ひよりの音楽自己満足

自分の好きなアルバムやアーティストを紹介させていただきます。

安藤升二さん Strange Another Planet 

2016-06-27 06:43:39 | フュージョン
 インディーズレーベルの集合体「FENICE」の主催者でコンポーザー・ギタリストの<安藤升二さん>。安藤さんは2002年に「FENICE」内にレーベル事業部を立ち上げ、多くのバンドをリリースし、2006年からレコーディングエンジニアとしても活躍され、2014年に1stソロアルバム「The Wonder of Shangri-La」を発表されます。そして翌2015年に今回紹介させていただく2ndアルバム「Strange Another Planet」を発表されます。メンバーは、前作と同じくドラムス<吉田達也さん>、ヴォーカル<川崎里子さん>、そして今回アルト&ソプラノSax<佐藤研二さん>、テナーSax<樗木雄介さん>が全曲に参加され、その他多くのミュージシャンの方々が参加されています。ジャケットも今回も可愛らしくも不思議で、ちょっぴり不気味感のあるジャケットですね。
 アルバム1曲目は「Bird Is Watching」。キーボードのリズミカルなリフからSaxが力強くのびやかにファンファーレのように高らかに奏で、バスドラのリズムからダイナミックなブレイクがはいって、ミドルテンポのグルーヴィでノリノリモードでSaxが明るく爽やかにのびやかに奏で、ギターがフィルを入れ、ダイナミックリフからドラムが叩きまくって。中盤ではギターリフからドラムが叩きまくり、そこからギターのリズミカルなソロへ。そしてダイナミックリフからSaxのテクニカルなソロへ。ドラムも叩きまくって。終盤ではダイナミックリフからギターの弾きまくりソロへ。ドラムも叩きまくって。
 2曲目は「Your Dog Is Waiting」。ピアノのミドルテンポのリズミカルなリフから女性のスキャットがはいって、ユニゾンで爽やかに。そしてギターがメロウにゆったりと奏で、Saxがのびやかに奏でて。中盤ではダイナミックリフからギターのエモーショナルなソロ、Saxのエモーショナルなソロが。そしてSaxがのびやかにドラマティックに奏でて。終盤ではドラムが叩きまくるなか、ギターのエモーショナルなソロ、Saxのエモーショナルなソロが。ラストはダイナミックリフからゆったりとゆっくりと。
 3曲目は「Capybara Of Twilight」。アコギのミドルテンポのカッティングリフから女性のスキャットがリズミカルに。そしてうねるべースにのってSaxとギターがのびやかに。その後、一旦止まってからギターのエモーショナルなソロが。終盤では女性のスキャットがゆったりとのびやかにながれ、ギターものびやかに奏で、女性スキャットがのびやかにドラマティックに。
 4曲目は「Flying Totem Pole」。ギターのリズミカルなヘヴィリフとSaxのフィルがミドルテンポのファンキーモードでながれ、ダイナミックリフと叩きまくりドラムが。そしてギターリフからSaxのアグレッシブなソロが。その後Saxのパワフルなリフからリズミカルな女性スキャットがはいって、アップテンポのノリノリモードでリズミカルに。中盤ではミドルテンポのギターリフからダイナミックリフと叩きまくりドラムがはいって、そこからシンセのテクニカルなソロが。終盤ではパワフルなSaxリフとオルガンのリズミカルなリフからテナーSaxのテクニカルなソロへ。ラストはパワフルなリフと叩きまくりドラムフィルが交互に。
 5曲目は「Galapagos Blues」。ダイナミックリフから賑やかにスリリングにはじまって、ミドルテンポのSaxのパワフルなリフと叩きまくりドラムがはいって、ベースがうねるなか、ギターのエモーショナルなソロが。その後アップテンポのノリノリモードでSaxのパワフルなリフがながれ、そこからギターの弾きまくりソロが。中盤ではギターとSaxがユニゾンでのびやかに奏で、そこからテナーSaxのテクニカルなソロが。その後パワフルなリフと叩きまくりドラムが。終盤ではダイナミックなリフからドラムが叩きまくり、ギターとSaxがユニゾンでパワフルなリフを。ドラムも叩きまくって。
 6曲目は「Your Life」。アコギのゆったりとしたリフにのってSaxがのびやかに奏で、Saxのリズミカルなリフから女性スキャットがのびやかにながれ、Saxが力強くのびやかに。その後Saxのエモーショナルなソロが。それがドラマティックに盛り上がって。
 7曲目は「Beaver’s Works」。♪おぉ~!エンヤコラ!って掛け声からSaxがサーカスのテーマ曲風のメロディを力強く奏で、ダイナミックなリフから男性スキャットがリズミカルに。ドラムも叩きまくって。そしてSaxがパワフルにリズミカルに、女性スキャットがのびやかに爽やかに。その後リズミカルなSaxリフと男性スキャットからSaxのテクニカルなソロへ。中盤では女性スキャットがリズミカルに爽やかにながれ、そこからSaxのエモーショナルなソロへ。終盤では男女のスキャットがのびやかにながれ、Saxが力強くのびやかに奏でて。ラストは♪エンヤコラ!って。
 8曲目は「Hippopotamus」。Saxと男性スキャットからゆったりとはじまって、女性コーラスからアコギのテクニカルなリフがはいって、Saxがのびやかに爽やかにかなで、女性コーラスがリズミカルに。
 9曲目は「Kangaroo Kick」。ミドルテンポのパワフルなリズムにのってSaxのパワフルでリズミカルなリフがはいって、キーボードのリズミカルなリフからSaxのテクニカルなソロが。そしてダイナミックリフからリズミカルな女性スキャットがはいって、Saxとユニゾンでリズミカルに。中盤ではダイナミックリフからテナーSaxのパワフルなソロ、ギターのテクニカルなソロが。終盤ではダイナミックリフからSaxがのびやかに奏で、ブレイクをキメて。
 10曲目は「Hyper Hyrax Star」。パワフルなドラムからアップテンポでテクニカルなリフとブレイクがスリリングに。そしてテクニカルなリフからアルトSaxのテクニカルなソロ、テナーSaxのテクニカルなソロが。中盤ではギターと女性スキャットのユニゾンから女性ヴォーカルがパワフルにリズミカルに歌って。そしてSaxが明るく爽やかにのびやかに奏でて。終盤ではドラムフィルからオルガンのリズミカルなリフがはいって、ダイナミックリフからブレイクをキメて、テクニカルなユニゾンリフがスリリングに展開し、女性コーラスがのびやかにながれて。そしてギターのヘヴィリフがリズミカルに、オルガンがのびやかに奏で、ピアノの流麗なリフからギターのテクニカルなソロが。ドラムも叩きまくって。その後、女性ヴォーカルがパワフルにリズミカルに歌い、Saxが明るく爽やかにのびやかに奏で、ラストはブレイクをキメて。
 前作同様にフュージョンな感じですが、Saxが加わってよりパワフルになって、少しJAZZ寄りになって、一層幅が広がって、さらには威勢のいい曲や、スキャットだけでなく、力強い歌声も聴けて嬉しくなっちゃいました。テクニカルな弾きまくり吹きまくり叩きまくりも存分に楽しめ、じっくり聴かせる曲もあって、アルバム通して楽しめますね。次回作も期待したいっす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARCANA

2016-06-19 21:58:29 | 鬼怒無月さん
 ケーナ・サンポーニャ奏者の<山下Topo洋平さん>、ギタリスト<鬼怒無月さん>、女性ピアニスト<上野山英里さん>によるトリオ編成の“プログレッシブ・フォルクローレ”バンド<ARCANA>。2011年12月より活動を開始されました。“ARCANA”とはラテン語で“神秘”“秘密”を意味するそうで。
 今回紹介させていただくアルバムは、2016年5月に発表された1stアルバム「the fool」です。バンドやアルバムについて、ギターマガジン誌のインタビュー記事で鬼怒さんが詳しく語っておられますね。
 アルバム1曲目は「The Star /星」。ピアノとギターがゆったりと浮遊感たっぷりに奏で、時にギターはまるでハープのような美しい音色で響いて、そしてサンポーニャがのびやかにほのぼのメロディを奏でて。その後ピアノのリズミカルで瑞々しく綺麗なリフからサンポーニャがのびやかに奏で、盛り上がっていって。中盤ではギターのテクニカルなソロが。こちらも瑞々しく綺麗に響いて。そしてピアノのリズミカルなリフからサンポーニャのリズミカルでテクニカルなソロが。終盤ではサンポーニャがのびやかにほのぼのメロディを奏で、転調してさらに盛り上がって。
 2曲目は「Wheel of Fortune /運命の輪」。まずはギターとピアノがゆったりとしっとりと奏でて。そしてサンポーニャのリズミカルなリフからギターのパワフルなカッティングリフが躍動感たっぷりにながれ、サンポーニャとギターがリズミカルにユニゾンでブレイクを。その後ピアノのリズミカルなリフからサンポーニャがのびやかに奏でて。中盤ではギターのパワフルでリズミカルでテクニカルなソロが。その後ギターとピアノのリズミカルリフからサンポーニャのテクニカルなソロが。終盤では静かになって、サンポーニャがのびやかに奏で、ユニゾンでのブレイクをキメて。
 3曲目は「The Tower /塔」。サンポーニャがのびやかに寂しげに奏でて。名曲“コンドルは飛んでいく”のような雰囲気で、そしてドラマティックに盛り上がって。その後サンポーニャのソロとピアノ&ギターのフィルが交互に。中盤ではピアノのしっとりとエモーショナルなソロ、ギターのしっとりとしたソロ、ピアノのリズミカルなソロと続き、サンポーニャがのびやかに奏で、盛り上がっていって。終盤ではギターとピアノが躍動感たっぷりにリズミカルリフを奏で、サンポーニャがのびやかに爽やかに奏で、盛り上がっていって。
 4曲目は「The Fool /愚者」。ピアノがゆったりとしっとりと奏で、ギターも加わってユニゾンで奏で、サンポーニャがのびやかに奏でて。そしてギターがゆったりとしっとりと奏で、サンポーニャが加わってユニゾンで奏で、オールユニゾンでブレイクをキメて。中盤ではピアノのエモーショナルなソロ、ギターのエモーショナルなソロ、サンポーニャのエモーショナルなソロ、と続き、サンポーニャが力強くのびやかに奏でて。終盤ではピアノがしっとりとゆったりと奏で、ギターとサンポーニャがのびやかにしっとりと奏でて。
 5曲目は「The Devil /悪魔」。ピアノのリズミカルなリフからはじまって、そこにギターが加わってユニゾンで奏で、サンポーニャが力強くのびやかに奏でて。その後ピアノのエモーショナルなソロ、サンポーニャの力強くドラマティックなソロが。中盤ではサンポーニャとギターのユニゾンのリズミカルなリフからブレイクをキメ、静かになってからケーナの神秘的なソロが。その後アップテンポのパワフルなリフからギターのエネルギッシュな激しいソロが。終盤ではサンポーニャがのびやかにドラマティックに奏で、ラストはピアノがしっとりと。
 6曲目は「The Sun /太陽」。ギターのリズミカルなリフから爽やかにはじまって、ピアノの楽しいリズミカルなリフからサンポーニャがのびやかに奏で、ギターとユニゾンでリズミカルでテクニカルなリフを。そしてピアノとサンポーニャがユニゾンでリズミカルなリフを奏でて。中盤ではギターのリズミカルなリフからサンポーニャののびやかでエモーショナルなソロが。その後オールユニゾンのアップテンポの爽やかでリズミカルなリフからピアノのテクニカルなソロが。終盤ではユニゾンでのびやかに、リズミカルに奏で、ピアノとギターのリズミカルリフからサンポーニャがのびやかに。
 7曲目は「Introduction」。ケーナの神秘的な音色が響いて。30秒ほどの短いソロです。
 8曲目は「Temperance /節制」。ピアノとギターの躍動感たっぷりのリズミカルなリフがスリリングに。そしてサンポーニャがリズミカルなリフを爽やかに奏で、ギターがハモって、盛り上がって。中盤ではピアノのテクニカルなソロ、サンポーニャのリズミカルなソロが。その後サンポーニャとピアノがおっかけリフを。そしてそこからギターのテクニカルなソロへ。終盤ではユニゾンのリズミカルリフからサンポーニャがのびやかに奏で、そこからパワフルでリズミカルなソロを。ラストはリズミカルなリフがパワフルにドラマティックに。
 9曲目は「Saihate /最果て」。まずはピアノがゆったりとしっとりと、まるで真夜中の静寂の闇に響くように。そこからテクニカルなソロへ。その後一旦止まってから、ピアノのしっとりとしたリフからサンポーニャがのびやかに哀愁たっぷりに奏で、エレキギターものびやかに奏で、サンポーニャとしっとりとハモって。中盤ではエレキギターのエモーショナルなソロ、続いてケーナのエモーショナルなソロが。終盤ではエレキギターとサンポーニャがのびやかにドラマティックにハモって。
 10曲目は「Strength /強さ」。ピアノの躍動感たっぷりのリズミカルなリフから瑞々しく爽やかにはじまって、ギターとサンポーニャがユニゾンでリズミカルに奏で、盛り上がって。中盤ではギターのテクニカルなソロ、サンポーニャのリズミカルなソロが。そしてピアノとサンポーニャがユニゾンでリズミカルに奏で、そこからピアノのテクニカルなソロが。終盤ではパワフルでリズミカルなリフにのってサンポーニャがのびやかに奏でて。
 サンポーニャ・ケーナ、ガットギター、ピアノのアコースティックな美しい音色に癒され、かつ、テクニカルでエネルギッシュな演奏に惹き込まれて。まさしく“プログレッシブ・フォルクローレ”の世界ですね。機会があればライブ観に行きたいっす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TEE  Tales of Eternal Entities

2016-06-12 19:50:12 | 21th J-プログレ
 “世界の様々な風景や情景を音で表現する”という壮大なコンセプトをもつフルート・プログレッシブ・ロックバンド<TEE>。当初は<The Earth Explore>というバンド名でしたが、2009年より<TEE>とされました。メンバーはリーダーのキーボード・プレーヤー<米倉竜司さん>、ギターの<米田克己さん>、ベースの<飯ケ浜幸雄さん>、ドラムスの<浅田隆行さん>、そしてフルートの<今井研二さん>の5人です。
 2007年にライブを収録したデモCD-R「First Voyage」を発表し、2年後の2009年3月に1stスタジオアルバム「The Earth Explore」を発表。そして2010年5月にはフランスで開催されたプログレフェスに出演され、バンド初の海外でのライブは大成功。さらにはそのときにライブの合間に観光にも行かれて様々な美しい景色を見てインスピレーションを得て、2012年2月にそれらの楽曲をスタジオレコーディングされた<TEE>としての2ndアルバム「Trans-Europe Expression」を発表されます。
 そして4年後の2016年に3rdアルバム「Tales of Eternal Entities」を発表されます。2ndの風景ジャケッとは異なり、ホワイト基調のとってもオシャレでハイセンスなジャケット、思わず唸ってしまいました。
 アルバム1曲目は「Epimetheus」。ピアノのリズミカルなリフからミドルテンポでオシャレでエレガントな感じではじまって、ギターがメロウにのびやかに奏で、フルートものびやかに奏で、美しくハモって。その後ブレイクからフルートがのびやかに力強く奏で、そのままテクニカルなソロへ。中盤では一旦止まってから綺麗でリズミカルなピアノソロが。そしてシンセのリズミカルなリフからテクニカルなユニゾンと叩きまくりドラムがスリリングに展開し、さらにフルートのテクニカルなソロ、テクニカルなユニゾンリフ、ギターのテクニカルなソロがループしてめまぐるしくスリリングに。終盤ではミドルテンポのピアノのリズミカルなリフからギターがのびやかに奏で、ダイナミックなリフからギターとフルートがのびやかにメロウに奏で、ラストは叩きまくりドラムとテクニカルなユニゾンリフでブレイクをキメて。
 2曲目は「Secret Lake」。シンセがのびやかに奏で、ギターのアルペジオリフがゆったりと浮遊感たっぷりにながれて、フルートがのびやかにほのぼのメロディを奏でて。その後キーボードのクリスタルサウンドがゆったりとながれ、フルートがのびやかに力強く奏で、ギターがハモって美しく響いて。中盤ではパワフルなブレイクからフルートのエモーショナルなソロ、続いてギターのエモーショナルなソロが。終盤では静かになってキーボードがゆったりと奏で、フルートもしっとりと奏で、ギターのアルペジオリフがゆったりとゆっくりと。
 3曲目は「Marine Snow」。ピアノのパワフルでリズミカルなリフからはじまるも、シンセがのびやかに幻想的に奏で、フルートがのびやかに、たおやかに爽やかに奏でて。そしてダイナミックリフからフルートとギターがのびやかに奏で、そこからフルートのテクニカルなソロが。その後ダイナミックリフからフルートがのびやかに奏で、ドラマティックに盛り上がっていって、ギターのテクニカルなソロへ。
 4曲目は「Pulse」。ミドルテンポのリズミカルなリフからオルガンがのびやかに奏で、ギターとフルートのユニゾンのリズミカルなリフからオルガンが加わってテクニカルなユニゾンリフを。そしてフルートがゆったりと哀愁メロディを奏で、ギターものびやかにメロウに奏でて。その後フルートのリズミカルなリフとパワフルなスネア連打からシンセがうねり、ドラムが叩きまくって。中盤ではアップテンポでギターのリズミカルなリフがはいって、フルートが加わってユニゾンで。さらにそこからピッコロとオルガンのテクニカルなユニゾンからフルートの爽やかでエモーショナルなソロが。終盤ではフルートがゆったりと哀愁メロディを奏で、ギターものびやかに哀愁たっぷりに奏でて。ラストはフルートのリズミカルなリフからドラムが叩きまくって。
 5曲目は「Mother Earth」。ギターのアルペジオリフがゆったりと綺麗にながれ、フルートがのびやかにしっとりと奏で、ピアノのリズミカルなリフからシンセがのびやかに奏で、ドラマティックに盛り上がって。そしてピアノの綺麗なリフからフルートが力強くのびやかに奏で、ドラマティックに盛り上がって。中盤ではフルートとギターがのびやかに奏で、シンセものびやかに奏で、盛り上がって。その後ピアノのしっとりとしたリフからモールス信号のような電子音が響き、フルートがのびやかに奏で、そこからギターのテクニカルなソロとフルートのテクニカルなソロの掛け合いソロバトルがスリリングに展開して。終盤ではギターがのびやかに奏で、フルートがリズミカルに奏で、そこからフルートのテクニカルなソロへ。そしてアップテンポになってピアノのリズミカルなリフから再びフルートのテクニカルなソロが。
 6曲目は「Moonhow」。フルートが爽やかに華やかにリズミカルに奏で、ギターがのびやかに奏で、フルートとユニゾンでのびやかに。そしてシンセのリズミカルなリフからフルートがリズミカルに爽やかに奏でて。中盤ではピッコロのリズミカルなソロが。そしてダイナミックリフがのびやかにながれ、一旦止まってからピアノとシンセのリズミカルなリフが。終盤ではフルートの爽やかでリズミカルなリフから、フルートがのびやかに奏で、ラストはピアノがゆったりとしっとりと。
 ジャケットのように澄んだ綺麗なサウンドによる<TEE>のメロディアスかつテクニカルな音世界、全6曲50分弱ながらも堪能できますね。バンドのこれからの活躍もとっても楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16.6.4 浪漫座

