Conny F. Mizukiの随想録〜徒然なる一言日記2〜

Conny F. Mizukiの瑞希とゆうきのブログです。日常生活、くっだらないこと、CDやLiveについて宣います!

ポンジュースの蛇口ってあるのを思い出したよ~!

2019-02-22 12:28:01 | 日記

 瑞希です。

 ネットで見てたら、「カルピスの蛇口」という記事がありました。イベントでやっているようなのですが、蛇口をひねるとカルピスがでてくるというものです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00010001-ssnp-bus_all

 この記事を読んでたらうちのゆうきさんが愛媛には「ポンジュースの蛇口がある!」というのを思い出してFBを見たら見つけました。松山空港とか市内にいくつかあったようです。でもこちらは売り切れご容赦なようでした。これって昔からの都市伝説だったようですね? 実際にあるっていうのは素敵だなぁ~、と思いました。

 昨年西日本豪雨で果たせなかった宇和島でのLive、今年は絶対やりますよ~! その際にこの蛇口には挑戦したいと思います。(笑)

 

コメント

せっかく歩いたのに〜。

2019-02-21 17:37:44 | 日記
瑞希です。

昨日は飲み過ぎじゃなくて食べすぎました。普通に飲んだまでは良かったんだけど、普通すぎて物足りず、ラーメンを久々にデザートにしてしまいました。笑 おかげでウェイトが一気にアップです。

なので今日はいつもの50%増しくらい歩きました。少しでもカロリーを燃焼させるため。いつもは通勤で40分くらい歩いています。今日は1時間ほどです。

でもお腹が減りません。きっとカロリー燃焼効率が悪くなったようです。

で、これからまた飲み会。悪循環が止まりません! とほほ。
コメント

段取りはステージの命です!

2019-02-19 12:25:19 | 日記

 瑞希です。

 コニミズのライブをずっと見ていただいている人はお気づきだと思いますが、最初の頃から比べると自分でもずいぶん安定してきたな~、という感じがします。昨年数をこなしたことがやっぱり効いているのかもしれませんが、少なくとも「段取り」の進め方がよくなったと思います。特に実際に演奏するところでのリハーサルは本当に大事で、これをいかにちゃんとこなすかで成功の半分以上は決まってしまうとも思います。

 特に私の場合は7Stars Live!のようなフルバンド演奏の時を除いては、PC+ハード音源でほぼすべての演奏をオペレートしています。なので、単にPianoだけを弾いているだけではなく、全部の音のコーディネートも非常に重要なのです。確かに音をバランスよく出すのはライブハウスのPAさんの手腕によるものなのですが、音色のあったものをうまくPAに届けるかは私の仕事です。音色のとりまとめだけをやれるのであればよいのですが、演奏もとなるとなかなかこれが大変なのです。

 何せライブハウスというものは、店それぞれの作りやら音響環境が全く違います。なので、しっかりとスタジオで音を作っていっても、ライブハウスでは全然ダメということがあります。例えば、ブラス系の高い音をメインに作って行っても、先方のスピーカーがBOSE(中高音域が出る)ならば〇ですが、JBLとかYAMAHAとなると低音主体系なので、幾分音が出にくくなります。なので、その場合はEQの高音を上げたり、音量を少し強めにしたりしなければなりません。基本ドラム系やら何やら一切合切を手元のミキサーに入れ、それをPAさんに送るのがコニミズの基本システムなので、この「バランス」というのが非常に大事なんですね~。これが一つでも狂うと全然しけた音になってしまうのです。

 昨年のライブで何度か失敗したのは、サウンドチェックもなしにいきなり演奏をさせられたこと。普通のバンドであればそれぞれが調整してくれるのでまだ楽なのですが、一人で全部で且つ演奏をしていると、ちょっと狂っただけで地獄を見ます。特にひどかったときはモニターのチェックすらできず、自分の音が聞こえない上にバランスがくるってしまったという悪循環が重なり、ひどい演奏となってしまいました。

 やっぱりリハは大事です!

 Egg-Manの演奏とかが自分ではよいのは、やはりリハに相当時間をかけているからです。最初1曲ずつ、全部はできませんが進め方、Soloフレーズの音の確認を1曲ごとに最初から最後までやるからです。更に音源をパラアウト(Piano、シンセx2Ch、ドラムx2Ch、G、B)を7Chに分けて、それをPAの方に念入りなリハでやっていただいているからです。なので、安心してできるわけですが、そうでないと演奏中聞こえが悪かったり、他のバンドとやれば自分の出番までにはセッティングが変わってしまい、結構汗々になるケースもあります。やっぱり一番はワンマンでみっちりリハをやるのがよいんですよね~。

 今度の曼荼羅ライブが楽しみなのは、音源使わずにPianoだけというところで、いつもは多重に張り巡らせている神経を演奏だけに集中できるところです。おまけにグランドピアノですから、やはりキーボードと違い、自分のタッチを直接音に表現できるところがGood!です! 素敵な仲間たちとともにこれから頑張って練習しますので、楽しみにしていてください。

 写真は曼荼羅のステージです!

 

コメント

マスタリングは肩がこる!

2019-02-18 17:52:24 | 日記
瑞希です。

週末は打ち合わせと称した飲み会やらマスタリング作業で結構盛りだくさんでした。特にマスタリングのチェックは微妙な音のズレとか音の組み合わせやら音響システムの違いだけでホントに180度聴こえ方が違ってくるので厄介です。

一番難しいのはピッチ補正ですね。こういう時絶対音感持ってる人は有利でしょ? という人も多いかもしれないんですけど、これが意外とそうじゃないのです。絶対音感ベースで補正すれば、それは音程は狂わないかもしれないんですけど、他の音とは微妙にずれてくるんですよ。同じC(ド)の音でも波長域には範囲があり上も下もあるんですよ。(しゃくったり、ふらっとしてるなんてわたしは言いますが。) でもそういう音が全部C音なんですよ。だからこれを補正しても他の音と違っちゃういけないんです。要はバランスの問題です。この辺がね〜、絶対音感を持ってる人間からすると違和感感じるんですよ。なのでナチュラルさと音程をどこで妥協するかって悩むんですよね。

まぁでも色々あって、3時間以上かけて何とか作業は終えました。なかなかの出来栄えです。結構冒険したり無茶振りしましたし、定評のあるメロディーラインの難しさを何とかメンバーがこなしてくれたこと感謝です。

発売日は4月1日、アマゾンでCD販売します。iTunesでも配信します。是非Mizuki Projectの「Music Library」をお聴きください!
コメント

作戦会議!です!

2019-02-15 15:47:23 | 日記
瑞希です。

この週末はいよいよカルテットの作戦会議&「Music Library」のマスタリングです。笑 でもその前に今週はいろんなことがありました〜。大きいことから小さいことまで。でもいろんな意味で一気に動きだしたって感じです。今回まずカルテットのメンバーに報告して、暫時皆様にもご連絡します。

とりあえずライブですが、6/29(土)の吉祥寺曼荼羅は出演バンドが決まりました。西東京カルテット、アボカドエッグ、ONTOMOの3バンド対抗戦です。

ONTOMOは私も以前にやっていたビッグバンドです。総勢14名? 先日Egg-Manでご一緒した小幡さんのホーンセクショングループはなかなかの迫力ものです。

アボガドは言わずもがなの強烈な個性の塊です。歌とMCの両方から圧倒されちゃうでしょう。

うちだって負けませんよ〜! コニミズの進化は止まらないです。今回は千絵さん、安武さんと私で、「ノーモア打ち込み」体制でライブをします。有希ちゃんのボーカル力を今まで以上にシンプルな音で引き出して行きたいと思ってます。もちろんそれぞれのオリジナルもだして行きます!笑

多分今までのライブ以上に凄いことになるのでは? と思ってます。またそう考えるとなんかとても楽しみです。



コメント