砂漠の井戸

メラノーマ治療の備忘録

2020年生存報告

2020年12月30日 | 病状

 2年ぶりにログインしました。長期間更新の無いブログに今でも一日平均30IPもの訪問があり少々驚きますが、メラノーマという希少がんのブログは数が限られますから、この病気の予後などが心配で検索されているのかもしれません。と、いうことでゲリラ投稿というか近況なぞ。

 早いもので、治療開始から丸8年が経過しましたが転移・再発なく無事過ごせています。罹患後5~6年までは一時も離れなかった癌への恐怖心も、最近では大分薄らいできていて、がんに罹患していたことを忘れていることにふと気付くこともあったりします。厄介ながんで油断してはいけないのですが、取り敢えずは運よく克服できたのかな…と思っています。
 とは言え、50も半ばになると色々とガタがでてきます。実は9月下旬頃からお腹に違和感を感じるようになりました。具体的には便通異常や胃痛・腹痛などで市販の整腸剤や胃薬などを飲んで様子をみていましたがなかなか改善には至らず、原因は何なのかとモヤモヤしながら過ごしていました。コロナ下での自粛生活で一念発起し通い始めたジムも1ヶ月そこそこでやめる事になり運動不足なのは明らかだったので、体調を整える目的で10月から、遠くで煌めいているスカイツリーのライトアップを眺めながら夜間のウォーキングを始めました。運動すればお腹の違和感も改善するに違いない。サボらず結構毎日歩きました。体重はみるみる減って1ヶ月で3㎏減。明らかに、お腹周りの脂肪は減ってきているようでした。
 それでも目論見通りには行かず痛みはどんどん増幅してくる一方。いたたまれずに病院に行き色々検査してもらうことにしました。消化器科で血液検査をして、腫瘍マーカーの数値を調べてもらうことから始まり、泌尿器科で尿検査、CT撮影。痛みの原因となりそうな膀胱や腎臓や前立腺の病気をいろいろと調べてもらい、再度、消化器科で胃の内視鏡と大腸内視鏡の予約をしてその日は終了。
後日、胃と大腸の内視鏡検査をしてもらい。先日その結果が出揃いまた。                                                         

 ▫腎臓に結石あり(今回の痛みとの因果関係なし)

 ▫膀胱がん、前立腺がんの兆候無し(前立腺は肥大傾向)…涙

 ▫軽度の逆流性食道炎、びらん性胃炎

 ▫大腸には全く異常無し

一番疑っていた大腸になにも異常が無かったのは意外でした。大腸がんの可能性を非常に疑ってましたから、結果を伝えられた時には「え?異常無しですか?」「ポリープも何も?」思わず2度聞きしてしまったくらいです。画像を見せてもらいましたが、荒れていた胃の画像とは違って、大腸は色艶も良く至って状態が良さそうに見えました。
結果、現在も続く胃腸の違和感や痛みの原因は特定されませんでした。こんな時言われがちなんですが、「大きなストレス抱えてません?」医師が質問してきました。
 ええ、滅茶苦茶ストレスありましたし、現在も抱えてます。例外なく誰しもがコロナでストレス抱えているし、そのコロナで息子の就活が思いもよらない苦戦にみまわれました、不採用メールを受け取る息子の状況を傍から見守るのも相当きついものがありました。最近では離婚直前に飼い始めた愛猫が死んでしまいました。17年一緒にいたので今も信じられません。愛猫のことを考えながら流星群をみていたら、目からも熱いものが流れるのでした。うーん寂しい…
そして最悪なことに、母親が怪我で手術が必要となり今月初旬に入院してしまいました。今年の年末年始はイレギュラーが多すぎて少々疲弊気味です。燻っていた長年にわたる懸案事項も再燃してきそうだし…。お腹の不調は暫く治りそうな予感がしません。スッキリしませんが、身体のメンテナンスの良い機会にはなったと考えて納得しておきます。皆様に早く平穏が訪れますよう。

それでは、またいつか。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 細胞診(甲状腺の腫瘍)の結果 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

病状」カテゴリの最新記事