★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

アーティスト

2012年04月08日 | ★★★★(4/5)

【THE ARTIST】 2012/04/07公開 フランス 101分
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル

温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采――

1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティンは、新作の舞台あいさつで新人女優ペピーと出会う。その後オーディションを経て、ジョージの何げないアドバイスをきっかけにヒロインを務めるほどになったペピーは、トーキー映画のスターへと駆け上がる。一方ジョージは、かたくなにサイレントにこだわっていたが、自身の監督・主演作がヒットせず... (シネマトゥディより)

サイレントからトーキーへと変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤と愛をモノクロ映像でつづるサイレント映画。監督は『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』のミシェル・アザナヴィシウス。第84回アカデミー賞で監督賞、主演男優賞、作曲賞、衣装デザイン賞受賞。

2本立てのやりくりができなくて一日遅れで観てきました。アカデミー作品賞をとったから地元でも上映されたんだと思います。サイレント映画だからなのかモノクロ映画だからなのか、お客少なーいっ。しかも年齢層高し!! しかも昨日のブルース映画よりも小さいスクリーンだった、、、。

うーん、なるほどアカデミーのおじいちゃんたちが好みそうな作品ですな。まずモノクロ映画なんて劇場で観る機会もないし、ましてサイレント映画なんてDVDで何作か観ただけであまり馴染みがない。でも映画には変わりはないわけで、観てしまえばサイレント映画の魅力に引き込まれてしまいます。まさに映画の原点ともいうべき作品でした。

ほとんど字幕は出ない、俳優さんの口の動きからもセリフはわからない...。でも、これが不思議と何を言ってるか雰囲気でわかってしまうんですね。想像のセリフが頭の中で日本語変換されてました。また音楽が素晴らしい。登場人物たちの心情を現すような音楽なのでさらに理解しやすくなるのです。

ジョージの奥さんは何だったの?ってなくらいあっさり退場。運命的?な出会いをしたジョージとペピーのロマンス。ジョージが落ちぶれちゃった後も静かに見守るペピーがいい。火事にあった時、ジョージが大切に持っていたフイルムの映像にはホロリとさせられました。で、何と言ってもジョージの運転手兼執事のクリフトンがいいー!! 背が高いし運転手姿が素敵だったー。あ、質屋のおやじが荒井注!!!

忘れちゃイカンのが、犬のアギー!! いや~ん可愛すぎ。バンと言われて死んだふりするのがキュート。常にジョージの側にいて映画までおとなしく鑑賞(笑)。緊急事態の時にお巡りさんを呼びに行くシーンが印象的。近くにいたおばさん、あれは“早く、早く行きなさいよっ”と言ってたんだろうな。ここまで素晴らしい演技をするとは...ぜひアカデーミーも動物の賞を作ってほしいと思いましたよ。

作品賞獲得したのは文句はないです。映画愛も感じたし素敵な作品でした。
でも個人的には『ヒューゴの不思議な発明』のほうが好み、感動が大きかったかなー。

★★★★★ アギー


よろしければポチッとお願いします♪

ジョージを演じたジャン・デュジャルダン、どこかクラーク・ゲーブルを思わせる雰囲気、それとふとした時に若い頃のショーン・コネリーにも似てると思っちゃったのね。見終わってから気づいたのですが、カフェオーレ~ではコネリーボンドなスパイを演じてたのです。ちなみにベレニス・ベジョも出演。かなり50年代の手法を意識した作りで未公開作品ですが007シリーズファンは必見!!

アーティスト コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ジャン・デュジャルダン,ベレニス・ベジョ,ジョン・グッドマン,ジェームズ・クロムウェル,ペネロープ・アン・ミラー
ポニーキャニオン
  アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]
ジャン・デュジャルダン,ベレニス・ベジョ,ジョン・グッドマン,ジェームズ・クロムウェル,ペネロープ・アン・ミラー
ポニーキャニオン
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇場版 SPEC ~天~ | トップ | 「移転1年♪」 »

