ヒゲジイのアル中患者よもやま話

断酒を始めて早7年目。このブログは回復プロセスの記録と脳のリハビリを兼ねて綴っています。やはり、まだチョット変ですかネ?

久々に見た夢

2020-04-03 06:37:35 | 雑感
 あまり夢を見ない私ですが、久々にこんな夢を見ました。

 現役時代の私は、新薬の臨床開発マネージャーをしていました。担当していた狭心症領域の治験は遅れに遅れていました。治験促進のため、まったく初めての病院にも自ら出向くことが多々ありました。どうやら夢は、その頃の出来事のようでした。

           *     *    *
 循環器内科の受付窓口に行ってみると男性医師がカルテをチェックしていました。どうやらこの日に面談を予約していた中田Dr.(仮名)らしいのですが、まずこの辺りからしてあやふやです。

 そこへ女性医師がやって来て、いきなりこんなことを言ってきました。
「今度の学会の時、平泉に行こうと思って、・・・その旅費、どうにかなりません?」よくある学会旅費の無心です。
この女性医師、中田Dr.と一緒に治験を担当している世耕Dr. (仮名)らしいのですが、これもわかりません。
「直接のご援助はむずかしいのですが、・・・治験研究費からでも賄えるはずですよ」と、やんわりお断りしました。

 そこで場面が変わって、私は診察室に入っていました。実はこの日、両医師とは初対面でした。名刺入れを取り出して名刺を渡そうとしたのですが、・・・名刺入れにあったのは他人の名刺ばかり。肝腎の自分の名刺がないのです。

 名刺入れがパンパンに膨らんでいたので、まさか自分の名刺を切らしていたとは思ってもみませんでした。周りの空気が重苦しくなりました。

 すぐに気を取り直して、名刺を切らしていると正直に言えばいいのですが、いつまでもあたふた焦りまくって他人の名刺を一枚一枚確かめだす始末。
「(何をバカなことやってんだ!)」という自意識(?)の声で目が醒めました。

           *     *    *
 私が臨床現場を駆けずり回っていたのは、かれこれ25年以上前の話です。当時は、心臓カテーテルを用いたPCIによる根治療法がそこそこ広まっていて、内科医が薬だけでコントロールできる症例は少なくなっていました。

 そんな状況なので、治験が進まないのは医者でもない臨床開発担当者にはどうにもならないこと。当時は、治験の遅れに随分悩み、重苦しい雰囲気に散々苦しめられました。今でもたまに、あの当時を思い出しては苦笑いすることがよくあります。

 ところで、私も “3密” を避けるべく、AAのミーティングへの出席を見合わせ、好きな落語会や映画など大勢人の集まる娯楽も我慢しています。

 それ以外にも人の集まるところではマスクを付け、頻繁に手を洗うぐらいは気を付けていますが、毎日普段通りにゴミ拾いも続けるという甘々生活をしています。

 それでも、日々変わる新型コロナウイルスの感染者数には耳をそばだててもいます。そのことが知らずしらずにストレスを溜めることになり、このような夢を見させたのでしょうか?

 夢に出たどうにもならない重苦しさは、今の世の閉塞感に相通ずるように思えたのですが・・・。



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント

“仲間と共に” こんな意味も

2020-03-31 06:31:36 | 自助会
 前回も述べたことですが、AAのミーティングが休止となっても夙川の教会には毎週通っています。
 休止を知らずにやって来る人に備えての “立ち番” 役というのは実は口実で、
 生活リズムを保つためというのが正直なところです。
 今回の記事は、前回投稿した記事の “つづき” みたいなものです。

 私と同じように、3月第2週から3回連続で教会に通って来た人がいました。断酒歴4年のM 氏です。先週も、私に少し遅れてやって来ました。

 その M 氏、最初は夙川の桜がどんな開き具合か見に来たなどと言っていたのですが、そのうちこう胸の内を明かしてくれました。

「いや実はね、ミーティングでいつも会っていた人の顔を見ると、なぜかホッとするんですよ。
 それで今日も、誰か来ているんじゃないかと思って・・・」。

 仲間の顔を見るだけで安心するというのは私も同じ、これは事実です。

 AAには、“仲間と共に” という言葉があります。“言いっぱなし 聞きっぱなし” のルールの下、“仲間と共に” ミーティングを続けていれば酒が止まるという経験則を表わした言葉のようです。

 元々見ず知らずの赤の他人同士が集まるミーティング。そのミーティングで語る体験談というのは何のことはない、身の上話です。

 断片的な身の上話でも、何度か聞いているうちに知らずしらず親近感が湧いて来るもの、これは自然の成り行きです。そんな中で互いに仲間意識が醸成され、そのうち顔を見るだけでも安心できるというのは尤もなのです。

「私なんかは、定年退職した人が退職後も未練がましく会社の周りをうろつくみたいなものですよ。
 身に染みついた習慣は、なかなか変えられるものじゃない。
 現役時代は、そんなバカなと笑っていたんですがね。今はその気持、よくわかりますよ。」

 私がこんなしょうもないことを言っていたら、そこにチェアの Y 氏もやって来ました。自然に、ミーティングの再開時期をいつにするかという話題に移りました。

 “密閉・密集・密接” の3密を守ってミーティングを開くなどとても無理、感染者が出たら教会にも迷惑をかける。今の新型コロナの状況からみても、4月中の再開は、まず無理だろうということで意見が一致しました。

 後は教会側の判断次第、3月一杯のつもりが4月一杯? それとも5月一杯? やれやれ先は長いようです。



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント

強面の仲間にゴミ拾いを勧めてみた

2020-03-27 05:58:19 | 自助会
 既報のごとく、3月一杯AAのミーティングを休むと宣言した私ですが、以来、三宮には一度も行っていません。幸い夙川の教会の方も催し物の一切が休止となっています。

 それでも夙川には毎週通い続けています。公共交通機関を使わずに歩きだけで行け、せっかく身につけた生活リズムを保つのが目的の一つですが、会場が閉鎖中とは知らずにやって来る仲間に備えて “立ち番” 役をするためでもあります。

 その3月第1週のこと、休会になったことを知らずにやって来た仲間が1人いました。50代と思われる S 氏です。今回は、その S 氏の話です。

 彼は断酒歴が1年に満たないらしく、今まで発言を求める司会者の指名にパスを繰り返すばかり、ミーティング終了まで留まったためしもありません。会の半ばにいつも献金箱が回ってくるのですが、献金をし終えると即座に退出するのも彼の流儀です。

 何と言ってもこの S 氏、黒サングラスのシュワルツネッカー似というのが第一印象です。

 つまり、エラの張った顎、薄い唇、黒いサングラス、血管が浮き出た広い額、これらが揃って凄味のある強面(こわもて)なのです。この顔に、白いTシャツ、濃紺のジャケット、デニムのズボンときますから、もはや言うことありません。

 一度チェアの Y 氏に彼のニックネームを尋ねたことがありました。「シュワさんだったかなぁ?」と間違えたぐらいで、Y 氏もシュワルツネッカー似と思っていたようでした。

 さて、やって来るなりその S 氏、薄い唇に笑みを浮かべこう切り出して来ました。
「休み? よわったなぁ! その間、開いている所どこかありますかねぇ?・・・ここ(の会場)、2週間したら再開しますか?」

 一緒にいたチェアのY 氏が、同じ教区の教会はどこも閉鎖となったのでほとんどのミーティング会場が開いていないこと、会場の再開はこれからの成り行き次第でわからないことを説明しました。私の方も、それに付け加えてこう言ってみました。

「家に一人でいたらろくなことがない。行く当てがないならどうです、私みたいに道のゴミ拾いでもやってみたら? 人には喜ばれるし、暇つぶしにはもってこい。それに、慣れてくると無心にもなれていいですよ!」

 私のこの提案に、残念ながら彼気乗りしなかったようで、「さすがにそれは・・・」と苦笑いしていました。

 無理もありません、黒いサングラスをかけた強面が道でゴミ拾いなどやっていたら、道行く人に何事かと怪しまれるのがオチです。彼はちゃんと、自分の “見てくれ” を相当意識しているようでした。

 あれからもう3週間経ちます。S 氏は日々、どう過ごしているのでしょうか? ミーティングが再開され、私が司会となったらまた彼を指名しようと思います。

 チェアのY 氏によると、サングラスを外した S 氏の目はショボかったとか。今度はきっと、彼もパスせず発言してくれるでしょう。私は今そう確信しています。



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント

“空白の時間” 最近の凌ぎ方

2020-03-24 06:10:14 | 病状
 今回の新型コロナウイルス騒動、喧しいのはマスコミばかり。感染拡大抑止のため催し物・集会の自粛を呼びかける政府の要請が利いたのでしょうか、世の中微妙に静かです。

 私の住む市では、急遽休校となった小・中・高生の通学姿が見えなくなった以外、道を行き交う人にさして変化は見られません。毎日通う市役所でも、訪れる人の数はさほど変わってないようです。

 ただ、市内に感染者が出て以来、市役所ロビーで新聞を読む人がめっきり減りました。通行人もやはり減っているのでしょうか、道のポイ捨てゴミが目に見えて減っています。
(ゴミ拾いする人が急に増えたとは考えにくいのです。)

 ところで、さすがに今回はヤバイと私が感じたきっかけは、北海道で感染者が急増し始め、しかもその感染者が道内の互いに離れた地域で発生していたことでした。これでは身近に起こってもおかしくない、そう考えたのです。

 それで既報のごとく、週2回火曜・木曜の午後参加していたAAのミーティングを3月一杯欠席することに決めました。このことで苦手な “空白の時間” が発生しますが、それをどう凌ぐかが新たな課題となりました。

 午前中はいつも通りに行動することにしました。ゴミ拾いをしがてら毎朝市役所通いを続けていますし、その後市役所ロビーで新聞をじっくり読むことも相変わらずです。

 問題は昼過ぎにありました。濃厚接触の場となり得る市役所食堂を避け、昼食は自宅で、が習慣となりました。そして昼食後には、あまりTVを見ない私なのにそのままTVを見ることに。最近は「午後のサスペンス」にはまっています。

 ドラマでは、並べて中折れの携帯電話が頻繁に映るので10数年前の作品でしょうか、配役陣に懐かしい顔ぶれが並びます。さすがに主役級の女優名はまだわかるのですが、準主役級の女優名が思い出せなくて、もどかしいやらじれったいやら。

 かくて、“空白の時間” はどうにか凌いでいますが、“失われし女優の名を求めて” 悶々とした日々を送っています。
(オソマツ!

 今、地元兵庫県ではクラスターが3つも発生しています。皆様もどうぞご用心ください。



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント

“形から心へ” でもいい “ありがとう!”

2020-03-20 08:00:51 | 雑感
「いつもいつもキレイにしていただいて、ありがとうございます!」。

 道でゴミ拾いをしていると、見知らぬ方からよくこう声が掛かってきます。ただ “ありがとう!” 、とだけ言って通り過ぎていく人もいます。

 この一声だけで、たとえ歩き疲れて足が重くなっていても、もうひと頑張りしてみようという気になるから不思議です。
「いやいや、大したことはしていませんよ」。
大抵、私はこう応えることにしています。

 “ありがとう!”  世のため人のため、自分自身のためにしてくれる善意に、本来、誰もが口にすべき感謝の言葉のはずです。

 こんなに短い言葉だから、たとえ感謝の気持ちがさほどなくても気楽に声掛けできますし、受取った方も悪い気はしません。

 見知らぬ者同士、朝~夕に交す挨拶と同じようでチョット違う “ありがとう!”。言う方も言われた方も思わず笑顔になってしまいます。

“ありがとう!” こう声を掛けてもらえる機会が多くなった私は、ギスギスした世の中、トゲトゲしくなった人の心を和ませてくれる潤滑油だと実感しています。

 “形から心へ” でもいい、あなたももっと気楽に声掛けしてみたらいかがでしょうか?



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント (2)