砂漠の井戸

メラノーマ治療の備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発画像

2017年09月20日 | 原発

  原発の画像をいつかUPしようと思ってはいたのですが、グロテスクさのあまりにずっと躊躇していました。

5年経った今でもスマホの画像フォルダにある自身のメラノーマを見る事がありますが、その度に顔が自然としかめっ面になり険しくなってしまうのがわかります。
先日、ネットでメラーノーマの画像を検索して見る機会があり、いろいろな部位にできた原発の画像を目にしましたが以外に頭皮のメラノーマの画像が少ないということに気づきました。
それなら、自分の画像を見てもらい何かの参考にしてもらおうという心境になりました。

 ただでさえ希少ながんで10万人に1~2人(年間で1500~2000人)しか罹患する人がいないし、ましてや髪の毛の中(頭皮)にできる人は更にレアなケースなのかと思います。
顔にできる人もそれなりにいらっしゃいます。頭皮と顔は一枚で繋がってますから同じ部位だと言っても差し支えないとは思います。しかし一方は目立ち易くて容易に発見できますが、もう一方は髪の毛に隠れていて見つけ難いというのところで大きな違いがあります。

 僕が自身の側頭部に以前からあったホクロが異常に大きくなっているのに気付いたのがちょうど5年前の今日だったと思います。
大きくなったと言っても触って指に触れる感覚は以前と全く変わりなく、米粒程度のポツンとしたホクロの出っ張りを感じるだけでした。
ただ違うところは多少の痒みがあったことだけ、痒みが無ければ髪をかき分けてホクロを見る事はなかったのではないかと思います。

がんには自覚症状があまりないといわれます。僕のメラノーマも自覚症状なんてあるはずもなく全く普段と一緒の生活を送っていました。
でもなんか痒い…
ホクロの部分だしチョット見てみるか…

そんな偶然というのか…今思えば奇跡なんでしょう。あの時発見できてなかったら3ヶ月放置してしまっていたら、病期は更に進んでしまい今頃命が無かったと思います。




 白い点線の中が発見時から10年前には既にあったホクロ部分です。ある日突然できた記憶があります。ニキビだと思って触って、爪に引っ掛けてしまい出血したことがありましたが、いつのまにかホクロができていたのだと特に気にすることもなく、後に確認したのも10年で1回程度?3回は無かったと思います。
ですから発見から何年前から増殖が始まりここまで大きくなったのかも全く判りません。10年で徐々に大きくなったのかあるいは半年で急激に大きくなったのかも。
3ヶ月に一度位、床屋さんでパーマをかけロッドで巻いてもらっていたのに床屋さんも全くあるのに気づかなかったと言っていたので、もしかすると後者の方の可能性が高いかもしれません。
ホクロががんになったのか或いは始めからがんだったのかということが議論されますが、少なくとも僕の場合は最初から普通ではないホクロだったのが急な出現、ちょっとの引っ掛かりから出血した事などからも推測できます。

水色の矢印部分に滲み出しがあります。この部分が痒みを伴っていたのかなと想像しています。滲み出し=リンパに転移していたのもこのせいかもしれません。

とてもグロテスクで、素人目で見てもイカニモな画像で顔をしかめていらっしゃる方が多いと思いますが気になるホクロの自己判断時に応用して頂ければ幸いです。

後にちゃんとした病院で診断してもらうのは必須です!


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする