APC 作品アーカイブ

モデリングサークルAPC会員製作の、
模型、イラスト等を、会員別に蓄積してゆきますYO!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「本土防空迎撃」

2018年09月02日 | カシメルマン

「九州 J7W1 十八試局地戦闘機 震電」 1/72 ハセガワ

第二次大戦末期、アメリカのB‐29爆撃機は次々と日本の都市爆撃を
激化させていました。高高度を飛行するB‐29爆撃機には高射砲の弾も
とどかず、その高さに登れる戦闘機も限られた状態でした。
この事態に対処する為、何種類かの新型局地戦闘機が計画されていましたが
その内の一機が震電でした。
爆撃機クラスの航空機に大打撃を与えるべく、それまでの戦闘機の基本形状を
くつがえして重武装の妨げとなっている発動機とプロペラを後方に配置。
まるで標準的な戦闘機の形の前後をひっくりかえしたようなスタイルとし、
前方には強力な30mm口径の機関砲を4門搭載。加えてエンジンには
排気タービンをつけて上昇限界高度を一万メートル以上に引き上げました。
しかしプロペラが後方に移ったせいで着陸脚が異様に長くなり、
最初の試験飛行でプロペラを地面にこするなどのトラブルもあったそうです。
結局は実戦投入される寸前で終戦となり、幻の先尾翼航空機となりました。

本キットは発売になってからかなり久しいと思われますが
その先尾翼スタイルがリアルに再現されています。
パーツへの詳細加工としてややスジ彫り追加、全体にリベット穴の加工、
機関砲身の作り直し、操縦席のディテールアップなど。
“ナナニ”のサイズを生かして回転中のプロペラ(透明プラ板に
ブラシ塗装処理)や、プラ棒を使って尾を引いたような雲を作り、
上昇途中のようなヴィネットに仕上げてみました。
着陸脚は基本引き込んだ状態とし、一本を引き込み途中とする事で
緊急発進したようなアクション感を表現しています。
またキット内容には含まれなかった搭乗員のフィギュアも乗せました。
機体色は濃緑色と、他作例でよく見かけるような無塗装(素材)色を組み合わせ、
オリジナル感のある配色で量産型を想定した雰囲気にしています。

以下は通常の止まったプロペラを付けた状態(この状態で飾り台への固定は不可)。

@APCカシメルマン
コメント

「Space Runaway…」

2018年07月03日 | カシメルマン

イデオンとソロシップ 「伝説巨神イデオン」より  
1/2600 アオシマ

サンライズのアニメーション作品、「伝説巨神イデオン」。
不運な遭遇による地球人と異星人バッフクランとの戦いを描いたもので
最終的にハッピーエンドと云えるか云えないか分からない切ないストーリーが
印象的でした。

物語の途中で地球人が異星で発掘する別の文明が作った人型メカと巨大宇宙船。
それに乗り込んで戦う事になってしまうものの、それらは地球人には理解出来ない
不思議な力を幾度と無く発揮するのだった…。



1980年代に発売されたどちらかというとレトロなキットです。
「ソロシップ」の方ですが劇中の場面のイメージからすると船首の形に
違和感があったので前側1/3くらいの部分をプラ素材で作りなおしています。
更に全長400メートルという巨大さの表現の意味で各所に微細な凹凸を追加
しました。船体の色が「金」ということなのでアニメのセル画のイメージ色の
上からパール色をかけてややキラキラした仕上げにしてみました。
キットに航空機タイプのディスプレイスタンドがありましたがそれを使用せず
木製のデコパージュに真鍮線で立てる形にしてあります。

「イデオン」はキット付属のものですが、流石にそのサイズからラフな形を
していたのでこちらもプラ板等で詳細な形を追加しました。
本作例では真鍮線でソロシップのデッキの上に浮かせた形で固定し、
戦闘から帰還したイデオンとソロシップの宇宙空間でのランデブー状態を想定しました。

尚、ソロシップは劇中通りに船体中央で90度腰折れする構造になっており、
4つのエンジンも方向を変えられるギミックとなっていました。
以下の写真は着陸時の状態。

  @APCカシメルマン
コメント

「JUMP TO LIGHTSPEED」

2018年03月05日 | カシメルマン

ミレニアム ファルコン号「スターウォーズ Ep.Ⅴ~Ⅵ」より  
1/144 ファインモールド

「スターウォーズ」の初作、〈新たなる希望〉で
主人公のルーク達が二体のドロイドを惑星アルデラーンへ
運ぶ為に雇った宇宙の運び屋ソロ船長の愛機ファルコン号。
その古そうであちこちキズだらけのオンボロ船にルークはがっかり
した顔をするのですが、実はこの宇宙船、歴代の宇宙密輸屋連中が
捕まらない為により高速で飛べるよう違法改造を積重ね、
もはや“銀河最速”と云われる程になった名機だったのです。