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
作品賞 (まっつぁんこ)
2012-04-08 16:55:59
アカデミー作品賞の作品は、いつも何でこんなつまらないのが受賞するんだろうと思う。(笑)
選定委員が偏ってるからしかたないんですね。
観客少なく“しかも年齢層高し!!”は当然でしょう。
そこそこ面白かったけど、作品賞というほどの作品には思えませんでした。
こんにちわ (にゃむばなな)
2012-04-08 17:03:34
サイレント映画の面白さが詰まっているだけならアカデミー受賞はなかったでしょうが、サイレントにトーキーを組み込むこのセンス。
こんな凄いことをやられちゃ、そりゃおじいちゃんたちでなくてもオスカーをあげたくなりますよ。
Unknown (えふ)
2012-04-08 20:36:10
作品賞獲ったわりにはお客さん少なくてアレ?ってかんじでしたね。
しかもアカデミーのおじいちゃんたちがもろ好みそうなかんじで~
でもモノクロサイレントでも素敵な作品でしたわ。
こんばんは (KLY)
2012-04-08 21:45:36
観る人の素養によって微妙に感じ方が変わるのがサイレント映画なのでしょうね。だから大筋同じでも細かい部分は人それぞれ。今回はシンプルな物語に徹することで監督が意図する「今の世の中にサイレントで映画を感じて欲しい」ということがなされていたと思います。
それにしてもあのラストは見事。単に昔のサイレント映画ではなくやはりこの作品は現代の映画ですね。
Unknown (mig)
2012-04-08 21:49:54
観たね♪

>なるほどアカデミーのおじいちゃんたちが好みそうな作品ですな。

だよね、おまけにフランス映画受賞快挙といっても
ハリウッド舞台で、ハリウッド俳優も沢山でてたよね。
アギーちゃんもっとみたかったナ。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2012-04-08 22:49:58
いかにも受賞しそうだなとは思いましたけど、受賞しただけあるなーとまではいきませんでした。良かったんですけどね^^;
そろそろ選定委員も新しくしたほうがいいのかもしれませんね。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-04-08 22:51:31
こんばんは♪
私も最後にトーキーを入れた所はうまいなーと思いました。
えふさんへ (yukarin)
2012-04-08 22:53:41
初日に観たえふさんトコも少なかった?
作品賞とってもサイレントは興味の対象外なんですかねぇ。
KLYさんへ (yukarin)
2012-04-08 22:59:39
こんばんは♪
ただ昔のサイレント映画を作ったというのではない所がいいですね。
映画を感じて欲しい...まさにその通りですね。
migさんへ (yukarin)
2012-04-08 23:01:33
観る前はフランスが舞台なんだと思ってたら、実はハリウッドだったという...
アギーちゃん、ほんと可愛かったね~。
ほんと!もっと見たかった♪
荒井注! (ノルウェーまだ~む)
2012-04-09 00:06:19
yukarinさん☆
おかしー!!質屋のおやじ、全く記憶にないけど、荒井注だった?ウケた~~っ

「ヒューゴ~」のほうが好きなのね。やっぱりロボット出てくるから?
アギーは健気で可愛いね。運転手さんとおなじくらい健気☆
そうそう。 (オリーブリー)
2012-04-09 00:50:35
こんばんは。

質屋のオヤジもおばさんも何を言ってたかセリフが頭に浮かぶんだよね~。
もうね、アギーが本当に可愛かったワン♪
こんばんは (dai)
2012-04-10 01:04:41
アギーは本当に巧かったですよね。
最優秀賞を獲たのも納得です。
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2012-04-10 16:12:15
オスカー獲ったから混むかと思ったら、初日なのに、お客さん少なく、年齢層高く(人のこと言えませんが・笑)しかも男性が多かったです。

アギーのバンは、ほんとキュート!家で飼ってたら、何回もバンしちゃうかも(笑)
好みが合うyukarinちゃんなのに、久々に意見が
分かれたわ(笑)私は、ヒューゴより、アーティスト派だから(^^)

カフェオーレ~は、コメディですよね。面白そうだから、観てみたいな♪

もうすぐドームだね~♪
ワクワク~~♪♪
ワンコ (マリー)
2012-04-10 20:20:33
移転1年、おめでとう~~♪
コメント入れられなかったからこっちに・・・
ヘンなTBもこないし~いいよね~。私も満足してま~す。ただ動画の貼り方とアフリエイトが分からず・・・><;

で、映画ですが~
私もやっと観てきたよ~。
面白かった!なんといってもワンコが最高~!
本当に可愛かった!!
あんなワンコ飼いたいわぁ。
今、書いてるとこなのでアップしたらTBいただきに参ります~
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2012-04-10 21:53:46
こんばんは♪
荒井注に反応してくれてうれしい~(笑)
なんか似てたんですよ。

ヒューゴもアーティストもどちらも素敵なんですけどメリエスかなぁと。もちろんロボットもですけどね^^

んもーアギー可愛い可愛い。
演技もうまいしバン!とやってみたいです。
オリーブリーさんへ (yukarin)
2012-04-10 21:57:39
こんばんは♪
そうそう、こんなこと言ってるんだろうなーと浮んできますよね。
アギー、ほんっと可愛かったワン♪
死んだふりキュート!
daiさんへ (yukarin)
2012-04-10 22:02:30
アギーの中に小さいおじさんでも入ってるのかと思うくらい芸達者なわんちゃんでした。
ひろちゃんへ (yukarin)
2012-04-10 22:06:25
こんばんは♪
あまりオスカーは関係ないみたいですね。
やはりサイレントだから敬遠されちゃうのかな。

とにかくアギーが可愛かったですねー。
私もアギー欲しい!

アーティスト派なのですね。
今回はひろちゃんとは意見がわかれちゃった。
でもどちらも素敵な作品なんですけどね。

カフェオーレ~は面白いです。
好みにもよると思いますけど私は好きでした。
また観たくなっちゃったー。

ドームもう!もうすぐです~どうしよっ(笑)
マリーさんへ (yukarin)
2012-04-10 22:13:05
こんばんは♪
あ、どうもです。この時期に移転された方多いんですよねぇ。
私も動画とかわからないかも、、、
アフィリエイトは制限あるんですよねぇ。
でも快適快適^^

アギーみたいなワンコ欲しい~。
本当にうまいですよねぇ~最高でしたわー。
アギーちゃん (yue)
2012-04-13 17:42:29
yukarinおはようございまーす!

この作品で気になったのはアギーちゃん。ふふ
そんなに可愛いのか~♡yukarinさんが欲しいってことはよっぽどなんだなぁ。
マリーさんにも書いたとこなんだけれど、クラスメイトにゆえの犬に似てると言われおや?!と思って調べてみたら
フォックステリアとちょっと似てるジャックラッセルだったみたい^^
ティーファのほうがもっともさもさかな^^
犬ってかわいいね~☆
yukarinさーんいつもありがとう!!
Have a nice weekend :)
yueさんへ (yukarin)
2012-04-13 23:44:20
今はこんばんはーっ。
アギーちゃん可愛い~。
でもティーファちゃんも同じくらい可愛いんですけどね。もさもさ具合がキュート。
フォックステリアもジャックラッセルも似てるから私にはごっちゃになってるかも^^;
最近はわんこにもハマってしまったワタクシです。
Unknown (FREE TIME)
2012-04-15 21:52:55
こんばんは。
自分も「ヒューゴの不思議な発明」の方が自分好みの作品でした。
でも、3DやCG全盛の今だからこそ、サイレント、モノクロ映像の映画こそが原点なのだと言う事を認識する作品でもありました。
こんにちは☆ (tomoco)
2012-04-20 10:47:13
クリフトン、ジェームズ・クロムウェルよかったよね~
彼が出てるの知らなくてオープニングのクレジットで見つけてびっくり、
マルコムと並んで意外にハリウッド俳優も出てるのね、って思ったり。

ジャンのコネリーボンド面白そう♪
カフェオーレ~気になるぅ!笑
FREE TIMEさんへ (yukarin)
2012-04-20 12:55:51
こんにちは♪
FREE TIMEさんもヒューゴ派?
こちらも素敵な作品なんですけど好みですね。
今だからこその作品ですよね。
映画の原点を観た!という感じでした。
tomocoさんへ (yukarin)
2012-04-24 00:01:02
こんばんは♪
フランス映画だけどハリウッド俳優が結構出てますよね。

カフェオーレ~、好みによると思いますが私はかなり楽しめました。
おひまな時でもぜひ!
Unknown (ryoko)
2012-04-24 23:28:09
yukarinさん、こんばんは。
質屋のオヤジの荒井注似のおじさんは、おバカ映画「ボラット」で強烈な個性をサシャ・コーエンと争っていた人です。
アギーの演技が光ってますね。
うちのわんこも「バン!」で死んだふりだけできますよん。
私も「ヒューゴ…」派です。
おはよう^^ (みすず)
2012-04-27 08:37:55
字幕がほとんどないから、何を言ってるのかわからないけど、ほんと不思議とわかっちゃうよね^^
想像するのって楽しい!
とっても面白かったです♪
アギーがめちゃキュートで賢くて^^
良かったわ~^^

荒井注(爆)確かめたくなったわ^^
ryokoさんへ (yukarin)
2012-05-04 00:12:49
こんばんは♪
あのおじさんは「ボラット」に出てた方ですかー。忘れてた!
ryokoさんちのワンちゃんも死んだふりできるとはうらやましい。一度やって見たいです。
ははは、ヒューゴ派ですかー。
みすずさんへ (yukarin)
2012-05-04 00:15:03
普段は字幕に追われながらの鑑賞なので、これが本来の映画の楽しみ方なのかなーと思ったりします。
何となくでもわかるのが楽しいですよね。
アギー良かったですよね~
ほんと可愛い、キュート。
どひーっ闇討ちされたらどーしましょ (q  vUo・ェ・oU ィェーィ♪)
2012-05-10 20:57:39
どっひゃーんと
シンプルそしてダイレクト
ハートに潜り込むより先に
視覚効果で来た~~
そして 名作へのオマージュ
テクニックとか、音楽とか
ある種類の「これどーだっ?!」
っていう宝探しテイストが上手い
でも・・・1番 
素敵だと感じたのはアギーだったわ
あの目・・・(〃^)(*^-^*)ゞ
なんて。こんなコト言ったら
アカデミーのお方達に闇討ちされたらどーしよぉぉぉ
qちゃんへ (yukarin)
2012-05-11 11:40:23
私もアギーが一番良かったよ(笑)
素敵な作品だけれどもね。

>アカデミーのお方達に闇討ちされたらどーしよぉぉぉ
大丈夫。みんなお年寄りだから...^^;
Unknown (Nakaji)
2012-06-05 22:56:16
私もヒューゴのほうが好きだったんだよね~
なんか感動がヒューゴのほうがあったんだよね~

アギーが一番良かったよね~
Nakajiさんへ (yukarin)
2012-06-06 13:28:24
どちらも良い作品だけど好みはヒューゴだよね!
感動もヒューゴ。

アギーはほんと可愛かった~。
芸達者なわんこだワン。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アーティスト (Akira's VOICE)
人生は悲しいが美しい。  
アーティスト (あーうぃ だにぇっと)
アーティスト@東商ホール
「アーティスト」 映画の進化 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
『アーティスト』 (こねたみっくす)
どんなに時代が変わっても変わらぬ愛がここにある。 第84回アカデミー賞でフランス映画として史上初の作品賞受賞に輝いたこの映画は、オシャレでロマンティックで映画愛に溢れた大 ...
『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて (SOARのパストラーレ♪)
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独...
『アーティスト』の画期的なところは何か? (映画のブログ)
 こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...
あの仕草、あの表情。『アーティスト』 (水曜日のシネマ日記)
サイレントからトーキーへと移り変わる時代のハリウッドを舞台にスター俳優の栄光と挫折を描いた作品です。
アーティスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(18) 内容はいたってシンプル。でも、そこがいい!
『アーティスト』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: THE ARTIST 監督: ミシェル・アザナヴィシウス 出演: ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞を席巻した本作。 当然観に行きます! 久々に自力で当選....
アーティスト (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優 の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。 フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみ ならずアメ...
映画『アーティスト』 (健康への長い道)
 本年度アカデミー賞で作品賞他、最多5部門受賞。話題のフランスのモノクロ・サイレント映画です。でも、TOHOシネマズ梅田のシアター9は、空席の方が多いですね。 Story 1927年、サイレント映画全盛のハリウッド。大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジ...
映画レビュー「アーティスト」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Artistクチコミを見る◆プチレビュー◆甘く切ないラブストーリー「アーティスト」は、映画愛に満ちた傑作。サイレントを現代に蘇らせた意欲作だ。 【95点】 1927年のハリウッド。 ...
アーティスト (心のままに映画の風景)
1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 ジョージの何げないア...
アーティスト (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】時代の変化についていけない主人公が犬
アーティスト/ THE ARTIST  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳優....
映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...
アカデミー賞 5部門獲得の映画「アーティスト」日本版 予告編が、最悪にダメダメな件について(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
既に、2回この予告編を観ているが、なぜか「とても嫌い」(笑) 一度観た時に「なぜだろう!」と感じた理由を検証するつもりで、2度めに向かいあった瞬間に即そういうモードに切り替えた。 にもかかわらず、不快感が先に立ちすぎて結局、判断できず! 当ブログでは...
アーティスト (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Artist監督:ミシェル・アザナビシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル・・・サイレント映画って・・・まるで魔法だわ!
アーティスト/The Artist (LOVE Cinemas 調布)
新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、...
『アーティスト』 (ラムの大通り)
(英題:The Artist) ----これって、噂のサイレント、モノクロ映画だよね。 アカデミー賞にもノミネート…。 「うん。 フランス映画なのに、 外国語映画賞扱いじゃないのはなぜ? なあんて、最初は思ったけど、 なるほど、この映画はサイレントだから どう転んでも“外...
アーティスト (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
無声映画といっても音楽や効果音はしっかり入っている。登場人物の考えていることもしゃべっていることも全部わかる。これほど映画の表現の豊かさを体感できるのは本当に楽しい。一番の名シーンは、ぺピーがジョージの楽屋に入って彼の上着に片腕を通した一人抱擁だろう。...
ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』(THE ARTIST) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞(サイレントなので字幕カード)に触れています。モノクロでサイレント(無声映画)作品で見事、第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞など5部門を受賞した『アーティスト』(サイレント
「アーティスト」無声の声 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
モノクロで無声映画。 まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。
「アーティスト」声なき憧れの演技俳優スターの窮地を救った女優の憧れの人との声なき夢の共演 (オールマイティにコメンテート)
「アーティスト」は1920年代のサイレント映画を舞台にサイレント映画のスター俳優に憧れた女優が女優として駆け上がる途中でスター俳優が挫折し絶望に追い込まれたスター俳優を救う ...
アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない! (労組書記長社労士のブログ)
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ~(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞....
アーティスト (Memoirs_of_dai)
最優秀俳犬賞は伊達じゃない 【Story】 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...
★アーティスト(2011)★ (Cinema Collection 2)
THE ARTIST 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 上映時間 101分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/07 ジャンル ロマンス/コメディ 映倫 G 【解説】 フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズ...
『アーティスト』 ('12・初鑑賞42・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:40の回を鑑賞。
[映画『アーティスト』を観た(前編:4コマ漫画)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「こ...
劇場鑑賞「アーティスト」 (日々“是”精進! ver.A)
この世は、音で溢れている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204110002/ アーティスト オリジナル・サウンドトラック サントラ ローズ・マーフィー SMJ 2012-04-11 売り上げランキング : 58450...
『アーティスト』 (pure breath★マリーの映画館)
君と出会って、世界は再び色づきはじめる。 『アーティスト』 監督・脚本・編集・・・ミシェル・アザナヴィシウス 出演・・・ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロー....
