砂漠の井戸

メラノーマ治療の備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

細胞診(甲状腺の腫瘍)の結果

2018年08月04日 | がんセンター

 7月24日に頭頸科にて細胞診の結果をきいてきました。細胞を注射器で採取してくれた先生は緊急OPで他の代打の先生が結果を伝えてくれました。

「細胞はしっかり採取できていて、悪性度のグレードは5段階中のグレード1でした」グレード1と5のどちらが悪性度が高いのか知りませんでしたから一瞬息を飲んでしまいましたが、先生が悪性度について直ぐに説明してくれました。悪性度が低い方から1・2・3・4・5と段階的にグレードが上がっていくとのことでグレード1についてはもはや悪性ではなく良性ということでした。甲状腺というとやはり甲状腺のがんを一番に思い付く自分としては、メラノーマの転移ではないにしろ甲状腺がんの可能性を強く疑っていましたが取越し苦労だったようです。

7mmと言われていた腫瘍ですが、細胞診後は五割増しで大きくなったように感じていましたが、エコーで再計測してもらったところ4mmということで縮小していました。腫瘍自体は縮小していて針で刺激したために周りの組織が腫れていたのかもしてません。今日現在は発見時と同じくらいの大きさになっている感じです。良性とはいえ本来あるべきものではないので、大きくなるようなら切除しなければならず、経過を追っていくことになりました。

鎖骨付近のしこりについては相変わらずグレーなのですが、皮膚科の担当医がエコー画像の専門医に見解を詳しく聞いてくれて、メラノーマの転移とは少し違っているようだととのことで、ちょっとだけ気が楽になりました。お盆に両方のしこりのエコー検査を再度することになりました。2ヶ月に一度のインターフェロン注射のタイミングでもありましたが、6月の注射後にしこりができたこともあり一度休むことにしました。注射後の首の張りや痛みが毎回強くなってきていることも理由にあります。

首の専門だろうからと、頭頸科の先生にリンパ郭清後の後遺症が年々酷くなって困っていると相談すると、動かさないでいるとどんどん固くなる一方だから、積極的にガシガシ動かしなさいと指導されました。動かすと張りが出て、更に首肩が固くなるので、あまり動かさないようにしてきたのは、全くの逆効果だったようです。固くなった分はもう元には戻らないだろうとも言われました。固くならない新式の郭清OPもあるのだそうですが、僕のOPは旧式だから固くなってしまうのだと... 。

郭清手術を受ける際の説明では短期的には神経の麻痺などはあるものの、長期的な後遺症は気にする程ではないと聞いていたので、後遺症について自分はかなり楽観的過ぎたようです。早い内に頭頸科はすぐ隣の外来にあるのだから予約を取ってアドバイスをもらい対処していくべきだったと後悔しています。新式の郭清OPもあるのなら最初に知っておきたかった。とにかく、首肩積極的に動かさないと老後は大変なことになるような…。

さて、インターフェロンもそろそろ止め時かな。。。

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

近況

2018年06月05日 | がんセンター




 昨日は通院日でした。担当医が変わって二度目の診察です。いつもの診察室に担当医のプレートが無かったのでウロウロ離れた別の診察室に向かうと、、、
ありました!担当医の名前が。念のため、チェックインカウンターの看護師さんにも診察室に間違いはないか確認し待機。

暫くすると遥か遠くに離れたいつもの診察室方面で自分の名前が呼ばれているような気がして慌てていつもの診察室まで走って向かいノックして入室。やっぱり呼ばれたのは自分でした。がんセンターではこれよくあります。会計に向かい支払いを済ませて予約票を見ると予約が入れてなく再び皮膚科に戻って確認なんてのもあるあるです。

皆さんは入室の際は何回ノックしますかね?僕はノックは3回です。殆どの患者さんは2回で3回の人って滅多にいないんですけど僕は3回にこだわります。2回はトイレの時だと昔聞いてからずっと3回!
時々緊張して4回してしまうのはご愛敬。

前置きはさておき、首の状態は悪化する一方で、特に胸鎖乳突筋が術後年々固くなるだけでなく負担がかかっているからか防御反応で太くなってきています。後頭部辺りも同じ様な状態で、さらにリンパ液の流れが悪いので浮腫もあります。痛みの範囲も年々広範囲に及ぶようになってきていて最近では僧帽筋や広背筋、胸筋までもが痛いです…。このまま全身硬化してしまうんではないか…怖い怖い。
胸鎖乳突筋が固くなると自律神経も上手く働かないようで不眠や様々な体調不良の症状もあります。お年頃だし最近言われ出した男性更年期かなとも思えなくもありませんが、主因は首の不調なのは間違いないと思います。

せめて寝ている間は痛みや張りから逃れたいと思い、筋弛緩作用のあるデパスを就寝前に時々飲んでいましたが今年に入ってからは一日も欠かせなくなってしまいました。
整形外科で五十肩の治療がてら首もマッサージ治療しましたが余計に張りがでたりで思うような改善はみられませんでした。

今回、もしや新しい担当医がいい解決方法を知っているかもと。リンパ郭清の後遺症の専門外来はないものか尋ねました。でも案の定、手や足のリンパ浮腫外来はあるものの首に関しては聞いたことがないということ…。
やはり薬で騙しだまし対処するしかないそうです。


あまりにも首回りの筋肉が固くなっているのでそこら中コリコリとしていて、転移したのかと不安が絶えないので触診も入念にしてもらいました。因みに悪性のしこりは周りに浸潤しながら大きくなるのであまり動かないことが多いようです。でも周りの組織との兼ね合いで一様ではなくケースバイケースらしいです。フェロン注射後に、次回はまた検査から半年が経過するのでCTの予約をしていつものように散歩しながら帰宅しました。


日差しが強く汗が噴き出てきましたが比較的乾燥していたので気持ち良く歩けました。1万歩くらい歩きましたか、帰宅後はフェロンの副作用でダウンでした。庭園に咲いているアジサイも良いですが都心の真ん中で咲いているアジサイもなかなかですね!しばらく足を止めて見入ってしまいました。

 

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

卒業が留年か…。

2017年10月05日 | がんセンター


 

5年前はまだ歌舞伎座も出来上がってなかったし、銀座松坂屋だって営業してて跡地がGINZASIXになるなんて思いもしなかった。5年という年月の間に世の中凄いスピードで進化・発展しているもんですね…。

築地のがんセンターを初めて訪れたのが2012年9月。先月でとうとう5年通ったことになりました。

生検の手術を受け告知→広汎拡大切除手術→頸部リンパ節郭清術→インターフェロンβ10連注×5クール→その後月1回フェロンを3年→2ヶ月に1回に減らし現在に至る。ざっと数えても100回以上も通ったことになります。
インターフェロンの連注期間はメラーノーマが治る気がしなくて…。がんセンターの前に来る度に2年後、3年後も元気でここに通っている自分の姿をイメージするのだけれど、なかなかそれが出来ずに精神的に辛い時期を過ごしました。

通院は大変でしたけれども、治療が終わり築地がら銀座を歩くのはそんな精神状態をリセットするのに最適で、お気に入りの散歩コースです。特にこの時期は暑くもなく寒くもなく幾らでも歩けるような気がしてフェロンの副作用が出るのも気にせずついつい歩きすぎてしまいます。案の定帰宅後に関節痛で鎮痛剤のお世話になる羽目になりました。そういえば、7,000円超えていたフェロン注射は年々薬価が下がり先日は6,126円にまで下がっていました。こんなところからも年月が過ぎたことを感じるのでした。


 今回の通院の前、11月で治療開始から5年だということは当然頭にあったのですが、特に今後のことはあまり考えてはいませんでした。次回12月の通院の時に先生から何か話があるかもしれないと思っているくらいでした。

ところが思いがけず先日の通院の時に今後の事は考えてますかと尋ねられました。フェロンを続けるか止めるかの判断です。続けるのも止めるのも自由。5年経過したので今後転移再発する可能性は低いと言っていただきました。

でも、先生の患者さんで11年後に転移が発見された方がいらっしゃったとのこと…そう聞いてしまうとなかなか即答することができず、完全に5年クリアしたことになる2月のCT検査までは引き続きフェロンをしてもらうことにしました。なかなか決められない男です…はい…。

11年もがん細胞が潜んで生きながらえているなんて…きっと自己免疫で抑え込んでいたんでしょう。規則正しい生活習慣を身につけて免疫が下がらないようにするのは大事なことなのですね。でもそれができないんですよねー!


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

胃粘膜下腫瘍

2017年09月08日 | がんセンター

 今年1月半ば頃、胃の具合がどうもおかしい… みぞおち辺りが痛むし食後にムカムカするし。
元々、胃の不調自体はよくある方で、時々胃痛などを起こしておりました。
でも今回は何か変... 普通は常備してある胃薬を飲めば2~3日で良くなるのに1ヶ月してもよくならず、痛みが横っ腹にまで拡大してきていました。

 もしかして胃に転移したかな? 2~3日の不調でもそんな疑念が頭を過るのにあまりの不調期間に不安は募るばかり。
ストレスによる胃潰瘍か痛みの部位からして十二指腸潰瘍かも。最悪メラノーマの転移だってあり得る。忙しかったこともあり重い腰をあげて市立病院に行った時には、既に3月になろうとしていました。

 血液検査の腫瘍マーカーの値からすれば悪性のものは無さそうとのことだったのですが、不調ならこの機会に胃カメラでよく検査した方が良いのではと医師に勧められ翌週に胃カメラをすることに。
中高年にはかなりの確率でピロリ菌がいるというし、もしピロリ菌がいたら除菌してもらえば胃がんのリスクも減るので胃カメラには抵抗感があったのですが良い機会と捉え受けてみることにしたのでした。

 話が逸れますが、昔は離乳食なんて便利なものは売ってなくて、大人が食べるものを柔らかく煮たり潰したりして赤ん坊に食べさせていたんですよ。下手したら親や婆ちゃん辺りがわざわざ咀嚼して柔らかくしたせんべいなんか与えたりしてたわけです。当然抵抗力のない赤ん坊ですからピロリ菌が見事に移ってしまいます。なので40代~にはピロリ菌の保菌者が多いというのは頷ける話です。僕もきっと誰かに咀嚼したせんべいを食べさせられてるハズ。

 初めての胃カメラは大変でした。自分の前の順番の人がカメラ挿入されると「ゲーゲー、オエーオエー」始まりまして。「空気を入れるから我慢してねー 入れますよー」「グウェーーー」「何してんだよー!バカヤロー!」みたいな会話が聞こえてきてたもんだから、こっちも緊張がMAX!

自分の番になり胃カメラを飲み込むのですが、直径10mm以上もありそうな管が喉を通るのは流石に苦しくて…自分の胃の中の様子が映っているモニターを確認することもできたんですが全くそんな余裕はなく、固く目を瞑ってひたすら検査が終わるのを祈るのみでした。

 二週間後結果を聞きに行くと、多少の食道の荒れはあるものの胃はとてもきれいでピロリ菌もいないとのこと。胃の違和感や痛みの原因になりそうな所見は見つかりませんでした。
ところが胃の入り口付近に胃粘膜下腫瘍なる腫瘍ができていることが発覚。要は胃の内側の粘膜ではなくてその裏っ側に10mmくらいの出来物があるというのです。良性の場合が殆どだけれども悪性でないとは言い切れないらしく胃カメラでの定期的な検査で経過観察するか、心配ならがんセンター等の設備の整った大きな病院を紹介するのでそこで切除してしまうのもアリだと説明されました。
良性の可能性が高いけれど一応CTを撮って腫瘍の表情を見てみるにることになり後日CTを撮ったのですが腫瘍が全く映らないという結果に…

 粘膜下腫瘍なんてよくありがちな腫瘍なんだろうし、CTにも映らないくらい小さいなら年に1回胃カメラして経過観察していけばいいやと気持ちは固まっていたのですが、先生にこの腫瘍が見つかる頻度を訪ねると年に数例しかないと聞かされ直近の例では柏のがんセンターで手術した人がいたって言うじゃないですか…

 もう面倒だから僕にも柏のがんセンター紹介してください!という流れになり放射線科でCD-Rを焼いてもらって消化器科で紹介状に同封してもらおうと戻ってきたら、「築地に通ってましたよね?築地の方がいいですかね?」
最初からメラノーマで築地に通っている旨話してあるのに柏を紹介したのは築地のがんセンターにはルートがないんだと勝手に理解していたのですが、結果どこでも紹介してくれるんだそう。メラノーマの時もここで築地に紹介してくれたんだしそりゃそうだよね。

 皮膚科に通っていてもがんセンターでは他の科で診てもらう時は新患扱いで、予約を取って診察券を通せば他の科を受診できるというわけではないようで、新患受付で住所やら緊急連絡先やら既に登録されている情報を始めから記入させられました。がんセンターに通われている方はご存知かもしれませんが新患患者は生活習慣やら現在の心理状態等の結構な量のアンケートも記入させられます。流石にまたあのアンケートを書くことはありませんでしたがそこそこの時間を要しました。


 内視鏡科での問診後、2週間後の超音波内視鏡での検査を予約してその日はお終い。翌週は皮膚科でフェロンだったので3週連続の築地通いとなりました。でも大変ってことはなくって築地通いは良い気分転換になるので逆に楽しみなくらいです。


 市立病院で胃カメラした時には鎮静剤なしで検査したのですが、超音波内視鏡は少し太いのでモレナク鎮静剤のオマケ付きらしく、鎮静剤を注射して検査してもらいました。研修生なのか3人程見学者がいて検査の流れや内視鏡の操作方法を熱心に聞いていました。鎮静剤の威力からか太い内視鏡でも苦しさは全くなし。40分程度リカバリー室で休んで検査は終わりになりました。

 結果は予想通り悪性の所見はなしで、大きさも6mm程度でした。平滑筋がなんらかの原因で大きくなった平滑筋腫というもので急激に大きくなったり50mmを超えるようにならない限りは年に1回程度の胃カメラで経過観察でよいということになりました。当然ながらがんではなかったのでがんセンターでは経過はみてもらえず市立病院に差し戻しです。


 平滑筋肉腫なら悪性、平滑筋腫なら良性で一文字違いでも大違い。ただでさえメラノーマの転移が怖くて定期検査の度にビビッているのだから、今回は検査して良かったです。年初の胃の違和感がなければ胃カメラすることもなく無駄に心配することもなかったのですが胃カメラアレルギーもすっかりなくなったことだし良しとします。

 結局2か月にも及ぶ胃の違和感は何だったのかは判らずじまい…
暴飲暴食に気を付けないと大事になるぞ!というサインかもしれませんね。

来週はいよいよメラノーマの治療開始から丸5年経過後に受けた定期検査の結果がでます。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CT撮影の結果

2012年11月02日 | がんセンター

ドクターが開口一番「特に問題はありませんでした。」

ってことで多少問題がありました。

肝臓にのう胞なるものが何個かあると指摘されました。
でも、これは全くがんとは関係なくスルーしてよいということでした。
今後定期的にCT撮影することになるので、のう胞についても観察して
くれるそうです。大きくならなければ気にすることないようです。

肺や肝臓などの臓器に遠隔転移は無かったことにはほっとしました。
遠隔転移があったらもう、死を覚悟してましたから…

しかし、がんの告知をされた時から現在に至るまでのプレッシャーやら恐怖やら
不安やら、ストレス度合いが半端ないです。目の下にくまというか目袋?
鏡をみると1ヵ月前と顔が変わってますからね。

知り合いに「痩せた?」「疲れてる?」
もう完全にがんを疑われてる雰囲気がヒシヒシと伝わってきます。
精神的にやられてくると、顔も老けちゃうんだな~

ドクターにもその辺を見透かされ、
「あまり心配なさらない方がいいですよ」
「ネットなんかで他の人の症例はあまり見ない方がいいです」
「同じメラノーマでも人それぞれ違いますから」
全くその通りでドクターと話している時は精神的に安心するのですが
またいつしか心配の種が次から次へと芽を吹き大きく育ってきてしまいます。

遠隔転移無しで安心したのも束の間、今は6日の手術が新たな心配の種です。
拡大切除・植皮についてはそれ程ではないんですが、やはりリンパへの
転移の有無が気になります。

自分で勝手に、手術中に切除したした見張り門番のリンパ節の病理検査が行われ
陽性ならその場でリンパの郭清手術に移行するものと思っていたら、
リンパ節の病理検査はその場でする訳ではなく後にするそうです。結果は2週間後
だそうです。

ってことはまた2週間モンモンと過ごさなければならないわけで目袋ができそうです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする