小さなナチュラルローズガーデン

木々の緑の中に、バラたちと草花をミックスさせた小さなイングリッシュガーデン風の庭。訪れた庭園や史跡巡りの記事もあります!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

吟子の後半生・・・そして薔薇の花埋み

2019年07月21日 | 旅行記

荻野吟子記念館の見学後は昔のこの辺りの水運を偲ぶ渡船「赤岩の渡し」で利根川の向こう岸(群馬県千代田町赤岩)に渡りました。河川敷にある小屋の隣りに設置されている黄色い旗をあげると、向こう岸の小屋に常駐している船頭さんが渡船で迎えにきて下さいました。今日の利根川はあたかも湖のように静かで、船上では川風が涼しく動力船の音とともに旅情をそそります。吟子女史もよくこの渡しを利用したことでしょう。

 

荻野吟子生家長屋門。「赤岩の渡し」で群馬県側の千代田町赤岩に渡り、5分ほど散歩すると雑木林に覆われた名刹光恩寺の境内に、対岸の俵瀬村から移築された本物の荻野家長屋門が有形文化財として保存されています。江戸時代末期の建築で当時は藁葺きの屋根でした。明治十八年、吟子女史が東京湯島に診療所「産婦人科荻野医院」を開業した年、荻野家はこの長屋門を売りに出し檀家の斡旋で移築されたようです。

 

吟子女史を偲ぶ「ロマンあふれる真実の道」を辿った旅の終わりは、道の駅めぬまにある「めぬまアグリパークバラ園」で飾りました。約400種2000株の素晴らしいバラ園の中に、凛として花々を見守るように吟子女史の石像が佇んでいます。渡辺淳一の小説「花埋み」のタイトルの意味は、亡き者を花々で囲み埋葬するという意味だったようです。

 

吟子女史のお膝元「めぬまアグリパークバラ園」で咲いていたバラをいくつか紹介したいと思います。まずはイングリッシュローズの「レッチフィールド・エンジェル」。花弁色がクリーミーアプリコットからやわらかいクリーミーホワイト色に微妙に変化してゆき、離れて眺めれば花々がまるで宙を舞う天使たちのようにも見えるというエレガントな薔薇。「レッチフィールド・エンジェル」とは、イギリスのリッチフィールド大聖堂で近年発見された8世紀ごろ石版画に描かれた天使のことです。

旧約聖書の詩篇九一篇に「主が あなたのために御使い(みつかい)たちに命じて あなたのすべての道で あなたを守られるからだ。」というみことばがあります。吟子女史の波乱に富んだ生涯もすべて神様の御手(みて)の中にあり導かれ、その険しい道を常に天使たちが守っていたに違いありません。


ハイブリッド・ティーローズ「バレンシア」。半剣弁高芯咲きの大輪に、その名の通りバレンシアオレンジのような鮮やかなオレンジ色を帯びた花色が特徴的です。1989年ドイツ、Kordes社作出。


ハイブリッド・ティーローズ「エリナ」。気品あるふくよかな大輪にさっぱりしたレモンイエロー色が、今日のような蒸す日にひときわ涼し気でした。「Elina」とは女性名に由来するそうで、世界バラ会議で殿堂入りを果たした薔薇のひとつでもあります。1983年イギリス、Dixon社作出。


「荻野吟子、日本初の公許女医」と聞いただけでは格好よく華々しい歴史上の人物にしか思えませんが、その生涯を一度紐解くとそれは決して幸福な生涯ではなく、どんなにか苦労して己の生涯を一生懸命に生きてきた切なくか弱い女性であったことがわかりました。

吟子女史が女性を救うための産婦人科荻野医院を晴れて開業してからも、世の矛盾や医術の限界に苦悩する吟子女史の姿がありました。以下「恵みのひとしずく」さんのブログからの引用です。https://www.shimizugaoka.com/blog1/2013/01/16/日本で最初の女医―荻野吟子/

「こうして夢をかなえた吟子でしたが、また同時に深い悩みを抱くようになりました。一生懸命に治療してやっと回復しかけたのに日本における女性の地位が低いために十分な療養ができず、再び病気がぶり返してしまう女性が多かったからです。吟子は医術の限界、人間の弱さ愚かさを深く知りどうしていいか分からなくなってしまします。