アーティスト      評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
1920年代、映画がサイレントからトーキーへと移行する時期のハリウッドを舞台に、サイレントの大スターとトーキーの新進女優の恋物語を情感豊かに描くモノクロサイレント映画。出演は、本作でカンヌ国際映画祭男優賞受賞のジャン・デュジャルダン(「ブルー・レクイエム」...
アーティスト (to Heart)
原題 THE ARTIST 製作年度 2011年 上映時間 101分 製作国・地域 フランス 脚本:監督 ミシェル・アザナヴィシウス 音楽 ルドヴィック・ブールス 出演 ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ペネロープ・アン・ミラー...
アーティスト (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“シンプルだからこそ伝わる情感の豊かさ”この映画、第84回アカデミー賞の作品賞など5部門を受賞し話題になっているのでご存じの方も多いかと思います。この作品はモノクロでサイレントということでも注目を集めていましたね。 ストーリーは、大きな転換の波に...
アーティスト/ジャン・デュジャルダン (カノンな日々)
第84回アカデミー賞を席巻したモノクロ・サイレント・ムービーのフランス映画です。でも物語の舞台はパリではなく映画の都ハリウッドです。サイレントだから外国語映画部門にはな ...
アーティスト(2011)☆☆THE ARTIST (銅版画制作の日々)
 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 好き度:=80点 すみません!いきなりわんちゃんです。本当に演技が上手いもんでびっくり!このわんちゃんがこの物語のポイントとなってとても素敵な流れを作っていました。 サイレント映画って多分初めてだと思う...
*アーティスト 感想* (★ Shaberiba )
全編がモノクロ&サイレントで贈る第84回アカデミー作品賞受賞作品。
アーティスト (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『アーティスト』  (2011) 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。 その後オーディシ...
アーティスト / The Artist (勝手に映画評)
2012年の第84回アカデミー賞で作品賞、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞、衣装デザイン賞を受賞。映画がサイレントからトーキーに移り変わる頃を舞台に没落するサイレント時代のスター俳優と、トーキーの隆盛とともに...
アーティスト・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
サイレントの夢よ、永遠に・・・ 「アーティスト」は、1920~30年代のハリウッドを舞台に、トーキーに対応できず、時代に忘れられてゆく主人公と、反対にその声を武器にスターダムを駆け上がってゆく若き女...
映画「アーティスト」 (FREE TIME)
注目の映画「アーティスト」を鑑賞しました。
アーティスト (悠雅的生活)
映画という芸術。腹心の友。口元のほくろ。
アーティスト (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月13日(金) 20:30~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『アーティスト』公式サイト サイレントのスターが、トーキーとともに凋落。 一方トーキーの幕開けでスーパースターになった娘。 この娘は、何故かサイレントの...
芸術家は死なず~『アーティスト』 (真紅のthinkingdays)
 THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢見るペピー ・ミラー(ベレ...
アーティスト/THE ARTIST (いい加減社長の映画日記)
地味っぽくて、どうしようかと思ったけど、やっぱりアカデミー賞だしなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1927年のハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、ふとしたハプニングで彼のファンで女優志願のペピー・ミラーと出会....
『アーティスト』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミ...
『アーティスト』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
 『アーティスト/ The Artist 』 今年のアカデミーで作品賞、監督賞、主演男優賞、他5部門を受賞。 オスカー授賞式で見たジャン・デュジャルダンが素敵だったし、 期待は高まる。     1927年のハリウッドで、サイレン
今、白黒サイレント映画を! (笑う学生の生活)
13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・ アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など 5部門受賞した....
アーティスト  The Artist (映画の話でコーヒーブレイク)
時代の変化は加速度を増し、「10年ひと昔」ではなく「2~3年、ひと昔」の昨今、 果たして時代の波についていけるか?とときどき不安を感じます。 最近はテレビ番組やラジオでも、facebookやツイッターに連動したり、 twitterのハッシュタグだの、「いいね!」だの、ポ...
「アーティスト」 (或る日の出来事)
このくらいの話って「並」じゃないですか?
アーティスト (みすずりんりん放送局)
 『アーティスト』を観た。  【あらすじ】  1927年、ハリウッド。  トーキー映画の登場により、サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は落ちぶれ、エキストラだったペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)が人気女優に。 ....
アーティスト (こんな映画見ました~)
『アーティスト』---THE ARTIST---2011年(フランス)監督:ミシェル・アザナヴィシウス出演:ジャン・デュジャルダン 、ベレニス・ベジョ 、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル フランスで人気のスパイ・コメディ「OSS 117」シリーズのミ....
アーティスト THE ARTIST (まてぃの徒然映画+雑記)
今年のアカデミー賞受賞作は、サイレント&モノクロで話題をさらったこの映画でした。 サイレント映画のスター、ジョージ(ジャン・デュジャルダン)が、ちょっとしたアクシデントで彼の大ファンで女優志望のペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。ペピーはエキストラか....
アーティスト (Said the one winning)
サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤 (かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリ カの映画賞をも席巻。芸術家...
「アーティスト」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
口元の付けほくろ。 サイレントからトーキーへ。 アーティスト。
アーティスト (pure\'s movie review)
2011年 フランス作品 101分 ギャガ配給原題:THE ARTISTSTAFF監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウスCASTジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ・クロムウェル劇場で観れてよかった。サイレント映画を知らない20代である私が、サイ....
ああよかったな……まだ余韻残る 「アーティスト」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
1927年、サイレント映画のスタージョージと、駆け出し女優ペピーは出会う。その後ペピーはスターへの階段を駆け上がり、トーキー映画へ時代の移ろいと共にジョージは落ちぶれてゆく……。アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞の5部門受賞 監...
アーティスト (rambling rose)
27年のハリウッド。サイレント映画の大スター・ヴァレンティンは、彼に憧れる女優の卵のペピーと出会い彼女に俳優としてアドバイスをおくる。だがその後すぐに時代はトーキー映画へと変わってしまい・・
映画『アーティスト』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)...