Suezaの随想録〜徒然なる一言日記2〜

Suezaの瑞希とゆう希のブログです。日常生活、くっだらないこと、CDやLiveについて宣います!

飲んだ勢いで書いちゃった!笑

2019-05-30 21:41:23 | 日記
瑞希です。

今日は久々に飲んでます! と言うか正確にいうといつも飲んでるけど、飲んだ勢いで書いてます。笑

最近思うけど、何事も続けることって大事だと思います。何ていうかな〜、勢いでやることってすごく大切で、自分を変えるけど、その後どうそれを維持して行くのかって大事な気がします。

コニミズ始めた時に良い曲を書ける自信はあったけど、それと売れる、みんなに気に入ってもらえる曲を書くことは別の話しと思ってました。CD3枚作ってみて、自分では良い曲書けたけど、それが受け入れらるかは別問題というのもわかってるけど。

でもね、1番大事な事は良い曲を書き続ける事だと思います。それを続ければ必ずいつか誰かが歌ってくれると思うから。

なのでこれからも頑張って良い曲を作って行きたいと思います。笑

次作「グリーン」は相当な自信作にするつもりです。笑 今鋭意レコーディング準備中ですがそのうちの1曲を今度曼荼羅でやる予定です。今までとは違ったバラードをゆうきさんがいかに料理するか他のです。

「戦場のフォトグラファー」という曲ですので、是非気に留めておいて下さい!
コメント

「Music Library」の紹介 その4

2019-05-28 12:33:48 | 日記

 瑞希です。

 「Music Library」の紹介を兼ねていろいろ書いていたのですが、最近あまりやっていなくて申し訳ありません。あと3曲やらなきゃいけないんですけどね!

⑦ ベネチアの恋人

 結構いろいろなジャンルの曲をやってきたのですが、この作品はちょっとボサノバっぽく作ってみました。5年ほど前に行ったベネチアを想像しながらというよりは、どちらかというと「ごちうさ」に出てくるイメージの街並みからできた曲です。ちょっとゆるふわ的な印象があるのはきっとそういうところかも知れません。ということでできた作品に「ベネチアの恋人」という仮タイトルをくっつけてゆうきさんにお渡ししたのですが、彼女もいろいろとベネチアについて調べてくれて、出来上がった作品です。なかなか雰囲気があって良い感じです。ベネチアの画像を見ながらだと本当にぴったり感のある曲に仕上がったと思います。

 「Music Library」では、とにかく自分の作曲の幅を広げたくて、いろいろな曲に挑戦していますが、そういう意味ではこの曲は今までにないSueza像を変えた作品ではないかと思います。きっとLiveでやるともっと違った感じになるかもしれません。そう思うといつかライブでやるのが楽しみです。

⑧ 憂世物語

 来た来た来た!って感じの和楽器ミュージックです。(笑) Planet AQUAの「月下美人」でも和楽器音を入れてやりましたが、今回はそれのお祭りバージョン的なもので、作りました。ゆうきさんに歌ってもらってびっくり! 本当にこれは和太鼓やら三味線が合う曲です。こういう「和製ロック」というのでしょうか? ノリがあって自分でも好きな曲です。でもこの曲はサビの部分難しいですよ~。言葉がたくさんつまっていて、なかなか息継ぎができない上に、どんどん転調していく曲です。聴いてる分にはいい曲だね!と思うのですが、歌うとなったらホンマ大変でっせ~! これもカラオケにしたいくらいでしたが、是非とも挑戦してほしい一曲です。(笑)

⑨ Paradiso

 Erikaさんが歌ってくれた2曲目です。これはサンバです!(笑) このアルバムの〆としては、本当に良い曲だと思います。にぎやかだしね! 歌詞は素敵ですね! なんかお休みを満喫して楽しもう!という彼女のOL感が見事にでています。で、またノリが良いからこの曲はやってるほうも楽しめる曲だと思います。

 ただ、難点なのは、途中のユニゾンフレーズ。最初はPlanet AQUA Side-Bの「サテライト・ステージ」と同じような手法で簡単にいれるはずだったのですが、なんか調子にのってしまい結構長いフレーズになってしまいました。(笑) いや、これって絶対ライブ無理!って感じです。なので、きっとライブではアレンジをこてこてに変えてやろうかと思っています。みんなが楽しめる曲なので、是非ライブでこれが始まったらみんなで楽しみましょう!

 

 今回は全9曲+カラオケ1曲でお送りしました。まだお聴きになっていないかたは、一度聞いてみてください。今度の曼荼羅ライブでは、「西東京カルテット」を目当てにチケットを買っていただいたお客様には、1組に1枚アルバムをプレゼントしようと思っています。なので、是非6/29(土)は吉祥寺までお越しください!

 

【Live Information】

Sueza Ver.西東京カルテット VS アボガドエッグ VS ONTOMO バンドバトルロワイヤル

日時:2019年6月29日(土) 17:30 開場 18:00 開演

場所:吉祥寺曼荼羅 https://www.mandala-1.com/

Music Charge 1,500円+1Drink (西東京のお客さんにはCD付きです!)

 

 

 

コメント

ちょっと忘れてたスペクタクルを友人との話で思い出しました!

2019-05-27 12:20:32 | 日記

 瑞希です。

 先週から今週にかけて米国時代の友人が日本に出張に来ています。何度か食事をする機会があって、旧交を確かめることができました。考えてみると日本に戻ってきてからもう7年。そんなにたったのかと思いつつ、日本の生活に馴染みきってしまっている自分の中に、あの頃のハチャメチャだった意識を思い起こさせてくれました。

 駐在になる前までは、一度は海外で自分の力を試してみたい、と思ったものでしたが、向こうに行ってからは仕事も生活もすべてにおいて、常に追われながらの毎日だったような気がします。でも7年半の生活をやり遂げてそれなりの(個人的な)満足感と帰国する時の虚無感は今も忘れられませんね!

 日本に戻ってきてからは昔と同じ仕事に追われていますが、以前に比べると米国で培った合理的な考え方でだいぶ楽に物事が考えられるようになったのは良かったのですが、スペクタクル感はなかなか感じることができなかったのも事実です。ただ、日本に戻ってきてからSueza(旧コニミズ)でインディーズデビューできたのは、また違った意味で新しいものを開拓する自分の意識を高めたのは事実です。なので、Suezaなかりせば、きっと尻つぼみな会社人生を味わっていたんだろうなと思うのです。

 いつも思うのですが、仕事というものはつらいこと。お金を稼いで自分にだけ貢げればそれは良いのですが、家族がいればその生活を養うだけでも必死にならなくてはなりません。子供が成人して漸く自分自身を見直すというのは、本当に長い年月を終えてからの充足時間なのかもしれません。私のモットーなのですが、「しっかり仕事をしてしっかり遊ぼう!」というのが一番大事だと思います。メリハリがついた生活環境でないと、どうしてもやる気が起きません。無理やりでも良いから働いた分だけ好きなことに傾注しようというのが大切なのではないでしょうか? 確かに米国時代はそういうのがはっきりしていました! 一生懸命仕事して、その分休みをとっていろいろなとこに旅行したりしていましたし、MLBやミュージカル見に行ったりとかで、大変だったけど、満足感のある日々でしたね! 今がそうじゃないとは言いませんが、やっぱり海外にいるスペクタクル感というのは重要でした! 会社勤めが終わったら、またやってみたいことではありますね!

 新しいことをするというのは、常に自分を活性化するには大切なことです。いつものことをいつも通りしたって何の充足感もないですしね! そういう意味では、Suezaは常に新境地の開拓を目指しています! 曼荼羅の西東京カルテットは今までにない試みですし、これが成功すればまた新たな境地がうまれるのではないかと思っています。

 「道は誰かに教えてもらうものではなく、自分で切り開いていくもの。」ということを考えながら、生活していかなくちゃいけないな? と友人との話で思った自分でした。

 

 

コメント

6/29 ライブ、曼荼羅HPでも公開されました! E-mailでの予約も可能です!

2019-05-26 21:55:30 | 日記

 瑞希です。

 曼荼羅ライブですが、ようやくフライヤーが完成しました。既に曼荼羅のHPにも記載されていますが、今回は7Stars Live!を上回る最大9人編成のビッグバンドでやることになりました。カルテットメンバーにギターと4人のホーンセクションを加えるという豪華な編成で挑みます。今までいろいろな取り組みをしてきましたが、今回は今まで以上にスペクタクルなステージになると思いますので期待してください。

 それと既に前売り券をメンバーからお渡ししていただいておりますが、なかなかお会いできない方、当日いらっしゃる方は、曼荼羅の方でEーMailでの予約ができることになりました。

https://www.mandala-1.com/reservation 

から予約していただくことができます。

 バンド名には、「西東京カルテット」とご記入いただければと思います。これで予約いただいた方には当日1組につき1枚CDをプレゼントします!(笑) 但し、必ず「西東京カルテット」と記入ください。(笑) 既に私なりうちのメンバーに当日のチケット取り置きをされている方はちゃんとリストに入れておきますので、ご心配なく!(笑)

 なお、当日は終演後そのまま宴会をやる予定にしております。2,000円でワンドリンク+料理つきということになっておりますので、お時間のあるお方は参加いただき、メンバーとの交流をしていただければと思います!

 ONTOMOはこないだ立川でステージを拝見させていただきましたが、いやはや13名の圧倒的パワーが流石です!で、アボガドも実力派のお姉さまがたが無慈悲なほどのパワーでねじ伏せます。うちは安武さん、千絵さんと私のオリジナルにゆうきさんが歌詞を入れたいつものSuezaのステージとはまた違ったテイストで、ギターの原田さん、サックスの石川さん、ONTOMOの小幡さん、宮崎さん、北澤さんにサポートしていただき、アレンジしています。正直他の2つのバンドと一緒にやれるのも楽しいですが、このメンバーでやることに今はホントワクワクものです!

 多分これをみないと損しますよ!(笑)

 本当は当日まで黙っててびっくりさせようかと思ったのですが、自分でも楽しみなので、先にアナウンスしてしまいました! あと1ヶ月後ですが、ぜひご予約いただき、おいでください! 待っています!

 よろしくお願いいたします!

コメント

セッションって得意じゃないんですよ~!

2019-05-23 12:25:20 | 日記

 瑞希です。

 昨日は昔懐かしいお仕事仲間の方と3年ぶりくらいにご一緒しました。よくライブには来てくれていたのですが、(ライブだと)なかなかゆっくり話す機会もなく、申し訳なかったので、本当にお話できてうれしかったです。最近結婚されたということやら昔懐かしい時代の話をしつつ、楽しい時間はあっという間に!って感じでしたねぇ~。しゃべり足りないからと言って、もう一軒。いや、新婚の人を連れてっちゃだめでしょ? とか言われそうですが、そこはごめんなさい! 奥さんも知っている人なので、今度一緒に来てもらうことを約束に連れてっちゃいました。ちょうど以前rpmで知り合った方のセッションを聴きにいく予定もあったもので・・・。

 セッションは聴くのは楽しいですよね~。お互いが知っている曲をやるわけですから。まぁ、コードだけみて弾いてという方もいらっしゃるようですが・・・。私はセッション向きの人間ではないので、まず滅多(というか全く)にやることはありません。いつもは聴いていて、「あ、ここが違う!」とか「面白いスケールだね?」とか蘊蓄垂れながら楽しく聴くのがよかったのですが、昨日に限っては酔いが回りきっていなかったせいか、はたまたホストの方が強引に引っ張りだしたか(笑)なんてこともありながら、何故か3曲もやってしまいました。

 Georgy Poogy、Through the Fire、ともう1曲。いや~、弾き始めると酔いが一気にさめてしまう反面、体はアルコールに浸っているので、頭と体がうまく連動しません。なので、自分ではこう弾いているつもりがコードを踏み間違えたり、譜面を1段読み飛ばしてしまったりして、それをうまくごまかそうと必死でした。まぁ、まわりもみんな酔ってるからそんなに気になんない!とか言いますが、やっている本人は体がうまく動かないことに苦労しつつ、とりあえず最後までゴールするのに必死でした! こういう時本当にPCのオケって偉大だなって思いますよ。だって音が沢山あれば埋もれて失敗してもバレないからね!

 おかげで終わった後に、先の友人からテキーラショットが用意され、それあおったら、一気に酔いが回りました! いやはや楽しい夜でした!(笑)

コメント