そんな吟子をある親しい友がキリスト教の演説会に誘いました。初めて聞いたキリスト教の話に、吟子は強い感銘と共感を覚えました。今の悩みを解決してくれる鍵がキリスト教の中にあるような気がしたのです。吟子は熱心に聖書を読み、次第に神に近づいていきました。そして明治19年6月に本郷教会において海老名弾正牧師によって洗礼を受けました。」


まるで吟子女史の情熱をそのまま現わしたような美しい真っ赤なつる薔薇「ダブリンベイ」。1969年ニュージーランド、 McGredy作出。「Dublin Bay」とは、作出者の故郷アイルランドにある綺麗なビーチリゾートのようです。

明治二七年(1894年)吟子女史は北海道に渡り再婚した夫、志方之善(しかたゆきよし)たちが開拓を始めたキリスト教の理想郷「インマヌエル」に迎えられます。インマヌエルとは、聖書で「神われらと共にいます。」といった意味です。しかし彼らの開拓事業は未開の原野を一から開墾するという、北海道の厳しい自然と闘いながらの過酷で困難を極めました。吟子女史はインマヌエルを離れて瀬棚(せたな)という漁村で医院を開業します。また瀬棚日曜学校を創設してこの地にキリスト教が浸透してゆきました。一方、牧師となり瀬棚村に入った夫はこれからという時に病いに倒れ、夢破れて42歳の若さで天に召されてしまいました。それから3年後の明治四一年(1908年)、吟子女史は一人東京に戻り、本所に小さな家を借り荻野医院を再開。その後は近所の人たちのための親切な医者として、聖書を手に神と共に静かな最後の数年を送りました。

大正二年(1913年)六月、吟子は63歳で天に帰りました。この世では苦難多き波乱万丈の人生でしたが、吟子女史の果たした人々のための献身と奉仕の生涯は、神のもと天国で報われ輝く栄光の冠が与えられたことでしょう! 彼女は今はきっと天国のめくるめく光の中で花々に囲まれ、夫と共に、神様と共に平安で幸せな毎日を過ごしています。

今回、私はほんのわずかだけ吟子女史の足跡を辿っただけでありますが、吟子女史のお働きに感謝とともに僭越ながらこの聖書の言葉を捧げます。

「私は今や注ぎの供え物となります。私が世を去る時はすでに来ました。私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。」テモテへの手紙第二 四章六~八節

 

コメント

荻野吟子 ロマンあふれる真実の道

2019年07月20日 | 旅行記

今日はいつかは訪れてみたいと思っていた埼玉県熊谷市の利根川沿いにある集落、俵瀬の荻野吟子記念館に行ってきました。荻野吟子は明治時代に日本で初めて公許登録の女医となった人、そして敬虔なクリスチャンでもありました。

記念館に向かい田園風景の中の道を進むと素敵な向日葵に迎えられ、吟子女史故郷である俵瀬(たわらせ)の集落が見えてきました。


間もなくして荻野吟子記念館に到着。記念館は吟子女史の生家長屋門を模した古風な建築になってます。


まずは記念館に隣接している荻野吟子生誕之地史跡公園を見学しました。この裏はすぐに利根川の堤防でした。


吟子女史は江戸時代嘉永四年(1851年)三月三日のお雛祭りの日、俵瀬村の名主荻野家の五女「ぎん」としてこの地で生誕しました。当時はお屋敷北の堤防はなく、俵瀬村は利根川の増水の度に浸水する「水場」の村であったそうです。因みに嘉永四年はペリー率いる黒船来航の2年前になります。


記念館内に入ってまず目を引くのは吟子女史の衣装、豪華な鹿鳴館スタイルです。


荻野吟子女史(1851年~1913年)。明治の世ではそれまで女性が公認の医師になるという道は閉ざされていました。吟子女史は18年もの間勉学に明け暮れ、たゆまぬ努力と不屈の精神で「日本公許女医第一号」の資格を取得して女医への道を切り拓きました。この肖像写真は医師となって間もない頃34歳の吟子女史が、鹿鳴館スタイルの衣装を纏い凛とした姿で撮影されてます。


