ごきげんよう六華姫

六華時々ごん太byごんママ

楽しかった太陽公園 -後編-

2019年11月17日 | Weblog
さて、後編も太陽公園から始まります。
ピラミッドを見た後に、なんか高い所にお寺が見えてきました。
そのお寺の前には、数え切れないほどの仏像が…
なんだろ?と
まずは、えっちらおっちら、みんなで坂道や階段を上りました。

目が見えにくい六華は、最近極端に階段や坂道を怖がるので、
ごんパパの腕の見せ所です。





上った先にあったお寺は、昔実際に存在していた寺院を再建したものでした。
『鶏足寺』と言って、古代の朝鮮半島にあった国、
新羅(しらぎ又はしんら)の王子が建立したんですって。
最初『鶏足寺』と聞いた時、滋賀県の高島市にあるお寺かと
勘違いしました。


仏像を見てみると、確かに日本のものではないのはわかりました。


















六華も紛れてみました。





涅槃像もありました。
六華が眼病封じでお参りする、奈良の壷阪寺にも大きな涅槃像がありますが、
太陽公園のも立派な物でした。





ひょっこりし放題のさくらちゃん(笑)






韓国の寺院や天安門広場、万里の長城まで忠実に再現されています。





















万里の長城は、ゴールまで途方もない距離の坂道なので、
ランチの時間もあり、門から見るだけにしました。







結構歩いたし、坂道もきつかったので、私もごんパパも汗だくでした。
でもいいお天気で、抜けるような青空で、本当に気持ちよかったです。


太陽公園の石のエリアを満喫し、お隣のたつの市までランチに向かいますよ~



で、さくらちゃんパパのたっての希望で(嘘、嘘)、
お肉屋さんが経営するお肉料理が食べられるお店へ行きました。


精肉店の隣に、わんちゃんとご飯が食べられるお店を、2年前にオープンされた、
『肉の岸沢屋』さんです。http://kisizawaya4129.com/
お友達が調べてくれて、満場一致で決めたお店ですが、
さぁどんなランチが食べられるのかな…


???
何これ???







ハンバーグランチやすき焼きランチなど、みんなで迷っていたら、
いいブロック肉があるので、皆さんでシェアされては?と悪魔のささやき…いや、
オーナーさんのお誘いに、お肉を見せていただきました。

最上級の自信たっぷりで勧めてくださるお肉、
やっぱり食べないという選択はないでしょう。


切り分けてくださったら…





もう後悔はありませんでした(笑)


店先で、ジュージュー焼いてくださいます。










わんこたちも、お肉のいい匂い、たまらんかったと思います。








食べ始めたら、全員が無口に…
美味しいのは間違いないと思っていましたが、
予想以上にバランスのいいお肉でした。
今思い出してもよだれが出そう



デザートは目の前でカラメルを焼いてくれた、
ブリュレ風のプリンでした。






楽しい食事が終わる頃、看板犬のじん君が出てきました。





オーナーさんとドッグダンスで何度も賞をとっている
スーパードッグです。

じん君はとってもお利口さんなのに、大きくて圧倒されて怖いからか
六華はやっぱりガウガウ言ってました。

チビのくせに、声がでかい六華に、さくらちゃんの腰が抜けそうに
なるので、ちょっとごんパパとお散歩していてもらいました(笑)
その間に…





ツーショットが撮れたね。


もちろん六華とも撮ってくれた、さくらちゃん。






久しぶりに再会したお友達とも、ゆっくりおしゃべりができて、
本当に楽しいランチタイムでした。


とっても名残惜しかったのですが、また会いましょうねと
解散しました。


ちょっと六華を散歩させたかったし、紅葉で有名な『書写山』ってどんなとこか
少し見て帰ることにしました。


もう時間的に圓教寺へ行くのが厳しかったので、ロープウェイに乗るのは
また次回にしました。
ここは、ケージやカートに入れて、頭が完全に隠れたら、
わんちゃんもロープウェイに乗ることができます。





圓教寺の紅葉はまだまだ早いと聞き、乗り場付近を散歩しました。
係員の方が、今はその辺が一番きれいだと(笑)










お友達との楽しい時間は、太陽公園やステーキランチなど、
盛りだくさんで、あっと言う間でした。
六華もさくらちゃんには一度もガウガウ言わず、
パパさんやママさん、そしてお友達にナデナデしてもらって
とても嬉しそうでした。


また是非ご一緒してくださいね。
楽しい時間をありがとうございました







コメント

楽しかった太陽公園 -前編-

2019年11月16日 | Weblog
秋はお出かけの季節。
毎週どこかへ行っちゃって、写真の整理が追いつきません


で、先週は姫路へ行ってきました。
お友達から聞いて、一度行ってみたかった『太陽公園』。
ここで、久しぶりにお友達と再会できました。






まずは太陽公園って、どんなとこ?






ん?どこの国の人?






凱旋門???



なんか不思議な所だね。












で、お友達は?







さくらちゃん!



春の淡路島以来だね。
元気そう!






この日はさくらちゃんご一家と、もう一人、姫路からお友達も来てくれました。
楽しい一日になりそうです


ここ太陽公園は、城のエリアと石のエリアに分かれていて、
石のエリアのみ、わんちゃんの入場がOKなんです。


もっとちゃっちいのかなと思っていましたが、どの彫刻もすごいんです!







国のチョイスはよくわかりませんでしたが、中国やエジプト、フランス、韓国などの
有名な建造物や人物の彫刻がたくさんありました。







さくらちゃんは、自由の女神様とツーショット撮影です。







圧巻だったのが兵馬俑の団体さんです。



















さくらちゃんも六華も、ちゃんと見ていました。











そしてここは楽しい写真がたくさん撮れます。





↑こんな所では…







二匹でひょっこりはん



池の向こうにあった昔の銀行では…





お金で遊べます。


















さくらちゃん、ナイスモデル







六華は穴にはまって落ちたって感じ。






この日の六華はいつもの遠近法でなくても、
さくらちゃんと並んで記念写真が撮れました。






紅葉もきれいでした。







おや?!
ピラミッドが見えてきましたよ。






これもよくできてる。






この日、撮った写真は356枚


なので、後編に続きます。






-つづく-





コメント

今年のコスモス

2019年11月12日 | Weblog
今年の藤原宮跡のコスモス、もう終わっていると思っていましたが、
お友達が「まだきれいに咲いてるよ~。」と教えてくれました。

ほんまや!










花が大きいし、すごく元気です。
亀岡のコスモスは、台風でかなり倒れたと聞きましたが、
それでもコスモスという花は、また立ち上がってくるんですってね。







旅行の疲れもすっかりとれたのか、六華はご機嫌です。











本当にこんな生き生きしたコスモスを見るのは、
久しぶりでした。






ごんパパ、抱っこが上手です。
六華は私がヘタクソな抱っこをすると、笑ってくれません







なので、これからも六華の抱っこは、ごんパパに任せようと思います










コメント (2)

伊勢~岐阜~名古屋旅行 -名古屋編-

2019年11月11日 | Weblog
最終日、名古屋へ行く前にどうしても行きたかった所へ。
一度見てみたかった、『名もなき池』、モネの池です。

朝早く到着したのに、結構な人が来ていました。

モネの池はとても透明なきれいな水で、
水草がはっきりと見えていて、鯉が優雅に泳いでいました。

美しいなとは思いましたが、写真を撮ってみたら
もうびっくりです。














誰が撮ってもモネの絵画のように撮れるんですって。
これは感動です。

六華は鯉が気になるのか、楽しそうに見ていました。





岐阜での最後の名所に、もう大満足でした


続いて、名古屋城へと
到着してまず驚いたのが、名古屋城周辺の、車の停め方です。
ありとあらゆる道路に、めちゃくちゃ路上駐車しているのですが、
道路交通法を守れば、駐車OKの箇所がいっぱいあるんです。

取り締まりの警察OBっぽいおっちゃんたちに、
「ここはどういうルールで停めてるんですか?」と聞いたら、
やっぱり交差点からは5m、道幅は3.3mとそれさえ守って、
駐車禁止区域以外なら停められるというのです。

ごんパパとア然としました。
これならパーキングチケット制にすればいいのに…と大阪人の私は思いました。

ぐるぐると何回も回って探しましたが、結局路上駐車できる所は空いていなくて、
公園のパーキングに停めました。
ま、これが一番安心ですけどね。


駐車するだけでめちゃくちゃ時間を食ってしまいましたが、
そこは名古屋名物で挽回です。

噂に聞く『金シャチ横丁』には、美味しいものがいっぱい。

















名古屋名物あんかけスパゲティ、予想以上に美味しかったです。


金シャチ横丁で、六華はお侍さんに捕まりました。
私は「姫ですぞ。」と言うと「姫でござるか!
あとで花魁行列があるから見ていくがよい。」だって(笑)






見ましたわよ。










さて、いよいよ名古屋城見物ですが、わんこはどうだ?と
入り口で聞くと、今日は混んでるからできたらカートで
お願いしたいところですが、リードでOKだと。

入ってみるとバーニーズが堂々と歩いていたので、安心しました(笑)
名古屋城!わんこOKで嬉しい











菊の季節ですね~。





犬山城の着ぐるみがなんで???





姫の顔ハメ、そばにいた小学生の女の子が殿になってくれました






天守閣が見えてきましたよ。












うぉ~!!!
立派だぁ~









六華と一緒に見られて嬉しかったな。







名古屋城は、お土産物屋さんやお食事処、カフェまであって、
めちゃくちゃ楽しかったです。
お店の外の長椅子で、お抹茶と和菓子をいただきました。


あっと言う間の3日間。
久しぶりの六華との旅行は、やっぱり最高でした。




きっとまた行こうね

コメント (2)

伊勢~岐阜~名古屋旅行 -岐阜編-

2019年11月08日 | Weblog
楽しい旅行の2日目は、松阪から高速を使って3時間と少しの移動です。
行先は岐阜県恵那市の明智町。
明和鉄道の明智駅から徒歩5分の所にある、『日本大正村』です。





地名の通り、そこは明智光秀ゆかりの地で、来年の大河ドラマで
撮影地こそはならなかったそうですが、観光客はかなり多くなると
言われています。

大正時代、明智町は製糸工場が多く、とても栄えていたそうです。
その工場や役場など、その時代のものが現存していて、
そこを巡るというのが観光の楽しみなんです。

到着したらもうお昼だったので、まずは腹ごしらえしようと、
駐車場のすぐそばにあった『大正村浪漫亭』へ行きました。
おしゃれなテラス席が見えたので、わんこOKかなと思い、
お店の方に聞くと「どうぞ、どうぞ、うちはわんちゃんにも矢絣を着て
街巡りしてもらいたいので、良かったらあとでレンタルしてみてください。」だって。


まずはご飯です(笑)
光秀ランチ、とても良かったですよ。
↓これにコーヒーとデザートがついています。





飛騨牛コロッケと朴葉味噌が最高でした。


わんちゃんのお水も用意されていて、「岐阜のお水はおいしいよ~。」と
六華に持ってきてくれました。


すごく満足なランチタイムをさせてもらい、
さて、さっき聞いた矢絣を見てみました。


ごんパパと即、レンタル決断しました。
めちゃくちゃ気に入りました。
そして、六華も嫌がらずに着てくれました。










ハイカラさんに変身した六華です。
さぁ、大正村に繰り出すよ~














六華、矢絣…なんか気に入ってる?


風情のある大正路地へ行ってみました。









少し坂道を上がると、役場がありました。
渋いです。






もう少し上がると、大きなお屋敷が見えてきました。
大正ロマン館です。















茅葺き屋根の旧三宅家や、昔の郵便局など、
見どころがいっぱいです。



















こんなインスタ映えするセットも用意されています。















六華、胸板が厚いので、若干襟元がパツパツなの






この矢絣のおかげで、3倍は楽しめたと思います。


ちなみに人間も2000円でレンタルがあり、
わんちゃんは1000円です。
小型犬から大型犬まで揃っていましたよ。


ハイカラ六華さん、楽しかったね






日本大正村は、想像以上に楽しい所で、
地元の方と素敵な出会いもありました



次は恵那市から土岐市に入ります。
ここは逆さ紅葉が有名な、一度行ってみたかった曾木公園です。
わんこは地に足をつけないのがルールです。







まだ色づき始めでしたが、ここがもうすぐ真っ赤になるんです。





そうなると、周辺の道路が激混みになるらしいです。
この日はゆっくり楽しめました。


なかなかきれいでしたよ。


























カートでもご機嫌な六華。





11月8日(金)から11月17日(日)までライトアップされるそうです。
ライト点灯時間は16:30頃~21:00ですって。


この曾木公園のすぐ向かい側に、『バーデンパークSOGI』という温泉施設があります。
日帰り温泉なので、入らない手はないでしょう


事前に下調べして写真を見たら、露天風呂が良さげだな~と思っていましたが、
予想以上に広くてきれいで、すごく良かったです。
室内にも岩風呂と、大きな檜風呂があり、
露天風呂は大きめのお風呂が二つに、一人ずつ入る五右衛門風呂タイプが
結構たくさんありました。
寝ころび湯もあったな~。
泉質が良くて、もうツルッツル
今回の旅行で温泉も楽しみにしていたので、ここもまた大満足でした。

温泉のあとは宿に向かい、六華にご飯を食べさせて、
ゆっくり一服してから、今度は私たちの食事に出かけました。
土岐に三井のアウトレットモールがあるんです。
そこで、ようやく食いしん坊夫婦の欲望を満たす
美味しいステーキを食べてきました


最終日は私がこの旅行で一番楽しみにしていた所から始まり、
そのあとは名古屋で遊んで帰る予定です。



-つづく-

コメント (2)

伊勢~岐阜~名古屋旅行 -お伊勢さん編-

2019年11月07日 | Weblog
このところ泊りの旅行になかなか行けなかったのですが、
ごんパパも私も思い切って休みを取り、2泊3日で三重と岐阜、名古屋へ
行ってきました。

初日はお伊勢さん詣りを主にしました。
まずは外宮、内宮のお参りの前に、二見が浦の清らかな渚で身を清めたと
言われる習わし『浜参宮』のそばの神社、『二見興玉神社』へ。










犬との旅雑誌に、ここは犬NGと書いてあったのですが、数年前に訪れた時も
神社の宮司さんに確認して入れてもらいました。
もう今はだめなのかな?と再び確認したら、「どうぞ一緒にお参りしてください。」と
快く入れてくださいました。








10月の不安定なお天気が、ここに来ていっぺんに安定し、
雲一つない秋晴れでした。


前回行かなかった、水族館の方に行ってみました。
『伊勢シーパラダイス』で有名な、あっかんべーするトドを、外から見られると
聞いていたのですが、水槽に物を投げ入れるフトドキ者がいたらしく
囲いをしてしまいました。
水族館は犬は入れませんが、夫婦岩に向かう『めおと横丁』は、カートなら入場できました。
反対側から神社へはいるのは、小学校の臨海学校以来でした(笑)







ここからだと、夫婦岩がめちゃくちゃ近い!







写真を撮り合いっこした、行きずりの旅行者の方が、
六華をとても気に入ってくれて、一緒に記念写真を撮らせてもらいました。
この女性の表情がすごく素敵で、私もいい旅の記念になりました。






めおと横丁も楽しかった♪






よくできてる夫婦岩。







赤福のお店、ここは穴場だと思います。






二見が浦でゆっくり楽しんで、外宮へ向かいました。
駐車場が日陰なので、安心して六華を待たせることができ、
ごんパパとお参りしてきました。






外宮の境内にある木のあまりの大きさに圧倒されます。
写っている人間と比べたらどれだけ大きいかわかりますよね。










外宮の近辺では何やら準備中で、なんだろう?と思っていたら、
2日後が全日本大学駅伝だったのです。
ちょっと日程がずれていたら、大変な混雑に遭うところでした。


外宮近辺の街並みもとてもレトロな雰囲気で、特にこの旅館は
ひときわ目立っていました。





食事を済ませ、最後はいよいよ内宮参拝です。
運良く、室内の駐車場に空きがあり、ここでも六華は
安全に車で待機していてもらえました。






昨今の台風で伊勢も被害が出たと聞いていましたが、
五十鈴川が氾濫したという情報が、その後あまり報道されなかったので
とても心配でした。
でも、この地域ではなかったのかどうかわかりませんが、
この日の五十鈴川はとても穏やかで、水も澄み渡っていました。





外宮でも内宮でも菊花展が開催されていました。
まさに11月は菊ですよね。






参拝者の数は、前回ゴールデンウィークに行った時の
半分くらいに思えました。





今回も頭を下げると、白い布がふわ~っと上がり、
天照大神様が「よく来たね。」とおっしゃっているようで
感動しました。
御朱印も3か所頂けて嬉しかったです。


ずっとお留守番だった六華を、少し歩かせてあげたいので、
今夜の宿がある松阪へ向かいました。
松坂城跡のそばに、『御城番屋敷』があると聞き、行ってみました。




松阪市は『阪』ですが、松坂城は『坂』なんですよね。
調べてみたら、松阪市はもともと『坂』だったのが、
明治22年の町制施行で『阪』に改定されたそうです。

松坂城の藩主は蒲生氏郷さんですって。
歴史オンチの私は誰?と思いましたが、随分立派な功績を残した人物だそうです。
もともとは織田信長の人質だったのを、こやつはできるやつ!と認められ、
織田家の一族になったそうです。

千利休が亡くなったあとの家族や関係者の面倒を見てあげて
のちに裏千家とか表千家とか作ったのも蒲生氏郷なんですって。

話が城主の話ばかりになりましたが、
その松坂城を警護するために、紀州藩から派遣されてきた人たちが暮らした所を
『御城番屋敷』というそうです。
今もそこには生活している方がいらっしゃいます。














もう夕方だったので、ひっそりとしていましたが、
とても素敵な石畳の城下町です。





この城下町の区画の中に、高校がありました。
すごく素敵です。







本日の観光はここまでにして、宿へ向かいました。
ごんパパと松阪牛を食べようと、宿のご主人に聞いたのですが、
100g5000円が当たり前で、お高いのと、脂が多い肉なので好き嫌いがあると…
ご主人はあまりお勧めしないと言うのです。松阪牛よりも、飛騨牛がお薦めだと(笑)

もう笑ってしまいましたわ。
この日は松阪牛は諦めました。


六華はお宿も気に入ったようで、ひとしきり部屋を探検したら
自分のお布団で落ち着いていました。









さあ、明日は岐阜へ向かいますよ~


-つづく-












コメント

久しぶりの嵐山

2019年10月30日 | Weblog
10月は『痛み』と向き合う1ヶ月になってしまいました。
1日に大学病院の口腔外科で受けた、親不知を抜く手術は
当日は本当に痛みも何もなく、問題なかったのですが、
病院から出ていた強めの鎮痛剤が切れてから、
ほぼ3週間、顎の骨、首、耳の下がズキズキ痛みつづけました。
抜糸に行った時に担当医に聞きましたが、
術後の痛みは人それぞれで、1週間で治まる人から
1ヶ月かかる人もいると言われました。
病院の鎮痛剤は胃にもかなりの負担がかかるので、
市販薬の緩めのものを…ということになりましたが、
まさか3週間飲むことになるとは思いませんでした。

谷瀬の吊り橋に行った時も、気が滅入るからお出かけしたかったので
鎮痛剤を飲みながらのランチとドライブでした。

孫の運動会があり、一生懸命ダンスやかけっこする姿に
癒されたり、石切神社の秋祭りが見られたりと
気分転換になることがあったので、なんとか乗り切れた感じがします。

10月の第4週目にようやく痛みから解放され、
もう嬉しくて、嬉しくて…

ごんパパも、「よし!楽しくお出かけだ!」と
先週末、久しぶりに京都へ行ってきました。

渡月橋付近は、ごん太と行った時以来だから何年ぶりでしょう。
テレビで見たり、友人からの話で、平日でも嵐山は歩けないくらいの
観光客だと聞いていたので、それなりの覚悟はしていました。

ただ、多かったけど、それほど大混雑でもないような気がして
いました。
謎はのちほど解き明かされるのですが、その時は
まぁまぁいけるやんと思っていました。

まずは一番行きたかった嵐電の『キモノ・フォレスト』
京友禅の林です。
昔、こんなんなかったもん。











ひゃ~、きれい~


六華も行きましょ














夜のライトアップが美しいと聞いていますが、
日中でも十分きれいです。
日本のお嬢さんたちがとてもよく似合う着物姿で
写真を撮っていました。










想像以上に良かったです。


次は竹林の小径を目指します。
途中、楽しいお店がいっぱいでした。












スヌーピーやミッフィー、リラックマと、キャラクターのお店が可愛い


竹林を歩いていたら、ごん太を思い出しました。
でも、この周辺もお店が増えて微妙に風景も変わっていて、
何よりも日本人を探すほうが難しいくらい、外国人観光客ばかり。
















それでも、友人がこれらの写真を見て、「何で今日はこんなに空いてるの?」
とSNSに書き込んできます。
実は、この日は時代祭りだったんです。
おそらく京都御所と平安神宮付近が激混みだったのでしょうね。


久しぶりの嵯峨野めぐりも、落柿舎までとしました。
いよいよ紅葉も色づき始めています。








お楽しみの昼食は、渡月橋を渡った所へ行ってみました。
美味しそうな茶そばに惹かれて、お店の人に外の長椅子で犬と
食事しても大丈夫ですかと聞くと、快くOKしてくださって、
テーブルまで運んできてくれました。








おかげさまで京都らしい美味しいお食事を頂けました。


午後からは松尾大社へ行ってみました。











ここは地面に足をつけなければ、わんこOKです。
『酒造の神さん』なんですね。

最近、お寺と神社はちょっと怖がる六華ですが、
ここは大丈夫でした。
もう七五三詣りに来ているご家族がいましたよ。


そして、今回最大の楽しみでもあり、六華のお友達を誘おうと思い、
その下見でもあった、同志社大学内にあるレストラン
『アマーク・ド・パラディ』に向かいました。
テレビで紹介され、テラス席はわんこOKと聞いていたので、
今度、お友達とランチしようと思っていました。
念のため、松尾大社を出発する前に電話して聞いてみると
最近大学側が、犬を禁止にしたと…
うちはかまわないんですけどね…と言うことでした。
残念~!!!!!

また、マナーの悪い人でもいたのでしょうかね。
がっかりです。


気を取り直して、最後に向かったのは
『清水寺』です。
六華もそろそろ疲れてきてたので、
あの恐ろしい坂は、ごんパパがカートを押してくれました。


もう夕方なのに、すごい人でした。
外国人観光客につかまる、つかまる(笑)





坂のあとには、階段です。
清水寺も地面に足をつけなければ
わんこOKです。

OKだけど、飼い主が大変


でもせっかく来たから、舞台の近くまでは頑張りました。







六華、終始ご機嫌です。
「姫は苦しゅうない。」ですって




今回は、ベトナム、フィリピン、スペインなどの外国人観光客と
触れ合うことができました。
私のようなただ単語を並べる片言の英語でも
そこそこ会話ができます。

六華を見て、「ベイビー?」と言うのです(笑)
「ノー、イレブン・イヤーズ・オールド」と言うと、
「マンス???」
「イヤーやで」
「オ~~~!ベリーキュート」
だって


自分も柴を飼っていると、スマホの写真を見せてくれた
外国人は二人いました。
一人はわんぱくそうな男の子柴で、
また別の人は白柴でした。

「ホワイト?」
と聞くと、めちゃくちゃ嬉しそうに、
「イエス!イエス!!!」とニコニコしていました。

六華の影響か、私も出かけた先でこうした
人との触れ合いがとても嬉しいし楽しくなりました。


六華は人と人をつないでくれる姫です





























コメント (6)

素敵なカフェと日本一のつり橋

2019年10月06日 | Weblog
SNSのお友達に教えてもらった、五條市西吉野の山の上にある
とっても素敵なカフェに行ってきました。

ナビの言う通り、ごんパパに運転してもらいましたが、
本当にこんな所にカフェあるの?と思うような
山の上でした。
でもね、絶妙なタイミングで看板が出てくるんです。

そして無事に到着して、駐車場から少し歩くと、
柿畑ばっかりの景色の中に突然現れた
素敵な建物が『カフェこもれび』さんでした。








事前にテラス席わんこOKと聞いていたので、
六華も一緒です。
そのテラス席からの眺めが素晴らしいんです。














少し身を乗り出して左方向を見ると、
以前六華と行った賀名生の梅林が見えました。






カフェ大好きの六華は、この笑顔です。





もうひとつ感動したのが、お料理の美味しさでした。










お店の前の花壇も素敵で、少し散歩できる道には
きれいなお花も咲いていました。








「ゆっくりして行ってくださいね。」とお店の方に
言っていただき、本当に贅沢な時間を過ごさせてもらいました。



大満足でランチをさせてもらい、この後、車で約1時間で行けるという
十津川村までドライブすることにしました。


テレビで何度も見た『谷瀬の吊り橋』は、もう圧巻です。








天気も良くて、山も吊り橋も川も、全部絶景でした。





六華と行ける所まで渡ってみましたが、
まぁ揺れる揺れる。








さすがに腰が引けてるので、1/3ほど行って抱っこして
記念写真だけ撮りました。






この前足の開き具合といい、力の入り方といい、
必死なのがわかります。






ごめん、ごめん、六華、ちょっと怖かったね。







でも、ずっと見ていられる景色でした。










帰りに大塔村の道の駅に寄りましたが、
気温は19度でした。


もう紅葉が色づき始めています。











もうすぐ秋本番ですね


コメント (2)

今年も案山子見てきました

2019年09月30日 | Weblog
明日香村の稲渕地区で毎年開催されている、案山子コンテスト。
彼岸花とのコラボ写真が撮れるので、
いつも楽しく見に行っています。

今年の案山子は、時代を感じるものがたくさんありましたよ。














山ちゃんと蒼井優ちゃんの案山子がとっても可愛い


彼岸花は時期がちょっと遅かったのか、
かなり少な目でした。

















棚田はとても鮮やかな緑色で、
さすがの規模だなと思いました。









黄色の彼岸花、ここ以外ではあまり見る機会がありません。






クロアゲハが遊びに来ていました。







今年の巨大案山子は、チコちゃんでした。






六華、ぼーっと生きてたら怒られるでー。






私は、この二つが好きです。











ちょっと左目が見えにくくなっている六華ですが、
楽しそうに歩いていました。


六華もお気に入りは私と一緒かな?






朝早めに到着できたので、お昼ご飯を奈良公園でとることにしました。


東大時に続く所に、『夢風ひろば』という小さなショップ街ができているんです。
テラス席を設けているお店があったのを覚えていたので、
その中でゆっくりと食事することができました。


せっかく奈良公園に来たので、ちょっと鹿さんにごあいさつを。















氷室神社にも行きました。












お役所が45億円かけて作った、今問題になっているバスターミナルも
見学してきました。






事前予約が要るのと、お客さんを降ろしたら、そのままそこで待機できないのが、
運転手さんからの不評で、ほとんど利用がないとニュースになっています。
確かに週末なのに1団体のみしかいませんでした。


そのバスターミナルの所に、なんとスタバが。











六華も一緒にテラス席でお茶しました。
地下通路を歩く時に、急に暗くなったせいか、
怖がって動かなくなったので、スタバの階段も
抱っこしないと無理かな…と思いましたが…






ここは、トントントンと上手に降りていました。
あいかわらずカフェが大好きな六華でした


コメント (2)

飛鳥光の回廊

2019年09月24日 | Weblog
週末、素敵なイベントに行ってきました。
二日間にわたって開催される『飛鳥光の回廊』です。

岡寺や石舞台で、夜とても素敵な景色が見られると聞き、
早くから予定していました。

その前にちょっと、ならまちの『御霊神社』へ。











どうしても期間限定のお月見御朱印が頂きたくて、
お参りさせてもらいました。




狛犬さんの足に括られている紐は、
家出人が出ないようにとか、女性にだらしない人の足を止める
という願いが込められているそうです。



いろんな願掛けがあるもんですね。


すっかり涼しくなったので、
ならまち散歩も気持ちよさそうな六華です。








ならまちから明日香までちょっと距離があるので、
あまりゆっくりしてる時間はありません。
開催当日の朝に、テレビで紹介されてしまったので、
きっとすごい人だろうな…と覚悟して向かいました。


まずは岡寺へ。
ここは駐車場が運良く空いていました。


拝観料を支払う、入り口からもうきれいでした。









手水舎には可愛らしい灯りが…






見て下さい、このカメラマンの数!






メインの傘のタワーは圧巻です。

















六華はお寺の鐘が鳴ってしまったので、
怖がってかわいそうなことをしました。





傘には彼岸花などが映し出される
プロジェクションマッピングも。









本当に素敵でした。


次に川原寺へ行きたかったのですが、車を停めることができませんでした。
でも、メイン会場である石舞台の駐車場に空きが出て、
ものすごくラッキーでした。





すごい数の灯籠です。
全部ロウソクなので、雨でなくてよかったです。









こんな数の灯籠の中、六華は嬉しそうに上手に歩いていました。














ステージでは二胡の演奏があり、より一層素敵な夜を演出してくれていました。









初めて行ったイベントですが、本当に良かったです。
秋の夜ならではですね

コメント (2)