砂漠の井戸

メラノーマ治療の備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

結果が良いなら同じルーティーンで。

2018年02月07日 | 定期検査

 

 

 5日(月曜日)は半年振りの定期検査でした。
年末以来ずっと仕事が忙しく殆ど休みが取れないこともあるのか体調がおもわしくなく身体中に痛みを伴っている毎日を過ごしております。具体的には慢性化した首肩痛に加え背中~腰痛もかなりつらい感じです。

 そんな状態ですから、今回の定期検査は無事にクリアできる感じがせず、背骨辺りに転移しているのではないかと嫌な予感を拭いさることができずにいました。しかしながら幸運にも先程担当医に電話してみるとCTに異常はなく無事にクリアという結果でした。

 2ヶ月に1度のフェロン注射を卒業しようか、それともまだこれからも続けるのかを今回の通院までに決めようと思っていたのですが、前述したように仕事があり得ないくらい忙しかったものでじっくりと考えることができずにこの日を迎えてしまいました。

 そんな中、初診の時からずっと診てくれていた担当の先生が3月をもって他の病院に移られるとのこと…。いつかはそんな日も来るのだろうとは思っていましたが、その日は突然訪れました。5年5ヶ月間診てもらっていましたから、聞いた時は結構なショックでした。移籍先の病院で引き続き診てもらうことも考えましたが、通院が遠くなること、やっぱりフェロンを続けたいと思うに至り、またその病院では皮膚腫瘍科の実績がまだ殆どないということでフェロンも当面出来ないというお話で、引き続きセンターでお世話になることにしました。

 もう年に1回の画像検査でも良い段階らしいのですが、これから少なくとも1年は2ヶ月に一回のフェロンを継続しようと思います。

 無事5年生存できたのは良い病院で良い医師に出会えたことが大きいと思っています。僕の場合、最初に診断された病院で選択肢なく有無を言わさずがんセンター行を勧められられたのですが、結果がんセンターで本当に良かったなと…しみじみと思っています。T先生。長い間ありがとうございました!



 


 

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 卒業が留年か…。 | トップ | 近況 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ichi)
2018-02-19 10:14:48
ご無沙汰しています。不安になるので病気関連のブログは見ないと決めましたが、こちらだけはたまに覗かせて頂いています。私は来月9ヶ月目のPET検査ですが、一月前ぐらいから不安になってきます。3ヶ月おきにやっているので、検査直後の安心感は一月半ほどしか続きません(笑)。風邪を引かないように注意していても、どうしても調子悪くなる時もあるし、そんなときは気分が落ち込んでしまいます。
Unknown (haru)
2018-02-20 15:18:55
>ichiさんこんにちは。
今年は例年にない寒波の到来で寒いので、体調管理も大変ですよね。大事には至らないものの、チョット油断すると咳が出たり治ったりを繰り返したり…。早く暖かくなって欲しいものです。

維持療法としてフェロンβを続けているのですが、どうやら今後は徐々に使われなくなるそうです。
夏の終わり頃には再発防止にもオプジーボが使えるようになるとのこと、僕はもう期間が経ち過ぎですから適応外だと思いますが、術後間もない方には朗報ですよね!
Unknown (ichi)
2018-02-21 17:52:59
そうなんですね。ただオプジーボかなり副作用が強いという話も聞くし、大丈夫かなという気もします。まあ再発するよりは、マシですが。 ところで、定期検査では、CTやPETをやられていると思うのですが、どのような組み合わせでこれまで検査されてきたのでしょうか? PETだけでは、頭の中はわからないと聞いているので・・・。私の場合は、12月にPETと造影CTで、来月はとりあえずPETだけのようです。
Unknown (haru)
2018-02-21 18:58:17
>ichiさん
始めの1年間は3ヶ月毎に造影CTで、術後半年位のタイミングで1度だけ希望して全脳M R Iをしました。後は基本6ヶ月毎に造影CTかPE Tをしています。初めてPE Tをしたのは2年経過したくらいの時だったように記憶しています。
保険の関係なんですかね?医師からいきなりのPE Tは出来ないと言われたと思います。
担当医師曰く、造影CTよりPE T C Tの方が確度が高い(と考えられている)とのことでした。
確度が上がる=被曝量が多いということだと思うのでその辺が悩ましいところですよね。
Unknown (haru)
2018-02-21 19:11:46
1月にあった希少がんセミナーの動画です。
https://oncolo.jp/event/mte_13
Unknown (ichi)
2018-02-22 09:26:37
haruさま コメント返信ありがとうございます。
PETについては、主治医から「言いにくいいんだけど・・」と言われて、保険の関係もあると言われました。今は、造影CTよりもPETCTの方が確度が高いのでそれを3ヶ月おきにやりましょうという話になっています。被爆量ですが、PETCTの方が低いと聞いた事があります(その割には保険点数が高く、また線量が低いので頭部とかの解像度は下がるそうです)

動画はしょりながら見させて頂きました。オプジーボ術後療法、私の場合開始される頃には1年以上経過した後なので難しいかもしれません。でもこれから手術される方にとっては、ダカルバジンやフェロン注射以外のオプションが増えるのは嬉しいですよね。 フェロン注射も学会口頭発表レベルでは効果があるという報告もあるので、効果を信じて続けたいと思います。

コメントを投稿

定期検査」カテゴリの最新記事