冨谷和馬あるれライヴ2008

2008年06月15日 19時35分34秒 | 写真 a photo
 車椅子の詩人冨谷和馬のライブコンサートに仲間達が集う。冨谷和馬が詩を書く、堀田一郎が曲を作る。それを多くの仲間が支える。そこに、言葉をつかみ、書き、伝える原初の響きの波が広がる。「遠い他者をも幸せにできる《愛力(パワー)》あるんだぜ」
 「詩」をでっちあげるのではなく、ほんとうに伝えたい言葉がここにある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冨谷和馬あるれライヴ2008

2008年06月15日 19時34分11秒 | 写真 a photo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冨谷和馬あるれライヴ2008

2008年06月15日 19時32分33秒 | 写真 a photo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冨谷和馬あるれライヴ2008

2008年06月15日 19時25分58秒 | 写真 a photo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冨谷和馬あるれライヴ2008

2008年06月15日 19時24分33秒 | 写真 a photo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冨谷和馬あるれライヴ2008

2008年06月15日 08時08分40秒 | 写真 a photo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冨谷和馬あるれライヴ2008

2008年06月14日 22時45分46秒 | 写真 a photo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏に

2008年06月13日 17時26分14秒 | ノート note
 泥のように眠った。目覚めの後で、朦朧とした意識の中さまざまな出来事の想念が自動記述のように湧き起こる。
 ああ、夏がやってきたんだ。人間は時をも数値化したので、生きている意識が季節の巡る回数を数えて、わたしは今年五十歳の夏を迎える。夏に産まれたわたしは夏が好きだ。

 デジタルな情報のやり取りの中で文字は、言葉は、記号の閾値を超えた。

 そこに人の心を、魂を埋め込む。それは可能なことだろうか。愛すべき「りさ」はデジタルシステムから追放された。システムから零れ落ちる砂は、砂時計のように堆積する。その幾何学模様。

 冬に狂気をはぐくむ者は放逐される。夏に踊る者は称賛される。わたしの生は歓待される。

 妻は老いを知らない。「わたし思い残すことはないから」とつぶやく妻の眼。その深い海底の静けさの中に消えていく灯り。眼数も計測されて、その方程式の解はデジタルに歪んでいる。雨が降るなら数えることができるくらいの大粒の雨がいい。

 地上の水気がすべて蒸散しきったような砂漠の夏に。夜輝く星々は、小さな少年の目に影を落とした。大きくなったら測量士になりたい。ピラミッドは正確に宇宙の計測によって極点を知らせた。

 昔見たテレビのアニメ番組さ。砂漠と宇宙船は同時にelectric guitarの上を滑ったんだ。ああ、生まれたばかりの目に宇宙線は有害だ。

 モウいい加減にしよう。五十歳になるんだ。あすはとびっきりの写真を撮りに行くんだ......。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加