に捧ぐとありましたが^^

>映画のきっかけになった本が「大いなる看取り」という話なんで映画のメインはラストの方のホスピスの話のハズです。
そのとおりですよん^^
そこの部分の方が中身が濃かったですね(笑)
偏った~ (cyaz)
2010-02-04 12:28:47
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>良くも悪くも、とにかく山田洋次でしたね。
そのようですね(笑)

>時代錯誤もありましたが、見せちゃうのはやはり職人の監督だなと思います。
多少偏った職人ではありますが(笑)

>倍賞さんで、吉岡君の方が、ぴったりマッチかと思いますが、それでは新しい客層は広がらないかも・・です。
山田監督に新しい客層はなかなか無理かも(笑)
増え行く老人と手に手を取って・・・ですね~
ちなみに昨日『母べえ』観ました(汗)
おひさです~ (ぷちてん)
2010-02-04 19:33:59
TBありがとうございます^^)
今回なんだか、深みを感じることなく見終わってしまいました。
あ、「看取り」に関してはいろいろ考えましたけど。

吉永小百合さんってあんなに演技が…でしたっけ?
泣き崩れるシーンもふ~んという感じで見てしまって・・・
そんなに吉永さんの演技を見ているわけではないけれどもあまりに決まりきっていて意外性がなくつまらないですよん。
そういう事で言えば鶴瓶さんも鶴瓶さんだった。
もっと役者としての鶴瓶さんを期待したんだけど。
という事で、あまり心に残りませんでしたよ~。
地~ (cyaz)
2010-02-04 21:16:47
ぷちてんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>今回なんだか、深みを感じることなく見終わってしまいました。
同じ感想のようですね(笑)

>吉永小百合さんってあんなに演技が…でしたっけ? 泣き崩れるシーンもふ~んという感じで見てしまって・・・
実は昨夜『母べえ』を観たんですが、やはり同様なことを僕も感じました。

>そういう事で言えば鶴瓶さんも鶴瓶さんだった。もっと役者としての鶴瓶さんを期待したんだけど。
同じですね^^
鶴瓶は演技でなく“地”ですから(笑)?!