2016-06-06 23:15:50 | ライブレポ プログレ2014-2016
◇ 2016.6.4 吉祥寺ROCK JOINT GB
<至極の音楽夜会 東阪ツアー 東京版>
 伝説のプログレバンド<Pageant>。1986年に発表された名盤「螺鈿幻想」1枚のみでバンドを去ってしまった中心人物であるギタリスト<中嶋一晃さん>。2014年に行われたネットでの日本プログレのアルバムの人気投票で、このアルバムが四人囃子に次いで2位!で、その後、中嶋さんは90年代には林克彦さんらと<夜来香>を結成。そして21世紀にはいるとPageantの曲を再現する<浪漫座本館>を、続いてオリジナル曲中心の<浪漫座別館>を率いて活躍されて。その後<浪漫座別館>はヴォーカルひなさんが産休にはいったため活動休止となり、中嶋さんはあらたに男性ハイトーンヴォーカリスト<森川健司さん>を擁するPageantのカヴァーバンド<Go To HongKong>を立ち上げて活躍されて。
 そして2013年、<Marge Litch>等で活躍された女性ヴォーカリスト<月本美香さん>を迎えてPageantの曲を再現する<浪漫座>を復活させて、大阪・東京で不定期ながらもライブ活動を展開されて。そして2016年、東京は昨年12月以来の半年ぶりで6/4に吉祥寺GBでのイベントに出演されるとのことで、めっちゃ楽しみにしていました。
 <浪漫座>、現メンバーはギター中嶋さん、ヴォーカル月本さんの他、ベース<浜田勝徳さん>、ドラムス<村中“ロマン”暁生さん>、フルーティスト<千秋久子さん>、そしてキーボードは今回はNelfeltiやWater Garden等で活躍されている<山内めぐみさん>です。

 さて当日、自分は土曜ながらも仕事。で、開演が17時半なのですが、それにはとても間に合わず。3バンド対バンイベントなので、<浪漫座>がトップでないことを祈りつつ17時半に仕事を終えて吉祥寺へ。着いたときには最初のバンドは終わっていて、ステージ上ではスタッフの方々と<浪漫座>のメンバーの皆さんが準備を。<浪漫座>は2番目だったのですね。間に合ってよかったっす。イス席はほぼ満席なので仕方なく後ろで立ち見っす。

 19時ころ、フロアーの照明が暗くなって、お琴と笛のような和の情緒たっぷりの音色がしっとりと響いて。そしてステージ前のスクリーンが上がってステージの全貌が明らかになって大拍手!ステージは向かって左に4段キーボードを前にした、赤ラメミニワンピ&ブーツの超SEXYなめぐみさん。あまりにも色っぽくてしばし見とれて。そのお隣にモズライト風のレッドボディ4弦ベースを抱えたハマカツさん。中央後方は2タム1バスセットを操る村中さん、ステージ右はアイボリートラ目のレスポールを操る座長、その左隣に白いワンピースに大阪万博の太陽の塔をモチーフにしたお帽子スタイルの可愛らしいフルート千秋さん。そしてセンターには白のフリルドレスにゴージャスなネックレスすがたの美しい月本さんが登場して再び大拍手!
 ギターのお琴風リフとフルートの情緒あふれる音色にのって月本さんのしっとりとしたヴォーカルがはいって、いつもとは異なる“和”の世界に浸って。その後イエローライトのなか、ダイナミックリフからギターがのびやかに奏で、ヴォーカルがリズミカルに歌い、さらにファルセットでのびやかに。ラストはブレイクからゆったりとしっとりと。
 続いて2曲目。ブルーライトのなか、パワフルなドラムフィルからギターとフルートがメロウに哀愁たっぷりにのびやかに奏で、ヴォーカルがゆったりとのびやかに。その後ダイナミックリフからリズミカルになって、シンセのテクニカルなソロが。中盤ではギターとフルートはハモってのびやかに奏で、ギターのヘヴィリフからギターのエモーショナルなソロへ。そしてヴォーカルがハイトーンスキャットを。終盤ではヘヴィリフからヴォーカルがパワフルニにリズミカルに歌い、さらに歌い上げ、キーボードと向き合ってタイミングを合わせてゆっくりと。ラストはピアノがしっとりと奏で、ギターとフルートがユニゾンでのびやかに奏で、ゆっくりと。

 「どうもありがとうございます。浪漫座です」って座長大拍手!「半年ぶりの東京。来年もまた早々にやらしていただきます」って大拍手!「吉祥寺クレシェンドって、メタル系のハコで」「ボクらもバリバリのヘヴィメタルバンドやから」って爆笑!「30年前に東京ではじめてライブやったとき、MCで大阪弁が通じなかった」って爆笑!「さっさと曲やれって顔してるね」って爆笑!

 3曲目は「人形地獄」。ハイハットのカウントのあと、ミドルテンポのヘヴィリフからパワフルにリズミカルにはじまって、オルガンのリズミカルリフからパワフルなヴォーカルがはいって、ハイトーンで歌い上げて、さらに可愛く歌い、再び力強くダイナミックに。その後シンセのパイプオルガン風サウンドのリズミカルなソロ、ギターのエモーショナルなソロが。そしてフルートが加わってハモって。ラストはダイナミックなリフからドラムが叩きまくってFin。

 続いて4曲目は「螺鈿幻想」。パワフルなドラムフィルからダイナミックなリフがはいって、ギターのリズミカルなリフにのってフルートがのびやかに奏でて。その後、一旦止まってガラスの割れるような衝撃音が響き、ギターのメロウなアルペリフから、ブルーライトのなか、しっとりとのびやかなヴォーカルがはいって、徐々に力強くドラマティックに歌い上げて。中盤ではパワフルなドラムからシンセがのびやかに奏で、ギターがメロウにドラマティックにエモーショナルなソロを。その後一旦止まってからしっとりとしたベースラインからフルートがのびやかに。終盤ではしっとりとしたヴォーカルがはいって、徐々に力強く歌い上げ、ドラマティックに盛り上がって。その後フルートのエモーショナルなソロが。ラストはピアノとフルートがしっとりと。

 「どうもありがとうございます」って座長大拍手!「お気づきの方々もいらっしゃると思いますが、うちは正式なキーボーディストがいなくて」「今日は山内めぐみさん」って大拍手!「キーボード、簡単そうに聴こえるけど、実際にやったら大変ですわ」「がんばってやってもらってますわ」って。さらに「ギターも簡単そうに聴こえるでしょ。やってみなさいよ。思いのほか簡単やから」って爆笑!「曲やってるときはリラックスしててください。MCのときは聞き逃さんように」って爆笑!

 ハマカツさんが黒レスポールを抱え、次の曲に行こうとしますが「まだやで」って座長、爆笑!
 5曲目は「ヴェクサシオン」。カウントからツインギターによる美しいほのぼのしたアルペリフが心地よくながれ、ゆったりとしたヴォーカルがはいって。身振り手振りも交えて歌詞の世界を表現されて。その後、フルートの浮遊感たっぷりのゆったりとしたソロが。そしてヴォーカルがドラマティックに歌い上げ、再びフルートのエモーショナルなソロが。ここでハマカツさんがギターを置いてベースの準備を。中盤ではパワフルなドラムがはいって、ギターのリズミカルリフにのってシンセのきらびやかでテクニカルなソロが。そしてベースのパワフルなリフにのってギターとフルートがのびやかに綺麗にハモって、ハマカツさんと千秋さんが寄り添って。終盤ではフルートがのびやかに奏で、ヴォーカルがゆったりとドラマティックに歌い上げて。そしてシンセのブラスサウンドがゆったりと響き、ギターがのびやかにドラマティックに奏でて。ラストはギターのアルペリフからフルートがゆったりと。

 続いて6曲目は「月光円舞曲」。シンセがゆったりと哀愁たっぷりにのびやかに奏で、レッド&ブルーライトのなか、ヴォーカルがのびやかに歌い、ワルツリズムでリズミカルに。さらにヴォーカルがのびやかに歌い上げて。その後ダイナミックリフからギターとフルートが寄り添ってハモリ、フルートがフィルをいれ、そこからオルガンのパワフルなソロへ。終盤ではパワフルなブレイクと叩きまくりドラムからヴォーカルがのびやかに歌い上げ、ダイナミックリフをキメて。

 「どうもありがとうございます」って座長大拍手!「歳とってくるとね、かっこつけて話そうなんて思わなくなる」って。「しょーもないこと言っても“はいはい”って聞いとってください」って。

 「緊張する曲が続きますけどよろしいですか?」って座長。7曲目は「うつむく女」。レッドライトのなか、キーボードのリズミカルでミステリアスなリフにギターが加わってユニゾンで奏で、ダイナミックリフからパワフルなドラムがはいってスリリングに。そしてアップテンポでギターがのびやかに奏で、フルートものびやかに奏で、ブレイクをキメ、パワフルなベースリフとフルートのフィルからリズミカルな変拍子にのってヴォーカルがパワフルに歌って。中盤ではシンセがのびやかに奏で、そこからフルートのテクニカルなソロが。終盤ではキーボードのリズミカルなリフからドラムが叩きまくり、パワフルなヴォーカルがはいって、歌い上げて。
 「どうもありがとう。プログレみたいな曲でしょ」って座長、爆笑!

 「写真撮り放題、拍手し放題、アンコールし放題」って座長、爆笑&大拍手!ここでメンバー紹介です。「先ほどもいいましたけど、難曲の数々を弾きこなしてくれました。またお目にかかると思います。オンキーボード、山内めぐみ!」って大拍手!10月に大阪でNelfeltiと対バンがあるそうで。「“偽物バンド”同士」って爆笑!続いて「もう何年来の付き合いかな?」って。ハマカツさんはここ半年ほど単身赴任で東京におられたそうで。「前の東京ノライブのリハの前におかーちゃんから怖いメールがきて」「家庭事情があってこその趣味やからね」って。なにかあったのでしょうか?「オンベース、浜田勝徳!」って大拍手!続いて「もう長いことやってますね。曲を理解するのが早くて」「あまりよそやらんとうちに専念して」「またいろいろお目にかかると思います、オンドラムス、村中ろまん暁生!」って大拍手!続いて「大阪万博公園から来ていただきました」って爆笑!「彼女はいろいろと名画シリーズのコスプレをやってくれて」って。「今回は“芸術は爆発”やね。オンフルート、千秋久子!」って大拍手!続いて「ヴォーカル、歌える人がおってこそ、のこのバンド」「めちゃくちゃべっぴんさんで歌がそこそこのひと、か、歌がめっちゃ上手くて、顔がそこそこのひと、とどっちを選ぶかというと・・・」って座長。「べっぴんさんで歌上手いひとはいないんですか?」って月本さん、爆笑!「それは話のネタとして・・・ボクが選ぶとすれば、胸の大きいひと」って爆笑!「それは正しいですね」って月本さん。「ボクの条件を満たしている、オンヴォーカル、月本美香!」って大拍手!そして「ボク、去年還暦を迎えまして」って大拍手!「しょーもないこと言ってますけど、また笑いにきてください」「ギター中嶋一晃でした」って大拍手!

 本編最後の曲に行こうとしますが「ちょっと待って」って座長、爆笑!
 8曲目は「エピローグ」。ブルーライトのなか、カウントからメロトロンサウンドとフルートがゆったりとしっとりと奏で、ギターのアルペジオリフからしっとりとしたヴォーカルがはいって、ハイトーンで切なくドラマティックに歌い上げて。その後、力強いベースラインからギターとフルートがのびやかに奏で、そこからギターの泣きのエモーショナルなソロが。途中タッピングも交えて。終盤ではヴォーカルが力強く切なく歌い上げ、フルートがのびやかにしっとりと奏で、ギターがのびやかにドラマティックに奏で、ドラムスが叩きまくって盛り上がり、ヴォーカルもスキャットを入れて盛り上げ、ラストは劇的にFin。

 曲が終わると大拍手大歓声!「どうもありがとうございました」って座長、大拍手!大拍手はアンコールを求める手拍子になって鳴り響いて。「時間大丈夫?」って座長がお店の方に確認して。「言ってみるもんやね」って座長。「ありがとうございます」って月本さん。

 オーラス9曲目は「木霊」。ギターのリズミカルでミステリアスからはじまって、月本さんが手拍子を促して、パワフルなドラムから力強くリズミカルなヴォーカルがはいって、さらに可愛く歌ってからスネア連打のなか力強く歌い上げて。その後ギターのエモーショナルかつテクニカルなソロが。中盤ではダイナミックなリフからパワフルなヴォーカルがはいって、可愛く歌い、さらに力強く歌い上げて。そしてパワフルなベースソロからキーボードのテクニカルなソロへ。終盤ではダイナミックなリフからパワフルなヴォーカルがはいって、可愛く歌い、さらに力強く歌い上げて。ラストは盛大にFin。

  曲が終わると大拍手大歓声!「どうもありがとうございました」って座長、大拍手!これにてライブ終了です。時計を見ると20時4分。1時間ちょいのとっても楽しくとっても素敵なライブでした。Pageantの名曲を生で聴けて本当に嬉しいっす!今回ちょっと各楽器の音がたまに聴き取り辛いときがあったりしましたが(特にフルート)それがちと残念でしたけど、でもでも逆に今回ベースがパワフルに響いて、かっこよかったっすね。来年早々のライブもめっちゃ楽しみです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Ayuoさん  EARTH GUITER ~千と春の物語~

2016-05-29 20:00:03 | ジャパン・プログレ
 日本の作曲家でギター・ブズーキ奏者の<Ayuoさん>。2000年にVGGの<Peter Hammill氏><太田裕美さん><ヤドランカさん><上野洋子さん><大熊亘さん><太田恵資さん><岡田治郎さん>ら多くのミュージシャンの助力を得て、アルバム「EARTH GUITER ~千と春の物語~」を発表されました。今回紹介させて頂くのは、2002年に2曲追加されて再発されたアルバムです。

