砂漠の井戸

メラノーマ治療の備忘録

転移の疑い

2018年06月24日 | 病状



  19日はコロンビア戦のPVに出かけてきました。家でTVで観戦するのもいいのですが、親友と一緒に時と場所を共有つつ熱狂応援しながら観戦するのも楽しいのでね。
しかも2×1で勝利ともなれば免疫も上がるってものです。いやー今夜も連勝期待してしまいます!

実はこの前日は元々予定にない通院でがんセンターに行ってきました。4日のフェロン後いつものように首肩の張りが酷くなり数日後の改善を期待していたのですが、なかなかいつものようには良くならずに張ってしまった首や肩をマッサージしていたのですが、鎖骨の上、首の付け根付近に痛みがあるのに気が付きました。痛みの場所を特定しようと探ってみると小豆大のシコリを発見。正直、血の気が引きました。

シコリは固くて、つまんでみると痛みがあります。それが原発側であること、リンパ節のようであることから良くないものである可能性は低くはないと思われました。
直ぐに担当医に電話をし状況を説明し支持を仰ぐと、次回の8月の予約まで放置することはできないので早めに検査しようということになったのでした。造影CTとエコー検査をしたのですが、結果はグレー。

エコー検査からシコリは取り残したリンパ節だろうということで大きさは現在9mm。9mmではCTでは捉えることはできません、仮にPETCTをしてもまだ糖を集め出している段階ではないので映らないとのこと。9mmとはいえ大きくなっているのは確かで、転移は否定できないとの見解で、希望するなら針で生研するのもアリだそうですが、がん細胞にあたらないこともままあるようで確定は困難だろうということから少し時間をおいてエコー検査で経過を追っていこうということになりました。

CT撮ったらあちらこちらに複数転移が発見されるかもしれないという想定もしていましたから、特に他の臓器に異常が無かったのは幸いでした。でもエコー検査とCTで白黒つくことを期待していましたから、転移かもしれないというもやもやを解決できなかったのはとても悩ましいです。

梅雨時で寒暖差もあるので、体調不良やストレスからリンパが腫れているのかもしれない…朝起きたらシコリが無くなっているかも…と期待したりしますが、残念ながらシコリはしっかり毎日存在しています。心配するくらいなら、残ってるリンパを郭清してくださいと言いたかったのですが、完全に黒でもないのに今以上の後遺症を背負うのも正直躊躇ってしまいます。QOLを下げてまで賭けにでることはできませんから。

悩んでいても消耗して疲れてしまいますから、サッカーW杯で日本代表の躍進を願いつつ免疫UPに心がけようと思います。出来るだけ長くロシアに残ってもらえれば気が紛れるので有難いのですがね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 近況 | トップ | 新たなしこり »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ichi)
2018-06-29 18:10:15
なにか私のコメントが心配事を引き起こしたようで申し訳ないです。 9mmだったら、もし悪かったらPET-CTにも写ると思うのですが・・・。私の肺のやつは、最初見つかったときは6mm強で、最終的に切除したものは8mm程度で解像度の問題からこのくらいは誤差のようです。一番最初にリンパに反応があったときも8mm程度だったと思います。 聞くとPET-CTは県によって保険の適用が厳しいところがあるようで、隣の県はCT後じゃないとPET-CTは×だけど、私の県は最初からPET-CTがOKとかでよくわからないですね。 
Unknown (haru)
2018-06-30 12:04:44
ichiさんコメントありがとうございます。
リンパ節が腫れている段階では、それが全部悪いものではなく一部悪いものが増殖してきていている反応から腫れている可能性から写らないとの判断なのでしょうかね?
保険の関係でいきなりのPETはないようですが、医師の方から、そろそろPETを撮らせて下さいと言われる事もあり、どんな基準なんだかよくわかりませんよね。

コメントを投稿

病状」カテゴリの最新記事