交換

2024年06月04日 00時00分00秒 | 機材

うちの主砲たち。
VISACにEAFの方がいいのではと前回の撮影で感じたことから、交換作業を行います。
保育園のお迎えの時間があるので1時間で終わらせないといけません。


R200SSからEAFをガンガン外していきます。

さっぱり

VISACの方もフォーカサーを外してさっぱり。
ここまで約10分。

フォーカサーの方は難しくもなくサクッと取り付け。

3分ほどで完了。
VISACの方は、EAFにギアを付ける時のネジの位置が悪く悪戦苦闘。
ハンドコントローラーがあれば簡単なのですが、持ってないので大変でした。
写真を撮る余裕がなく画像はありません。

どうにか取り付け完了。
ネジ位置が悪かったので結構時間をくいました。20分ほどかかりました。

予想はしてましたが、右側の緩衝材が邪魔で蓋がしまりません。次は、VISACのケースの改造。

接着剤で止めてあるので、なかなか外れません。左側だけほしいので、ヘラをつっこんで剥がします。

どうにか外れました。

ボンドがたっぷり塗ってありました。

無事に納まりました。
アリガタを外して鏡筒バンドを着けて収納したかったのですが、バンドがケースに入らず断念しました。

外した緩衝材は、クッションとして使います。

片付けまで入れて、かかった時間はちょうど1時間。
お迎えも間に合いました。


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

時期外れですが

2024年06月02日 08時00分00秒 | 星野
3月に撮影したのを処理したのでupします。
完全に時期外れです。ガム星雲のレムナントです。
今までよりOⅢがよく写ってました。(処理をPIに変えたからか?)

Redcat51のファーストライトです。

Redcat51+ASI2600DUO
5分×30枚 IDAS NB12使用
gain=160
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

M106

2024年05月18日 21時21分21秒 | 銀河

ビクセンVC200Lを入手しました。
天文ショップでない中古店からの購入だったので状態が心配でしたが、ミラーはきれいでした。

撮影するために

R200SSに付けていたフォーカサーを移設しました。
実際に撮影してみて、フォーカサーに触れると星がゆれるので、
長焦点には手を触れる必要がないEAFがいいなと思いました。

ファーストライトは、M106を選びました。

5分×30枚撮りましたが、使えたのは16枚でした。
VC200L+ASI2600DUO(HEUIBⅡフィルタ)
SXP2赤道儀
pixinsightで処理
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NGC4151&4145

2024年05月12日 20時31分49秒 | 銀河
週末は天気が悪そうだったので、無理をして平日に撮影しました。
今回はタイトルの銀河を狙ってみました。

ちょいと高かったですが、BXTとNXT購入しました。
円高に振れないかなと思ってましたが、今後150円台をキープできるか分からなかったので
思い切って買いました。SXTも悩みましたが、今回はパスしました。


クリックすると大きな画像が見られます。

アノテーションも初めてやってみました。

これいいですね。周りの銀河の番号もわかります。

5時間分撮影した後に夏の星空に向けましたが、1120mm+APSサイズで狙うものがあまりない。

2024/05/10 
ビクセンR200SS+エクステンダーPH
ASI2600DUO ,HEUIBⅡフィルタ使用
5分×58枚(4時間50分)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

pixinsightの練習

2024年04月27日 21時17分30秒 | 星野
GW始まりましたね。
私はコロナ療養明けでやっと自由になりました。
療養中で熱が下がって少し元気なときは、
2年前に受けた丹羽さんのセミナーの動画や蒼月城さんの動画を見ながら
ノートにメモったりしてpixinsightの勉強をしていました。

今日は、先月撮って放置していた青い馬~カラフルタウン辺りの画像を処理してみました。

まず最初に処理してみたものです。

WBPP→ABE→SPCC→HTやらCTという処理だったと思います。
下部が緑がかっていて、かぶりが取れていないような画像です。

2回目に処理したものです。

SPCCの後にStarnet2で星と星雲に分離し、どちらもGHSでいじいじしてPixelMathで合体。
その後、HTやらCTで処理しました。
星をいじいじしたから、太くなってしまいました。

3回目に処理したもの

2回目の反省を生かし、星雲だけいじって合体。
その後、GHSをかけて、CTで調整した画像です。
1回目と比べるとだいぶんましになったように思います。

調べてもよく分からなかったのが、星を小さくする方法。
だいこもんさんという方の2022年8月16日のページを参考にやってみましたが、
なんか星が小さくなっている感じがありませんでした。
たぶんやり方が分かっていないからだと思います。

こうなったらBXTを購入するしか・・・
いつの間にかさらに円安に。158円台!?
USOでしょう~

2024年3月16日
サムヤン135mmF2.4+ASI2600DUO 
CBTフィルター使用
5分×20枚 gain=160



コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする