『銘酒居酒屋・赤鬼』赤鬼だより

東京三軒茶屋にある『銘酒居酒屋・赤鬼』のスタッフが、お酒周り、お店周り、そして旬のよしなしごとをトツトツと綴ります。

師走12月、今月の四品 その4

2018-12-02 00:28:29 | 酒の肴
「さつまシャモの小鍋」

お酒のアテにもお腹を温めるにも最適なお鍋を、
今月は最高の鶏肉でつくりました。
「焼き」でもお出ししている薩摩軍鶏。
もともと闘鶏用の鶏としてタイ(シャム)から来たと言われる
しっかりとした身質と濃い旨みを持った鶏肉です。
滋味溢れる胸肉とキュッと締まった腿肉、
そしてたっぷりの野菜に美味しい豆腐と茸。
たくさんの具を特製の割り下でさっと煮上げたご馳走鍋は、
蓋を取った瞬間の香りから幸せになること間違いなしです!

(大槻作)
コメント

師走12月、今月の四品 その3

2018-12-02 00:17:17 | 酒の肴
「ブリのホイル焼き」

冬の青魚の王者、ブリ。
市場から脂の乗った特上の寒ブリを仕入れましたよ。
無農薬原料でつくった自家製の塩麹に漬け込み、
たっぷりの野菜とともにホイル焼きに仕立てました。
鰤の力強い旨味、冬野菜の甘さ、茸の歯ごたえ、
そこにこなれた塩麹のコクとバターが絡まって、
えもいわれぬ美味しさに思わず唸っちゃいます。
まさに冬のご馳走てんこ盛り!というひと皿です。

(大槻作)
コメント

師走12月、今月の四品 その2

2018-12-02 00:08:05 | 酒の肴
「ホタテの西京焼き」

市場から毎日仕入れる、北海道の最上級の帆立貝柱。
これを自家製の西京味噌に漬け、直火で焼き上げました。
味は‥‥そう、ご想像のとおり。
ホタテの甘みが味噌で引き立ち、香ばしさがお口いっぱいに拡がります。
お酒の旨みとシンクロして、ついつい盃が進んでしまう、
本当に最強の、西京焼きです!

(箕村作)
コメント

師走12月、今月の四品 その1

2018-12-01 23:56:20 | 酒の肴
早いもので、もう12月。
晩秋から初冬へ、気温もぐっと下がり、新酒も入荷し始めました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

今月も「旬の四品」ができました。
いつものようにひとつずつご紹介してまいります。
ぜひぜひ、お試しください!



「蕪豆冨 牡蠣添え 菊花あんかけ」

老舗の八百屋さんが毎年おすすめしてくれる蕪。
旬を迎え、やさしい甘みがたっぷりです。
その蕪でプルプルのかぶら豆腐をつくり、
牡蠣の旨煮と焼いた蕪をのせ、上品な菊花あんをかけました。
かぶの滋味に牡蠣と菊のほろ苦さが調和して、
さっぱりとしていながら奥深い酒肴に。
フレッシュな新酒にぴったりの一品です。

(坂木作)

コメント

霜月十一月、今月の四品 その4

2018-11-04 00:16:18 | 酒の肴
「軍鶏の天婦羅」

塩焼きでもお出ししている薩摩軍鶏(さつましゃも)。
もともとシャモはタイから伝来したと言われる闘鶏用の鶏で、
しっかりした身質が特徴です。
噛むほどに肉の旨みが味わえる、野趣溢れる軍鶏を、
シンプルな天ぷらに仕立てました。
歯ごたえのあるもも肉と淡白な滋味の胸肉、両方が一つの皿で味わえます。
地鶏の中でも旨味の濃いワイルドな軍鶏、
ひと味違うとり天です、揚げたて熱々をどうぞ!

(大槻作)
コメント

霜月十一月、今月の四品 その3

2018-11-04 00:14:09 | 酒の肴
「鯖の一夜干し 有りの実おろし添え」

秋さば、寒さばとも言われるように、
この時期、真鯖は脂が乗ってきて美味しいものです。
一夜干しでさらにぎゅっと旨味を凝縮したさばをこんがりと焼き、
大根おろしでなく梨のおろしを添えました。
(有りの実というのは、梨の発音が無しに通じるための忌み言葉です)。
ジューシーな鯖に、梨のほのかな甘みが爽やかに寄り添って、
あとを引く味わいです。
薬味という脇役が引き立てる取り合わせの妙を愉しんでくださいね。

(坂木作)
コメント

霜月十一月、今月の四品 その2

2018-11-04 00:12:11 | 酒の肴
「白身魚の昆布〆と木の子の南蛮」

お刺身でもお出ししている天然活け〆の白身魚、
その日に美味しいものを選んで昆布締めにしました。
合わせたのは、シメジ、エリンギ、エノキ茸など
秋のきのこたちの、ピリッとした南蛮漬けです。
昆布のうまみがきれいにうつった上品な白身魚と
アクセントの効いたきのこの滋味。
海の恵みと山の恵みが贅沢に盛り込まれたオツな酒肴です。

(大槻作)
コメント

霜月十一月、今月の四品 その1

2018-11-04 00:05:26 | 酒の肴
木々も色づき朝晩冷え込む晩秋となりました、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
今月も、旬のもの満載の「四品」ができました。
いつものように、一つずつご紹介してまいります。
ぜひぜひ、お召し上がりください!




「焼き芋の酒粕カステラ」

さつま芋の旬は秋から冬にかけて。
採れたてを少し貯蔵して乾燥させたものが
うまみを増して美味しいと言われています。
その旬のサツマイモを、ホクホクの焼き芋にし、
カステラをつくりました。
黄金色のひと切れを口に運べば、
酒粕の深いコク、甘薯の甘み、卵の滋味が拡がります。
意外だけれど日本酒にしっかりと合う濃厚なアテ、
ぜひぜひお試しください!

(箕村作)
コメント

第71回赤鬼唎酒会 結果速報!

2018-10-31 02:12:26 | イベント、お知らせ
第71回赤鬼唎酒会の結果が出ましたのでお知らせします!

まずは正解から!

一白水成 ( 5 )
白露垂珠 ( 4 )
大典白菊 ( 3 )
白 鷹  ( 2 )
白岳仙  ( 1 )
白隠正宗 ( 6 )

如何でしたか!
それでは発表します!

全問正解、なんと6名でした!!

赤井太郎さん(六冠!!!!!!!)
大武弘美さん
峰尾学さん
樋川 仲村康さん(前々代の店長です!)
そしてスタッフの
箕村陽一(店長!初!)
田中のぶあき

おめでとうございます!

以下、四問正解7名、三問正解11名、
二問正解24名、一問正解23名、
0問8名でした。
79名の参加をいただきました。
ありがとうございました!!


次回は2019年五月の予定です。
みなさま、奮ってご参加くださいませ。

コメント

第71回 赤鬼唎酒会のお知らせ

2018-10-17 22:27:21 | イベント、お知らせ
前回5月末に開催いたしました「赤鬼の利酒会」、
いよいよ今秋の開催日が近づいてまいりましたので
ご案内させていただきます。

実は、店内はすでに満席なのですが、
唎酒のみのご参加は可能です。
また、当日は長野から滝澤オーナーが上京します。
少し遅めの時間になりますが、
ちょっと顔を見に一杯!という方がいらっしゃいましたら
スタンディングでもご案内できますので
どうぞ、お電話下さいませ。


‥‥‥‥‥‥‥‥


唎酒会についての詳細は以下です。

(お申し込みいただければ、どなたでも参加できる利酒会です。)


「2018年秋 第71回 赤鬼利酒会」

◆日時◆
10月30日(火)17:30~23:30の間で

◆場所◆
赤鬼店内(入り口のテーブル)

◆参加費◆
500円(当日前払い制)

◆利き酒のしかた◆
制限時間11分、6種類のマッチング方式です。

まず、参加費と引き換えに解答用紙を受け取ります。
解答用紙はこんなふうになっています。
(お酒の名前は一例です)
……………………………………………………………………
 提出用       | 控え
           |
☆☆☆富士 (  ) | ☆☆☆富士 (  )
☆☆☆桜  (  ) | ☆☆☆桜  (  )
☆☆☆正宗 (  ) | ☆☆☆正宗 (  )
☆☆☆の花 (  ) | ☆☆☆の花 (  )
☆☆☆寿  (  ) | ☆☆☆寿  (  )
☆☆☆娘  (  ) | ☆☆☆娘  (  )
           |
お名前        |
ご連絡先       |
……………………………………………………………………


1・スタッフが受付順にお名前をお呼びしますので、
  自分の番がきたらお酒の並べてあるテーブルに行きます。
2・利き酒用のお猪口と水のグラス、筆記用具をもらいます。
3・テーブル左半分に、銘柄の書いてあるお酒が6種類。
  これを少しずつ唎いて、それぞれの特徴を憶えます。控えにメモします。
4・テーブル右半分に、銘柄の書いてないお酒が6種類(番号つき)。
  どのお酒が、何番であるか、( )内に記入していきます。
5・11分の制限時間内であれば、何度利いてもかまいません。
  お水を適宜飲みながら行ってください。
  吐き出し用のバケツがテーブル下に用意してあります。
6・時間が来るとタイマーが鳴ります。
  控えに書いた解答を提出用の方に書き写し、回収箱へ入れてください。
  提出用にはお名前とご連絡先を必ずご記入下さい。
 

◆ポイント◆
最初に銘柄のわかっているお酒それぞれの、香り、旨味、癖、特徴などを、
自分なりに印象づけること。
時間内なら何度唎きなおしてもよいのですが、オーナーも以前にブログで
書いておりました通り、一番最初のインスピレーションが大事です。
意外と当たるのは、「自分の好きな順位」をつけてあてはめていく方法かも。
似たような質のお酒があったり、引っかけ問題があったりするので、
はずれてもおおらかに楽しみましょう!

◆全問正解すると…◆
見事6問正解された方は、名誉あるネームプレートが店内に掲げられます。
副賞として、赤鬼で使える金券一万円分をお贈りいたします。

◆お願い◆
毎回多数のご参加をいただいているため、ご来店後すぐにお申し込み頂いても
唎酒まで少々お待たせしてしまうことがあります。
確実に参加されたい方にはまずお席のご予約をお願いしておりますが、
ご予約いただいても、いらした時間にすぐに唎酒できない場合がございます。
どうかご理解、ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
少しでも効率よくすすめられますようスタッフも努力してまいります。

正解は当日の夜中、当ブログで発表いたします。
店内にも掲示いたします。
全問正解の方以外には、個々のご連絡は行なっておりませんので
どうぞどちらかでご確認お願い申し上げます。

そのほか、わからないことがございましたら、当日でもご予約時でも
遠慮なくスタッフへお尋ねください。

♪♪♪

年に二回の、恒例赤鬼唎酒会。
毎回お知らせしていることですが、
ラインナップは普段赤鬼にてお出ししていない、火入れのお酒となります。
毎回チャレンジされている方も、初めての方も、条件は同じ。
いつもとはまた違ったお酒との対話を、
短時間に集中して愉しんでみてくださいね!

コメント