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

48 トラックバック

おとうと■寅さんではなかった (映画と出会う・世界が変わる)
賢い女性と愚かな兄または弟という登場人物の設定からは「男はつらいよ」が連想される。予告編を見たときに、これは姉から見た「寅さん」、またはもうひとつの「寅さん」かと思ったら違った。これは市川崑の「おとうと」に捧げられた作品であるという字幕がラストに出てく...
おとうと (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。山田洋次監督、吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、小林稔持、小日向文世、石田ゆり子、加藤治子、森本レオ、笹野高史。市川崑監督の「おとうと」(1960)のオマージュ作品。特にラストの手と手をつないだリボンや鍋焼きうどんはそのまま借用している。
『おとうと』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:山田洋次脚本:山田洋次、平松恵美子出演:吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮試写会場 :スペースSF汐留公式サイトはこちら。<Story>東京で堅実に暮らす姉・吟子(吉永小百合)と、大阪で芸人に憧れいつしか年齢を重ねてしまった弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶...
映画「おとうと」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8~9割くらい、作品柄か年配のお客さんが多い。    映画の話 夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て、義母の絹代(加藤治子)と3人で暮らしていた。やがて、小春の結婚が....
映画感想『おとうと』 悪くはないけど (レベル999のマニアな講義)
内容その日は、高野吟子(吉永小百合)にとって特別な幸せの日のハズであった。夫が亡くなり、“高野薬局”を経営し、必死になり育ててきた娘・小春(蒼井優)の結婚式。が。。その式場で、事件が発生する。夫の13回忌以来音信不通だった旅役者の“弟”丹野鉄郎(笑福亭...
「おとうと」完成披露試写会 (あーうぃ だにぇっと)
昨夜は「おとうと」完成披露試写会@丸の内ピカデリー1に参加した。 2010年1月30日ロードショー http://www.ototo-movie.jp/
おとうと (シネマDVD・映画情報館)
山田洋次監督にとって10年ぶりの現代劇。戦後の昭和に生まれ育った姉と弟の切ろうにも切れない絆と、バブル景気の直前に生まれたひとり娘の結婚を通して、現在とこれからの日本の家族、私たちの姿をスクリーンに映し出す、笑いと涙にあふれる作品。  ...
おとうと (再出発日記)
最後の場面に付いての言及があります。監督・脚本:山田洋次脚本:平松恵美子出演:吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、小林稔侍その前に私の経験から。私の父は、まだ意識がはっきりしていたころ、夜の10時-11時過ぎごろに帰ろうとすると「ここにいてくれないかな....
『おとうと』が最後に行くところ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  予告編やチラシを見て、てっきり姉弟や家族の物語だと思ってしまった。  なにしろ公式サイトの「山田洋次監督から...
「おとうと」 泣かせるけど・・・ (ももたろうサブライ)
監督 山田洋次少しあらすじ夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て、義母の絹代(加藤治子)と3人で暮らしていた。やがて、小春の結婚が決まり、結婚式当日を迎えるが、吟子の弟・鉄郎(笑....
*おとうと* (Cartouche)
{{{   ***STORY***   2010年  日本 早くに夫を亡くした吟子は、東京の私鉄沿線の一角で、小さな薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春を育て、義母の絹代と3人で暮らしていた。小春とエリート医師の結婚が決まり、一家は幸せの絶頂にあった。そし...
おとうと (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
どう見ても姉弟に見えない吉永小百合と笑福亭鶴瓶の二人が人情味たっぷりに演じる家族ドラマ。東京で暮らす吟子は、女手一つで娘の小春を育てあげ、小さな薬局を営んで慎ましく暮らしている。一方、大阪で芸人の真似事をする弟の鉄郎は、いい年をして問題ばかり起こし落ち...
映画『おとうと』 (健康への長い道)
ようやくの今年1本目は、山田洋次監督の『おとうと』を近所の劇場で。観客の年齢層はかなり高めです。 Story 早くに夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京の私鉄沿線の一角で、小さな薬局を女手ひとつで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て、義母の絹代(加藤...
「おとうと」ダメな弟でも最期まで心配し続けた確り者の姉と家族の絆 (オールマイティにコメンテート)
「おとうと」はぐ~たらだめ弟を持つ確り者の姉の娘が結婚する事になり、その席にぐ~たら弟も出席するが、結婚式を台無しにし、兄弟からも縁を切られ、娘も環境の違いなどで離婚してしまい家族崩壊寸前となるが、それでもぐ~たら弟をほっとけない確り者の姉の献身的な姉...
「おとうと」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:松竹/監督:山田 洋次) 「母べえ」に続く、山田洋次監督、吉永小百合・笑福亭鶴瓶主演のトリオによる、市川崑監督の名作「おとうと」(60)にオマージュを捧げたホームドラマの秀作。 東京郊外
「おとうと」  50年の時を経て蘇った、市川崑に捧ぐ1本。 邦画の力を痛感・・・・・ (取手物語~取手より愛をこめて)
市川崑監督作品「おとうと」に捧ぐ・・・・・。
おとうと (迷宮映画館)
山田洋次節、炸裂。
おとうと (ぷち てんてん)
☆おとうと☆(2009)山田洋次監督・・・ 「男はつらいよ」シリーズ「たそがれ清兵衛」吉永小百合笑福亭鶴瓶蒼井優加瀬亮小林稔侍森本レオ笹野高史加藤治子ストーリー 東京で薬局を営む高野吟子は、夫を早くに亡くし、女手ひとつで一人娘の小春を育ててきた。その小春も...
おとうと☆独り言 (黒猫のうたた寝)
なぜか今年は試写会運に恵まれている。友人のご厚意で『おとうと』鑑賞。小春が語る、母の出来の悪い弟である叔父さんは彼女の名付け親で、幼い頃は面白い叔父さんだと思っていたけれど、大人になるにつれ、ちょっとうっとおしい存在に思えるようになってきた。ほんっとに...
おとうと (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て...
おとうと (Diarydiary! )
《おとうと》 2009年 日本映画 親戚中から鼻つまみ者の高野 吟子のおとうと鉄
映画鑑賞記「おとうと」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.01.31 鑑賞場所:シネマイクスピアリ みんな どうしようもないあなたが 好きでした―― <ストーリー> (sinemacafe.netより引用)  東京の郊外で、夫亡きあと小さな薬局を営み一人娘の小春(蒼井優)を育ててきた吟子(吉永小百合)。小春...
「おとうと」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                   「おとうと」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・山田洋二 観終わったこの感じを、何といって表現したらよいのだろうか・・。 テーマ的には、“家族の絆”なのだろうけれど、そういう派手で...
