新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

イタリアも麻疹が暴れて苦労中

2017-03-29 08:28:31 | 麻疹

ワクチン接種率が下がっているところに麻疹が流れ込んで暴れまわる・・・という、先進国でわりと共通して連続している事象。イタリアでは700例超とお悩み状態。

  • イタリアでは2017年にはいり最初の3カ月で700例の麻疹報告。2016年が1年間で844例だったので大幅ペースアップ。
  • 大部分は16-39歳の若年層で、チュラン、ローマ、ミラノ、フィレンチェなど都市住民。
  • 2年前には90%以上あったワクチン接種率は、現在85.3%まで落ちてきていて、WHOが流行阻止できるとする95%を大幅に下回っている。
  • 前回の麻疹大規模流行は2002年に起こっており、18000例発生、15例死亡という記録が残っている。

春休み中のいま、ローマやミラノやフィレンチェに旅行中の人々は多いと思います。先進国といえど、リスクは旅行社破たんだけじゃなくて(そういえばてるみクラブ破たんでローマの露頭に迷える人っているのだろうか)こういう事もあることは喚起すべきことでしょう。前回の麻疹輸入例はバリ島帰りでしたが、次はベッキオ橋やトレビの泉でもらってきた麻疹・・・なんて事にならねばよいのですが。

http://outbreaknewstoday.com/italy-reports-big-rise-measles-2017/
Italy reports big rise in measles in 2017

March 27, 2017
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インフルワクチン接種率は電子記録システム導入で37%上がるという話(米ペン州)

2017-03-29 08:00:44 | インフルエンザ:対策/対策の進歩

インフルエンザワクチンの接種率、端末型電子記録システムを導入するクリニックと対象群のクリニックで有意差とペンシルベニア大の報告。

  • 行動経済学のテクニックを応用。
  • 電子記録システム( electronic health records )にて、接種対象者にアラームを送り、ワクチンをオーダーするかしないか二択で選ばせる。Yesを選んだら、ただちにクリニックで接種をおこなう。
  • このシステム導入群(1クリニック)と非導入コントロールクリニックとで、前者が6%高い接種率を示し、これは相対的に37%増ということになる。(Results showed a 6 percent increase in flu vaccinations in the 2012 to 2013 flu season when the program was introduced compared to clinics that did not use the online alert system. This represents a 37 percent relative increase in flu vaccinations from the previous year:管理人はいまいちこの文章を消化していないのですが、まあ、こういう事だそうです)

要は、(オーダーするかしないか)自分でアクティブに選ばせて、YESの返事をしたら、思い立ったら吉日とばかりに即座に接種という事にすれば接種率が上がるのではとやってみたらそうなったという事のようです。主体的な選択にもってゆくのがみそでしょう。端末にあなたは打ちますか打ちませんかと出てきてハッキリNOと即座に返事をする反ワクチンに洗脳されちゃった人は別として、なんとなく意識しないうち時期を失してしまう人が減れば意味があると思われます。

http://www.upi.com/Health_News/2017/03/27/Active-choice-intervention-may-boost-flu-vaccine-rates/3231490636205/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=1

'Active choice' intervention may boost flu vaccine rates

Researchers discover online reminder may increase flu vaccination rates in United States.
 
By Amy Wallace   |   March 27, 2017 at 2:40 PM
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MERSもH5N1も、カムバック案件、再々と

2017-03-24 08:33:48 | MERS/マーズコロナウイルス/SARS

いったん見られなかったけれどカムバック・・・というのがぼちぼち出ています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シドニーに旅行する人注意(クリプトスポリジウム)

2017-03-23 09:14:31 | コレラ・サルモネラ他消化器感染症

卒業旅行、春休みのシーズン。オーストラリアといえば、最もはやくからLCCが就航していた場所で、機内は今年もにぎわっています。が、行く先では2009年以来最悪ペースのクリプトスポリジウムが待ち構えている現実。

シドニー保健当局に、3/12現在で71例の届け出。1141例の感染者をだした2009年以来最悪のペース。5歳以下の子供に多く、当局は回復後2週間はプールで泳がないよう等注意喚起。手洗い・プールやスパの水が口に入らないようにと。

旅行者下痢症の原因としても挙げられるクリプトスポリジウム、通常1~2週間で自然回復するものの、旅行が台無しにならないようご注意・・・

http://outbreaknewstoday.com/sydney-area-reports-rise-cryptosporidium-51423/

Sydney area reports rise in cryptosporidium

March 21, 2017

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラジルの黄熱病はリオに迫る

2017-03-22 07:54:12 | 黄熱病

ここのところ炎上中のブラジルの黄熱病。とはいえ、WHOやCDCの地図ではスイカの様に中身の部分は真っ赤でも皮の部分(沿海部)はOKでした。ところが、その”皮の部分”のリオデジャネイロ近郊にも黄熱病が報告されだしたと報道。

  • 2016年12月から炎上中のブラジルNiteróiの黄熱病、今回、リオデジャネイロ州で初の地域内感染2例報告。Casimiro de Abreu。リオ市から135km地点。これを受けて、リオ中心部とNeitobiをのぞき、リオデジャネイロ州も危険地帯に指定。
  • ブラジル政府は47都市で優先的にワクチンキャンペーン実施。
  • 現時点で1397例、死亡率は全体で18.3%、確定例で32.3%。

一方でエクアドルでは2012年以来5年ぶりの黄熱病報告。コロンビア国境Sucumbiosの31歳。

黄熱病、欧州に入る可能性に言及した報告もありましたが、これまで発生の無かった場所がどんどん陥落(地域内感染)してゆくのは気になる動きです。

http://outbreaknewstoday.com/rio-de-janeiro-state-reports-yellow-fever-ecuador-confirms-1st-case-5-years-69545/

Rio de Janeiro State reports yellow fever, Ecuador confirms 1st case in 5 years

March 20, 2017
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サウジ国王の大名行列、現地インフルエンザ流行を理由に中断された(モルジブ)

2017-03-19 08:47:31 | インフルエンザ:海外の動き/海外発生

1000人超の超大名行列で、日本メディアを大いに賑わせたサウジアラビアのアジア歴訪ツアー。
訪日日程の後は北京に向けて飛び立ちましたが、報じられましたが、その後の、日本メディアが報じない顛末。なんと「インフルエンザの流行」を理由に中断されてしまいました。

最終訪問国として予定されていたモルジブ。しかしその訪問は中止(延期という扱い)になってしまいました。その理由は、現地首都MaleでH1N1が流行中で、2人死亡、周辺の島民に首都に来ないよう呼びかけ、学校閉鎖とざわついているのが理由です。

日本訪問の時点でも、インフルエンザ流行レベルマップは真っ白にはなっていなかったはずですが、そこらへん、国のレベルによって分けているのかも(あるいは単に王様の気分で?)しれません。

あの大訪問団が急きょ来なくなってしまい、ガッカリした人もおおいのではないでしょうか、げに侮りがたし、季節性インフルエンザ。

 

http://www.presstv.com/Detail/2017/03/17/514728/Saudi-king-Salman-cancel-visit-Maldives-swine-flu-sale-Faafu-atoll

Fri Mar 17, 2017 6:49PM

http://www.dailymirror.lk/article/H-N-in-Male-SriLankan-to-activate-safety-procedures-125724.html
H1N1 in Male: SriLankan to activate safety procedures 2017-03-17 20:24:43

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月18日(土)のつぶやき

2017-03-19 05:14:13 | ツイッター(自動転送)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月17日(金)のつぶやき

2017-03-18 05:14:44 | ツイッター(自動転送)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニパウイルスをめぐる壮絶なストーリー

2017-03-17 20:59:49 | ツイッター(自動転送)

