あまもりのなんやかんや

しがらみから離れてたまには身近な自然と親しみたい

ニフレル

2018年05月10日 | 大阪の町

 

GW中にエキスポシティにある「ニフレル」に行って人と魚と動物に酔ってきました。
エキスポシティは大阪万博記念公園の向かいにあったエキスポランド(2009年2月に閉園)の跡地にできた大型複合施設です。開業は2015年11月、その後2016年7月に観覧車(全長123メートル、高さは現時点日本一)がグランドオープンしました
複数あるエンターテイメント施設の一つに「ニフレル」があります。「~にふれる」から名付けられた、水族館を中心として動物たちやアートを見せる融合型施設です。大型水族館の海遊館が展示デザインした小さな水族館といえるでしょうか。

ニフレルのサイト内にある「生き物図鑑一覧」をご覧ください。(手抜きです
https://www.nifrel.jp/fureru/zukan.html

「いろにふれる」「わざにふれる」「すがたにふれる」「みずべにふれる」「うごきにふれる」のそれぞれをクリックすればテーマごとに生き物が表示されます。

それでは私が印象に残ったものを以下にピックアップします。
ヘタな画像でまことにすんませんが、最後まで見ていたたければ嬉しいです。


↑太陽の塔の内部が公開されているので入りたいのですが、人がいっぱいでムリです。
太陽の塔の広場でカレーフェスタが開催されていますが、ここも人がいっぱいでムリ!


↑エキスポシティの入り口すぐにニフレルがあります。観覧車はニフレルの上にあるように見えますが実際にはニフレルの横です。

◆いろにふれる↓

◆わざにふれる↓



カイカムリ。後足(?)で看板を抱えています


↑うしろに回ってみました。看板背負って歩いています
(わかりにくいですね、しゅんましぇん


↑ドクターフィッシュ。
指を入れるとすぐに食いつてきます。
ちょっとだけこそばいって感じかなだって。

◆すがたにふれる↓

◆みずべにふれる↓

↑ホワイトタイガーもいるんです 名前はアクア、5歳オス
上の渡り廊下風のオリの中で動き出した。


↑下の水辺に下りてきた


↑何をするのか動きを見守る


↑水辺に顔を映して、ナルシスト?


↑水を飲み出した
そうかノドが乾いていたのね。からかってごめんね

◆うごきにふれる↓
(このコーナーは開館当初こそ動物たちと自由に触れてくださいとなっていたのですが、余りにも多い見学者に動物たちが怯えて枠内(柵なしの)から出なくなり人を避けるので今では動物たちに触れないでくださいとの注意書きが出ていました)

↑左ワオキツネザル、右カピバラ(柵はありません)


↑ワオキツネザル


↑ケープペンギン


↑ペリカン。前回訪れた時は結構自由に飛び回っていたのですが、今回は動きませんでした。

最後までご覧いただきありがとうございました。
低い水槽にぺたっと張り付いて見たり、上から覗いている子供たちを見ていると、こんな小作りな水槽のある水族館もあっていいなぁと思います。今回でニフレルは3回目の見学になりますが、毎回新鮮な気分で見学ができます。

コメント (14)

300mの気温差

2018年01月30日 | 大阪の町

うかうか過ごしているとあっというまに月日が過ぎる。
光陰矢の如し。早くも1月が過ぎようとしている・・・(>_<)

先日(1/22)、久々にあべのハルカスへ行ってきました。
中学時代の同級生と会うために。
スマホがなければお互いの顔がわからなかった。
(年賀状の遣り取りは中学卒業以来続いていたが)
50年ぶりに出会った同級生は、街中ですれ違っても見知らぬ他人。
お互いにスマホを持ちながら、
「○○さん?」と確認しあったのだった。(>_<)

で、その日は昼過ぎから雨だったんですが、
ハルカスの最上階60階は地上300メートルで、外は雪でした。
(正確には60階から階段で上がった屋上が地上300メートルになる)


↑ 雪で遠くまで見えない。(上は北方面)


↑ トリミングしてアップに。雪が見えますか?


