好奇心いっぱいの毎日

いつも新しい何かを求めて歩んでいきたい・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Go To!

2020-09-06 12:05:41 | くろきちの想い



 もうずい分長い間、旅に出ていない。
自分自身の健康状態はさておき、もしも自分が感染源になってしまったら、
と考えると思いきれないんだよね。
身近にいる友達や家族に対してさえも気を遣うのだから、
県外に出るなんてもっての他と思ってしまう。

 会いたいな、あの人に。  そしてあの人にも。。
こればっかりは相手の心持ち次第。

 同じ様に、そんな有耶無耶を抱えている人たちが大勢いるんでしょうね。
でも、でも旅に出たい!
 
 人生は短い、あっと言う間。
最近、いろんな人から聞く言葉・・・時の経つのが早い!
一週間が、一ヶ月が、一年があっという間だ。

 旅に出よう!!
細心の注意を払って。







 
コメント

すてきなあなたに 2

2020-05-02 15:10:26 | 



 

風薫る5月、本来なら気持ちの良い季節ですが、いかがお過ごしですか?
 外出自粛・・・と言っても、私は元々そんなに出歩かないので、
以前と大きく変わった生活を強いられているわけではありません。
 思うところは多々ありますが、今はただ、この状況が収束に向かい、
世界中が落ち着いた生活に戻ることを願っています。

 久しぶりの投稿。
1日に1冊、それを7日間、本の表紙の写真を投稿するという
バトンが回ってきたのをきっかけに、書いてみようと思いたちました。
 
 暮らしの手帖に「すてきなあなたに」のコーナーがあり、それをまとめた本です。
写真にあるのは2巻目です。
初版本の1巻目は親しい人に差し上げてしまい、改めて購入しました。

 最近は時々「暮らしの手帖」で拾い読みする程度ですが、手持ちのこの本を
読み返すたびに心が和みます。
日常の決して特別ではない「何か」を感じる心を持ち続けたいと思います。









コメント

ピアノの森 その後

2019-05-03 11:39:46 | 音楽・映画・DVD
 
 

前回ブログを書いてから1年余りも経ってしまいました(*_*;
で、その後です。

「ハイキュー!!」とか「ピアノの森」とか・・・
子供の頃と変わらず漫画が好きなんだな~、と自分ながらあきれる(^_^;)
でもね、ちゃんとした?本も毎日読んでいますよ。
要するに活字が好きなんですね。
(ちなみに「ピアノの森」の原作本は読んでいませんm(__)m)
「ハイキュー!!」も「ピアノの森」も録画したものを何度も繰り返し見てしまう程
のめりこんでいます。
 
特に「ピアノの森」は、ピアノ好きの私にとっては、日々のストレスや疲れを
癒してくれる大切なものです。 
 で、冒頭の画像は、ついに購入してしまったCDです(^o^)
一ノ瀬海(物語の主人公)が弾くピアノは本当に素晴らしい!
海のピアノを担当しているのは一体誰なのか?と話題になっていましたが、
絶対あのピアニストですよね♪
 そうなんです、この作品の凄いところは、諸外国の著名なピアニストも主要な登場人物の
演奏を受け持って弾いていること。
あのワルシャワフィルとの協演シーンも素晴らしいです。

 まだまだしばらくの間は、海のピアノの音色に浸っていたいと思っています。

  





コメント

「ピアノの森」によせて

2018-04-09 16:20:53 | My Favorite
「ピアノの森」昨夜から始まりましたね。
(録画したのに、まだ見てません(^_^;))

ピアノといえば子供の頃は高嶺の花で、小学校にもオルガン位しかなかった様な記憶があるのですが、音楽室にはあったのかな?
そんな環境でしたから、近所の同級生がオルガンを買ってもらったのを羨ましく思ったものでした。

子供が小学生になり、父が孫の為にプレゼントしてくれたピアノが届いた時は、
とっても嬉しかったことなど思い出します。
一時は子供二人の教則本(バイエルやハノン)を見ながら自分でも弾いてみたりしていました。
いつかはショパンを弾ける様になりたいなどと夢見ながら。
(見よう見まねで弾いてはみたものの最後までたどり着けなかった)
娘が中学生になって部活が忙しくなるにつれレッスンをやめてしまうと、
私も他の事に興味を持つようになり、年に一度の調律は続けていたものの、次第にピアノに触ることもなくなってしまいました。

家にあった父の形見ともいえるピアノが再び活躍する様になったのは、孫がピアノを始めてからです。
我が家から娘の家へとピアノがお引越し。
それから10年以上、主に孫娘が弾いてくれています。
近くに住んでいるわけではないので、機会がないとなかなか聴かせてもらえないのが残念ですが、
なるべくコンクールや発表会には行く様にしています。
素敵な先生に恵まれ、ここまで続けてこられたと思っていますが、さすがに最近は
子供の頃からずっと好きだった他の分野に力を入れたい様で、ピアノをやめるとか、やめないとか。
自分の人生ですから、思う道を進んでくれれば良いと思っています。
でも、聴けなくなるのは寂しいね・・・
もう一度、ドビュッシーの「月の光」を弾いて欲しいな、とは思うこの頃。




そんなこんなで、クラシック音楽はジャズと共に好きなジャンルです。
大きなホールへ有名な音楽家のコンサートを聴きにいくのも良いですが、間近で聴ける小さなホールもまた別の楽しみがあります。
ここ最近はコンサートに行っていないので、機会を作って行きましょうかね。






コメント

ハイキュー!!

2018-02-19 16:20:29 | My Favorite


 (夕方、水鳥たちが塒(ねぐら)へと一斉に帰っていくのを眺めながら)

最近の楽しみはこれ! 「ハイキュー!!」http://www.j-haikyu.com/anime/index.html 

結構長い期間バレー(バレエではありませぬ(笑))と縁があったので、勧められて見始めたら止まらない!!

中学生の頃(その頃はまだ体育館の完成前で外で練習していた(^_^;))仲間と汗を流したこと。
3年生が引退するまでは控えのセッターorセンターorピンチサーバー。
自分たちがレギュラーになってからはセッターで、県大会まではあと一歩の所で行けなかったけれど、
厳しくも楽しい3年間でした。

進学したcollegeには男子部しかなかったので文化部に入ったけれど、
しつこいくらいの勧誘に負けて、2年途中から女子マネージャーとして入部。
時には一緒にレシーブ練習させられたり、サーブを出す役目をしたりと
それはそれで面白かった。
結構な強豪校だったので、全国大会や遠征にもずい分連れて行ってもらえたのは
とても貴重な体験でした。

子育てがひと段落してからは地域のチームや選抜チームで、長い間ママさんバレーを楽しみました。


そんなこんなを思い出しながら見ていると、走り出したくなるけれど、
とてももう体がついていってくれませんね(笑)
でも熱い気持ちが湧いてきて「よし!やるぞ~~」って感じ・・・
さて、何を??



コメント