ニパウイルス。マレーシアで1998-99年に起こった壮絶なストーリーとともに、その死亡率が最近ぐいぐい亢進している話題。

  • マレーシアのNipah地区で起こったストーリー。脳炎症状を呈する感染者が続々発生。症状は悲惨で、ある日元気な若者が次の日には脳が腫れあがり昏睡状態になってしまう。当初、当局はこれが蚊媒介疾患によるものだと考えて蚊対策を積極的におこなった。しかし患者発生はやまない。
  • よく観察すると、イスラム教徒だけは感染していない。蚊媒介ならイスラム教徒も他宗教も関係なく感染するはずなのに。
  • ウイルス検体を機内持ち込みにして、急きょ、米国行きの航空機に飛び乗った。米国で電顕写真が写った画像を見るとパラミクソウイルス。そこからただちにマレーシア当局に電話して、蚊対策を中止してもらった。
  • 豚が原因と突き止め、ドラスチックな豚殺処分をおこなった。100万頭を処分。現場は凄惨で、豚の悲鳴は響き渡り、涙を流している豚もいた。しかしこの措置は非常に効果があり、流行はおさまりウイルスは消え去った。
  • ニパウイルスの発生は以前からあったが、裏庭農家の時代には小規模発生にとどまっていた。しかし、経済発展とともにマレーシア人は週に何度も肉を食べることが出来るようになり、大規模密集養豚の時代になると、一度発生しだすと「ウイルス工場」のようになってしまう。
  • マレーシアの養豚場なこの時に教訓を得て改良されたが、1999年以来アジアでは16回ものアウトブレイクがフィリピン・バングラデッシュ・インドで起こっている。
  • さらにウイルス自体の危険度も上がっている。1999年マレーシアでは死亡率40%ほどでありヒトーヒト感染もなかったが、最近では死亡率70%に達し、ヒトーヒト感染も見られるようになってきている
  • 舞台がアジアなだけに、気になる話です。海外勤務者派遣前研修講義の隅っこにでも余裕あればさらりと言及しても良い話かもしれません。休日の田舎ドライブではご注意をと。 

http://www.npr.org/sections/goatsandsoda/2017/02/25/515258818/a-taste-for-pork-helped-a-deadly-virus-jump-to-humans

A Taste For Pork Helped A Deadly Virus Jump To Humans

February 25, 20178:28 AM ET

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄熱病が入って来るリスク指摘(ECDC)

2017-03-17 20:26:27 | 黄熱病

EUでは過去27年間で4例というペースだった黄熱病の輸入例が、この8カ月間ではや4例!という事になっていてECDCが注意喚起。

  • この3月にはスリナムから来た黄熱病輸入例がオランダで確認。この8カ月で4例の輸入例、いずれも南米大陸から。
  • ブラジルでは今年1月から黄熱病流行が発生しており、流行地域へ渡航するEU国民にあっては注意されたし。流行の把握、蚊に刺されない対策、予防接種の必要な地域確認。

中南米での蚊媒介疾患の炎上(黄熱のみならずチクングニヤもジカもデングも)にて、そこから人の流れが多いところは持ち込まれリスクも大きくなるというお話。我々日本も東南アジアという火薬庫から、LCC新規就航という年々太くなる一方のルートを通じてデングやら麻疹やら色々ニュースネタが入ってきているここ数年、そのリスクはこれから夏にかけて改めて意識すべきところでしょう。とりあえずアジアには黄熱病が(ブラジルのごとく)炎上中の国が今のところないのは幸いといえますが・・・ 

http://afludiary.blogspot.jp/2017/03/ecdc-rapid-risk-assessment-on.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月14日(火)のつぶやき

2017-03-15 05:16:00 | ツイッター(自動転送)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A型肝炎の教科書的思い込みを訂正される話(性交感染、同性愛、半数入院レベル)

2017-03-14 07:48:45 | 肝炎

A型肝炎といえば、経口感染、途上国の食べもの、カキ、治療は安静(寝てりゃなおる?)あたりが教科書的イメージ(昨今の医学生の教科書チェックしてませんが、社会福祉士レベルの教科書はそうなってる)ですが、そんなイメージを吹っ飛ばすNY発のお話。

