足羽川漁協の釣果情報

足羽川の釣果情報専用ブログです。
足羽川への釣行する際にお役立て下さい。
なお、更新出来ない場合もあります。

6月25日の増水とその後

2016-06-28 19:04:56 | 足羽川釣果情報
6月25日(土)に最大1m強の増水、赤濁り
26日(日)は終日70cm増水、一部で釣りは出来ていました。
今シーズンでは最大、期待した程度の増水で川はリフレッシュしました。今回の雨は長時間に及び水位高が長持ちしています。

27日(月)平水より30cm高
天気も良く、水温も上昇のコンディションで、30~40匹の釣果の方がいました。
サイズも一時のダウン傾向から、サイズアップ傾向に変わりつつあります。

28日(火)は平水より20cm高めスタート
天気は曇りで、夜間の雨からの増水で7~10cmほどの変動あり。
水温上がらず、やや苦戦気味の様相でした。良い釣果で30匹超え。

29日以降も天気は不安定で、雨に会う確率が高いですが、高水位で鮎は成長しそうです。

6月18、19日の釣果

2016-06-20 18:03:20 | 足羽川釣果情報
週末は、隣の大野、勝山のそれぞれの漁協管内が解禁
そのため、評判の良い足羽川も、若干空いている週末でした。

17日に25cm増水後ですが、18日は平水、19日は平水より低め
18日には良い釣果は30匹を超え、画像は48匹で最大は20.3mmでした。
しかし、足羽川ベテランでも20匹も届かない場合もあり、場所ムラ有りは改善されず、釣り荒れ気味の場所もあります。
また、解禁より小型化してきたとの声もあります。

48匹の方は、浅瀬続きのポイント中で、腰より深めの水通しの良い場所が人の移動でたまたま空いたので攻めると「火山」ポイントで、連続で休みなく掛かったそうです。

6月13~16日週中の釣果

2016-06-16 18:26:49 | 足羽川釣果情報
13日の日中に最大30cmの増水
そのレベルでは、解禁後の釣り荒れポイントの改善は進みませんでした。

40匹を超える釣果がチラホラあり、おおむね20~30匹の釣果があります。
サイズは15~19cm
中には20cmを超えるものも混じる場合があります。

ポイントによっては、午前中は反応が鈍く、午後に活性が上がる場所があり
早くも、午後3時からの上積みで釣果を稼ぐ、シーズン中盤のような釣りになるケースもあります。

琵琶湖産の遡上鮎が釣れており、おかげさまで鮎の評判は良いです。
2日ほど川がお休みになる増水後には、解禁並みの釣果が期待できそうです。

鮎友釣り解禁

2016-06-12 14:52:22 | 足羽川河川状況
6月11日(土)足羽川の鮎解禁
九頭竜川中部漁協と同時解禁
5月からの減水で、鮎の成長の遅れ?
やや不安な面もありましたが、例年より多い700人を超えるお客様で川は賑わいました。
県外からの方が多く、遠路足羽川にお越しいただきありがとうございました。

釣果の方はおおむね20~30匹くらいの方が多く
サイズは15~19cmでした。
減水で場所ムラがあり、人気の場所は釣り荒れも早く、午前中で終了の方もいました。
良い釣果では、70匹を超え、21cmクラスが混じりました。

今後、適度にまとまった雨があれば、釣り場が回復し、なお一層釣れるのではとの期待の声も多かったです。

解禁の週末は

2016-06-07 23:07:43 | 足羽川解禁前情報
11日(土)と12日(日)の解禁週末は
発電所の取水を制限し、本流の水位が上昇する場所もあります。
10日の夕方に増水し、13日の午前に元に戻ります。

☆足羽発電所区間は微増
部子川合流点から蔵作の足羽発電所までの間

☆小和清水発電所区間は、まあまあの増水
小宇坂から小和清水発電所までの間

流れの変化で、鮎の活性が上がる可能性があります。