※すみません。音楽知識がないため、どの音がどの楽器なのか正確にはわからないので、実際とは異なる記述があると思います。申し訳ありません。

 アルバム1曲目は「My Dearest (Moy Dilbere)」。のびやかな多重コーラスからはじまって、パワフルなパーカッションリズムがはいって、ヴァイオリンのアラビアン風の妖しいメロディがのびやかにながれ、躍動感たっぷりのリズムにのって、揺れる妖しいヴォーカルがのびやかに。その後、静かになってコーラスがながれるなか、男性の語りがながれて。終盤では再び躍動感たっぷりのリズムからヴォーカルが妖しくのびやかに、ヴァイオリンものびやかに奏でて。ラストはリズミカルなスキャットが。
 2曲目は「The Holy Man and the Sinner Within」。ギターの妖しいアラビアンメロディからはじまって、パワフルでエネルギッシュなカッティングリフとアップテンポのパワフルなパーカッションリズムがはいって、ヴァイオリンがのびやかに奏で、ヴォーカルも妖しくのびやかに。その後ブラスサウンドのリズミカルなリフとパワフルなタムドラムにのってヴァイオリンのテクニカルなソロ、Saxのアグレッシブなソロ、ギターのテクニカルなソロが。さらにパワフルでリズミカルなリフからSaxのアグレッシブなソロが。終盤ではギターとSaxがユニゾンでのびやかに奏で、ヴォーカルが妖しくのびやかに歌い、ヴァイオリンがのびやかに奏でて。
 3曲目は「Standing at the Edge」。ミドルテンポのパワフルなドラムからギターのほのぼのとしたリフがゆったりとながれ、ヴォーカルがゆったりと力強く歌い、ギターのテクニカルなトリルリフからヴォーカルが力強く歌って。その後ピアノの綺麗なリフからギターがほのぼのメロディをゆったりと奏で、そこからブズーキのエモーショナルなソロが。終盤では浮遊感ただようなか、ヴォーカルがのびやかに歌い、ギターがエモーショナルなソロを。
 4曲目は「Dance of Life」。ミドルテンポのラテンパーカッションリズムからギターの軽やかでリズミカルなリフがはいって、クラリネットのリズミカルなリフからヴォーカルがリズミカルに歌って。そしてアコギのリズミカルなアルペジオリフからヴォーカルがリズミカルに、Saxもリズミカルにリフを。その後ベースのテクニカルなソロ、ピアノのリズミカルなソロ、そしてクラリネットのエモーショナルなソロ、シタールのリズミカルなソロが。終盤ではクラリネットのリズミカルなリフからヴォーカルがリズミカルに。
 5曲目は「今宵は春の夜」。シンセサウンドがゆったりと浮遊感たっぷりにながれ、お琴のリズミカルなチャイナメロディがはいって、リズミカルな女性ヴォーカルが華やかにながれて。その後、お琴とヴォーカルがユニゾンでリズミカルに奏で、ヴァイオリンがのびやかに優雅に奏でて。
 6曲目は「Cantigas」。ギターのミドルテンポのヘヴィリフからはじまって、シンセがのびやかに奏で、シタールのリズミカルなリフがはいって。そしてパワフルなリフが躍動感たっぷりにスリリングにながれ、力強いコーラスがリズミカルに。中盤ではシタールのリズミカルなリフからパワフルなコーラスがはいって、お琴とヴァイオリンがユニゾンでのびやかに奏でて。その後ブズーキのパワフルなカッティングリフが躍動感たっぷりにながれ、力強いコーラスからお琴とヴァイオリンがユニゾンでのびやかに。終盤ではグロッケンサウンドが静かにリズミカルにながれ、ハープの美しい音色が響き、シンセのスペーシーサウンドがながれて。
 7曲目は「Different Languages」。アコギのリズミカルなアルペジオリフからはじまって、一旦止まってからアップテンポのアコギのテクニカルなリフと鈴の音がはいって、揺れるシンセサウンドがのびやかにながれ、クラリネットがリズミカルに、そして男性ヴォーカルがゆったりと浮遊感たっぷりにながれて。中盤ではリコーダーとシタールがのびやかに奏でて。その後リコーダーがのびやかに。終盤ではアコギのリズミカルなアルペジオリフからテクニカルなリフ、そしてそのままソロへ。ラストはリズミカルなアルペジオリフが。
 8曲目は「Rain and Snow」。アメリカのトラッドソングです。シンセサウンドがのびやかにながれ、ミドルテンポでアコギリフとパーカッションがはいって、ヴォーカルがリズミカルに。その後アコギのパワフルなカッティングリフからシンセサウンドがのびやかにながれ、そこに男性の語りがながれて。終盤ではアコギのリズミカルなリフから男性ヴォーカルがリズミカルに。
 9曲目は「1000 Springs」。アコギのゆったりとしたアルペジオリフから女性コーラスが神秘的にながれ、アコーディオンがのびやかに奏で、男性ヴォーカルがのびやかに。その後アコギのエモーショナルなソロが。そして女性コーラスがのびやかにながれ、男性ヴォーカルが囁くように歌い、女性コーラスがのびやかに華やかに。終盤ではアコギがエモーショナルに奏で、女性コーラスがのびやかにながれ、男性ヴォーカルがしっとりと。ラストはシタールのエモーショナルなソロが。
 10曲目は「Evolving」。パワフルなタムドラムからピアノとギターがゆったりとほのぼのメロディを奏で、ピアノリフから男性ヴォーカルがのびやかに爽やかに、そして女性ヴォーカルが優しくゆったりと。その後ベースがしっとりとのびやかに奏で、女性のスキャットがゆったりとほのぼのメロディを歌って。終盤では女性ヴォーカル・男性ヴォーカルが交互にのびやかに、さらにデュエットでのびやかに歌って。ラストは女性ヴォーカルがリズミカルに、男性ヴォーカルがのびやかに、そしてギターのエモーショナルなソロが。
 11曲目は「He Needs Something To Believe (Eurasian Tango 3)」。パワフルなタムドラムからダイナミックなリフがはいって、クラリネットが妖しいアラビアンメロディを奏で、男性ヴォーカルがのびやかに。そしてブズーキがのびやかに奏で、男性ヴォーカルが力強くのびやかに、クラリネットがのびやかに奏でて。中盤ではブズーキのテクニカルなソロ、ヴァイオリンの妖しいエモーショナルなソロ、そして男性ヴォーカルがのびやかに。終盤ではクラリネットのアラビアン風のテクニカルなソロが。ラストはユニゾンでのダイナミックなリフが盛大に。
 世界の民族楽器を数多く操り、ヨーロッパ・中東・アジアなど、世界の音楽のエッセンスを融合させて、ネオ・トラッドと呼ばれる独自世界を聴かせてくれる素敵なアルバムですね。特にアラビアンの妖しいメロディやシタールの音色、チャイナメロディや中国琴の音色には凄く惹かれますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

convex+concave  FUZZY…

2016-05-22 19:24:48 | ジャズ
 <convex+concave>ピアノ・キーボード&ドラムス&ベースのJAZZトリオです。メンバーはリーダーでピアノ・キーボードの<naomiさん>、ドラムスの<大菊勉さん>、ベースの<佐野俊介さん>で、2012年頃よりバンドとして本格的に始動し、ライブ活動を重ね、2016年4月に今回紹介させていただく1stアルバム「FUZZY…」を発表されます。このアルバムにはゲストでギター<佐々木秀尚さん>が2曲に参加されています。
 アルバム1曲目は「LUNA」。ピアノの音色がゆったりとしっとりとながれて・ベートーベンの「月光」のように奥深く美しく。そしてアップテンポのリズムがはいって、ピアノがリズミカルなリフを奏で、ピアノとギターがユニゾンでパワフルなリフを躍動感たっぷりに奏でて。その後ピアノの哀しげなリフからベースソロへ。序盤はエモーショナルに、それが徐々にテクニカルに盛り上がっていって。その後ピアノとギターのユニゾンのパワフルなリフからギターのテクニカルなソロが。終盤ではパワフルなユニゾンリフから叩きまくりのドラムソロ、そしてピアノの優雅でリズミカルなソロが。ラストはパワフルなユニゾンリフからアップテンポで盛り上がって。
 2曲目は「metropolitan」。ピアノのミドルテンポのエレガントなリフが落ち着いた感じでゆったりとながれ、それがリズミカルになって、ドラムがはいって盛り上がって。その後、静かになってピアノのしっとりとしたリフからベースのエモーショナルなソロ、続いてピアノのエモーショナルなソロが。終盤ではピアノがしっとりとエレガントな感じで奏で、ドラムがはいって盛り上がっていき、そしてドラムが叩きまくり、ベースが弾きまくり、ドラムとベースのソロバトルが展開されて。
 3曲目は「for the change」。まずはピアノが綺麗にしっとりと奏でて。そしてピアノがアップテンポでリズミカルに躍動感たっぷりに奏で、さらに流麗でエレガントに奏で、そこからピアノのテクニカルなソロへ。中盤では静かになって、ベースのエモーショナルなソロが。そしてピアノのパワフルなリフからドラムの叩きまくりソロへ。終盤ではピアノのパワフルなリフとベースのテクニカルなフィルが。ラストはダイナミックなリフでFin。
 4曲目は「New Life」。ミドルテンポのリズムがはいって、ピアノのパワフルなリフがながれ、そしてゆったりと綺麗に奏でて。その後ピアノリフからベースのエモーショナルかつテクニカルなソロ、続いてピアノの優雅でエレガントかつテクニカルなソロが。終盤ではピアノリフからドラムの叩きまくりソロが。ラストはピアノの哀愁ただようリフがながれ、ベースとユニゾンでリズミカルに奏でてFin。
 5曲目は「Ailurus Fulgans」。ミドルテンポのオルガンのファンキーでリズミカルなリフから明るく爽やかにはじまって、ベースのグルーヴィなリフにのってキーボードがゆったりとのびやかに奏で、続いてピアノがゆったりと爽やかに奏でて。中盤ではオルガンリフからキーボードソロへ。序盤はエモーショナルに、そしてテクニカルに盛り上がっていって。続いてドラムが叩きまくり、ベースが弾きまくりのソロバトルが。終盤ではキーボードのリズミカルなリフ、ピアノのリズミカルなリフが爽やかにながれ、オルガンのリズミカルなリフからドラムの叩きまくりソロが。
 6曲目は「Fuzzy…」。ピアノとベースがゆったりとしっとりと奏で、ミドルテンポのラテンパーカッションのリズムがはいって、ピアノリフからギターのエモーショナルなソロへ。その後ピアノとギターのリズミカルなユニゾンリフからピアノソロへ。序盤はエモーショナルに。それが徐々にテクニカルにドラマティックに盛り上がって。中盤では静かになってベースのエモーショナルなソロが。その後ピアノのパワフルでリズミカルなリフからギターが加わってユニゾンで奏で、そこからギターのエモーショナルかつテクニカルなソロが。
 7曲目は「to be continued….」。ミドルテンポのドラムから始まって、ピアノのパワフルなリフがはいって、そこからピアノのリズミカルなソロへ。その後、一旦止まってからベースのエフェクトを掛けたテクニカルなソロと、ドラムの叩きまくりソロが。中盤ではピアノのエモーショナルなソロが。徐々に盛り上がっていって、終盤ではドラムの叩きまくりソロが。
 全体的にピアノの音色が綺麗で美しく、気品のあるエレガントな感じで、なおかつ優しさも感じられて魅了されちゃいました。そしてそれを支えるベースとドラムも、支えるだけでなく、曲を引き立て、テクニカルに弾きまくり叩きまくりで盛り上げていて、聴きどころたっぷり、魅力たっぷりのアルバムに。特にベースとドラムのソロバトルはもうぜひとも生で観てその迫力を体感したいっすね。ほんとライブ観に行きたくなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関根彰良さん  FUZZ JAZZ