『おとうと』 ('10初鑑賞15・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:30の回を鑑賞。
おとうと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[吉永小百合] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年9本目です。 【あらすじ】 都内で小さな薬局を営む吟子(吉永小百合)は、一人娘の小春(蒼井優)と姑の絹代(加藤治子)と3人暮らし。 医師との結婚が決まってい...
おとうと (Akira's VOICE)
人情が沁みる!  
おとうと (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
寅さんとさくらをふたたび...。
「おとうと」:築地五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんなところに踏切?銀座に踏切があるとは知らなかったなあ。 {/hiyo_en2/}これは、昔、このあたりに線路があった名残よ。 {/kaeru_en4/}踏切なんて、都内ではめっきり見かけなくなったな。 {/hiyo_en2/}そんなことはないわ。池上線の石川台駅にもこういう...
おとうと  2回目だけどまた号泣 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>早くに夫を亡くした吟子は、東京の私鉄沿線の一角で、小さな薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春を育て、義母の絹...
おとうと (映画的・絵画的・音楽的)
 『おとうと』を渋谷シネパレスで見ました。  このところDVDは別として、映画館では吉永小百合の映画を敬遠していたのですが、山田洋次監督久々の現代劇であり、そろそろ見頃ではないか、それに私が丁度弟のポジションにいることでもあるし、ということで見に行った...
『おとうと』 寅さんの皮を被ったハナ肇! (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
香川照之が鶴瓶の演技を大絶賛してたそうや。 「(「ディアドクター」の撮影時)自分ら俳優が役作りのためにピリピリしている中、鶴瓶はロケ見学に来たおばちゃんらにサインしたり、世間話したりで「ハイ、本番!」。で、あの演技するんだもん。うらやましいよな~。」 ラ...
【97.8Kg】 「おとうと」(2回目)を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
皆さん♪こんにちわ! 関東地方は、とてもよいお天気(^0^)/、まだ風は寒いですが、太陽が出ているだけで気分はウキウキするものですね。今日は、聖バレンタイン・デーです。皆さんは、どんな休日をお過ごしですか?
おとうと (TRUTH?ブログエリア)
監督・脚本:山田洋次映画 日 10☆☆☆ 「山田洋次」やら「吉永小百合」という名
『おとうと』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
夫を亡くした吟子は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春を育て、義母の絹代と3人で暮らしていた。やがて、小春の結婚が決まり、結婚式当日を迎えるが、吟子の弟・鉄郎が紋付はかまで大阪から現われ、披露宴を酔っ払って台なしにしてしまう...
おとうと (花ごよみ)
監督は山田洋次。 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、 蒼井優、加瀬亮、 小林稔持、石田ゆり子、 加藤治子、小日向文世等が出演。 夫を亡くし薬局を一人で営んでいる吟子を 吉永小百合が演じています。 吉永小百合、いつまでも変わらず とてもきれいでした。 彼女の弟には...
おとうと (シネマ大好き)
姉と弟の絆を通して家族の姿を描く、山田洋次監督の10年ぶりの現代劇。 夫の死後、小さい薬局を営みながら、姑と暮らし、娘・小春を育てた吟子。彼女には、母代わりになって面倒を見た弟・鉄郎がいるが、旅役者の彼は数年来音信不通。ところが、小春の結婚式に突然現れ...
試写会:おとうと (伊八のいろいろ)
試写会:おとうと 2010-1-25(福岡明治安田生命ホール) 解説:女手一つで娘を育ててきた姉と、大阪で芸人にあこがれながら破天荒な暮らしを送る弟との再会と別れを描く家族ドラマ。10年ぶりの現代劇となる山田洋次監督が市川崑監督の『おとうと』にオマージュをささげ...
おとうと (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
家族という厄介な、でも切っても切れない絆の物語 お姉ちゃん おおきに 「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督の10年ぶりの現代劇。 厄介ごとを起こすトラブルメーカーな弟を支える健気な姉。姉弟の絆や家族...
『おとうと』 (めでぃあみっくす)
現代劇の割には古臭い映画でした。それは描いている内容がではなく、描かれている設定そのものが。個人的には最近の山田洋次監督の作品はどれも俳優の頑張りを監督の脚本と演出がムダにしている気がするのですが、この映画もそれに違わず程度の映画でした。 小林稔侍さ...
おとうと (ケントのたそがれ劇場)
★★★  山田洋次監督の、吉永小百合による、サユリストのための映画。相変わらず観音様的な演技しか出来ない(させない?)小百合様に、ちょっぴりうんざり。しかし彼女の集客力だけは凄まじい。と言いながらも、サユリストの皆さまごめんなさいネ。決して小百合様をこ...
おとうと (2010) (活動写真放浪家人生)
<シネプレックス小倉>  -最後まで筋をなぞりながら書いてあります-  笑福亭鶴瓶演じる鉄郎は、流れ
おとうと (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:山田洋次 逝去され
「プール」「おとうと」う~~ん・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方とも脇役に加瀬君が出演している家族の物語。
《おとうと》 (日々のつぶやき)
監督:山田洋次 出演:吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、小林念侍  お姉ちゃん おおきに 「東京に住む吟子は薬局店を経営している。娘小春の結婚式、ずっと音信普通だった弟鉄郎が突然現れ飛び入り参加することになった。お酒を飲んだらダメだと約束した
おとうと (2ちゃんねる映画ブログ)
【山田洋次】 おとうと 【市川崑へ捧げる】 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1259463892/ 1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/11/29(日) 12:04:52 ID:DhrflSmx] 山田洋次監督10年ぶりの現代劇の集大成 家族という厄介...
映画評「おとうと」(2010年) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・山田洋次 ネタバレあり
映画「おとうと」 (<花>の本と映画の感想)
おとうと 監督 山田洋次 出演 吉永小百合, 笑福亭鶴瓶, 蒼井優, 加瀬亮 2009年 おとうと <通常版> [DVD]/吉永小百合,笑福亭鶴瓶,蒼井優 ¥3,990 Amazon.co.jp 東京の郊...
おとうと (のほほん便り)
知りませんでした。2010年ベルリン国際映画祭で、特別功労賞“ベルリナーレ・カメラ”を受賞した山田洋次監督の最新作であり、かつて同賞を受賞した市川昆監督の作品「おとうと」に捧げるオマージュ作品、だったのですね。親戚に必ずいる、厄介者だけど、憎めなくて、笑い...