ヒゲジイのアル中患者よもやま話

断酒を始めて早7年目。このブログは回復プロセスの記録と脳のリハビリを兼ねて綴っています。やはり、まだチョット変ですかネ?

高齢の長期断酒者にも痛いミーティング休止

2020-05-29 06:51:30 | 自助会
 先週の木曜日、大阪・京都・兵庫の2府1県が緊急事態宣言から解除されました。

 私はその日の昼、いつも通り夙川の教会へ行ってみました。ここで開くAAのミーティングは、3月以来休止になったままです。

 教会の事務所前のベンチに腰掛けていたら、背後の扉から人の気配がしました。振り返って見ると、チェアパースン(チェア)のY 氏がいました。見た目に変わった様子はなく、そこそこ元気そうでした。

 Y 氏と会うのは、4月の緊急事態宣言直前に1度会って以来のこと。彼には既にメールで、二人ミーティングをM 氏と続けている旨を伝えてあったので、久々に出向いて来たようです。

「どこにも出かけないものだから、足腰が弱っているし話す機会もまったくない。・・・買物のときレジで店員とちょっと話すぐらいなんだ」と、Y 氏。

 Y 氏は断酒歴18年の74歳。世間一般に外出自粛が定着したせいで、すっかり出不精になってしまったようです。会話をすること自体が久しぶりらしく、一人暮らしの彼にはボケの危険な兆候が見て取れました。 

「さて、これからだけど、6月一杯は休止を続けるとして・・・
他グループの様子を見ながらだけど、(感染拡大が)再燃するようなら最悪このグループの閉鎖もやむを得ないと考えている。」

 Y 氏は、続けてこうも言いました。

「オレは歳も歳だから、感染が怖いのよ。来年3月には(チェアの)引退ということも考えていたんだ。後はメンバーの1人として参加できれば・・・。」

 予想以上の弱気な発言に危うさを覚え、私の方は敢えて強気を装いこう提案してみました。

「このグループの閉鎖も? まぁ、2週間の潜伏期間を考えたら、休止は6月第二週まででいいのでは? Y さん、引き籠もってちゃ危ないですよ。司会が負担なら・・・。」

 丁度そのときM氏が合流したので、これ幸いにこう続けてみました。

「以前からMさんとも話していたんですが、司会が負担なら私らで代り番こにしますよ、ねMさん?」直ぐにM氏も同意してくれました。

「代り番こなら、司会ぐらいオレもやるよ」と、Y氏。

 これで一先ずやる気を出してくれたようで、彼は内心、やはり司会が負担になっていたらしいとわかりました。

 それからはミーティング再開に向けてどう取り組むか、前向きな話題に移りました。

「やはりマスク着用と手指のまめなアルコール消毒は必須、
3密を避けるため椅子の間隔を開け15名までに参加者を制限、
飲み物は各自持参で・・・」と、私は日頃考えていた感染防止の具体策を提案しました。

 出不精の半ば引き籠もりになっているものの、Y氏は、苦手のはずの “空白の時間” には既に折り合いを付けているようです。さすが断酒歴18年のヴェテランです。

 残る課題はボケ防止、それにはやはり “キョウイクとキョウヨウ” が一番と言います。AAのミーティングは、まさに “キョウイクとキョウヨウ” に当たります。

 グズグズしていてはダメ。Y氏にとっても私にとっても、一刻も早いミーティングの再開が是非とも必要、そう考えを改めました。
(その後、教会側が6月一杯の催し物休止継続としたため、AAのミーティングも休止継続となりました。)



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント

続 久々に見た夢

2020-05-26 06:26:04 | 雑感
 久々に変な夢を見ました。2週間ほど前のことです。

 断酒して6年半が経ち、普段、夢など滅多に見ない私が見た夢は、相も変わらず再飲酒の夢でした。
       *   *   *   *   *
 お店のレジで会計を済まそうと小銭入れを開いたら、
 中はサービス券で一杯だった。
 酒の無料サービス券だと、お店の人が言った。

 小さな缶ビールやらワインの小瓶やらが次々出て来て、
 直ぐに手提げカバンが一杯になった。
 挙げ句に、出て来る物がグラス一杯の現物の酒に変わった。

 仕方なくカウンターに移ってそこで飲んだ。
 酔いが回る感覚はなかった。

 カウンターの上に肴(つまみ)が吊してあった。
 右から2つ目を頼もうとしたが、名前が書かれていない。
 カワハギに似ていたが、そのことを声に出して言い出せないでいた。

 いつの間にか隣にK氏がいた。
 立飲み屋 “大安” で最も親しくしていた飲み友達だが、
 顔がぼやけてはっきりしない。

 振り返って手提げカバンの中を見たら、
 入れていた缶や瓶の酒類が
 すべてグラスに入った現物の酒に変わっていた。

 ここで目が覚めた。
       *   *   *   *   *
 夢から覚めたので起きてベランダに出、向かいのマンションを見たら、カラスが1羽、避雷針の尖った先端に停まっていました。雨降りならよく見かける光景なのですが、空はすっきり晴れ渡っていました。

 実はこの日の前日、久々にアルコール専門クリニックに電話していました。新型コロナ感染の懸念が強くあって、2ヵ月に1回の定期受診代わりにした電話でした。

 電話に出た相談員(ソーシャルワーカー)が言うには、外出自粛のストレスから再飲酒する人が多く、相変わらず多忙な毎日の由。院長が引退し、息子さんに代替りしたとも言っていました。

 前回とは違って、電話だけでは定期受診代わりにはならず、残念ながら再診扱いが終わりとなりました。夢は、この電話での話を引き摺ってのことでしょう、キット。



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント

逃した鯛は大きかった?

2020-05-22 05:50:30 | 雑感
 最近のスーパーは、外出自粛の要請に応えてチラシなどの広告を一切していません。それでも目玉商品はあるもので、それが店に行ってのお楽しみです。

 毎日フルーツサンドを買いに行くスーパーで、先日、これはという目玉商品が置いてありました。35 cm以上はあろうかという大きな鯛が丸ごと1匹1230円の値で、10匹ぐらい並べてあったのです。

 もちろん養殖物ですが、よくセールで見かける1匹980円の物とは格が違っていました。思わず手が出そうでしたが、土壇場で思い留まりました。

 家に帰ってそのことを相方に話したのですが、
「飲食店の仕入れが、コロナのせいで減ったからじゃない? 半身は切れ身、もう一方の半身は刺身、頭は甲煮がよく、三枚下ろしぐらいの調理なら頼めばやってくれるはずなのに・・・」と、残念がりました。

 それもそうだと、2時間ほど経ってから再びスーパーに行ってみました。が、既に三枚下ろしにした後の祭り、しかも、それぞれが割高になっていたので潔く諦めました。

 まさしく “逃した鯛は大きかった” を地で行った出来事でした。

 飲酒時代の私はアッサリ好みで、ほぼ魚一辺倒でした。特に刺身が好きで、贔屓にしていた立ち飲み屋ではマグロの赤身を毎日欠かさなかったほどです。

 そんな私がなぜ、あの時鯛を買うのを躊躇ったのか不思議でした。サイフの方は心配なかったのになおさらです。

 鯛を三枚に下ろして刺身にするぐらいは私にもお手のもの。頭を正中線に沿って真っ二つに切り分けることもできます。別居時代に身に付けた技で、技術的には何の問題もなかったのです。

 鯛を持ち帰ったら相方がどう反応するかなど他にも理由をいろいろ考えてみたのですが、結局、落ち着いた先は私の嗜好が一変したということでした。

 相方が言うには、最近の私は肉を一番好んでいるそうな。肉だと大層嬉しそうな食べ方だと言います。脂っこい肉をほぼ受け付けなかった飲酒時代を知っている相方だけに殊更なのでしょう。

 アルコールを一切断ってからというもの、体調が頗るよくなりました。その所為か、魚よりも肉の方に食の嗜好が一変したようなのです。

 年をとっても肉を好む人は長生きすると聞きます。私もその範疇に入れるのでしょうか? ひょんなことから自分の肉好きを自覚させられた次第でした。
(鯛を丸ごと買った場合、スーパーが無料で処理してくれるのは鱗と内臓の除去までのようです。ご参考まで。)



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント (2)

これって群盲評象?

2020-05-19 05:51:17 | 世相
 新型コロナの感染拡大、一先ずピークが過ぎたものの神経は張りつめたまま、まだまだ油断できません。今回は、そんな中での我が家の一コマです。

「古着・ボロ切れの回収が一時休止になったって!」と、私。
「えっ、知らなかったの?! コロナのせいよ、だから言ったでしょ!」
いつものことですが、相方の言い方は頭ごなしの冷たい口調でした。

 ある思い込みに囚われていた私は、それにカチンと来てしまいました。彼女の言い方には、額面通りには受け取れない言外の意図が聞き取れたのです。
(「何を今さら、遅れてるぅ! ゴミ拾いはやっぱり危険なのよ!!!」)と。
もちろん、已む無く休止しているゴミ拾いのことです。

「またまた、すべて自分の言うことは正しいってか?! ・・・
 ところで、何で知ったの?」と、私。
「ネットでよ。それが何か?」と、
これもまた人を見下したような相方でした。

「ネットには、イイカゲンな情報もあるから・・・。」と、私。
「すべて自分の言うことは正しいって?
 そう言うあなたこそそうじゃない?!」と、相方。

「オレの方は、マンション管理組合の掲示板を見ただけ。」と、私。
ここで止めればいいのについ余計なことも、
「・・・そんなに気に入らないなら、家を出て行ったら?!」
これで、相方は黙ってしまいました。
         *   *   *   *   *
 いやはや、ほんの些細なことから、とんでもない諍いになったものです。

―― 新型コロナ感染拡大の影響により、東南アジアの古着類再生業者が
   操業停止となったため、国内の古着類回収も一時休止となった。

 これが、二人に共通したニュスソース(情報源)だっただろうと思います。同じ情報源から得た情報の一端を、それぞれが受け取った印象のまま述べたに過ぎないのです。

 それぞれの関心度の違いから、相方の方は拡大解釈した原因を、私の方は単に結論だけを述べたまでです。言葉足らずだったため話が噛み合わなかっただけで、まさに、“群盲象を評す” でした。

 外出自粛で神経がささくれ立っている昨今、チョットした言葉足らずでも家庭内不和は起こり得ます。DVもこんな些細な言葉足らずが発端かもしれません。

 たとえ身内であっても一定の距離感が必要なこと、身を以て思い知りました。皆さんも、言葉足らずにはくれぐれもご用心を!



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント

世の中、人はいろいろ

2020-05-15 06:21:47 | 世相
 “捨てる人あれば拾う人あり” 世の中、人はいろいろです。先週の連休最後の日に、こんなことがありました。

 先ずは早朝6時過ぎ、いつものようにヴェランダに出て一服していたときのことです。

 100 mほど離れた公園脇の歩道を、一人の男が歩いているのが見えました。歩道の両側には植え込みが茂っています。

 その男、何の躊躇いもなく、手に持っていた白い袋を植え込みの上にホイと放り投げ、辺りを見回しもせずそのまま立ち去りました。白い袋は明らかにゴミの入ったレジ袋でした。

 男は黒のTシャツ姿。辺りは緑の植え込み。それらをバックに袋の白さがやけに目立ちました。

 30分後に再び同じ方角を見たら既に白い袋はなくなっていました。誰かが始末してくれたのでしょうか?

 同じ日のお昼前、モヤモヤした気分を晴らそうと、買物がてら散歩に出かけました。

 少し遠回りした方がいいかと、向かった先はゴミ拾いコースだった(?)バス通り。ここには車道と歩道との間に人工の “せせらぎ” があり、私のお気に入りコースです。

 この “せせらぎ”、途中プール状になった少し深めの所が2ヵ所あり、10数匹の錦鯉が飼われています。

 アオサギが偶にやって来ることもあり、この2ヵ所だけは上にネットが被せられています。水草や水藻がすぐに殖え、ヘドロ状のものもよく浮いています。

 そのプール状の1ヵ所で、釣り用胴長ズボンを履いた1人の男性が水に入って何か作業をしていました。見ると、ネットを片側に寄せ、両岸の石積み部分に生えている雑草を取り除いる最中でした。

 嬉しくなって私の方から声をかけてみました。

「やぁ、あなたでしたか?! どなたかが掃除して下さっていると思っていましたが・・・。」
「見て見ぬ振りもできないのでね。ゴミ拾いのあなたみたいに毎日はできないですが、少しでもキレイになってくれればと思ってね。」どうやらこの男性、私の活動を知っていたようです。
「いや私の方は、ゴミを介して(新型コロナが)うつるんではと、今しばらくは自粛しています。」少しバツの悪い思いの私でした。

 2ヵ所の内、ここはいつも水藻が少なく、キレイなことが不思議でした。その疑問が半ば解けたのです。お互いエールを交換してお別れしました。

 その前の週にもこんなことがありました。もう一つのプール状の所で、岸に上げた水草をゴミ袋に詰めていた男性を見かけたのです。何でも手作りの道具を使い、ネットの隙間から水草や水藻を少しずつ取り除いているのだそうです。

 また、この “せせらぎ” の上流部分にはもう1人の男性がいて、毎週のように川底を浚ってはヘドロ化した水藻を取り除く作業(ドブさらい?)をしています。

 少なくとも、この “せせらぎ” だけでも3人の同志がいるのです。彼らは皆、私と同年配。そのことが確認できて心強いやら、嬉しいやら、モヤモヤした気分が一気に晴れました。

 さて、それからです。主目的のフルーツサンドを買いにスーパーへと向かいました。

 スーパーでは、わらび餅がいつもより30円も安くなっていました。その安さに目を奪われ、つい3パックも買ってしまいました。

 これはこれでいいのですが、肝腎のフルーツサンドを買うこと、すっかり忘れていました。しかも、このことに気づいたのは帰宅してからです。ヤレヤレ

 下手に浮き浮きした気分でいると、思わぬ落とし穴が待っているものです、ネ?



ランキングに参加中です。是非、下をクリックして順位アップに応援お願いします!
クリックしますと、その日の順位が表示されます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
    ↓      ↓
コメント (3)