2016-05-14 16:37:01 | ジャズ
 先日、某CD店のJAZZコーナーを見ていた時に「FUZZ JAZZ」という背表紙のCDがあったものでちょっと手にしてみて。ギタリスト<関根彰良さん>のアルバムでした。大変失礼ながら自分は関根さんのことは全く存じ上げておらず、そのときはそのまま棚に戻してしまったんですけど、どうも気になって、後で調べてみるとなかなか良さげな感じ。なので次の日に再びCD店に行ってGETしてきました。
 関根さんは、幼少のころよりクラシックピアノを始め、12歳からギターを始めてロックに目覚め、大学入学後にJAZZに出会い、JAZZ研に所属されながらプロとしての活動も始め、様々なミュージシャンの方々のセッション等に参加され、2007年よりフラメンコギターも初めて活動の広げて活躍中です。
今回紹介させていただくアルバム「FUZZ JAZZ」は2011年に発表された1stアルバムです。このアルバムにはベース<高橋佳輝さん>、ドラムス<福森康さん>が参加されています。
 アルバム1曲目は「First Step」。ギターのリズミカルなリフからミドルテンポではじまって、パワフルなドラムとグルーヴィなうねるベースがはいって。そしてダイナミックなリフからギターのテクニカルなソロへ。中盤ではギターのワウを効かせたソロ、続いてダイナミックリフからベースのヘヴィでうねりまくるテクニカルソロが。終盤ではダイナミックリフからドラムの叩きまくりソロが。
 2曲目は「Double Knockout」。ギターがしっとりと奏で、静かなミドルテンポのリズムがはいって、ギターがナチュラルトーンでリズミカルに奏でて。そしてギターのヘヴィリフとパワフルなベースリフがはいって、そこからギターソロへ。序盤はナチュラルトーンでリズミカルに。パワフルなドラムがはいってからテクニカルに弾きまくって。中盤では静かになってベースのテクニカルなソロが。終盤ではギターのヘヴィリフからドラムの叩きまくりソロが。ラストはギターがナチュラルトーンでメロウなソロを。
 3曲目は「Something」。G・Harrison氏の曲です。ガットギターの音色がリズミカルにほのぼのメロディを奏で、その後エモーショナルなソロへ。
 4曲目は「Fuzz Jazz」。ヘヴィなベースリフからミドルテンポのタムドラムがはいって、ギターがダークにゆったりと奏で、ギターのヘヴィリフとうねりまくるグルーヴィなベースリフからギターのエモーショナルかつテクニカルな弾きまくりソロが。その後ベースのヘヴィにうねりまくるサウンドでのテクニカルなソロが。そしてギターのヘヴィリフとベースのテクニカルフィルからギターがダークにのびやかに奏で、そこからエモーショナルかつテクニカルなソロを。終盤ではギターののびやかなヘヴィリフからドラムの叩きまくりソロが。
 5曲目は「Remembrance」。ガットギターの音色がしっとりと優しく響き、その後テクニカルなソロへ。
 6曲目は「Equilibrium」。ギターのナチュラルトーンでのリズミカルなリフからはじまって、ギターがゆったりとメロウに奏で、そこからリズミカルなソロへ。中盤ではギターのリズミカルなリフからベースソロへ。序盤はエモーショナルに奏で、徐々にテクニカルななって弾きまくって。さらに続いてはギターリフから叩きまくりのドラムソロが。終盤ではギターがメロウに、リズミカルに奏で、そこからテクニカルな弾きまくりソロを。
 7曲目は「Blessing」。ギターのナチュラルサウンドがミドルテンポの静かでしっとりとしたリズムにのってゆったりとアダルティにムーディにながれ、そのままテクニカルなソロへ。続いてベースのテクニカルなソロも。テクニカルなソロで盛り上がってあと、静かになって再びベースのテクニカルなソロが。終盤ではギターがゆったりとしっとりとムーディに奏でて。
 8曲目は「Solea」。ガットギターによるパワフルでテクニカルで情熱的な曲です。
 9曲目は「Prelude To A Kiss」。ギターのミドルテンポのリフが入るもすぐに止まって。そしてパワフルなドラムからミドルテンポでギターのメロウなリフがながれ、パワフルなスラップベースも入って。その後、一旦止まってからうねるスラップベースリフにのってギターのエモーショナルかつテクニカルなギターソロが。ドラムも叩きまくって盛り上がって。中盤ではスラップベースのパワフルでテクニカルなソロが。終盤ではギターとベースがテクニカルに弾きまくり、ブレイクからギターがのびやかにゆったりと。
 10曲目は「自転車泥棒」。ギターがゆったりとメロウにほのぼのメロディを奏でて。その後ベースのエモーショナルかつテクニカルなソロが。終盤では再びギターがゆったりとメロウにほのぼのメロディを奏で、そこからギターのエモーショナルかつテクニカルなソロで盛り上がって。
 JAZZ・Fusion・Funk・フラメンコ、そしてヘヴィロックなど、様々なジャンルを弾きこなされていて、パワフル・エネルギッシュ・テクニカルかつ繊細に美しく奏でられていて。そしてベースもドラムもパワフルにテクニカルに盛り上げていて、聴き応えのある素敵なアルバムですね。いつか機会があればライブ観に行きたいっす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16.5.6 SeRafiL

2016-05-07 19:49:40 | ライブレポ HR/HM
◇ 2016.5.6 川崎CLUB CITTA
<nonLinear Metal DynamiX 2016 –Extra Edition Vol.2>
 <aphasia>のヴォーカリスト<高山留歌さん>と、<Electric Asturias>等で活躍されるキーボーディスト<川越好博さん>が中心となって、2014年に結成されたロックユニット<SeRafiL>。メンバーは、留歌さん・川越さん、そしてギター<松島正一さん>、ベース<Azusaさん>、ドラムス<谷本朋翼さん>、ヴァイオリン<テイセナさん>。超強力な凄腕揃いのユニットで、POPな感じながらもプログレのエッセンスを隠し味的に散りばめた素敵な曲を聴かせてくれるそうで。結成から頻繁にライブ活動をされ、2015年12月に1stミニアルバム「飛べナイ鳥と蒼イ空」を発表されます。とっても素敵な作品ですが、ミニアルバムということもあり、何か物足りない気がしたんですね。でもこれはライブを観れば絶対に印象が変わるなと、ライブを観に行く機会を伺っていたのですが、なかなかスケジュールが合わなくて観に行けなくて。そんな折に5月初旬にゆとりができたもので、5/6に川崎チッタで行われるメタルイベントに出演されると知って、すぐにチケットを購入して楽しみにしていました。

 さて当日。会社は暦通りなので仕事っす。今回のイベントは10バンド出演で15時スタートで、SeRafiLの出番は19時15分頃とtwitter等で発表されていたので、仕事を終えてから川崎へ。着いたのは18時15分。1時間前でした。前々バンドの演奏中でした。フロアーは前半分がスタンディングの客席で、後ろ半分が各バンドの物販コーナーでした。前々バンドも前バンドもドメタルで凄い音で、お客さん方もほとんどメタル系衣装で。この時点でSeRafiLって完全アウェーなのでは?との予感。案の定、前バンドが終わると客席にだいぶ隙間が。まあでもしゃーないっすね。でも出演近くなると自分のような会社帰りのリーマンさんっぽい方も増えてきて。

 19時26分ころ、フロアーが暗くなって、まだ幕は閉じたままですけど、ピアノの音色が聞こえてきて、ゆったりと、そしてリズミカルに力強く美しく響いて。
 その後、カウントからアップテンポのギターのリズミカルなリフがはいって幕が開いて。ステージは向かって左に2段キーボードを前に黒の帽子ガキマっている川越さん、その隣に黒のノースリーブミニワンピのSEXYなAzusaさんが黒4弦ベースでグルーヴィなリフを。中央後方には2タム1バスで正確にリズムを刻む朋翼さん。ステージ右はサンバーストカラーのストラトタイプのギターを抱える松島さん、その左隣に黒系フリフリミニワンピ&アミストに紫系ジャケットを羽織ってエレキヴァイオリンで踊りながらリフを弾くテイさん。センターフロントはスレンダーボディを黒トップ黒パンツに白ジャケットを纏ったヴォーカルのルカさん。スクリーミングから「1.2.3.4!」って1曲目。明るく楽しいリズミカルなリフにのって、ヴォーカルもリズミカルに歌い、サビではヴォーカルものびやかに、ヴァイオリンものびやかに、そして川越さんがコーラスを入れて。中盤ではパワフルなリフからギターのテクニカルなソロが。その後ヴァイオリンのリズミカルなリフからサビに戻ってヴォーカルが力強くのびやかに、ヴァイオリンがのびやかに奏でて。ラストはオルガンがのびやかに、ギターがリズミカルに。

 続いて2曲目。カウントからLOUDNESSのCrazy Night風のヘヴィギターリフがはいって、ギター・キーボード・ヴァイオリンのリズミカルリフが。テイさんはステージ前で弾いて。そしてミドルテンポでヴォーカルが力強くのびやかに歌い、ヴァイオリンとギターがフィルを入れ、サビではヴォーカルがコーラスと共にパワフルにリズミカルに歌って、テイさんがモニターに片足のせてリズミカルなヴァイオリンリフを。中盤ではベースのグルーヴィなリフからオルガンソロとヴァイオリンソロのテクニカルでスリリングなソロバトルが展開され、続いてギターのテクニカルなソロが。終盤ではヴォーカルがのびやかにメロウに歌い、ヴァイオリンがのびやかに奏で、ギターのリズミカルなリフからオルガンがのびやかに奏で、サビではヴォーカルが力強くリズミカルに。ラストはテイさんがステージ前でリズミカルなリフを。

 「こんばんは!SeRafiLです」ってルカさん、大拍手!まずイベントの紹介と御礼を。「今日、私達のことを初めて観るという方もたくさんいると思いますので」ってバンドの紹介を。「昨年7月に初ライブをやって、12月に1stミニアルバムをリリースしました」って、ここで物販の宣伝を。

