我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

尻ぬぐい。

2016年10月09日 | 軍事

ご案内 

2016 10 09 尻ぬぐい。【わが郷・軍事】
お寒い現実。

 映像・検索

人気ブログランキングへ 最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

  

築地は銀座からすぐ近く。

この超一等地を再開発して 大もうけをしたい。

 

それで東京都のありあまるゼニをつかって、

汚染まみれの豊洲移転を企てた。

 

政治とはこのマジック詐欺を、民主的な手続きで

公明正大な財政政策だとごまかす、手練手管なのだろう。

 

 

豊洲問題【岩淸水・言葉の説明】 豊洲問題 ことばの説明

 

 

自衛隊南スーダン派遣(じえいたいみなみスーダンはけん)は、国連南スーダン共和国ミッション (UNMISS) への、自衛隊法第84条の4第2項第4号及び国際平和協力法に基づく自衛隊の海外派遣。

  2011年[編集]

7月8日に国連安保理において、南スーダン独立後の「地域の平和と安全の定着」及び「南スーダン共和国の発展のための環境構築の支援等」を任務とする国連南スーダン共和国ミッション (UNMISS) を設けることを定めた決議第1996号が全会一致で採択された[3]。翌7月9日に南スーダン共和国がスーダン共和国から独立したことを受け、UNMISSが設立された。野田佳彦内閣総理大臣は潘基文国連事務総長と9月21日に会談を行なった。野田首相は国連総会演説において、UNMISSに司令部要員として自衛官を派遣する準備を進めており、施設部隊の派遣の可否は現地調査を行った上で結論を出すと表明した[3]。

9月22日に一川保夫防衛大臣は防衛会議を開催し、司令部要員の派遣準備を指示した[4]。11月1日午前に開かれた閣議において、UNMISSへの陸上自衛隊施設部隊の派遣準備を申し合わせた。午後に開かれた防衛会議で防衛大臣から施設部隊の派遣準備が指示され[5]、さらに11月15日に南スーダンにおける平和維持活動への参加と、その実施計画及び関係政令が閣議決定された[6]。さらに、UNMISS司令部へ自衛官を派遣することが閣議決定される[7]。司令部要員2名(兵站幕僚及び情報幕僚)が11月28日に日本を出発した[8]。12月20日に実施計画が変更され、「南スーダン国際平和協力業務の実施に関する自衛隊行動命令」が発出された[9][10]。
(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧ください。)

 

 南スーダン わが郷

 

南スーダンには石油資源が、大いに期待できた。

それで、邪魔なスーダン北部は切り捨てる。

 

こうして湯田屋は、あの手この手でスーダンを分割した。

戦争好きのゴロツキをたくさん使ったので、その後の南スーダン統治なんぞ上手くゆくはずもない。それで、石油の利権屋は、国連を使ってカネだとか、命までも消耗させる「平和維持」を、各国庶民に押しつけた。

国連とは日本に攻めかかってきた、連合国軍のことである。

その国連には、日本を敵国と定めた、敵国条項がある。

ならば、日本は湯田屋の私兵である国連に協力する謂れなどない。

 

なれど、このことをあからさまに言い立てれば角が立つ。しかし、ものは云いよう。外交は狡猾なねちっこさで、敵の思惑をのらりくらりとはぐらかすことが寛容だ。しかし、野田政権にこのような高等な外交など、まったくもって出来ることではない。それで、野田豚政権はいとも簡単に、わが自衛隊をアフリカくんだりまで出すこととなった。

 

いったん自衛隊を出したからには、そうかんたんに撤収は出来ない。

サヨク諸君の云う、『戦争に巻き込まれる。』とは、まさにこの事なのだ。

民進党だとか、その他のサヨク諸政党の戦争観なんぞは、『日本が支那とか朝鮮を侵略した。』とかの侮日のステロタイプの言いぐさぐらいしかない。この侵略の意味を深く考えれば、スーダンの分割は侵略以外の何ものでもない。これを診れば、サヨクの戦争観なんぞは、とてつもなく底が浅い。 

人気ブログランキングへ 国防軍が強大になれば、つまらぬことに巻き込まれない。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

人気ブログランキングへ  宜しかったら、この辺りで   ポチとお願いします

 

 

  岩水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

 

 

 

人気ブログランキングへ  本日は 34位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2016.10.08 (土)    3537  PV      961  IP      350 位  /  2611173ブログ

 

 

わが郷の顔【わが郷・その他】 わが郷の顔 

 

 

花暦

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、
こちら にサイトが設けてあります。
 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 解散風  | トップ | 観光の ご案内。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む