かつて医師としての経歴もある作家、渡辺淳一の小説「花埋み(はなうずみ)」は荻野吟子の生涯を題材とした作品です。1971年にテレビドラマが制作されポーラ名作劇場にて放映されました。私も昔、この小説を通して初めて荻野吟子の名前を知ったように記憶してます。小説「花埋み」のある書評によると、「凄まじいまでの努力を重ねた1人の偉大な女性の人生は、切なくなるほど波乱万丈。それでも、次々に訪れる過酷な試練を乗り越え、自分が信じる道を進み続ける彼女の姿には、大きな勇気を貰うことができるでしょう。」と書かれてました。私も近いうちに読んでみたいと思います。小説に描かれているかどうかはわかりませんが、ひたすら自分が信じる道を 真実の道を進む吟子女史の生き様の背後には、きっと重荷を一緒に背負って歩んでくださった神様の導きと支えがあったに違いないでしょう。


吟子女史の手紙。ともに女学塾の助授になり生涯に渡って吟子女史と交流が続いた親友、田中かく子宛のもの。


2019年秋にロードショーの「一粒の麦 荻野吟子の生涯」。メガホンを取ったのは日本で最高齢の社会派女流監督、クリスチャンでもある87歳の山田火砂子監督。吟子自身は明治十九年(1886年)に東京の本郷教会で、海老名弾正牧師により洗礼を受けクリスチャンとなりました。

荻野吟子の生涯は女性としての屈辱から女医を目指した若き日の情熱。そして後半生は、開業した荻野医院に震災孤児を保護する等の社会運動や、北海道に渡り再婚した牧師の夫と共にキリスト教の理想郷建設を目指し、多くの人々の救済のために生きた愛と苦難の生涯でした。山田監督はこの映画を製作するにあたって「男に生まれたいくらい勉強好きだった女性が最期恐らく女性であって幸せだったと、本人も思って亡くなっていっただろうと思う映画にしたい。」と語られてます。またメーキング動画に吟子役を熱演する若村麻由美さんのこんなメッセージがありました。「わたしは荻野吟子さんを通じて、困難に立ち向かう勇気と、あきらめない心を学びました。この映画をご覧くださる皆様に必ず何か、強いエネルギーを持って帰っていただけると思います!」

今回、荻野吟子記念館を訪れた目的の一つに、かつて記念館の案内に吟子女史愛用の聖書の展示があったように思われ、是非その聖書を拝見したいという目的がありました。しかし残念ながら記念館には聖書の展示はなく、北海道せたな町棚郷土館で吟子女史ゆかりの品として愛読していた英語訳聖書の所蔵があるようです。吟子女史愛唱の聖句は新約聖書ヨハネ伝第十五章十三節「人その友の為に己の命をすつる 之より大いなる愛はなし」というイエス・キリストのみことばでした。

 

コメント

オープンガーデン最終日、そして薔薇は美しく散る・・・

2019年06月15日 | ガーデニング

ハレルヤ。2019年5月18日、オープンガーデン最終日の我が家の庭の様子です。先週の初日の頃はまだ薔薇の咲き始めの感がありましたが、一週間を経ていよいよ満開となりました。今週も晴天に恵まれお庭の入口では、山吹色の爽やかなグラハムトーマスがたくさんのお客様をお出迎えしました。


木陰の中に咲いたイングリッシュローズ「アブラハム・ダービー」。ピンク、アプリコット、イエローの混じり合った特徴的な花色のディープカップ咲きが魅力です。また匂いを嗅ぐならフルーティな濃厚な香りがします。

 

オールドローズの「マダム・ピエール・オジェ」。淡いピンクのベースの上に、まるで透き通るようなライラックピンクのぼかしが彩るカップ咲きの花姿は二つとない美しさです。

 

我が家の庭の二代目「ピエール・ドゥ・ロンサール」。やや緑がかった白地に淡いピンクのグラデーションの豊満な大輪を咲かせた様はえも言われぬ美しさ。つる薔薇の女王とも言われるに相応しい薔薇です。

 

向かって左のディープピンクのつる薔薇はイングリッシュローズの「ガートルード・ジェキル」。右はお隣さんの白いアーチに絡まるランブラー系ローズの「ブルーマジェンタ」。今年はお隣さんのお庭とともに夢の競演を果たせました。

 

こちらは昔、裏のお屋敷の奥方であるマダム・Hさんから頂戴したフロリバンダローズ「フラワーガール」。ソフトピンクの半八重咲きのお花は、名前の通りフラワーガールの持つブーケのようで可愛らしい。

 

向かって左、ロゼット咲きローズピンクの大輪は「イブ・ピアッチエ」。右の淡いピンクの房咲きは「夢香」。背後にブルーのラークスパー(千鳥草)も見事にコラボしました。

 

こちらはピンクのイングリッシュローズ「ガートルード・ジェキル」と、ブルーのミヤコワスレのコラボレーション。

 

名前の通り光輝くようなイエローの花色とロゼット咲きがロマンティックな、メイアン社作出、ロマンティカシリーズの傑作「サンライト・ロマンティカ」。今年はたくさんの花を咲かせお庭の中でもとても目立ち、鉢植えながらお庭の主役を果たしているようでした。

 

明るいピンクの大輪カップ咲きから、開ききるとロゼット咲きに変化してゆくフレンチローズの「フラゴナール」。名前の由来は18世紀フランスロココ時代の最後を飾った画家、ジャン・オノレ・フラゴナールからか? 或いは南仏香水の町グラース発祥の老舗香水ブランド名からなのか? 私自身、まだわかっていません。

 

お庭の中央の花壇では左奥から右手前にかけて、真紅の薔薇「ルージュ・ロワイヤル」、ピンクの「ウィリアム・モーリス」、「ビアンヴニュ」、「ローズ・ポンパドゥール」が咲き揃いました。これらのお花はいずれもロゼット咲きでクラシカルな美しい容姿をしてます。我が家のお庭の薔薇は咲き方としては、ロゼット咲きやカップ咲きといったクラシカルな花形のもの。なるべく香りの強いもの。樹形がシュラブ(半つる性)でナチュラルなもの。つまり現代バラであっても、どこかオールドローズの古典的で優雅な風情を漂わせた薔薇たちを集めているのが特徴です。あえてブランド名で言うなら「イングリッシュローズ」「フレンチローズ」京成バラ園芸の「アンティークタッチのバラ」などです。ローズガーデンの色の組み合わせは、ピンクとホワイトを中心としたロマンティックガーデンを目指してきました。

コレクションしてきた古典的ムードを漂わせた薔薇たちと、色彩的にはロマンティックガーデンを目指したお庭作り・・・何故そうなのか?と一度考えてみましたが、いにしえのヨーロッパ文化、芸術、歴史への傾倒、池田理代子先生の「ベルサイユのばら」に描かれたような18~19世紀貴族階級の人々の織りなす夢物語への憧れ・・・結局は私自身の趣味でした。

ベルサイユ宮殿のマリー・アントワネットは薔薇の花と香りのためだけに生き莫大な浪費を費やし、革命後は儚くギロチンの露と消え、しかし薔薇の本格的な品種改良や栽培が始まるのは19世紀初頭になってからで、フランス皇帝ナポレオン3世の皇妃ジョゼフィーヌの時代です。薔薇のパトロン、ジョゼフィィーヌは世界中からコレクションした薔薇をマルメゾン宮殿の広大なバラ園で栽培し、専門の園芸家には交配育種を行わせました。それがいわゆる「オールドローズ」のルーツでした

 

これもロマンティックで私好み。アンティークタッチのバラ「ステファニー・グッテンベルク」。アイボリーホワイトの中心がソフトピンクに染まり、ふんわりと咲くとても愛らしいお花。名前の由来はドイツで子供たちの権利保護を支援するチャーミングな慈善活動家、ステファニー・ツー・グッテンベルク男爵夫人だそうです。2011年ドイツ、タンタウ社作出。

 

美しく咲き乱れる純白のつる薔薇「シティー・オブ・ヨーク」。蕾の頃はクリーム色~開くと純白の半八重カップ咲き、イエローの雄しべがアクセントの比類無い美しさで、お庭を訪れるお客様からは名前をよく聞かれます。1945年のこちらもドイツ、タンタウ社の作出。

 

妻がガラス作家、浜口義則さん作の花瓶に生けてくれました。フラゴナール、シティー・オブ・ヨーク、フラワーガールなど、ため息が出るほどに美しくロマンティックな薔薇たち・・・。

 

 

 

コメント

ローズウィーク真っ盛り、薔薇は7~8分咲きに

2019年05月16日 | ガーデニング

ハレルヤ。薔薇が見頃となった先週末のオープンガーデン初日から5日が経過し、現在、我が家の庭の薔薇は7~8分咲きになりました。明後日18日(土)のオープンガーデン公開日にはいよいよ満開になりそうです!

今年の開花期間中は雨が少なくまた夏日が続くこともなくバランスの取れた天候に恵まれ、早咲きの薔薇もまだ散らずに残り遅咲きの開花を待っています。写真左の白薔薇は「アイスバーグ」。左の真紅の薔薇は早咲き「クリムゾン・グローリー」。花壇にはデルヒニウムやチドリソウも咲き出し薔薇の脇役を果たしています。左奥のオベリスク仕立て、やや遅咲きのナエマは房咲きの真ん中の花が咲き出しました。このナエマが見頃になる頃は、我が家のローズウィークもクライマックスになるのでしょう。

 

咲き乱れる「ローズ・ポンパドール」。18世紀のフランス国王ルイ15世の公妾として、歴史をも動かしたポンパドゥール侯爵夫人の美貌を彷彿とさせます。

 

淡いピンク、小ぶりのカップ咲きが何とも可愛らしいオールドローズ「マダム・ピエール・オジェ」。1878年作出、オールドローズの中でもブルボン系の代表種といわれます。ところで、本日の庭の写真はすべて我が家の庭のヘッドガーディナーであります、マダム・コズピエール・オジェの撮影した作品になってます。いつもの私の写真とはまた違ったアングルで捉えられ、小さな花、小さな庭でもこんなビューポイントもあったのか!といった新しい発見もありました。

 

センター花壇ではイングリッシュローズ「ウィリアム・モーリス」が頭角を現してきました。幾重にも繊細に重なるアプリコットピンクの花びらはまさに芸術的な美しさ。19世紀イギリス「モダンデザインの父」、ウィリアム・モリスの名から命名されたに相応しい薔薇です。


ハイブリッドティ「イブ・ピアチェ」。花びらの端にフリルのついたローズピンクのカップ咲き。これがやがてロゼット咲きの大輪に変化し芳しいダマスク香を漂わせます。フランス、薔薇の名門メイアン家の傑作!


雨上がりのフロリバンダローズ「ステファニー・グッテンベルク」。周りがアイボリーホワイト~中にかけてソフトピンクの花びらがふんわりして可愛いらしいアンティークタッチの薔薇。コンパクト系なのがまた愛らしく、花壇の前に植えてあります。


ルピナスや小花の植えられた木陰の花壇。奥に咲いたライラックピンクの薔薇はイングリッシュローズ二代目の「メアリーローズ」。一代目はここに大きなシュラブで茂ってましたが残念ながら半枯れしてしまい、当二代目はその挿し木がここまで育ったものです。


薔薇と競演するシランやマムといった下草系の草花。小さなナチュラルローズガーデンではその名の通り、小さな庭の中にこのような草花たちや薔薇たちが野にあるように、より自然に咲いているように見えるような植栽をモットーとしています。


アーチに絡まるイングリッシュローズ「ガートルード・ジェイキル」(左ローズピンク)と「つるサマースノー」(右白)。「つるサマースノー」は何年か前のオープンガーデンで庭を訪れた方から、挿し木でいただいたものがここまで成長したものであります。純白の花々が初夏の庭に涼し気です。

 

 

コメント

オープンガーデン 公開日2日目(5月12日)

2019年05月14日 | ガーデニング

オープンガーデン初日に続いて2日目のレポートです。センターのピンクの薔薇はフロリバンダローズ「夢香」。ジャーマンアイリスのブルーを背景にして引き立ってます。右の白薔薇は「マダム・アルフレッド・キャリエール」

 

奥のアプリコットピンクの薔薇はイングリッシュローズ「ウィリアム・モーリス」。手前の濃いピンクはフレンチローズ「ローズ・ポンパドール」。今年の春に積んだアンティークレンガの縁取り効果で、思った以上に薔薇の見栄えも良くなりました。

 

「ローズ・ポンパドール」。その名はロココ時代に伯爵夫人が好んだ色彩「ポンパドールピンク」から命名されたといいます。花色が咲き始め(カップ咲き)の鮮やかなポンパドールピンクから、開くにつれ、やや乱れたようなロゼット咲きの淡いラベンダーピンクに変化してゆきます。

 

リッチピュアイエロー(山吹色)のカップ咲きが美しい20世紀の名花、イングリッシュローズ「グラハム・トーマス」。お花の匂いを嗅ぐと淡いティーローズの香りがします。

 

センター花壇の手入れに勤しむ、小さなナチュラルローズガーデン・ヘッドガーディナー「マダム・コズピエール・オジェ」

コメント