文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

でも「自分を強い」と思い込むのは北朝鮮型なんですね。 「私は最強だ」「アメリカなんか弱い」―どうかしている

2017-08-05 12:15:26 | 日記

以下は前章の続きである。

人権無視の経済成長のツケ

福島 

でも、習近平嫌いの人もいるわけです。

昔の胡耀邦派のような人たち。

彼らは、習近平は党内で孤立している、共産党政権の中で彼を支えようという人はいない、そんな状況で中国共産党の大所帯を率いるなどできない、というようなことを言う。 

結局どっちを信じるか。

色々な人に聞いていたら、結局みんな自分の期待を述べるだけで、本当のことはわかってないんだよなと思う。

じゃあ私は、五輪ジンクスに賭けるかみたいな(笑)。

矢板 

確かに習近平周辺の人は、現政権は強いと言いますね。

権力を掌握していると。

でも「自分を強い」と思い込むのは北朝鮮型なんですね。

「私は最強だ」「アメリカなんか弱い」―どうかしている(笑)。 

政治家の評価は業績、経済が全てなんです。

生活がよくなるという希望があればみなついていく。

ところが中国は、経済がよくなくなった時に、国を支配するもう一つの方法を使う。

国民をだますんですね。

「今は苦しいけれど、やがて幸福になる」と。

宗教のように洗脳していくのが常套手段です。

毛沢東がかつてやり、北朝鮮もやってきたことです。

でも、今これだけ情報がオープンになっているわけですし、文化大革命であれだけの悪夢を見て、被害者がまだたくさん生きている中では洗脳などムリでしょう。 

もう一つは経済。

世界から見て、中国に魅力があるとすれば経済だけですが、明らかに失速し始めている。

中国経済がなぜ成長できたか。

一つは人権を無視してきたからですね。

過酷な労働条件で伸ばしてきた。

日本の経営者は社員にちゃんと休みを与えなければいけない。

昇給し、ボーナスも払い、保険もかけなければならない。

中国はそれをすべて無視できたのです。

でもいまでは、国内で年間二十万件以上といわれるデモ、暴動騒乱が起きている。

人権の抑圧からみんな立ち上がった。 

さらに環境問題を棚上げしてきたツケが表面化してきた。

北京の大気汚染は世界中を呆れさせました。

私は日本に帰ってきて「東京の空気はいいね」と言っていたら、頭がおかしいんじゃないかと言われた(笑)。

この政権下で、今後さらに十年、二十年も成長し続けることはあり得ないと思う。

福島 

政治的に大転換するという時期に来ているのだと思います。

鄧小平が棚上げにしていた政治改革に、誰かが取り組まねばならない。

しかし、江沢民も胡錦濤もできなかったから、次世代に送ってきた。 

しかし、習近平は後継者を育てていませんし、自分でやる力量もない。

そこで、宿題の政治改革を放り出して、鄧小平路線をひっくりかえして毛沢東路線にもどろう、というふうに舵をきりはじめた。

鄧小平路線というのは、経済発展を執政党としての正当性にしてきた。

共産党が中国を経済的に発展させる、人民を豊かにする、だから共産党についてこい、ということです。 

しかし一党独裁体制下での資本主義、自由主義の限界に突き当たって、そろそろ政治改革をしなければ次の経済発展のチャンス、ワンランク上の自由経済の段階にいけない。

でも、習近平は中国が民主化、法治化すれば、共産党体制は崩壊すると考えて、政治改革は断固拒否。

経済発展を放り投げている。

そして共産党の執政党としての求心力、権威を統制強化という締め付けで守ろうとしている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Because they need to suppre... | トップ | Payment invoice for economi... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。