だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

メン・イン・ブラック3

2012-06-09 23:18:17 | 映画(ま行)

アメリカ
SF/アクション/コメディ

    * * * * * * * *

地球の秩序を守るためエイリアンの行動を監視する政府の極秘機関“MIB”
の敏腕エージェント“J”と“K”の活躍を描く人気SFコメディのシリーズ
第3弾。
今回はJが相棒と地球の危機を救うべく過去にタイムスリップし、若きKと
コンビを組んで凶悪なエイリアンに立ち向かっていく。
主演はウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズ。
共演にジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン。
監督は前2作に引き続きバリー・ソネンフェルド。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

これまでコンビでエイリアンの監視にあたってきたMIBのJとKだったが、
突如Kの行動に異変が。不審に思ったJはやがて上司から“Kは40年前に
亡くなった”と告げられる。
何者かによって歴史が書き換えられてしまったのだ。
そこでJは40年前の世界にタイムスリップし、若き日のKにめぐり会う。
そしてまだエージェントとして経験の浅いKとコンビを組み、Kの命を狙う
凶悪なエイリアンの陰謀を阻止すべく行動を開始するが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

観に行きたいなぁと思いつつも、なんだかんだで観に行けなくて、今週末、
やっと観に行くことができた。
で、3Dには全く興味ないので、2D字幕版で鑑賞。

うん!面白かったし、2Dで充分だった。

108分と腰にやさしい長さでテンポもよく、前作・前々作と変わらない
エージェントKとJのやりとりがあって、大変楽しくて面白かった。

お年を召したトミー・リー・ジョーンズにアクションはきびしいと判断した
のか、今回は、エージェントJがKを助けるために書き換えられた歴史を
修正しに40年前にタイムスリップし、若き日のKとともに歴史を書き換えよう
とするエイリアンの陰謀に立ち向かうといった設定で、残念ながら八代亜紀の
「舟唄」で涙するトミー・リー・ジョーンズの出番は少な目で個人的には
ちょっと物足りない。

ただその代りに、若き日のKを演じたジョシュ・ブローリンが素晴らしかった。
Jとの会話や佇まいなど、違和感なく演じており、これは見事だったな。

最後のJの父親やKとの関係性がわかる展開もあり、コメディなのにちょっと
ホロリとさせられた。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。



最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「締め」はお見事 (KGR)
2012-06-10 09:23:54
大佐が身代わりで終わりかと思ったのに、
そのあとの展開にはやられました。

タイムパラドックスへの疑念を吹っ飛ばすに十分でした。

Unknown (sakurai)
2012-06-11 13:51:58
>八代亜紀の「舟唄」で涙するトミー・リー・ジョーンズの出番は少な目で個人的にはちょっと物足りない。
はははは!トミーさんの宇宙人は絶妙ですもんね。
その代わりのジョシュのうまさにでした!
2Dでまったく遜色ないですよね。
3D、早くなくしてもらいたいです。
>KGRさん (はくじ)
2012-06-12 23:02:45
こんばんは。
コメントありがとうございます。

あそこのシーンはグッときますね。

>>タイムパラドックスへの疑念
そういうの気にならないぐらい楽しめたし、
最後にホロリとさせられましたね。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-06-12 23:06:46
こんばんは。
コメントありがとうございます。

トミーさんの出番少ない分、ジョシュ・ブローリンが
素晴らしかったですね。見事でした。
なんでもかんでも3Dになるのがうざいですね。
少なくともメガネっこに優しいゴーグルタイプの
3Dメガネがでるか、3Dメガネなしで3Dが
体感できるようになるまでは、徹底して2Dで
観るようにしてます。

コメントを投稿