 3曲目は新曲。ブルーライトのなか、シンセサウンドがのびやかに響き、カウントからアコギサウンドのリズミカルなリフが哀愁たっぷりにながれ、ヴァイオリンがのびやかに奏で、ヴォーカルがリズミカルにのびやかに歌い、パワフルなドラムがはいってアップテンポでパワフルなリフからサビではノリノリモードでヴォーカルがのびやかに。その後ミドルテンポでヴァイオリンがのびやかに美しく奏で、ブレイクからドライブ感たっぷりのノリノリモードになって、ヴォーカルがのびやかに。中盤ではブレイクからヴァイオリンがステージ前でアグレッシブなソロを。続いてギターがテクニカルなソロを。その後ギターとヴァイオリンがハモって。終盤ではアコギサウンドのリフからヴァイオリンがのびやかに奏でて。そしてアップテンポのパワフルなドラムがはいってノリノリモードでヴォーカルがのびやかに歌い、ドラムが叩きまくり、ヴァイオリンがのびやかに奏でて。ラストは一旦止まってからアコギ風リフからピアノがしっとりと。

 続いて4曲目は「夢より確かなもの」。カウントからギターのリズミカルなリフがはいって、アップテンポのノリノリモードになって、ギター・キーボード・ヴァイオリンがユニゾンでのびやかに奏で、リズミカルなヴォーカルがはいって、サビは力強くのびやかに。その後ダイナミックなブレイクからルカさんとテイさんが寄り添って、ヴォーカルがのびやかに歌い、ヴァイオリンものびやかに奏で、サビは川越さんのコーラスもはいってリズミカルにのびやかに。中盤ではヴァイオリンがステージ前でリズミカルにリフを弾き、ドラムが叩きまくって盛り上げ、そこからギターのテクニカルなソロへ。そしてテイさんが松島さんのそばへ行って、向き合って、さらに片膝着いてリフを。終盤ではヴォーカルがのびやかにドラマティックに。そしてダイナミックなブレイクからノリノリのサビへ。ヴォーカルとヴァイオリンがユニゾンでのびやかに。ラストはブレイクからギター・キーボード・ヴァイオリンがユニゾンでのびやかに。

 「ありがとう!」ってルカさん、大拍手!「今日はたくさんの素晴らしいバンドさんが出てますけど、SeRafiLも楽しんでいただけたでしょうか!」って大拍手!「楽しんでくれてますか!」「楽しんでるか!」ってもちろん大拍手!「私達も楽しんでます。とか言ってて最後の曲になっちゃったんですけど」って。すると「えぇ~~~!」ってブーイング。ここで告知ですが「9月5日に1stフルアルバムが発売されることになりました!」って大拍手!「バンマスが倒れそうになりながら曲作ってくれました。実際に倒れちゃったんですけど」って。「中身の濃いアルバムになっていますので、楽しみにしていてください」って大拍手!

 オーラス5曲目は「Take Me Away」。カウントからヴァイオリンのアップテンポのフィドル調のリズミカルリフが明るく楽しくはいって、ルカさんが手拍子を促し、ギターがのびやかに奏で、ノリノリモードでリズミカルなヴォーカルがはいって、ギターがのびやかに奏でて。中盤ではキーボードのリズミカルなリフからヴォーカルがのびやかにスキャットを。そしてヴァイオリンのリズミカルなリフからギターのテクニカルなソロへ。終盤ではヴォーカルがリズミカルに歌い、サビではのびやかに。ラストはヴァイオリンのリズミカルなリフからギターがのびやかに奏で、盛大にFin。

 曲が終わると大拍手大歓声!「どうもありがとうございました!」ってルカさん。メンバーの皆さんはお辞儀をして手を振って。するとステージの幕が下りてライブ終了です。時計を見ると20時ちょい前。ちょうど30分のとっても素敵なライブでした。
 時間的には全然物足りないですけど、暑苦しいド迫力のメタルのなかに爽やかな風が吹いたようでめっちゃ気持ち良かったっす!完全アウェーの厳しい状況のなかでも素敵な風を届けてくれましたね。ルカさんの存在感たっぷりのパワフルで魅力たっぷりのヴォーカル、躍動感・爽快感たっぷりのグルーヴィで気持ちいいリズム隊、テクニカルなギター、そしてそして・・・いつもエレアスでの張り詰めた緊張感いっぱいでの演奏しか観たことがなかった川越さんとテイさんがめっちゃ笑顔で楽しくノリノリで、しかもテクニカルにも演奏されてて驚いたのと同時に嬉しくなっちゃいました。何よりも曲いいですねぇ。ステージの広さもあってか凄くスケールの大きなバンドサウンドに感じました。またぜひライブ観に行きたいっす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安藤升二さん  The Wonder of Shangri-La

2016-05-01 13:00:52 | フュージョン
 先日、某CD店のジャパンプログレコーナーを見ていた時、ふとこの可愛くも不思議なジャケットが目に留まりました。で、何か面白そうな音楽が聴けるのではないかと思い、また、アヴァン系だったらヤダなと思いつつもジャケットの魅力が勝ってそのままレジへ。
 CD帯より。インディーズレーベルの集合体「FENICE」の主催者でコンポーザー・ギタリストの<安藤升二さん>。安藤さんは小学生の頃からガットギターとピアノを、中学生頃からエレキギター・ベースを弾きはじめ、ロックバンドやJAZZバンドに参加され、2000年にインディーズレーベルに参加され、2002年に「FENICE」内にレーベル事業部を立ち上げ、多くのバンドをリリースし、2006年からレコーディングエンジニアとしても活躍されているそうです。そして2014年に自身初のソロアルバムである本作品「The Wonder of Shangri-La」を発表されます。ドラムス<吉田達也さん>、ヴォーカル<川崎里子さん>が全曲に参加され、他多くのミュージシャンの方々が参加されています。
 アルバム1曲目は「Falcon」。ミドルテンポのハンドクラップが聴こえてきて、アコギのリズミカルなリフからダイナミックなリフとパワフルなドラムがはいって、リズミカルなスキャットが爽やかにながれ、ギターのハーモニクス音が綺麗に響き、ブレイクリフと叩きまくりドラムフィルが交互に。その後リズミカルなスキャットが楽しく爽やかにながれ、そこからギターのテクニカルなソロが。終盤ではアップテンポのノリノリのドライブモードになって爽やかに。
 2曲目は「Cat’s Eye」。ガットギターのテクニカルなリフからミドルテンポでギターがのびやかにトワイライトモードで奏でて。そしてパワフルなブラスサウンドのダイナミックなリフと叩きまくりドラムから盛り上がって、ギターとスキャットがユニゾンでのびやかに。中盤ではブレイクからギターのヘヴィダークリフがリズミカルにながれ、ダークなスキャットとブラスサウンドがユニゾンでパワフルに。終盤ではブレイクと叩きまくりドラムからアコギのリズミカルなリフにのってギターのダークでヘヴィなソロが。ドラムも叩きまくって。その後ブラスサウンドとスキャットがのびやかに爽やかにながれ、叩きまくりドラムとともに盛り上がって。ラストはパワフルなブレイクからギターのテクニカルな弾きまくりソロが。
 3曲目は「Mother’s Flowerbed」。リズミカルなギターリフが軽やかに爽やかにながれ、シンセのリズミカルなリフからギターとヴォーカルがユニゾンでリズミカルに爽やかに。そしてパワフルなドラムとともに盛り上がって。
 4曲目は「Jellyfish Dances」。ダイナミックでテクニカルなリフからミドルテンポでブラスサウンドのパワフルなリフがはいって、のびやかに、リズミカルに。その後、静かになってシンセサウンドが幻想的にながれ、ピアノのほのぼのしたリズミカルなリフからヴォーカルがスキャットをのびやかに。終盤ではダイナミックリフからブラスサウンドがのびやかにながれ、ブラスとスキャットがユニゾンでのびやかに。さらにヴォーカルがハイトーンでスキャットを。ラストはパワフルなドラムとともに盛り上がって。
 5曲目は「Squirrel’s Funk」。ダイナミックリフと叩きまくりドラムからはじまって、アップテンポのノリノリなファンキーモードでリズミカルなギターリフとスキャットが明るく楽しく爽やかに、さらにシンセのブラスサウンドも加わって盛り上がって。その後ダイナミックなブレイクと叩きまくりドラムからギターのテクニカルなソロが。ドラムも叩きまくってます。めっちゃ賑やかで楽しい曲ですね。
 6曲目は「Happy Frog In Sunset」。ピアノの綺麗な音色がしっとりとながれ、ミドルテンポでリズミカルなスキャットがはいって、ブラスサウンドとユニゾンで爽やかに。そしてギターがのびやかに奏で、ドラムが叩きまくり、ブラスサウンドとスキャットがリズミカルに。時折鐘の音が響いて。その後ギターのエモーショナルかつテクニカルなソロが。
 7曲目は「Bye Bye Black Cat」。ギターのリズミカルなリフからミドルテンポでスキャットもリズミカルに。そしてパワフルなドラムとともに力強くのびやかに。その後、静かになってシンセのリズミカルなリフ、ギターのリズミカルなリフからギターソロへ。序盤はエモーショナルに奏で、徐々にテクニカルに弾きまくって。
 8曲目は「Octopus Civilization」。ギターのヘヴィリフとパワフルなドラムからミドルテンポではじまって、ギターがのびやかに。そしてブレイクからギターとシンセがユニゾンでリズミカルリフを、そこからアップテンポでのびやかなスキャットがはいって盛り上がって。その後ダイナミックリフからミドルテンポでヘヴィギターリフがはいって、ヴォーカルが力強くのびやかにスキャットを。さらにアップテンポになってハイトーンでスキャットを。中盤ではパワフルなブレイクリフと叩きまくりドラムからギターのリズミカルなリフがはいって、そこからギターのエモーショナルなソロが。終盤ではアップテンポでシンセのリズミカルなリフとパワフルなスキャットが叩きまくりドラムとともに盛り上がって、ヴォーカルがハイトーンでスキャットを。ラストはダイナミックにFin。
 9曲目は「Time of Birth」。アコギのリズミカルなリフからはじまって、ベースリフとパワフルなドラムもはいってミドルテンポでリズミカルなスキャットがながれて。そしてダイナミックリフから盛り上がっていってスキャットがのびやかに爽やかに。その後アコギのリズミカルなリフからシンセサウンドがスペーシーにながれ、リズミカルなスキャットと叩きまくりドラムが。
 10曲目は「Father’s Diary」。ピアノのリズミカルなリフからミドルテンポのリズムがはいって、アコギのリズミカルなリフにのってギターがメロウにのびやかに奏で、ブラスサウンドがほのぼのメロディをのびやかに。さらにシタール風の音色が時折ゆったりとながれて。その後のびやかなギターフレーズとのびやかなスキャットが交互にながれ、そして叩きまくりドラムとともにドラマティックに盛り上がって、さらにヴォーカルが美しいハイトーンでスキャットをのびやかに。
 もしやアヴァン系の理解不可能な音楽では?なんて心配していましたが、とんでもない。全く予想していなかったフュージョンド真ん中といった感じの爽やかで楽しくて気持ちのいいサウンドにビックリ。さらにはヘヴィなハードロック調もあってめっちゃかっくいいっす。そして吉田さんは変拍子は少ないものの、パワフルに叩きまくってくれていて嬉しくなりました。ヴォーカルがスキャットだけというのも驚きました。とっても素敵な聴き応えあるアルバムですね。2ndアルバムも機会があれば聴いてみたいっす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ayuoさん Songs From a Eurasian Journey