こんな設定の宇宙船にSFファンの誰もがロマンを感じ、
特に「スターウォーズ」ファンの皆んなが大好きになった船です。
最初のハイパードライヴ航法のシーンで、帝国軍のスター
デストロイヤーの攻撃をかわしながら一瞬でブッチ切り
宇宙の彼方へ消えてしまうシーンには私も心踊りました。

本キットは1/144でお手頃なサイズ、パーツ数も抑えられていて
作りやすいものですが、残念な事に現在絶版状態です。
一体成形の為やむおえず不正確なモールドだった部分を
プラチップ、真鍮線等の素材で作りなおし、
ややキットオリジナルよりも詳細な形になっています。
ディスプレイ台は加工木材を使用し、モデルと2mm径の
真鍮線で連結して飛行しているようなイメージにしました。

                   @APCカシメルマン
コメント

「S.H.A.D.O. SKY1 INTERCEPT」

2018年01月15日 | カシメルマン

「スカイ1 迎撃」 (「謎の円盤UFO」より)  ポップコーンインダストリー(ガレージキット)

1970年頃テレビで放映していた海外番組、「謎の円盤UFO」。
簡易に云うとUFOは宇宙からやって来る敵側で、それを地球で
迎え撃つ“シャドー”という組織があり未来風の兵器が沢山登場する
近未来SFドラマです。
“スカイ1”はその内の一つで潜水艦の先端から海面めがけて
打ち出す事ができる迎撃戦闘機です。



本モデルは過去に模型イベントで入手したレジン製のガレージキットで
サイズは少し前に巷で見かけたコレクターズトイのものよりやや大きめ。
スジ彫りモールド追加やディテールアップでキット内容よりリアルに
なるよう頑張ってみました。更に劇中の発進シーン同様、海面から
勢いよく飛び立つようすをヴィネットで再現しています。

ディスプレイ台は土台が既存の木製デコパージュで、
海面はクラフト用透明レジンで製作、エンジンからの噴射は
5mm径アクリル棒をを使用しています。

背後に母艦となる潜水艦が写っていますがこれは以前に製作した
バンダイ製キットを改造したものです(スケールがやや違うので
ドッキングは不可能)。
                   @APCカシメルマン
コメント

T‐72A RUSSIAN ARMY TANK

2017年11月07日 | カシメルマン

「ロシア戦車 T‐72A」     1/35 タミヤ

戦車の中でもこれほど世界中の紛争地で頻繁に目にする車輌は
あまり無いのではないでしょうか。ロシア戦車の中でも信頼性の高い堅実設計で
コストも比較的に低く、コピーモデルを含め多数の国々が使用しているようです。
あのT‐90戦車のベースにもなりました。

1/35キットもいろいろなメーカーの製品を散見しますが、
本タミヤのキットは発売されてかなり久しいモノです。
今回は砲塔前面を装甲強化型“dp”にフォルム修正、更に上面に
アップリケ装甲を追加という、砲塔周りを中心とした改造をテーマに製作しました。
“dp”とは、西側でこのベースタイプに比べ砲塔前面が異様に膨らんだ型を
当時豊胸手術を受けて話題になった女性シンガー、
“ドリー・パートン”に例えてそう呼んだところから来ているそうです。
横方向にも砲塔の幅が広がったのでT-72の低姿勢のスタイルを
更に強調する形になったと思います。

砲塔の拡張はポリエステルパテ、アップリケ装甲は
0.5mm厚と0.3mm厚のプラ板を使用しています。
加えて投光機の内部を作りガラスが透明なタイプを再現、
オリジナルキットには無かった砲の照準システムなどの
透明部品を追加しました。
投光機内部のパラボラにはミラーフィニッシュシートを使用。

尚、車長側のハッチには人形が付属していましたが、砲手側のハッチは
開けた場合に中が覗けるよう、そこから見える部分のみ砲塔内部を作り込んでいます。
ベースの飾り台は市街地を表現したものです。
アスファルトの表現には荒目の布ヤスリを敷き、
ラッカー系塗料で横断歩道等の模様を描きました。

                         @APCカシメルマン
コメント