 あべのハルカスのゆるキャラの「あべのべあ」
雨の日は身体の模様が雨になるんですって。雪はないようだ。
ちなみに晴れの日の模様は雲です。→あべのべあツィート


↑ 最上階の60階で雪だったのが、16階では雨。
300メートルの差ってかなり気温差があるんですね。びっくりです。
地上では雨が降るばかりで上を見あげても雪など見えない。
最上階60階では、雨が雪になったのだと思っていたが、地上ではずっと雨だったのだ。今でも60階に上がれば雪が降っているに違いない。

あべのハルカスはここまで。
以下は安威川(あいがわ)で出会ったダイサギとアオサギです。



風の強い日でダイサギの羽毛が風でなびいていた


 エサ(魚)を狙っているアオサギ

水たまりが凍るほどの冷たさの中でアオサギは足のほとんどを川の中に入れてじっとしていた(魚を狙って)。ダイサギもアオサギも寒さに強い水鳥なんですね。ここには写ってないですが、コサギもよく川の中へ入って足をクルクルと動かしています。

明日(1/31)は皆既月食。
今月は満月が2回もあるブルームーン
(注:ブルームーンの由来については諸説有り)
その上、満月が最も大きく見えるスーパームーン
今月最後の満月が皆既月食のブラッドムーンの三拍子。(o^^o)
明日の夜は快晴でありますように。
(皆既食中の月が真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色になる。これを欧米では血の色ようだと見てブラッドムーンとよんだ)

(前回の皆既月食は2014年10月09日。MyblogにUPしました)
webで調べたところ、明日の月食は20時48分に始まり、21時51分に皆既月食。これが1時間17分間続き、23時8分から月が見え始め、日付が変わった0時12分に元の満月に戻るらしい。
時間は確認できた。快晴であることを祈るのみ。
しっかし、寒いだろうなぁ。外に出て撮ることができるだろうか・・・

以下の画像は今月最初(1/2)の満月です。

コメント (10)

淀川の初日の出

2018年01月01日 | 大阪の町


↑↑淀川右岸から見る初日の出(7時21分)山は生駒山(いこまやま)

天気予報では大阪の元日は曇りとなっていたので、あまり期待せず(初日の出の)淀川の河川敷に向かいましたが、運の良いことに雲は生駒の稜線から離れていたので、今年の初日の出を拝むことができました。良かった!
今年もよろしくお願いします。(o^^o)

以下は動画です。8倍速にしましたので再生時間は26秒。ピアノ音が入っていますので音量にご注意ください。

コメント (8)

年の瀬も迫り

2017年12月16日 | 大阪の町

今年も後二週間ほどになりました。
少し撮りだめていた画像や動画をUPしようと思います。

↑撮影日:11月30日
  撮影場所:大阪市 江口の里の寂光寺

風もないのに寂光寺のイチョウの葉が吹雪きのように舞い散っている。風が吹いていないことは、周りに見える木の枝が動いていないので分かってもらえるかと思います。

↑撮影日:12月7日
  撮影場所:大阪市北部を流れる安威川(あいがわ)

朝方、安威川の堤防を歩いているとカワウの群れに遭遇。
空をぐるぐる周りながらやがて群れは安威川に下りて寛ぎ始める。
この場所から200mほど上流(右側)に小さな中州があり、
その中州の木々をカワウがねぐらにしているようだ。
これ程、群れているのは珍しく、日頃は個々に過ごしていることのほうが多い。時々、集まってそれぞれの情報を交換しているのかなぁ、と想像したり。

↓下は12月14日撮影で場所は神崎川に合流する水路の上の土管に止まるアオサギとユリカモメたち


↑ オットット。 アオサギさん、お邪魔しま~す。


↑右向け右、この方がアオサギさん。よろしくお願いしま~す。
 アオサギ「あいよっ」

コメント (11)

煙に見えた雲

2017年11月03日 | 大阪の町

遠くの高圧線鉄塔から煙りが上っているように見える雲。

60日間ブログを更新していないと現れるトップの広告。
この広告を消すために写真1枚だけですが更新します。

横着な更新ですのでコメント欄は閉じさせていただきます。
申し訳ありません。

コメント