文明のターンテーブルThe Turntable of Civilization on September 2016

日本の時間、世界の時間。
The time of Japan, the time of the world

音楽について。

2010-08-31 17:23:11 | 未分類
僕は、その国の文化の深さとは、エリート層が教養の様に語るクラシックやジャズの響きに在るのではなく、一般大衆=労働者層が聴く音楽…ロックやポップスの響きの深さ、言葉の深さに在るのだと思う。

昨夜、何気にNHK BSHIを観ていたら、
ショーン・ペン主演の『アイ・アム・サム』(I am Sam)を放映していた。

あらすじで内容が分かってしまう様な気がして、観ないで来た映画だったのだが、ミシェル・ファイファーも登場して来たので観ていたら、ビートルズの曲の中でも、僕が好きな物ばかりが流れて来る…アレっと思って見続けたら、

何とまぁ、この映画は、
これらビートルズの曲から着想を得て創られた様な映画。

作者は、この映画で使用した曲の数々への思い、
或いは感謝の為に創った。

そう思わせる様な映画でした。



この記事をはてなブックマークに追加