信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。
そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

2015/11 にっぽん百名山 大菩薩嶺を往く(ピークから唐松尾根)

2015年11月29日 | 百名山
こんにちは、信です。 前回は賽の河原で食事中まで書きました。 ここは陽当たりが良く、風も弱かったので食事には最適でした。 でもベンチがないのが、タマに傷。 この避難小屋の前の角材に座って、お湯を沸かしてカップヌードルと、お握り。 北斜面は雪が残っています。 私の前に来ていたパーティは、この石をベンチに食事をされていました。 さてお腹も満たされたので、先を行きましょう。 . . . 本文を読む
コメント

2015/11 にっぽん百名山 大菩薩嶺を往く

2015年11月28日 | 百名山
こんにちは、信です。 小雪の今日、先週に続いて快晴というので甲州に出かけてみました。 朝 3:00過ぎにに起きてゴソゴソ山行の用意をして、暗いうちに出かけます。 月も星も見える絶好のコンディション。    朝焼けの感じも快晴の予感がします。 埼京線で新宿に出て、AM 7:00発あずさ1号で旅立ちます。 大月駅で各駅停車に乗り換え。 AM 8:35 甲斐大和駅に到着。 これ . . . 本文を読む
コメント

にっぽん百名山を振り返る(その5)

2015年03月08日 | 百名山
こんにちは、信です。 在庫から、これまで登った百名山を振り返ってみるシリーズも最終回。 やっぱりすぐにネタ切れになりました。 いきなり最後では、さすがに辛いのでちょっと寄り道。 これは2011年の今頃、松本市内から。土日に解放される公共施設の駐車場です。 朝焼けに常念と横通岳が綺麗でした。 こちらはその左手の乗鞍岳。 ジーンとするほど、ピンクの山姿がが暁の空に映えていました。 松本市内か . . . 本文を読む
コメント

にっぽん百名山を振り返る(その4)

2015年03月08日 | 百名山
こんにちは、信です。 もうネタ切れですね。 これまで掲載したのが その1 1:白馬岳 2:霧ヶ峰(車山) 3.四阿山 4.火打山 5.浅間山(前掛山) 6.那須岳 その2 7.鹿島槍ヶ岳 8.男体山 9.筑波山 その3 10.雨飾山 11.八ヶ岳(天狗岳) 12.谷川岳 13.赤城山 もうネタ切れですね。 ということで、今回は反則技も入れて掲載します。ぜひ、お付き合い下さい。 さて14座目は20 . . . 本文を読む
コメント

にっぽん百名山を振り返る(その3)

2015年03月06日 | 百名山
こんにちは、信です。 もう何座振り返ったでしょうか。。 1:白馬岳 2:霧ヶ峰(車山) 3.四阿山 4.火打山 5.浅間山(前掛山) 6.那須岳 7.鹿島槍ヶ岳 8.男体山 9.筑波山 これだけきました。あと7座しかないですね。 さて10座目は信州と越後の境、雨飾山です。 これは2010年の10月、もう寒さが身にこたえる頃でした。 標高をあげる毎に紅葉が深まります。    ガスが漂う冷たい . . . 本文を読む
コメント

にっぽん百名山を振り返る(その2)

2015年03月05日 | 百名山
こんにちは、信です。 まだまだ踏破には程遠い百名山。まだまだですが振り返るシリーズ 2回目。 やっぱりここは外せませんね。本当はここに掲載するのは反則ですが。。 私の山登りの原点、穂高岳への入り口、涸沢です。 これは2009年の10月初め。もう紅葉が良い具合でした。    この光景を見ながら、寒さに耐えて飲んだ生ビールの味が忘れられませんね。 そして翌朝のモルゲンロート。    . . . 本文を読む
コメント

にっぽん百名山を振り返る(その1)

2015年03月03日 | 百名山
こんにちは、信です。 数えてみたら、百名山の16座に登頂していました。 何回かに分けて、これらを振り返ってみたいと思います。 最初は登山を始めて、何度目かの山歩き、白馬三山縦走です。 コースは最もポピュラーな、猿倉→大雪渓→白馬岳→白馬岳山荘(泊)→杓子岳→白馬鑓ヶ岳→鑓ヶ岳温泉→猿倉です。 行ったのは2011年の9月。ちょっと季節は離れますね。 これは白馬尻小屋から見た白馬岳。これから大雪渓を . . . 本文を読む
コメント

速報! 2013/10 火打山に登る

2013年10月13日 | 百名山
こんにちは。 季節がガラっと変わった、今日、新潟県の火打山に登ってきました。 寒かったですね。 上の方は、昨日降った雪が随分残っていました。 とりあえず速報版です。 AM 7:00笹ヶ峰キャンプ場に着きました。 思った通り、駐車場は満杯、路肩に停めます。 期待出来る紅葉が目の前に! AM 7:05 登山口ゲートから入ります。 良い感じの紅葉なんですが。         . . . 本文を読む
コメント (1)