2016-04-23 19:30:50 | ジャパン・プログレ
 奈良東大寺の正倉院には隋や唐から輸入されたペルシャや中央アジアなどのあらゆるアジアの宮廷音楽の楽譜が残されているそうで。で、1986年に3人の学者が中国と日本で個々にこの譜面を復元し、比較した本が発表されたそうですが、その本を手に入れた、日本の作曲家でギター・ブズーキ奏者の<Ayuoさん>が“古代からこういうメロディが存在することを紹介したい”“雅楽や伝統的な音楽論を外して今の自身の感覚で表現したい”と考え、かねてより親交のあったVGGの<Peter Hammill氏>を誘ってアルバム制作に取り掛かられたそうで。参加メンバーは、Ayuoさん、Hammill氏、ヴォーカル<EPOさん><Aoife Ni Fhearraighさん>、コーラス<上野洋子さん><中島優子さん>、ベース<Danny Thompsonsan><西村卓也さん>、ドラムス<Dave Mattacksさん><三浦智津子さん>で、1997年にアルバム「Songs From a Eurasian Journey」が発表されました。

※すみません。音楽知識がないため、どの音がどの楽器なのか正確にはわからないので、実際とは異なる記述があると思います。申し訳ありません。

 アルバム1曲目は「Arise My Love」。ハープとお琴の音色が優雅に美しく響き、しっとりとした男性ヴォーカルがはいって浮遊感たっぷりに響いて。そしてゆったりとした女性コーラスがながれ、シタールとハープのリズミカルなリフからお琴の美しくエモーショナルなソロが。終盤ではお琴の美しい音色が響くなか、しっとりとした男性ヴォーカルがはいって、その後、綺麗な女性コーラスがゆったりとながれて。
 2曲目は「詩人の恋(The Poet’s Love)」。グルーヴィにうねるベースリフからミドルテンポのパワフルなギターリフがはいって、シタールの音色が綺麗に響き、女性ヴォーカルの中近東メロディの艶っぽく妖しい歌声がながれ、シンセがはいってドラマティックに盛り上がって。中盤にはシタールのリズミカルなソロが。終盤」「ではシタールのリフからギターが浮遊感たっぷりにのびやかに奏でて。
 3曲目は「Floating Dream」。哀愁ただよう女性ヴォーカルがのびやかにゆったりとながれ、シンセサウンドが幻想的に響いて。その後、お琴のリズミカルなリフからシンセサウンドがのびやかにながれ、しっとりとした女性ヴォーカルがのびやかに。終盤ではギターがのびやかに奏で、女性コーラスとシンセが哀愁たっぷりにゆったりと。
 4曲目は「Nava」。パワフルなドラムフィルからアップテンポのノリノリモードでギターのリズミカルなリフがパワフルに楽しくながれて。
 5曲目は「Perfumed Scorpion」。パワフルでダイナミックなリフがアップテンポで激しく展開し、リズミカルな男性ヴォーカルもはいって、迫りくるようにスリリングに。
 6曲目は「Layla~interlude」。ミドルテンポのゆったりとした感じでリズミカルな男性ヴォーカルとコーラスがはいって、フルートのリズミカルなリフからヴォーカルとコーラスがのびやかに。その後フルートのエモーショナルなソロ、シタールの妖しくエモーショナルなソロが。
 7曲目は「My Gazelle」。シタールのパワフルでリズミカルなリフからはじまって、男性ヴォーカルとコーラスもリズミカルに。ドラムも叩きまくって盛り上がって。
 8曲目は「Persian Suite」。パワフルなタムドラムにのってアップテンポでギターのリズミカルなリフがながれて。そして静かになるも、そこからアップテンポのSWINGモードでギターとベースがテクニカルに弾きまくって。その後再びパワフルなタムドラムにのってギターのリズミカルなリフが。中盤ではミドルテンポのゆったりモードで女性コーラスが幻想的にながれて。そしてミドルテンポでパワフルなドラムにのってギターがリズミカルなリフを。終盤ではアップテンポのノリノリモードで盛り上がって。
 9曲目は「Wrong Footed」。ハープとお琴の綺麗な音色が美しく優雅に響き、力強くのびやかな男性ヴォーカルがゆったりとながれて。まるで天空の音楽のような心地よさですね。その後シタールのリズミカルなリフがながれ、男性ヴォーカルがのびやかにゆったりと。
 10曲目は「The Lamia」。アップテンポのパーカッションのリズムからギターのリズミカルなリフがはいって、男性ヴォーカルがリズミカルに。その後ギターのリスミカルなアルペジオのソロが。どことなくボサノヴァ風な感じが。終盤ではパワフルなドラムにのってギターのエモーショナルなソロが。
 11曲目は「Tao」。ブズーキのパワフルなリフからリズミカルなヴォーカルがはいって。その後ミドルテンポになって男性ヴォーカルがゆったりと。中盤ではブズーキのリズミカルなソロが。そしてパワフルなドラムからダイナミックなリフがはいって盛り上がって。終盤では静かになるも、リズミカルなリフから再び盛り上がって、ブズーキのソロへ。ラストはゆったりと。
 12曲目は「幻燈詩(A Magic Lantern Poem)」。お琴の音色がゆったりと響き、艶っぽい女性ヴォーカルがゆったりと幽玄にながれ、お琴とユニゾンでもゆったりと。その後、お琴とハープの音色がゆったりと妖しく響き、ギターがのびやかに奏で、そこからお琴のしっとりと神秘的なソロが。終盤では女性ヴォーカルがゆったりと妖しく。そしてお琴の美しい音色がゆったりと響いて。
 13曲目は「Ellipse」。ミドルテンポのダイナミックなリフからブズーキのパワフルでリズミカルなリフがはいって、そこにパワフルな男性ヴォーカルが加わって、ユニゾンでリズミカルに。その後ブズーキのリズミカルなソロが。
 14曲目は「Etenraku Jig」。ブズーキのパワフルでリズミカルなリフからシャッフルリズムにのって重厚なコーラスがのびやかにながれて。力強い曲です。中盤ではブズーキのリズミカルなソロが。その後ダイナミックなリフからパワフルに盛り上がって。
 15曲目は「Air」。お琴の美しい音色が響き、お琴のリズミカルなリフからミドルテンポのパワフルなリズムがはいって、男性ヴォーカルがのびやかに。その後ブズーキのリズミカルなソロが。終盤ではお琴のリズミカルなリフから男性ヴォーカルがのびやかに歌い、その後ギターのリズミカルなソロが。
 16曲目は「きみになれたら」。「Wrong Footed」のオリジナルバージョンで、男性ヴォーカルが日本語の歌詞でのびやかに爽やかに歌って。
 古代からここで聴けるこういった美しいメロディが存在していたことに本当に驚きました。時にパワフルにダイナミックにエネルギッシュに、時に美しく繊細に、しっとりと幽玄に、ユーラシア大陸の音楽史を伝えてくれる、素晴らしい作品ですね。特にお琴やハープの美しい音色・響きと、EPOさんの妖しく美しい歌声にうっとりと聴き惚れてしまいました。Ayuoさんの他の作品も機会があれば聴いてみたいっす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加