  • NYで同性愛者のA型肝炎問題化。NY保健当局は今年にはいって1~3月に8例の男性同性愛者(MSM)のA型肝炎報告を受けている。27~47歳。60%が入院。
  • アナルーオーラルセックスで感染広がる。当局は、MSMたちにA型予防接種2回接種を呼び掛けている。
  • MSMのA型肝炎アウトブレイクは米、カナダ、欧州などで繰り返し発生している。
  • MSMのあいだでA型肝炎は、肛門と口の直接接触、肛門周囲と指や他のものと接触などで起こる。Among MSM, Hepatitis A can be spread through direct anal-oral contact or contact with fingers or objects that have been in or near the anus of an infected person and contaminated with stool.

メカニズム自体は従来の教科書的理解の範囲内で十分想定できるものではあります。「ケツを舐める」という比喩的表現がありますが(たとえば評論家の宮台真司氏は、メディアで「日本の対米ケツ舐め」なる表現を連呼する)、そのうち「対米追随のケツ舐め肝炎罹患(トランプに追随して国益をそこなう)」なんて概念まで出てくるのかなあ(笑)

 

http://outbreaknewstoday.com/nyc-reports-increase-hepatitis-gay-men-67024/

NYC reports increase in hepatitis A in gay men

March 12, 2017
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月13日(月)のつぶやき

2017-03-14 05:16:04 | ツイッター(自動転送)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラジルで魚食べるリスクはHaff病で筋融解と腎障害

2017-03-13 17:30:03 | 正体不明の感染症

ブラジルで魚食後に、黒い尿を主訴とする奇病にかかる人が50人と報道されています。

  • ブラジルBahia州で昨年12月から1月にかけて50例あまり。黒い尿。
  • 細菌やウイルスは否定され、ある種の毒素によるものと判明。 食べた魚種は bulls eye (Seriola spp) and whiting (Mycteroperca spp)。
  • Huff病。ある種の未特定の毒素によって筋融解を惹起。食後24時間以内に発症して激しい筋肉痛とCPK上昇。腎障害。
  • 特異的治療はなし。初期から大量の補液をおこなってミオグロビンによる腎へのダメージを防ぐ。
こんな事を引き起こすのは、さぞ毒々しい、憎たらしい顔したいかにもな毒魚かと思いましたが、写真を見るとそこらへん泳いでいそうな凡庸な顔をしていて、これはかえってアブナイなあと。
ブラジル渡航のリスク、昨今炎上中の黄熱病やジカウイルス感染症に加えて、魚を食べるのは待った!という注意喚起も必要なのかもしれません。
 
ソースはoutbreaknews
http://outbreaknewstoday.com/black-urine-disease-brazil-linked-eating-fish-called-haff-disease-according-study-87907/
 

Black urine disease in Brazil linked to eating fish, called Haff disease according to study

March 12, 2017

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻疹が本気で暴れたらこうなるという話。今年に入って2100例!の”あの国”

2017-03-13 11:28:23 | 麻疹

昨年の関空大騒動以来、〇〇県で診断報道がちょくちょく現れてはの麻疹ですが、途上国で本気で大暴れしたらこうなるという報道。舞台はエボラ騒動で中心地となったひとつ、ギニアです。

  • ギニアで今年2017年に入って麻疹症例が2100例! 33県中17県で。
  • 地元病院N’Zérékoré Regional Hospital 医師の声。毎日毎日、合併症もつ麻疹重篤例が運ばれてくる。すでに当院の麻疹重篤例は53例に達し、その死亡率は適切な治療なければ15%になる。
  • NGOのALIMAがワクチンキャンペーン企画。

ものすごい数字ですね。医療機関も、情報も、不足するかの国では、EVDのときも感染症流行がどういう光景をもたらすかまざまざと見せつけてくれましたが、麻疹でもこのような数字になります。そして、その対策を担うのがNGOというのも、”あの頃”の既視感ですね。

ソースはoutbreaknews
http://outbreaknewstoday.com/guinea-measles-outbreak-2100-children-infected-since-january-14608/

Guinea measles outbreak: 2,100 children infected since January

March 11, 2017
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加